ポルシェエンブレム        ポルシェは性能や造形はもちろんのこと、エンブレムにも独特の魅力がありますよね。        自動車メーカーのエンブレムやシンボルを立体化して、ボンネットやフロントグリルに装着したものをフードクレストマークと呼ぶそうですが、ポルシェの場合は手作業が占める割合も大きいようです。         ポルシェのフードクレストの製作過程をご覧ください。       1.   ポルシェのエンブレム01 フードクレストをプレスするための金型。       2.   ポルシェのエンブレム02 ポンチと言うノミのような工具で彫っているところ。        3.   ポルシェのエンブレム03 失敗が許されない精巧な作業。        4.   ポルシェのエンブレム04 釜で熱し、冷やしたら金型の完成。        5.   ポルシェのエンブレム05 こちらが素材となる金属板。        6.   ポルシェのエンブレム06 先ほどの金型でプレスすると……。        7.   ポルシェのエンブレム07 この通りポルシェのエンブレムが。        8.  ポルシェのエンブレム09 型がとれたら、裏面に固定金具を溶接。        9.   ポルシェのエンブレム10 仕上げの研磨。        10.   ポルシェのエンブレム11 金メッキを施しているところ。        11.   ポルシェのエンブレム12 見事ぴかぴかになりました。        12.   ポルシェのエンブレム13 着色は手作業。        13.   ポルシェのエンブレム14 きれいに黒を塗ったら……。        14.   ポルシェのエンブレム15 次に赤。        15.   ポルシェのエンブレム18 ついに完成!        16.   ポルシェのエンブレム17  包装にはMade in Germanyの文字。        いやはや、こんなに手が掛っているとは思いませんでした。 フードクレストだけでも欲しくなってしまいますね。        こうした工程を知ると、次にポルシェを見た時に今まで以上にエンブレムが気になるのではないでしょうか!? (labaq.com)          ポルシェもう一度乗ろうかな!?        製造過程の映像は以下をどうぞ。    Manufacturing an unmistakable trademark: the Porsche Crest – YouTube                             ツイートこの記事をつぶやく
          禁煙1        「今年こそは禁煙しよう!」      そう誓いを立てて、守りきれないまま早数年……な~んて方も少なくないのでは?        今回ご紹介するのは、喫煙者のみなさまのガラス、いいえ豆腐よりも脆い 「禁煙宣言」 を、鋼のように強固なものにするかもしれない、とっておきの情報でございます。 海外サイト 『huffingtonpost.com』 に掲載されていた 「タバコをやめると起こる10の利点」 をみれば、今年こそは本当に禁煙に踏み切れるはず!?        1  不安神経症を抑えることができる      禁煙したほうが不安神経症を抑えることができる、というこの説を意外に感じる方も多いことでしょう。 だって、「イライラをまぎらわすためにタバコに手が出る」 って人、多いですものね。 しかし今年初めにイギリスで報告された研究結果によると、長期的に見ると禁煙した方が不安神経症を抑えることができる上、禁煙成功者は喫煙中に比べてストレスが軽減していることもわかっているのだそう。        2  口内環境が改善される      禁煙すれば、「虫歯」 「歯周病」 「口腔がん」 など口の中の病気のリスクが、劇的に低下するのだとか。 ちなみにこれら 「口内」 にちなんだ病気における喫煙者の発症リスクは、元喫煙者と比べて1.5倍も高いんです!        3  セックスがより楽しめるようになる      2008年に雑誌 『Sexual Medicine』 に発表された研究結果によると、タバコに含まれるニコチンは、非喫煙者の性的興奮を減退させてしまうという残念な効能があるのだそう。 喫煙とセックス回数の減少には男女問わず相関関係があるらしいので、より良いセックスライフのためには、禁煙が必須かも!?        4  肌がキレイになる      医療関連サイト 『WebMD』 の調査によると、タバコは、肌色のくすみやたるみ、口の周りのしわなどの原因になり得るのだそう。 たしかにこちらの説、よく耳にしますよね。 肌が改善されてくるのは、禁煙後1ヵ月半後くらいとのこと。 美肌をゲットしたいなら、タバコは1日でも早くやめたほうが無難でしょうね。        5  薄毛のリスクを回避できる      『BBC News』 が2007年に発表した調査報告によると、喫煙と薄毛には相関関係があり、1日20本ペースで毎日喫煙し続けていると、そうでない人よりも薄毛になるリスクが増すのだとか。 おそろしや……><。        6  幸せになる      アメリカ・ブラウン大学が喫煙者を対象に行った調査によると、彼らはタバコを吸っていた時期よりも吸っていない時期の方が幸せを感じていた、ということがわかっています。 ちなみに禁煙後に再び喫煙してしまった場合でも、やはり吸わなかった時期のほうが幸せを感じていたと答えているのだそう。        7  寿命が延びる      昨年医学雑誌 『the lancet』 に発表された研究結果によると、女性が禁煙した場合、寿命がおよそ10年ものびるのだそう。 女性の喫煙者の早死リスクは非喫煙者の2倍。 しかも1日1~9本ほどの喫煙でも、そのリスクは変わらないとのことです。        8  妊娠する可能性が高くなる      子供が欲しいと考えているのなら、今すぐ禁煙したほうがいいかも。 『NBC News』 によると、女性の喫煙者は非喫煙者に比べて、不妊率が60パーセントも高いのだとか。 しかも喫煙は、自然流産をも引き起こしやすく、妊娠を望む女性にとってはかなりリスクが高そう。        9  ごはんをより美味しいと感じるようになる      喫煙していると、味覚が鈍感になる。 この説も、わりとよく耳にしますよね。 2009年に行われたこの件に関する調査よると、やはりコレ、事実のようです。        10  風邪をこじらせにくい      アメリカ・エール大学の研究によると、喫煙者はタバコの煙による免疫システム異常を起こしてしまうため、普通の風邪にかかった場合、喫煙者の方がよりひどい症状になりやすいのだそう。            いかがでしたか? タバコをやめたいやめたいと思って、結局やめられなかったというみなさま。 これを読んで少しは決心、つきましたか?        アメリカの禁煙支援団体 『Legacy』 によれば、今年 「禁煙宣言」 をする人は昨年に比べて倍以上も増えているのだとか。 もしもあなたが禁煙を考えているのなら、絶対この波に乗るべき! だって禁煙したら、健康になるしごはんも美味しくなるし、セックスライフだって充実しちゃうかもしれないんだよぉっ! というわけで禁煙志願者のみなさん、今年こそはタバコ、やめられるとイイね!! (youpouch.com)                         ツイートこの記事をつぶやく
       イギリスで暮らす7歳の男の子は先日、クリスマスプレゼントでもらったばかりの大切なおもちゃの人形を、外に持ち出した際に落としてしまった。 なんとか失くした人形を取り戻したいと考えた彼は、藁にもすがる思いでおもちゃを製造しているレゴにメール。 すると、メールを読んだ担当者がおもちゃの世界観を交えながら返信し、彼の希望通りに代わりの人形送付を約束したという。 この話は英メディアで紹介されたことをきっかけに、欧米で 「すばらしい」 「神対応」 と話題を呼んでいるようだ。       レゴ紛失        イギリス・サンや英放送局ITVなどによると、おもちゃを失くしたのは、英南部の街ハイワースに住んでいる男の子、ルカ・アップスくん。 彼はクリスマスにレゴのおもちゃ 「ニンジャゴー」 シリーズのセットを買ってもらった。 「ニンジャゴー」 とは、忍者をモチーフにした主人公たちが、闇の世界を支配する悪のボス “ガーマドン卿” と手下たちに立ち向かう――というストーリーの世界観が楽しめるシリーズ。         登場キャラクターの人形(ミニフィグ)や乗り物、武器などが数多く発売され、スピナーと呼ばれるコマに人形を乗せてぶつけ合ったり、カードを使ったりして実際に友だちと戦って楽しむゲーム性もあり、日本を含めて世界の子どもたちの人気を集めている。      そんな人気のおもちゃを買ってもらったルカくんは先日、お父さんと買い物に出かけた際に、「家に置いていけ」 と言われたのに、お気に入りの人形を連れて行きたいと、ついコートのポケットに忍ばせて外に出たという。 しかし、お父さんの言う事を聞けなかった彼には悲しい未来が待ち受けていた。 買い物中、いつの間にか人形を落としてしまい、大きなショックを味わうハメに。 自分の行動を後悔しつつも、失くした事実を受け入れられないルカくんはお父さんに相談し、レゴにメールを送ってみることにした。      紛失した事実と悲しい気持ちを率直に説明するルカくんのメールでは、お父さんの言いつけを守らずに人形を持ち出し、失くしてしまった経緯を説明。 その上で 「代わりのものを送ってもらえるか聞いてみなさいと、パパに言われました」 と綴った彼は、「(もし送ってくれるなら)二度と店に彼(人形)を連れていかないと約束します」 と決意表明までした。          そんなルカくんの思いに対し、レゴのカスタマーセンターで働 く“リチャード” さんが返事を送る。 彼の悲しみには同情を寄せながらも、上司に相談した結果 「無料であげるのは無理と言われた」。 そこでニンジャゴーで主人公たちの師匠であるウー先生に助けを求めたところ、送ったほうが良いとのアドバイスを受け、今回は特別に人形を送ると約束した。      そして 「2週間以内にレゴから荷物を送ります」 と記したリチャードさんは、「お父さんの言う事を聞くように」 「いつも家に置いておくと言った約束を忘れないで」 とも。 希望がそっくりそのまま叶うと知って 「驚いた」 ルカくんは、自身のTwitterアカウントに 「返事を受け取りました」 とメールの写真と共にツイートして紹介し、英メディアの報道もあって広く話題を呼ぶことになった。      父サイモンさんも 「感動した」 というレゴの “神対応”。 ルカくんは 「ウー先生と話をしてくれてありがとうございます。 これからは彼らを大切にすると約束します」 と記したメールを、リチャードさんへ再度送ったそうだ。 (narinari.com)       ツイートこの記事をつぶやく
       大阪市立桜宮高校のバスケットボール部の主将を務めていた男子生徒(当時17)が顧問の体罰を受けた後に自殺した問題で、大阪市教育委員会は同部の無期限活動停止を決めた。 次に焦点になりそうなのが、入試のあり方だ。         橋下徹市長は2013年1月15日夜の会見で、体育科の受け入れ体制が整っていないとして、入試の中止を教育委員会に求めるという異例の対応に出たのだ。 入試は1か月後に迫っており、中止すれば混乱は必至だ。 教育委員会も 「すぐには受け入れがたい」 と困惑している。              1月15日、男子生徒の自殺後初めて大阪市の教育委員会会議が開かれ、バスケットボール部以外にも、体罰が継続的に行われていたバレーボール部の無期限活動停止を決めた。          一方、義家弘介文部科学政務官も大阪市入りして桜宮高校の校長らと面会。 学校の状況について      
「練習試合の最中、コートの中で(体罰)が行われていて、全く問題にならなかったことが異常。 街でいきなり、気にくわないからって平手打ち4発、5発やったら、110番入りますよ!」     「社会と学校が、あまりにもかけ離れている」
      などと厳しく批判し、市教委に実態解明を指示した。          波紋を広げたのが橋下市長が同日夜に開いた会見だ。 橋下市長は、体育科(募集人数80名)とスポーツ健康科学科(同40名)について入試を中止し、すでに120人募集することになっている普通科に振り替えるように教育委員会に求めたことを明らかにした。 橋下市長は、その理由について      
「体育科をそのまんま入試をやるなんてことやったら、大阪の恥ですよ!」     「体育科を目指してきた生徒諸君は、頑張ってきたのはよく分かるが、今こういう事態だから、1回ちょっと、ここは我慢してもらって、しっかりこちらの方も受け入れ体制を確認しますんで」
      と説明。 入試について決定権があるのは教育委員会で、会見に同席していた長谷川恵一委員長は、      
「ちょっと市長のおっしゃっている内容については、すぐには受け入れがたいところがある」      
と難色を示した。 教育委員会では1月21日の会議で結論を出す方針。            教育委員会が難色を示している背景には、日程の問題がある。 体育科とスポーツ健康科学科の入試出願日程は2月13日~14日で、すでに1か月を切っているからだ。 また、両学科は国・数・英に加えて3種目で運動能力検査があるのに対して、普通科の試験科目は国・数・英・理・社の5科目。 体育科志望の生徒が普通科に「転進」するにしても、1か月で対策するにはハードルが高そうだ。          橋下市長の主張は現時点では十分に理解されているとは言い難く、ヤフーが 「桜宮高校の体育科などの募集は中止すべき?」 というテーマで行っている意識調査では、1月15日18時時点で4万2000票集まっているうち、約6割が 「中止すべきでない」 と回答。 反対意見には、「受験生に罪はない」 といった声が目立つ。(j-cast.com)          橋下市長は発言が場当たり的でダメだね!! 大飯原発を止めると言っておきながら再稼働容認するような人物だからな~政治家としての資質が問われるってとこだね!? 政治家としては3流なのかもしれない。                      ツイートこの記事をつぶやく
                       節税術        今年も確定申告の時期が近づき “税金” や “節税” に注目が集まる時期になってきました。        “節税” というと、一般的なものでは自営業者が経費をなるべく多く計上して事業の利益を減らす、ということが挙げられ、税金が給与から天引きされるサラリーマンにはあまり縁がないものと考えられがちですが、決してそんなことはありません。 『税務署員だけのヒミツの節税術 – あらゆる領収書は経費で落とせる【確定申告編】』 (大村大次郎/著、中央公論新社/刊)は、「サラリーマンのほとんどは税金を払いすぎている」 として、会社員でもできる節税術を紹介しています。        ■ 節税のポイントは「いかに所得控除を増やすか」      サラリーマンの節税は、考え方としては自営業者と同じで、いかに所得税を減らすか、言い換えれば「いかに課税所得を減らすか」ということに尽きます。  多くの方がご存じのとおり、所得税は       【課税所得(給与収入から所得控除を差し引いた額)】×【税率】        で算出されるので、所得控除の額を増やすことができれば課税所得が減り、所得税を減らすことができるのです。      では 「所得控除」 にはどのようなものがあるのでしょうか?        ■ もっと活用できる「扶養控除」      「所得控除」のうち最も有名なのは、この「扶養控除」でしょう。      これは扶養している親族(16歳以上)がいる人が受けられる控除ですが、「一緒に暮らして生活の面倒を見ている親族」 だけが対象になると思われがち。      しかし、必ずしもそんなことはなく、田舎にいる両親(65歳以上の場合、年金収入が一人約120万円以下)を仕送りなどで経済的に援助している場合などは扶養控除が受けられます。 仕送りの額にはこれといった基準がないため、ごくわずかな額でも仕送りをしていれば、両親を扶養に入れて扶養控除の額を増やすということもできるわけです。      もちろん両親だけでなく、ニートの娘・息子などについても同様です。      また、夫婦共働きのケースで、夫がリストラされた場合は、夫を対象に妻が扶養控除を受けることもできます。 「世帯主が夫になっているから、夫は扶養控除に入れることができない」 と考えられがちですが、世帯主うんぬんと税金の申告は全く関係ありません。      万が一夫が無収入になってしまった時は扶養控除を活用すると、結構な額の節税になるはずです。        ■ 見落としがちな「雑損控除」      所得控除の中には、災害・盗難・横領で生活上の資産に5万円以上の損失を被った場合に受けられる 「雑損控除」 というものがあります。たとえばスリに10万円入った財布を盗まれたり、空き巣に遭って50万円盗まれたり、台風で壊れた家の修理に100万円かかったり、といった時は、損失額マイナス5万円が所得控除の対象となるのです。      おもしろいのは、害虫被害や雪害も 「自然災害」 に含まれる点。 つまり、シロアリ駆除や豪雪地などでの雪下ろしなどの費用も 「雑損控除」 の対象となります。      あまり知られていない 「雑損控除」 ですが、こうしてみると当てはまる人は多いのではないでしょうか。      また、これは余談ですが詐欺被害に関しては対象外のようです。 自分にも責任があるから、という理由なのかもしれませんね。        税金関係は会社が全部やってくれていると思ったら大間違い。 会社がやってくれる所得控除というのはあくまで最低限のことに過ぎません。      申告すれば受けられる控除は、調べてみると結構見つかるものです。 本書にはさまざまな 「所得控除」 がまだまだ取り上げられていますので、確定申告の前に勉強してみてはいかがでしょうか!? (getnews.jp)                      ツイートこの記事をつぶやく