愛が憎しみに        現在、米国大手メディアのニューヨーク・タイムズが発信するあるドキュメンタリー映像が話題だ。        動画は、2011年9月10日にニューヨークの繁華街タイムズスクエアで撮影されたもの。 ある人物が行き交う人々に向かってスピーチを行っているのだが、その時に起きた出来事が素晴らしいと絶賛されている。 そこには 「が憎しみに勝る瞬間」 が捉えられていた。        この日、スピーチを行ったのはテリー・ジョーンズ牧師だ。 ジョーンズ牧師といえば、アメリカ同時多発テロからちょうど9年となる2010年9月11日に、イスラム教の聖典コーランを焼却するイベントを計画した人物。 国内外から批判を浴び、当時メディアでも大きく取り上げられたため記憶に残っている方もいることだろう。        結局この時は計画実行には至らなかったが、再度計画を立てて、翌2011年3月と2012年4月にコーラン焼却を実行している。 そのたびにイスラム圏の国々の激しい怒りを買い、世界中から非難されている。        昨年、テロから10年を迎えるにあたり、ジョーンズ牧師はタイムズスクエアでのスピーチを計画した。 それを知ったニューヨーク・タイムズが彼を追い、その時の様子をまとめたのがこの動画である。        人で溢れるタイムズスクエアに立ち、いつものようにイスラム教を糾弾する牧師。 「私たちはアメリカ人として、イスラム社会に対し断固とした意志を示さなければなりません。 イスラム教の教えでは、寛容であることや善行について説いています。 事実、イスラム教は寛容な宗教です。 束縛の宗教であり、嘘や欺きの宗教であり、暴力を奨励する宗教なのですから」 と、持論を展開した。          映像には、これを聴いていた人々がそれぞれに反応を示す様子が映されている。 そして、そのなかにいたひとりの男性がケイタイを見ながら何かを言っている……いや、言っているのではない、歌っている!!          「オーユニーディズラッブ! トゥットゥトゥルルル~♪」          気付けば、彼が歌い始めたThe Beatlesの 『All You Need Is Love(邦題:愛こそはすべて)』 は群衆による大合唱になり、ジョーンズ牧師の声はかき消されてしまっている。愛が憎しみに勝った瞬間であった。(rocketnews24.com)        その動画は、 In Times Square , It’s Terry Jones vs. the Beatles – Op-Docs .        感動!!       ツイートこの記事をつぶやく
       日本産科婦人科学会は12月17日、公式サイト (http://www.jsog.or.jp/) 上で「母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査」の指針案に関する意見公募を開始した。 意見募集期間は来年1月21日午後5時まで。 新出生前検査については、報道から波紋が広がり、11月に同学会が開催したシンポジウムでもさまざまな意見が出されていた。        ◎ 特定の施設のみに限定      指針案は日産婦のほか、日本小児科学会、日本人類遺伝学会、法学・生命倫理分野の専門家、遺伝看護・カウンセリング分野や日本ダウン症協会からの外部有識者らによる議論に基づいて作成された。 ここで扱われているのは、「米国で市販されている3つの染色体(13番、18番、21番)の数的異常に対する非確定的検査」 のみだ。      この検査は、妊婦からの採血で簡単に実施することができる一方、検査の意義や解釈が不十分なまま利用された場合、社会の混乱、倫理的問題を招きかねないと懸念されている。      指針案には、「既存の母体血清マーカーに関しても臨床遺伝学の知識を有する専門医による十分なカウンセリングは行われておらず、新出生前検査を導入できる体制が整っているとはいえない」 「たとえその体制が整ったとしても、検査対象は客観的理由を有する妊婦に限定すべき」 といった方針が盛り込まれた。      その上で、それぞれの課題に対して新出生前検査を実施するために必要な施設要件に加え、対象となる妊婦の条件案が記載されている。      施設要件としては、検査対象の3つの染色体異常に精通し、豊富な診療経験を有する産婦人科常勤医や同小児科常勤医、認定遺伝カウンセラーや遺伝看護専門職が在籍すること、継続的な遺伝カウンセリングや妊娠経過のフォローアップが行えることなどが挙げられた。実施施設の認定は、日産婦や関連学会で構成される第三者機関が行うこととしている。          ◎ 積極的周知はNG      指針案における対象妊婦の要件は次の5点。    1. 高齢妊娠の者(出産時に満35歳を迎えている者)    2. 胎児超音波検査で胎児が染色体数的異常を有する可能性が指摘された者    3. 染色体数的異常を有する児を妊娠した既往のある者    4. 妊娠前期(第1トリメスター)に受けた血清マーカー検査で、染色体数的異常を有する可能性を示唆された者    5. 両親のいずれかが均衡型ロバートソン転座(編集部注:障害が起こらない染色体異常)を有していて、胎児が13トリソミー(同:13番染色体異常)または21トリソミー(同:21番染色体異常)となる可能性が示唆される者      同検査について医師が妊婦に積極的に知らせる必要はないこと、安易に勧めるべきではないことのほか、検査会社が同検査を勧める情報を不特定多数の妊婦に配布することは望ましくないとの見解も示されている。なお、指針案は日産婦の公式サイトで閲覧可能だ。      日産婦理事長の小西郁生氏(京都大学大学院医学研究科教授)は、今回の指針案に関して「本検査は国内未承認で、日本独自のデータは存在しない。 そのため、同指針確定後から、認定・登録された施設での臨床研究として慎重に開始されるべき」とのコメントを発表している。      意見の提出方法や詳細、関連資料、意見提出上の注意点などは、日産婦の公式サイトで見ることができる。(narinari.com)         ツイートこの記事をつぶやく
       次期首相への就任が確実視される安倍晋三・自民党総裁がFacebook(フェイスブック)で 「愛読書」 を紹介したところ、アマゾンの売り上げランキングが上昇するというできごとがあった。          安倍総裁が2012年12月20日夜の投稿で取り上げたのは、百田尚樹さんが7月に上梓した小説 『海賊とよばれた男』 (上・下、講談社)だ。        出光興産創業者・出光佐三らをモデルに、戦後の逆境にありながら日本人としての誇りを胸に、国際石油資本カルテルを向こうに回して戦った男たちの生き様を描く。                     海賊と呼ばれた男          安倍総裁はフェイスブックの投稿の中で、作者の百田さんについて 「私の大好きな作家」 と述べている。             同作については、      
「日本が世界で一流国になるために努力をした人物の生涯が手に汗握るドラマとして読み易くスリリングに描かれています」      
と評し、リラックスして眠るための気分転換として同作を現在読み返していると明かした。              20日時点で 『海賊とよばれた男』 上巻は、アマゾンの書籍総合ランキングで100~150位前後に留まっていたものの、安倍総裁の投稿が拡散するとともに売り上げを伸ばし、21日14時の時点では総合52位に入った。 「経済・社会小説」 部門では1位を記録している。            百田さんは21日未明、安倍総裁の投稿を知り、Twitter(ツイッター)で 「大感激!」 とつぶやいた。 (j-cast.com)                          ツイートこの記事をつぶやく
      フォトショップ失敗例        雑誌や広告の世界では写真を加工するのが当たり前! より美しく、よりインパクトのある写真にするために、プロのデザイナーはあれこれ写真を加工します。 実にさりげなく、手を入れていることがバレないように仕上げるのです。        ところが! 世の中には実にさりげなく失敗してしまっている加工写真が山ほどあります。 ということで今回ご紹介したいのは、海外の画像サイトに掲載されていた残念フォトショ加工写真30枚です!        たとえば……可愛いチビッ子とお姉さんがツーショットで写っているネット用の広告画像。 どうやら 「ベビーシッターを紹介しますよ」 的な広告らしいのですが、どう見てもベビーシッターのお姉さんの顔がデカすぎる!        本当にこんなに顔のデカいお姉さんが来てくれるのならば何の問題ないのですが、さすがに彼女はデカすぎます。        ほかにも、集合写真にさりげなく写っている欠席者や、どう見ても合成バリバリな行列写真などなど、実にさりげない失敗の連続! 真面目に作っているからこそ醸し出されるジワジワ感が最高です。            

▲さりげなく欠席者を入れています。
▲さりげなく欠席者を入れています。
     

▲ある意味、違和感ない!
▲ある意味、違和感ない!
     

▲すべてにおいてバラバラ。でもインパクトあるね!
▲すべてにおいてバラバラ。 でもインパクトあるね!

▲手のところがグチャグチャ!
▲手のところがグチャグチャ!

▲赤ちゃんモロ合成!
▲赤ちゃんモロ合成!

▲じつにさりげなくツーショット。
▲じつにさりげなくツーショット。 腕が。
     

▲ジャッキーの手の位置に違和感。
▲ジャッキーの手の位置に違和感。

▲なんでこんなことに!
▲なんでこんなことに!

▲さりげなくおかしい。
 ▲腕が3本さりげなくおかしい。

▲首長すぎ!
▲首長すぎ!

▲足の向きがおかしいよ!
▲足の向きがおかしいよ!

amusing_photoshop_fails_34_pics-14
    
      ▲ 前輪がデカ過ぎ

▲おへそが……!!
▲おへそが……!!

▲指が……!!
▲指が……!!

▲おしりがでかすぎ!
▲おしりがでかすぎ!

▲馬の胴体はどこへ?
▲馬の胴体はどこへ?

▲お父さんの左にある足は誰の足?
▲お父さんの左にある足は誰の足?

▲腰と足の太さが変だよう!
▲腰と足の太さが変だよう!

▲顔でかすぎ!
▲顔でかすぎ!

▲ワキのあたりがおかしなことに。
▲ワキのあたりがおかしなことに。

▲どう見ても合成だよう!
▲どう見ても合成だよう!

▲これは……描いているのでは?
▲これは……描いているのでは?

▲スプーンが浮いちゃってるよう!
▲スプーンが浮いちゃってるよう!

▲右端の選手の型の手に注目だよう!
▲右端の選手の型の手に注目だよう!

▲目が3つあるよう!
▲目が3つあるよう!

▲なんか変な調理器具があるよう!
▲なんか変な調理器具があるよう!

▲どう見ても合成!
▲どう見ても合成!

▲体のデッサンがおかしいよう!
▲体のデッサンがおかしいよう!

▲どう見ても腕が長いよぅ!
▲どう見ても腕が長いよぅ!

   笑わせてくれるよ!!
         
ツイートこの記事をつぶやく