TK0581271-MEXICO-GUN-TABLET          メキシコ市ではクリスマスイブの24日、暴力犯罪の拡大防止に取り組む当局が、市民から銃などの武器を引き取るプログラムを開始した。 市民らは武器との交換で、タブレット端末や自転車、現金を受け取ることができるという。          同プログラムは、「家族のために自分から武器を捨てよう」 をうたい文句に、メキシコ市内でも人口密度の高いイスタパラパ区に銃などの引き取りセンターを開設。 責任者のロドルフォ・リベラ氏はロイターの取材に対し、家庭内で所持されている武器が子どもたちの手に渡るのを防ぐのが目的だと述べた。        人口200万人を抱えるイスタパラパ区では若者の犯罪率が高く、その多くは貧困が背景にあるとされる。          隣国の米国では先に、6─7歳の児童20人を含む26人が犠牲になった小学校乱射事件が起きたばかり。 イスタパラパ区の住民の1人は、今回の武器引き取りプログラムが、学校での銃による暴力の問題解決にもつながると期待を込めた。          当局は、銃の引き取りプログラムに参加する人の情報は秘匿し、違法な武器所有で起訴することもないとしている。(reuters.com)         ツイートこの記事をつぶやく
       毎年、年末になると 「来年の運勢は?」 と占いが話題になる。 そもそも占いとは、本当に当たるものだろうか?? オードリー・若林正恭が、元占い師にインタビューした時のことをラジオ番組で話した。 そこで驚くべき裏事情が明かされたのだ。        22日深夜に放送された 『オードリーのオールナイトニッポン』 (ニッポン放送)で、オードリー・若林正恭がテレビ番組 『ショナイの話』 (テレビ朝日系)の企画で元占い師にインタビューを行った時のことを話した。 テレビではオンエアできないであろう占いの裏事情まで取材できたというのだ。        若林のインタビューで、“ラッキーアイテム” についてどうやって決めていたのかを明かした元占い師。 朝のニュースや雑誌などで頻繁に目にする “ラッキーアイテム” だが、元占い師はこの種の仕事の依頼があった時、最初はタロットなどで真面目に占っていたそうだ。 しかしそのうち面倒になり、目にしたものを書くようになった。 ある時、昨年と全く同じものをラッキーアイテムとしたところ、怒られることもバレることもなかったらしい。        さらに予約が必要な占い師が、前もって占う人の職業などを調べて悩みになりそうな要素を探り出す場合もあるという。 人の悩みというのは 『家族、恋愛、仕事』 のほぼ3つに限られるとのことだ。 こうして調査のような占いをしていくうちに、次第に 「当たりました」 と占い師のもとに報告が来る。        すると占い師の方も徐々に天狗になり、後ろめたさも消えズバリの口調で占うようになっていくのだ。 例えば 「~かもしれません」 ではなく 「~になる」 とハッキリ言うと、テレビなどで取り上げられ売れ始める。        だが、その占いも身辺調査からの憶測なので、2年後あたりに 「当たらない」 と言われるようになりメディアから消えていく。 ゆえに、ブームになる人は2年ほどで消えていく流れがあるそうだ。          一方で若林は昨年12月、テレビ番組 『スクール革命!』 (日本テレビ系)で共演した人気占い師の魚ちゃんについて語る。           同番組の中で、魚ちゃんは関根麻里に 「今、付き合ってる人と結婚した方が良いよ」 と助言していたのだ。 実際の放送では魚ちゃんが彼女に 「来年、結婚するのではないか」 と言っているだけになっていたが、今回の関根の交際報道で占いを信じていない若林も、 「占いって当たるんだ」 とこぼしていた。            いずれにしても、“占い” も、この “元占い師” の話も信じるか信じないかは、アナタ次第!? ということだろう!?  (techinsight.jp)                            ツイートこの記事をつぶやく
                        一瞬で        “口説く” という言葉があるように、異性と接近するためには、相手に 「どんなことを言うか」 が大事だと思われがちです。      しかし、『一瞬で相手の心を操る技術』 (内藤誼人/著、ソフトバンク クリエイティブ/刊)によると、これは実は大間違い。           発言内容が人間のコミュニケーションに占める割合はたったの7%。 残りの93%は声の調子(38%)や外見(55%)なのだそうです。      これが本当なら、相手の心に響く口説き文句を考えるよりも、外見や話し方を磨いたほうが、異性に接近するためには断然有効だということになります。 外見には生まれ持った容姿だけではなく 「しぐさ」 も含まれます。 そして、このしぐさが相手からの印象を大きく左右するのです。      今回は、本書のなかから、異性に不快感や不安を持たれるしぐさを紹介します。無意識にやってしまっているものがないか確認してみてください。          ■ 体のどこかをかきむしる      異性と対面している時、無意識に手足など体のどこかを掻いてしまっていたりしませんか?      この動作、落ち着きがなく見えるのはもちろん、不潔っぽく見えるためマイナスです。 体をかくという行為は目の前でされるとかなり目立ちます。 そのため話に集中できなかったりで不快感を持たれてしまうことも。      腕や肩だけでなく脚や頭など、無意識に体をかく癖のある人は、そのせいで対人関係が不利になってしまっていることが考えられるので、すぐにやめたほうがよさそうです。          ■ むやみにテーブルの上のものに触る        たとえば、気になる異性と二人で喫茶店にいるとします。 テーブルの上には飲み物のカップやコースター、ストローのケース、灰皿などさまざまなものが置かれていますが、これをむやみにいじるのも相手に不快感を持たれるしぐさです。        特に相手が話している時にこれをやってしまうと 「私の話をちゃんと聞いてくれてないのかな?」 と思われてしまい、心ここにあらずといった印象を与えてしまうかもしれません。        ■ 手をギュっと握っている      人間は極度に緊張したり、不安を感じるとものを握りしめる動作をします。        これは人間の生まれ持った反応であり、だからこそ人前でそれを行うと不安や緊張を感じているのがバレてしまうのです。 逆に、どんなに緊張していても、この動作をしなければ相手に不安を悟られることはありません。        もしあなたが異性に対して精神的に余裕があるように見せたいのであれば、コーヒーカップやフォーク、箸などを持つときは軽く、力を抜くようにしましょう。        言葉は口を閉じてしまえば出ることはありませんが、しぐさは相手と会っている間ずっとついてまわります。      もし、今回紹介したしぐさや行動に心当たりがあるなら、自分の人となりや性格とは別のところで異性から嫌われる原因を作ってしまっているかもしれませんので、本書で取り上げられている、人にいい印象を与えるしぐさを学んでみるといいかもしれませんよ。(getnews.jp)                        ツイートこの記事をつぶやく
       安倍晋三首相は2012年12月26日夜、首相官邸で就任後初めての記者会見に臨んだ。 第2次安倍内閣の顔ぶれについて 「広い見地から能力を重視」 とし、「脱 『お友達』 内閣」 を強調した。          また、13年夏の参院選ではインターネットを利用した選挙活動を解禁することにも強い意欲を見せた。                     安倍首相はネット選挙について「来年の参院選までの解禁を目指していきたい」と明言した  安倍首相はネット選挙について「来年の参院選までの解禁を目指していきたい」と明言した              安倍首相は第1次内閣での、いわゆる 「お友達内閣」 批判について          「6年前、私はまだ52歳になったばかりだった。 今よりも若く、理想に燃えていたが、肩に力が入りすぎていたことは事実。 私と考えを同じくする、同じ方向を見つめている、志を同じくしている人を集めようということで力が入りすぎた結果、そういう批判を受けたことは事実だ」       と反省の弁を述べる一方、第2次内閣の陣容については、        「今回は、そうした観点から、必ずしも私と完全に意見が一致する人ばかりでなく、広い見地から能力を重視しながら、幅広く安倍内閣に参加いただいたつもり」       と胸を張った。              選挙期間中のネット利用については、      
「来年の参院選までの解禁を目指していきたい」      
と明言した。      
「今の(公職)選挙法自体が (「許されていること」を定めた) ポジティブリストになっており、この法律ができたのは、ずいぶん昔の話。 今はインターネットを多くの人たちが活用している」      
と法の不備を指摘した上で、      
「IT戦略会議を活性化させて担当大臣を置いて、日本がIT国家として、さらに成長していくように努力したい 。 選挙でインターネットを使わないのは不自然だと考えている。 むしろ、自分の考えを多くの人に知ってもらう上では予算もかからないし効果的。 多くの人が、同じ土俵で戦えることにもなる」      
と、ネット選挙の意義を強調した。(j-cast.com)                       ツイートこの記事をつぶやく