著書にベストセラーの 「ロングテール」 や 「フリー」 がある、「ワイアード」 US版編集長のクリス・アンダーソン氏の 「MAKERS 21世紀の産業革命が始まる」 が注目されている。          パソコンとインターネットさえあれば、自らが工作機械を持たなくても製造業に参入できるというのだ。 米国では 「メイカーズ革命」 が大きなムーブメントとなっていて、その波は日本にも及んできた。                      メイカーズ革命        いま、米国を中心に広がっている 「メイカームーブメント」 とは、「パーソナルファブリケーション」 (個人製造)だ。 簡単に言えば、「誰もがものづくりができる時代がやってきた」 ということ。 ブログやソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)の普及で、テキストや写真、音楽、動画といったコンテンツを手軽に発信、共有できるようになったが、とうとう製品までつくれるようになった。          たとえば、趣味でつくった製品をオープンなプラットフォームを活用して公開。 コミュニティをつくり、そこでアイデアを共有すれば、協力者(サポーター)とのコラボレーションが始まる。          材料を調達して部品を製造、それらを組み立てるプロセスを、WEBの製造受託サービスやマッチングサイトを利用することで、企業がもつような工作機械がなくても、個人が企業と同じような製造能力を手に入れられるようになった。          効率的な生産が可能になり、また新たなアイデアが加わることで製品に磨きがかかることもある。 こうした 「協業」 は、アイデアや技術を 「秘密」 にする企業にはなかなか難しく、「メイカーズ」 ならではの動きかもしれない。          事業化したいと思えば、資金だってネットで借りられ時代だから、パソコンとインターネットさえあれば事実上、製造業を起業できる。          大量生産には時間がかかるかもしれないが、「思い浮かべることができるなら、必ずそれをつくることができる」 (クリス・アンダーソン氏)。          週刊東洋経済(2013年1月12日号)は 「メイカーズ革命」 を特集。 「誰でも、ものづくりスターになれる!!」 とのサブタイトルを謳っているが、まさにそれが日本でも現実になってきたことを伝えている。          同誌は、LEDデスク照明 「ストローク」 の開発から販売までを一人で手がけた 「ビーサイズ」 の八木啓太社長や、父親が精密板金工場を経営、「点灯するネックレス」 をつくった 「ものづくり系女子」 の神田沙織さんなどを紹介していて、神田さんは 「(レーザーカッターと3Dプリンターなどの普及で)こんな商品が欲しいとアイデアが思いついたときに、実際に手にできる形にしやすくなった」 と話している。            クリス・アンダーソン氏は著書 「MAKERS」 の中で、「デスクトップ」 でのものづくりに必要なデジタルツールを紹介している。          画面上で自分のアイデアを表現(デザイン)するための道具として 「CADシステム」 は必要で、「ものづくりのワープロソフトのようなもの」 という。          また、立体物を出力する 「3Dプリンター」 があれば、究極の試作ツールをつくれる。 アンダーソン氏は3Dプリンターをメイカームーブメントの象徴的存在とし、「魔法の杖になる」 としている。          立体物のデータを読み取る 「3Dスキャナー」 と、プラスチックや金属、木材などを切り出して加工する 「CNC装置」、強力なレーザーで素材に模様を描き出す 「レーザーカッター」 は手元になくてもよいが、あれば万全。 たしかに、最近はレーザーカッターや3Dプリンターといった工作機器は性能がよくなり、専門的な訓練を受けたことがない人でも扱いやすくなっている。(j-cast.com)          「ものづくり」 が、ぐんと身近になってきた感がある。                    ツイートこの記事をつぶやく
      ネクタイ        服から小物選びまで、たくさん幅のある女性ファッションに比べると、男性のファッションは意外と幅が広くないかもしれません。 特にフォーマルな場では、圧倒的に 「スーツでキメる」 ことが多いのでなおさらですよね。        女性にとっても、一緒に出掛けるパートナーの装いはとっても気になるもの。 そんな時のポイントの1つにネクタイ選びがあります。 首もとを飾るネクタイだけでガラッと雰囲気が変わるんですよね。 素材や柄ももちろん大事ですが、今回は手持ちのネクタイで差がつく、ちょっと素敵な 「ネクタイの結び方」 をご紹介したいと思います。        ご紹介するのは、agreeordie.comという海外サイトに掲載されていた2つのノット(結び方)。 どちらも首もとにできる結び目の形は、一般的なものと同じ逆三角形なのですが、そこに現われる折り目がなんとも素敵。 こんな結び方があったなんて!        ネクタイ1        まずは、「エルドリッジ・ノット(Eldredge Knot)」 という結び方。 ”結び” というより  ”織り”  とでも言いたくなるような、複雑な折り目が美しいノットです。 折り返しが多いので、モッサリしないようなるべくタイトに結ぶのがポイント。 タイは柄物よりもプレーンなものを選んだ方が奇麗かも!     ネクタイ2        続いては 「トリニティー・ノット(Trinity Knot)」。 トリニティー(三位一体)という名の通り、3つのやや広めな織り目が前面に出る結び方です。 結び目がややふっくらするので、太巻きが好きな方にオススメ。こちらは柄モノにも合います。        いかがでしょうか? どちらも一見普通なのによく見るとかなりユニーク、というさりげなさがまた素敵。 それぞれの結び方はYouTubeにアップされた動画 「How to Tie a Necktie Eldredge Knot」 と 「How to Tie a Necktie Trinity Knot」 にて確認できるので、こっそり練習して恋人や旦那様に教えてみてはいかがでしょうか?        そして最後に、「普通のノットの超早い結び方」 をおまけでご紹介。 あらかじめ手にネクタイをくるくるっと巻き、首を通してキュッと締めれば、ハイ、でき上がり。 とにかく速い! こちらの動画 「How to Tie a Four in Hand Knot – Ultra Fast Edition」 も是非チェックしてみてください。        YouTubeの動画はこちらから        How to Tie a Necktie Trinity Knot        これ注目度アップ間違いない!! 私は、冬でもクールビズだけどこれやってみたい!!                     ツイートこの記事をつぶやく
      望ましい勤務先          結婚相手の勤務先として望ましい企業(データ出典:リスクモンスターズ)        結婚相手として望ましい異性の勤務先としては 「任天堂」 がトップに挙がり、「全日本空輸(ANA)」 がこれに次いだ。        以下 「タニタ」 「Google」 が同率で3位。 こんな調査結果を与信調査会社のリスクモンスターズがまとめた。        この調査は2012年11月28―29日の期間、インターネット上で実施し、500人から回答を集めた。 結婚相手の勤務先に求める条件としては、「安定している」 (41.5%)、「給与がよい」 (35%)といった回答が多かった。        人気トップの任天堂については 「常に業界で上位をキープしていてブレというものを知らない感じ」 (20歳代女性)、「ゲームが好きだから」 (20歳代男性)といった理由が挙がった。        2位のANAは 「先進的で活気がありそうな会社だから」 (20歳代女性)、「給料がよさそうだから」 (30歳代女性)、「相手はCAがいいから」 (20歳代男性)といった意見が出ている。        全体としてはスマートフォン、タブレット市場で好調を維持している外資系のトップIT企業や、資源価格高騰が続き好調な業績を維持している大手商社、社会インフラとして欠かせない交通機関などが、順位を維持もしくは上昇させている。 一方、前回調査で上位を占めていたパナソニック、ソニー、シャープといった大手電機メーカーは大きく順位を下げた。        また性別で見ると、女性が望ましいと考える結婚相手の勤務先は 「Google」 がトップで以下 「任天堂」 「ANA」 と続く。 男性は 「資生堂」 「任天堂」 「タニタ」 となっている。        男性は結婚相手の勤務先として食品や化粧品関連などを望むことが多く、生活や美容を意識している。 女性は商社や銀行などがより上位に来る傾向にあり、給与水準が高く、安定している企業を望んでいるという。(bizmash.jp)        ツイートこの記事をつぶやく
                                 成人式での「花魁風」振り袖に疑問の声        15日放送の 「めざましテレビ」 (フジテレビ系)で、肩を出した 「花魁風」 の振り袖で成人式に出席した女性が紹介され、ツイッターでは疑問の声が上がっている。        同番組では、14日に都内各地で大雪の中執り行われた、成人式に出席する若者の様子が放送された。 今年の振り袖ファッションチェックとして、頭を盛り髪にして巨大な花を飾ったり、厚底の草履を履いたりする女性が紹介されたが、特に目立っていたのは、両肩を出して振り袖を着崩していた、花魁風のギャル集団。        インタビューを受けた女性は 「花魁って形になります。 すっごく寒いけど、雑誌とか見て憧れていた」 と発言。        この、花魁風の振り袖を紹介している雑誌で代表的なのは、ギャル系ファッション雑 誌「小悪魔ageha」 のムック本 「着物ageha」 だろう。          着物agehaのwebサイト(http://kimonoageha.com/)には 「一生に一度の成人式。 大切な日の思い出をキラキラに彩っちゃおう。 花魁、コスプレ、王道の伝統スタイルに、モダン柄から古典柄まで、宇宙一盛れるSweetAngelの振袖にお任せ」 とある。        ギャル系雑誌から生まれたこの花魁風の振り袖に対して、ツイッターでは        「成人式に 『花魁風』 ってどう見てもおかしいでしょwwまわりは誰も止めなかったのかな。 あんな格好されたら親は絶対泣く」        「花魁がどういう仕事かわかってないんだろうな。 大人になる第一歩がこれじゃ恥ずかしすぎる」        「記念写真とかならわかるけど、公共の場では恥を晒すだけ。 花魁風が悪いわけではなく、TPOを考えるべきだった」       と違和感を持つユーザーが相次いでいた。        同日渋谷区の成人式には、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが登場し、ユニコーンや惑星をあしらったピンクの振り袖を披露して注目を浴びていたが、独特なファッションで支持を集めるきゃりーも、花魁風の振り袖に比べると普通にさえ感じられる。(news.livedoor.com)                        ツイートこの記事をつぶやく
            2013年、Amazonが更なる進化を遂げる?        eコマースの最大手として、日本国内でもすっかりお馴染みとなったAmazon <3848> 。      もともとは、インターネット書店として開業したこの企業は、インターネット上の商取引の分野で初めて成功した企業ともいわれているが、その現状に満足することなく、時代のニーズとともに変容し続け、今や 「Amazonなら何でも揃う」 といわれるほどの巨大通販サイトにまで成長した。 ところが、この 「Amazon=通販サイト」 という一般的なイメージが、この1~2年でまた劇的に変わるかもしれないのだ。      AmazonのCEOであるジェフ・ベゾスは、タイプこそ違えど、故・スティーブ・ジョブズと度々比較されるほどの優秀な経営者。 卓越したビジネスセンスやリーダーシップで 『Fortune』 誌の 「2012 Businessperson of the Year」 にも選ばれている人物。 そんなベゾスが次に狙っているのは、なんと放送産業だという。      日本では 「今さら、放送産業?」 と首を傾げる人も多いかもしれないが、テレビの持つマスメディアとしての影響力は未だに絶大で、とくに欧米においては、ケーブルテレビによる有料放送が日本よりも浸透していることもあり、若者のTV離れも日本ほど顕著ではない。      放送産業が市場としてはまだまだ大きな可能性を残していることに、いち早く目をつけていたのはAmazonではなくAppleだ。Appleはジョブズ存命の頃から 「Apple TV」 の開発を進めており、それが話題となっていることからも、次代の放送産業でもAppleがリーディングカンパニーになるとの見方も多い。 ところが、ここにきてAmazonがアグレッシブな動きをみせているのだ。      次代の放送産業で成功をおさめる鍵は、優れたハードウエアではなく、いかに多くのコンテンツを揃えるかに掛かっている。 例えば、iPodが爆発的に売れ、音楽産業に革命を起こしたと言われる最大の理由は、iPodが優れたハードであるだけでなく、膨大な音楽コンテンツを提供するiTunesがバックボーンに存在しているからである。 また、ゲーム業界のハード戦争においても、いくら性能が高くてもソフトの少ないハードが売れずに苦戦を強いられてしまう事実からも見てとれる。      放送産業でもそれは同じで、次世代の放送産業で勝ち残るためには、これまでテレビ局が独占してきた映像コンテンツの再配信権、とくに人気のドラマやスポーツなどの配信権をライバル他社よりもより多く獲得すること、そしてさらに自社制作の映像コンテンツを揃えていくことが重要になる。 その点、Amazonは11年以降、各種映像コンテンツの権利を持つ企業との提携を加速度的に進めており、Apple以上の本気度を窺わせている。      まず、既存の映像コンテンツの面では、Amazonの会員制有料プログラム 『Amazon Prime』 に入会すれば、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントやワーナーブラザーズ、パラマウント・ピクチャーズなどの映像コンテンツのほか、CBS、Fox、NBCユニバーサル、Viacomなどのテレビ映像のコンテンツも視聴できるようになっている。      さらにAmazonは 「Amazon Studio」 という企画・制作プロジェクトを立ち上げて、オリジナル映像コンテンツを募集している。 しかも、これの注目すべきは単にオリジナルで映像コンテンツを制作するという点ではない。 Amazon Studioでは毎月、企画のコンテストを開催し、世界中の参加者がそこにエントリーされた企画をブレスト・デベロップするというシステムが運営されている。 早い話が人材発掘プロジェクトである。 つまり、Amazonでは 「自社でコメディショーを制作する」 と発表していることからも、どうやら、スタッフさえも自社で賄おうとしているようだ。      Amazon とAppleが放送産業に革命を起こすのか。2013年は、放送業界のみならず、これからのエンターテインメント業界全体にとっての節目の年になりそうだ。(searchina.ne.jp)                       ツイートこの記事をつぶやく