スターバックスが国内店舗で販売しているドリンクの量を2012年12月から一部で減らしていた。          これまではほぼ容器いっぱいに注いでいたが、こぼれやすいなどといった指摘がお客から寄せられたためだ。ただ、要望さえあれば今までどおりの量を提供する。          これがネットで物議を醸している。発表がなかったため 「告知くらいしろ」 という意見が多く、ライバルであるタリーズジャパンの創業者もツイッターで苦言を呈した。                      スタバコーヒー          スターバックスは、2012年12月5日から店舗スタッフ向けのガイドラインを改定し、ドリップコーヒー、ティー、カフェアメリカーノ、カプチーノなど、とくに熱い液体を使うメニューの量を 「ほんの少し減らした」 そうだ。          具体的には、ショートサイズ(一番小さいサイズ)のドリップコーヒーの場合、これまで容器の口から6ミリの高さまで注いでいたのを15ミリに減らした。 容器いっぱいに注ぐと、こぼれやすく火傷する、また、ミルクを入れるスペースがないなどといったお客からの指摘に応えたそうだ。 ただ、お客が要望すれば、今までどおりの量を注ぐという。          実際に記者が2012年12月21日、港区内のスターバックス店舗でショートサイズのドリップコーヒーを普通に注文したところ、飲み口から16ミリほど下まで入っていた。          一方、同じメニューを 「多めで」 と付け足して頼むと、今度は飲み口いっぱいまでなみなみと注がれた。 会社まで歩いて持ち帰る途中に飲み口から溢れてしまうほどだ。 たしかに手にかかると熱く、危ないこともわかった。          ネットにも、「たしかにシロップなどを多めにいれると溢れることがあったから、ちょっと量を少なめと注文することはあった」 といった書き込みがあった。              ただ、とくに発表などのされていない現在の状況では、何も知らないお客にとっては、同じ値段を払っているのに量だけが減らされる格好だ。そのため、「そもそもアメリカと比べると日本のスタバは高すぎるのに、量も減らすなんて許さん!!」 「どう考えても原料費削減」 「こぼれるのが問題なのならば、容器を大きくすれば済むことだろ?」 などと不満を訴える人もいる。 とりわけ、「告知くらいしろよ」 という声が多い。          スターバックスのライバルにあたるタリーズコーヒージャパンの創業者・松田公太さんも、ツイッターでこう苦言を呈した。      
「減らすなとは言いませんが 『最高の顧客満足』 が経営理念にあるなら、正々堂々と告知をしないと」
         J-CASTニュースでは、この件について、スターバックスに問い合わせようとしたが、担当者が本日は休みとのことで、話は聞けなかった。(j-cast.com)                    ツイートこの記事をつぶやく
       ポルシェ ジャパンは、スポーツカーモデル「ニューケイマン」の予約受注を開始しました。                    ニューケイマン        「ケイマン」 と 「ケイマンS」 の2種類のモデルが登場する。         「ケイマン」 モデルは最高出力275 馬力(202 キロワット)を発生させる2.7リッターの水平対向エンジンを搭載し、装備内容による違いはあるものの、0-100キロの加速のタイムは5.4秒、最高速度は266キロ毎時に達する。 また、「ケイマンS」 の3.4リッターエンジンは最高出力325 馬力(239キロワット)を発生し、最高4.7秒で静止状態から100キロ毎時に到達する。 最高速度は283キロ毎時だ。          両モデルとも、6速マニュアルトランスミッションと7速ポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)を選択可能で、特にPDKは 「より鋭い加速といっそう優れた燃費性能をもたらす」 という。          車両本体価格は、「ケイマン」 が612万~659万円、「ケイマンS」 が773万~820万円。(j-cast.com)                          ツイートこの記事をつぶやく
       女装タレントのマツコ・デラックス(40)が、ついに“美魔女”について熱弁を振るった。“美魔女”世代に入ったマツコが、彼女たちが主張する「自分磨き」に対して激しい批判を展開したのだ。        先日当サイトで紹介した、タレントの今田耕司がある番組で発言した“美魔女”と呼ばれる女性に対しての違和感。 40、50代の女性らが必死になって、若い頃と同じ “ルックス” を求め努力する姿が 「辛そう」 に見えるというのだ。 この時の今田は “美魔女” を目指す女性を傷付けないように配慮した、ソフトな内容の意見であった。        だが、マツコがこの “美魔女” ブームに真っ向から斬り込んだのが、12月19日放送の『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)だった。 お昼のレギュラー番組などで “美魔女” と接する機会が多いためか若干引き気味の有吉弘行を尻目に、マツコは 「ブームに踊らされたカワイソウな女(ひと)たち」 と吐き捨てる。        “美魔女” と呼ばれる女性が、よく口にする 「誰のためでもない。 女に生まれたからにはいつまでも綺麗でいたいだけ」 だという自分磨き論。 または 「愛する夫から、ひとりの女性と見られたいから」 という理由。 これらに対して、どれも嘘だとマツコは持論を展開する。        同世代の女性より、若く見られたいだけ。 旦那以外の男性から、興味を持たれたいだけ。 「それを精神論にすり替えて発言する魂胆がイヤらしい!」 と、マツコの “美魔女” 批判は過熱するばかりである。        一方の有吉は、「“30代の女性” と “30代に見える50代の女性” なら、本物の30代の女性に行くよね」 と多くの男性を代表したような意見を述べた。 熟女が好きな男性は若さを求めているのではなく、その年齢の女性が好みだとも話す。 そして本物の若さに “エセ” の若さでは勝てないし、勝負にならないと2人は主張するのだ。        中高年の女性が “美魔女” を目指すなら、相当な時間とお金がかかることぐらいマツコも有吉も分かっている 。妻の “美魔女” ぶりを誇らしげな夫に対しても、手厳しい意見を述べている。 「財力もあり心に余裕がある男だから、妻がこんなに若く綺麗でいられるのだ」 という自分の自慢話であって、本当に夫として妻本人を心から褒めているわけではないという意見だ。          “美魔女”ブームを煽れば高価な化粧品や洋服が売れ、エステサロンやスポーツジムの会員数も増えるのだろうか。 中高年の女性は、ブームにただ踊らされているだけなのだろうか。 しかし男性には分かってもらえないかもしれないが、ただ 「キレイになりたい」 という思いが女性にはあるのだ。           価格が安いものでも好みの口紅を見つけたり、気に入ったアクセサリーをお店で見かけたときの “小さなときめき”。 それだけで幸せな気分に浸れることは、年をとっても変わらないだろう。 “美魔女” を目指していなくても、いつまでも女性のオシャレ心は無くならないのである。(techinsight.jp)                         ツイートこの記事をつぶやく
        大災害時にはスプーン1本が強い味方になる        東日本大震災の記憶もまだ生々しいなか、私たち日本人は次の巨大地震に備えなければならない。        今後30年以内に60%の確率で発生するともいわれる南海トラフ地震は、最大でマグニチュード9クラスの “超巨大地震”。 国の有識者会議が発表した被害想定は、最悪で死者32万3000人という衝撃的な数字だ。       このような巨大地震が引き起こす建物崩壊、津波、大規模火災などを生き残るは、“運”が一番大きなかもしれない。 それでも、その運をたぐり寄せ、少しでも生存確率を高めるために、いまのうちから個人レベルでサバイバル能力を高めておくことが大切だ。          こういった事態では、身近な道具が思いのほか役に立つ。 例えば、1本のスプーンだ。          人が生まれてから最初に使う道具が、スプーンといわれている。 しかし、役立つのは赤ちゃんのときだけではない。 実は人間にとって、スプーンほど万能の工具はないのだ。          地震などの際は、大工仕事に使うような工具類はガレキに埋まるなどして取り出せないことが多い。 非常事態のなかで、ゆっくり探している時間などないだろう。        そんなときは、見当たらない工具の代わりに、身近なもので代用する知恵が必要になる。そして、スプーンこそが、最も身近な万能工具になり得るアイテムだ。        食事以外にも、ネジを外すマイナスドライバー、テコの原理を使ってクギ抜きや栓抜き、さらにガラス割りやスコップ、包丁の代わりとしても使うことができる。 缶の角を狙えば缶切りにもなる。      ただし、すぐにフニャフニャ曲がってしまうような安物はダメ。 丈夫で頼りになるのは、硬いステンレス製のカレースプーンだ。 裏に 「SUS304」 「18‐8 STAINLESS」 などの品質表示があるか確かめよう。        このカレースプーンをカバンに1本、机の引き出しに1本、枕もとに1本、そして玄関の下駄箱に1本入れておくだけで、いざというとき強い味方となってくれるはず。 ちょっとした備えで “生存率” はグンとアップするのだ。(wpb.shueisha.co.jp)                         ツイートこの記事をつぶやく
      丹霞地形          中国丹霞(たんか)とは、中国南部にある切り立った断崖などを伴った赤い堆積岩の地形で、2010年に世界遺産に登録されています。          鮮やかな色が織りなす、独特な景観をご覧ください。         1.   丹霞地形09    「中国丹霞地形」の主なものは湖南省、広東省、福建省、江西省、貴州省、浙江省などに存在し、6カ所とも有名な丹霞地形の観光地区であり、まとめて世界遺産に登録されました。       2.   丹霞地形02    主にジュラ紀~新第三紀に形成され、雨季に川や湖に流れ込んだものが堆積した結果、このような独特の景観になったそうです。       3.   丹霞地形03    同じ地球上とは思えないカラフルな色合い。       4.   丹霞地形04    果てしなく続くストライプ。        5.   丹霞地形06    崖の側面。  6.       丹霞地形05    こんな景色を散歩してみたいものですね。        7.   丹霞地形07    なんだかCGで合成したかのような光景。        8.   丹霞地形08      拡大してもこの美しさ。(labaq.com)              実際の色合いがどんなものであるのか、自分の目で見てみたいものです。 ツイートこの記事をつぶやく