2012年大みそかの 「NHK紅白歌合戦」 放送終了直後からJ-CASTニュースがネット上で募った 「一番期待はずれ」 だった歌手のアンケート結果がまとまった。          「1クリック投票」 を1日半にわたって受け付け、紅組は1万3676票、白組は1万1761票の投票が寄せられた。 紅組は浜崎あゆみさんに票が集中したが、白組は複数のグループに分散した。                    和田アキ子        今回の投票では、「悪かった」 出場者ではなく、「期待外れだった」 出場者を聞いている。 つまり、元々期待されていない(期待値が低い)人には票が集まらず、「期待されていたが、実際の番組では良いパフォーマンスができなかった」 人に票が集まる仕組みだと言える。            その結果、紅組で一番失望感が高かったのが、トップバッターの浜崎あゆみさんだった。 実に全体の34.5%の票が集まり、2番目に多かった 「そもそも、誰にも期待していなかった」 (15.5%)を大きく上回った。 12年12月初旬の 「FNS歌謡祭」 で 「SEASONS」 を披露した浜崎さんは、「音程の不安定さ」 がネット上で話題となり、紅白での動向が注目されていた。 紅白では 「Dearest」 など代表曲3曲をメドレーで披露したが、やはり 「音程の不安定さ」 を感じた人も多かったようで、ネットユーザーの中には、ワンクリック投票で浜崎さんに投票したとツイッターで触れたうえで、      
「何か歌い方が変になった気がするから」
      とその理由をツイートしていた人もいた。              次に多かったのは、「愛、とどきますか」 を歌った和田アキ子さん(11.1%)。 紅白だけはガチガチに緊張してしまうという性格が影響した可能性もある。 本番直後に楽屋に戻る和田さんは、関係者を前に 「いやー、参った」 と一言。 イヤーモニターを外す手は、ガクガクと震えていた。 以下、AKB48(6.9%)らが続いた。                     「金爆」は、本番では下ネタ発言を封印した(写真はリハーサル)         「金爆」は、本番では下ネタ発言を封印した(写真はリハーサル)            「誰にも期待せず」 (15.3%)を除き白組で最も票を集めたのは、「金爆」 ことゴールデンボンバー(12.4%)。 「金爆」 は、出場発表会見やリハーサルで 「下ネタ」 発言を連発。 本番でも 「やらかす」 のではないかと一部では期待が集まっていた。 ところが、本番では 「事務所の社長が怖いんですよ」 (メンバーの樽美酒(だるびっしゅ)研二さん)と、不発に終わったことが不評だったようだ。 J-CASTニュースのコメント欄でも、      
「出来もしない下品な過激発言で事前の注目を煽って結局はお客に協力を願い和気あいあい演出」
      といった指摘が出ていた。            次に多かったのは、「大トリ」 のSMAP(11.4%)。 SMAPは12月30日のリハーサルで、草なぎ剛さんが      
「中居君の音程がしっかりすれば(白組の勝利は)大丈夫です」      
と発言したのをきっかけに、中居正広さんの 「音程」 の話題で盛り上がったところに、木村拓哉さんが      
「こんなこと言ってるやつが、大トリやっちゃダメだって。 ホントに。 失礼!」      
と、強い不快感を示していた。 本番でも中居さんの音程に注目が集まったが、やはり大トリに適切ではないと判断した人が相当数いたのかもしれない。 NYC(7.7%)がその次に続いた。            今回のJ-CASTニュース 「1クリック投票」 は、放送終了直後に始め、2013年1月2日昼に締め切った。            また、ビデオリサーチは1月2日、紅白の関東地区の番組平均世帯視聴率は、1部が前年比2ポイント減の33.2%で、2部が同0.9ポイント増の42.5%だったと発表した。(j-cast.com)                       ツイートこの記事をつぶやく
                        経験者が語る 薄毛でもハゲでも、明るく生きてゆく方法        薄毛というと、どうしてもネガティブなイメージを抱かれがち。 特に20代や30代など、若くして髪が薄くなってしまった人はこれからどうしていけばいいのか。 もはやこの世の終わりかのように悩んでしまう人もいるだろう。 そんなみなさんに、ぜひとも読んでいただきたい本がある。            それが、『僕は髪の毛が少ない』 (新井キヒロ/メディアファクトリー)と、円形脱毛症になってしまった女性作者が描く 『打倒! 円形脱毛症 私、ピカピカの一年生』 (小豆だるま/角川書店)、薄毛の旦那さんについて語った 『ふたりの薄毛物語』 (春原弥生/文藝春秋)の3冊だ。 これらは、それぞれ作者や作者の旦那さんが薄毛に悩み、受け入れ、乗り越えていく過程を描いたコミックエッセイになっている。 そこで、今回はこれらの作品の中から薄毛に悩むみなさんに役立つアドバイスを抜粋して紹介していこうと思う。        まず、薄毛が気になり始めたら、思い切って坊主やスキンヘッドにしてしまうこと。 最初はなかなか勇気がでなかったり、自分が薄毛であるということを受け入れられなかったりして思いとどまってしまうだろう。          実際に、この3作品の作者たちも最初はスプレーを使ったり横や後ろにある髪の毛でなんとか上手くごまかそうとしていた。 しかし、徐々にそれではごまかしきれなくなってくる。  その結果、毎日毎日髪の毛のことばかり気にする暗い日々が始まってしまうのだ。 それならばいっそ、最初から坊主にしてしまおう。 『僕は髪の毛が少ない』 の作者である新井キヒロも、『ふたりの薄毛物語』 のタカ氏だって、坊主にしてからの方が明るく前向きになれたという。           その上で、坊主に似合うファッションや帽子をかぶったりしておしゃれを楽しむこともできるのだ。 ただ、『打倒!円形脱毛症 私、ピカピカの一年生』 の作者である小豆だるまのように、女性で薄毛に悩んでいる人たちが坊主にしてしまうのはさすがに無理だろう。 そこで彼女が思いついたのは、オシャレを楽しめるウィッグをかぶること。 ヅラだと、隠すことに必死になってどうにかバレないように気を遣ってしまう。 でも、逆に明らかにウィッグとわかるものをかぶってしまえば、誰もハゲ隠しのためにかぶっているとは思わないはず。 それに、地毛じゃできない髪型やファッションを試すこともできて一石二鳥。        でも、何よりも大切なのは薄毛を受け入れて楽しむこと。 薄毛になると、彼女なんてできないんじゃないか。 海には行けないし雨に濡れるのもダメ。 汗をかくのも、1度かぶった帽子を人前で脱ぐのもNG。 そんなことにばかり意識がいってしまい、趣味のバンドや野球観戦だって心から楽しめなくなってくる。 だんだんネガティブになって周りにあたってしまったり、外に出るのが億劫になって人とも会わなくなる。 髪ぐらいで何をそこまで……と思う人もいるかもしれないが、当事者からしてみればそれほど深刻な悩みなのだ。        だからこそ、『僕は髪の毛が少ない』 の新井キヒロのように 「どんなにキツくても笑顔になる」 とか、『ふたりの薄毛物語』 のタカ氏のように楽しく薄毛の話ができたり、ハゲで笑いを取れるほどに生まれ変わった 「そんな自分が好きだ!!」 と言えるようになりたい。 『打倒! 円形脱毛症 私、ピカピカの一年生』 の小豆だるまのように 「この先自分に何が起こっても笑いに変えられたらいいな」 と思えるように、受け入れて楽しむことがいちばん大切なのだ。        新しい自分に生まれ変わったつもりで薄毛を受け入れて生きていく方が、これからの人生、明るく前向きに歩んでいけるはず。 みなさんも、これらの作品から勇気をもらい、1歩踏み出してみては?                           ツイートこの記事をつぶやく