日銀が26日、11月19─20日に開催した金融政策決定会合の議事要旨を公表した。 これによると、委員らは金融政策による為替への影響を強化するため 「一段の工夫が必要」 として議論を繰り広げた。        一人の委員は、現在の実質的なゼロ金利政策と資産買い入れ基金による金融緩和を、物価上昇率1%を達成するまで期限を明記しないオープン・エンド(無期限)とすると公表文に明記することを提案していたことがわかった。            <付利撤廃、市場機能低下も為替に働きかける可能性─1人の委員>        また1人の委員は、超過準備への付利撤廃について、市場機能が低下するなど問題はあるが、「円の魅力を減ずることで為替相場に働きかける可能性がある」 と指摘した。 別の1人の委員は、短期国債の利回りを低下させる手法として 「付利を維持したまま短国買い入れを増額することも考えられる」 と述べた。        佐藤健裕氏と木内登英氏とみられる委員は、物価上昇率1%が見通せるまで緩和を続けるとの文言(コミットメント)を変更すれば、市場の予想に働きかけることができるとして、前回10月会合と同様の問題提起を行った。            <海外減速脱却しても日本の輸出・生産に直結しないリスク─多くの委員>        景気認識をめぐる議論では、複数の委員が日本経済は 「今春以降、景気後退局面に入っている可能性が高く、今後のポイントは景気後退の深さと長さに移っている」 との見方を示した。 景気回復時期について、複数の委員は 「来年半ばごろをイメージしている」 と述べたが、一人の委員は 「来年後半までずれ込む可能性もある」 とした。        多くの委員は 「海外経済が減速局面から脱したとしても、日中関係や対外競争力低下の可能性などから、輸出や生産の持ち直しに直結しないリスク」 も指摘した。        7─9月のGDP(国内総生産)1次速報で実質設備投資が大きく減少したことについて、多くの委員は 「企業マインドが悪化してきており、基調に変化が生じているかどうか注意深くみていく必要がある」 と述べた。 ただ、1)建築着工床面積の増加、2)機械受注の非製造業の堅調さなどから、「2次速報値をみたうえで基調判断する必要がある」 と述べた。            <米「財政の崖」に加え債務上限交渉もリスク要因─複数の委員>        米国経済については、複数の委員が 「 『財政の崖』 に加え、債務上限問題を巡る米議会交渉の帰すうもリスク要因」と述べた。 委員らは 「財政の崖」 をめぐる協議が不調に終われば 「米景気の大きな下押し要因となる」 との懸念を共有。 複数の委員は 「財政の崖」 が米GDP(国内総生産)に及ぼす影響は、増税や歳出削減の中身のみならず乗数効果の大きさにも左右さえるため 「不確実性が大きい」 とコメントした。            日銀は11月19、20日の金融政策決定会合で金融政策の現状維持を決める一方、景気の当面の判断を 「弱めに推移する」 に下方修正した。         会合後に会見した白川方明総裁は、自民党の安倍晋三総裁が主張する強力な緩和手法に対して慎重な見方を表明した。(reuters.com)                       ツイートこの記事をつぶやく
      クリボッチ          クリスマスを一人ぼっちで過ごすことを 「クリぼっち」 というそうです。 そんな寂しい状況を、Twitterで報告しているインターネットが続出!        しかもこの言葉を、もっともつぶやいていたのは、富山県民であることが判明しました。 さらに驚いたことに全員男です。 みんな 「クリぼっち」 に耐えかねて、思わずつぶやいちゃったんですね……。        この結果は「TwiTraq」というTwitter解析ツールによるものです。 「クリぼっち」 とキーワード検索したところ、以下のような結果が表示されました。            ■ TwiTraqで 「クリぼっち」 を解析した結果(対象期間:2012年11月26日~12月25日)          発言の多い都道府県 1位富山、2位茨城、3位栃木          男女比 男性:100パーセント、女性:0パーセント          ・ 「クリぼっち」についての発言      「メリー、クリぼっち」      「クリぼっちなう!」      「ほんまにクリぼっち (笑)たすけてー」      「来年はもうクリぼっちにならないぜ」      「クリぼっちなう」      「予定が狂ってクリぼっち…」      「クリぼっち寂しいですよね」      「リアル・クリぼっち」      「クリぼっち会なぅ」      「クリぼっちじゃないぞ!充実したもん!」       ……など。           「クリぼっち」 な皆さんの発言からは、悲痛な心の叫びが聞こえてくるようです。 とにかく2012年のクリスマスは終わりました。 来年こそは! とお思いの方は年初から初詣で、素敵な出会いに恵まれることをお願いした方が良いのではないでしょうか。            今年は 「クリぼっち」 だったかもしれないけど、来年はいい出会いがありますよ、たぶん。 今年は 「クリぼっち」 だったんでしょうけどね。 「クリボッチ」(笑)。(rocketnews24.com)         ツイートこの記事をつぶやく
     
が今年もやってくる!』        
   日本ではすっかり風物詩となった、「クリスマスはケンタッキー」 のCMに、外国のネットユーザーから驚きの声が相次いでいる。          キリスト教圏では、クリスマスに七面鳥(ターキー)の丸焼きを 「ごちそう」 として食べる。 その代わりとして、「ファストフード」 の位置づけのケンタッキーをあてる日本に違和感を覚えるらしい。          日本人からは 「別にいいじゃんw」 「ターキーはどうやっても不味いからKFCでいいのだ!」 といった反論が出た。                   写真は、日本KFCホームページ            「これは悲しい」 「クリスマスにチキンなんて、僕だったら立ち去っちゃうかも」――。        YouTubeにアップされた、クリスマス向けのケンタッキーフライドチキンの日本国内CM動画に、海外からこんな感想が相次いで寄せられた。 竹内まりやさんの歌声に合わせて、家族やカップルがケンタッキーのクリスマスパックを楽しむ映像を目の当たりにした、主に欧米ネットユーザーからの反応だ。          実は、クリスマスにチキンを食べるのは、日本独自の文化らしい。 そのはじまりはKFCが日本に進出した30年以上前にさかのぼるという。 ある外国人客が、日本ではクリスマス用の七面鳥が見つからなかったため、やむをえずかわりに日本KFCの店舗でフライドチキンを買っていった。 これを知った日本KFCが大々的に 「クリスマスはケンタッキー」 と広告戦略をしかけ、日本人の間で定着した――といわれている。          日本KFCホームページを見てみると、パーティーバーレル(3980円)、プレミアムローストチキン(5600円)、ローストレッグ(1000円)、クリスマスパック(2080円~)といったクリスマス向けメニューのきらびやかな写真が並んでいる。 ツイッターの情報によると、2012年12月24日も、東京・渋谷の店舗にはチキンを求める人々が行列をなしたそうだ。                ところが、海外では、KFCはマクドナルドなどにならぶ安価な 「ファストフード」 扱いで、「クリスマスのごちそう」 のイメージからは程遠いようだ。 そのため、動画に、
      「この映像は丹念に作ったジョークだろ?日本人は本気でこういうことやってるの?」       「わからん……。 なんでケンタッキーがクリスマスに合うの?」
      などと疑問の声が主に英語で300件以上相次いだ。            「ってか、日本人って本当にクリスマス祝うんだね」 という感じの、軽い驚きも盛り上がりの背景にあるようだ。 ちなみに、「キリスト教年鑑2012年版」 によると、日本のクリスチャンの割合は全人口の1%弱となっている。 そんな国で、欧米並みにクリスマスが祝祭の日になっていることが信じられないようだ。            ただ、好意的な見方をする人たちもいる。      
「フライドチキンが 『伝統的な』 クリスマスの食事だって?仲間に入れてよ!僕が日本に行かなきゃならない理由のひとつに付け加えなきゃ!」       「ケンタッキーをこんなに魔法みたいにかわいくできるのは日本だけね……。なんか Kawaii 田舎料理って感じになってる!!!!」       「素敵!アメリカだと普通は、味気ない料理を家族と食べるだけ…」
           日本人からも、        「別にいいじゃんw 」        「七面鳥が全世界にいると思うなよ」        「ターキーはどうやっても不味いからKFCでいいのだ!クリスマスのホントの意味なんか知らなくても楽しければいい!」       といった反論が出ていた。(j-cast.com)                       ツイートこの記事をつぶやく
      マック60秒        日本マクドナルドは、2013年1月4日から 「ENJOY!60秒サービス」 を実施すると発表しました。 これは会計から60秒以内に商品を提供するというものです。 もしも60秒を超えると、ハンバーガーの無料引換券がもらえるそうなのですが、現場からは悲鳴が……。        マクドナルドのクルー(店員)と思われる人たちからは 「無理」 との声が続出しています。キャンペーンの詳細は以下の通りです。                ・ マクドナルド「ENJOY!60秒サービス」        期間 2013年1月4~1月31日(六本木ヒルズ店、御堂筋周防町店では先行実施)        時間 11:00~14:00        内容 会計終了から商品お渡しまで60秒を超えた場合バーガー無料券を進呈       キャンペーンは、空港などの一部店舗を除き全国で実施するとのこと。 ハンバーガー無料券はダブルクォーターパウンダー・チーズ、クォーターパウンダー・チーズ、メガマック、テキサスバーガーを除き、販売している商品が対象。        客にとっては魅力的なキャンペーンなのですが、現場で働く店員にとっては……。 以下はTwitterに投稿されたクルーの胸のうちです。            ・ 店員の悲鳴      「実際、60秒とか無理だから、多分みんなバーガー券貰えるよwwwそんな俺はマックのクルー」      「マックで働いてるけど、もうみんな60秒無理だからあきらめてるー」      「うん、マック60秒は無理だな。 あれは大きな店舗で人員がたくさんならできるけど、俺のとこみたいに小さい店舗じゃあピークは無理だ」      「厨房のドタバタ知らないだろ、しんどいぞ、まじで」      「つらいんですww60秒とか無理」      「60秒だとせいぜい2、3個しかつくれんだろおおおおおお わしには無理じゃあああああああ!」       客からは店員の身を案じる声も出ています。         はたして、このキャンペーンは滞りなく実施されるのでしょうか? いずれにしても、スムーズに商品が提供されると良いのですが。(rocketnews24.com)         mac602       mac603        なんで60秒に拘るかな~~  『FASTFOOD』 だから・・・ あんまり意味ないともうが、経営者のエゴじゃないの!?                       ツイートこの記事をつぶやく
       ノロウイルスによると考えられる感染性胃腸炎は、今年11月中旬以降、地域差はあるものの、全国的に大流行している。 今冬の流行は、ノロウイルスの変異株によるものと示唆されていることが特徴だ。        山形県では医療機関1か所当たりの平均患者数が23.60人に上り、国立感染症研究所が定める基準値(20人)を超えたことから、12月11日、感染性胃腸炎警報を発令。 京都府では3小学校が学級閉鎖(12月10日現在)。 愛媛県では、松前町の特別養護老人ホームで30人が食中毒を発症し、有症者からノロウイルスが検出された(12月11日)。 国立感染症研究所によると、ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、12月から3月にかけて、全国的に流行するという。 つまり、危険なシーズンはまだ始まったばかりだ。        そんな中、昨年5月に発表された 「乳酸菌には、ノロウイルスによる発熱を軽減する効果がある」 という研究成果があらためて注目を集めている。 乳酸菌には感染症の予防効果があるとされているが、ノロウイルスによる胃腸炎に対して、乳酸菌の効果が確認できたのは世界初という。        ノロウイルスによる急性胃腸炎は、乳幼児から成人、高齢者まで幅広く発症するのが特徴で、主な症状は嘔吐、下痢、腹痛、発熱。 とくに乳幼児と高齢者では嘔吐と下痢が激しく、体内から水分が失われやすい。 そこに発熱を伴うと、水分がさらに蒸発して、脱水症状による危険が高まる。        順天堂大学大学院医学研究科プロバイオティクス研究講座を中心とする研究グループは、「高齢者が乳酸菌飲料を日常的に飲んでいると、ノロウイルスによる感染性胃腸炎の発熱症状が軽減される」 という研究結果を発表した。        研究では、高齢者医療施設の入所者71人(平均85才)を2グループに分け、一方がヤクルトで知られる乳酸菌「L.カゼイ・シロタ株」入りの飲料を継続的に摂取した。 研究を始めて2か月後、施設内でノロウイルスによる胃腸炎が発生したが、37度以上に発熱した期間は、非摂取グループでは平均2.9日だったのに対して、摂取グループでは平均1.5日と、約半分。 また、38度以上に発熱した人も少なかった。 体力の弱い高齢者にとって、発熱期間とその程度が減ったことは、非常に有意義といえる。          研究グループの責任者の山城雄一郎特任教授は、この結果をこう分析する。        「摂取グループの人の便を調べたところ、善玉菌が増えて悪玉菌が減っていました。 L.カゼイ・シロタ株の作用によって、腸内環境を改善できたことが、発熱症状の軽減の要因と考えられます。 変異型のノロウイルスに対しても同様の効果があるといえるでしょう」        また、同研究グループでは、L.カゼイ・シロタ株入りの乳酸菌飲料摂取者が、新型インフルエンザの感染を予防し、さらに感染後の症状が緩和されることも確認している。        「L.カゼイ・シロタ株入りの乳酸菌飲料を継続して飲むことで、ヒトの腸内にいる細菌のバランスが整い、腸と体全体の免疫力が強化されます。 抵抗力の弱い高齢者が集団で生活する施設などで、ノロウイルス感染症やインフルエンザの予防や、症状軽減に、L.カゼイ・シロタ株の摂取が有効な対策になる可能性が示唆されます」 (山城特任教授)        ノロウイルスに対しては特効薬がないといわれ、厚生労働省や国立感染症研究所は、食中毒や感染症の発生を防止するために、手指や調理器具の徹底的な除菌を呼びかけている。 また、インフルエンザ予防としても、うがいや手洗い、マスクが有効だが、こうした日常的な予防対策に加えて、乳酸菌飲料やヨーグルトも取り入れた“体の中から”の感染症対策も心がけたい。(news-postseven.com)           ツイートこの記事をつぶやく