自民党の地滑り的勝利で終わった2012年12月の衆院選で、有権者が参考にしたのが新聞やテレビの情勢調査だ。 世論調査や情勢調査は 「実態を反映していない」 との指摘も根強いが、いざ投開票してみると、おおむね正確だった。          それでも、投票所の混雑ぶりに反して投票率が低かったことから、ツイッター上では「不正投票」などと陰謀論もくすぶっている。                    民主惨敗        今回の衆院選での確定議席数は、      
「自民党294、公明党31、民主党57、日本維新の会54、みんなの党18、日本未来の党9」      
だった。 結果として、自民党は単独で過半数(241議席)を上回り、公明と連立した場合は、参院で否決された法案を再可決できる3分の2(320議席)以上を確保した。          これに対して、テレビ各局の特番で20時過ぎに発表した議席予測では、例えば自民党については、民放各局は293~299を予測。 民主党59~65と、おおむね正確だ。 NHKは自民党の場合で275~310と幅を持たせており、やはり実際の開票結果と一致している。          これらの予測は、出口調査の結果に、選挙区ごとの取材結果を加味してはじき出されたものだ。            では、公示後に新聞各紙が行った世論調査についてはどうか。          終盤の12月14日の1面を見比べると、      
「自民党が単独過半数ラインを超えて280議席以上をうかがう」(朝日新聞)       「単独過半数(241議席)を突破するのは確実な情勢」(日本経済新聞)
      と、実際の開票結果に沿った内容だ。民主党については、
      「民主は80議席を切る可能性がある」(朝日)       「70議席を割り込む可能性もある」(日経)
      と、実際の結果よりも多めに予測している。              序盤の12月6日1面に掲載された調査結果でも傾向はほぼ同じで、朝日を例にとると、自民272議席、民主81議席と予測していた。 選挙戦が進むにつれて、「自民有利、民主劣勢」 という傾向が顕著になったことがうかがえる。          いずれの調査でも、      
「無党派層の5割は投票する候補を挙げていない」(読売)      
   といったように、情勢が流動的だという 「断り書き」 がある。 それでも、開票結果が庁結果と大きな違いがなかった背景には、小選挙区の確定投票率が前回09年よりも約10ポイントも低い59.32%と、戦後最低だったこともあるとみられる。          投票日には、ツイッター上では投票所の混雑ぶりを指摘する声も相次いでいた。 それにもかかわらず、投票率が低かったことから、一部では 「民意が反映されていない」 「不正選挙だ」 といった裏付けのない話も流布されている。          だが、都内では衆院選の小選挙区、比例区、都知事選、都議補選、最高裁裁判官の国民審査の5種類の投票が行われたケースもあり、混雑しているように見えたのは、単に投票に手間取って 「渋滞」 していただけだとの見方が有力だ。          なお、韓国では12月19日に大統領選が投開票されるが、投票行動に影響を与えるとして、12月13日以降の調査結果は公表できない。 韓国メディアが同日発表した世論調査の結果では、いずれも与党・セヌリ党の朴槿恵(パク・クネ)候補が、野党・民主統合党の文在寅(ムン・ジェイン)候補を3ポイント程度上回る支持を集めている。(j-cast.com)                       ツイートこの記事をつぶやく
       『ウェブはバカと暇人のもの』 の著者としても知られるネット編集者の中川淳一郎氏が、その週にネットで話題になったニュースのツボを解説している。        「Instagramの写真がツイッターで見られなくなる」        「大阪の高校生が 『閉じ込められた。 助けて』 と12月7日の東北地震でデマツイートし炎上」       など、その週にネット上で起きた様々な事件を紹介しているこのコーナー。 なかでも今週 「もっともネット的」 とでもいうべきネタが 「ほしのあき ステマをしていたことを認める。 芸能人続々ブログ削除」       というネタだ。          やらかしましたなぁ、ほしのあき。 30万円もらって 「ペニーオークション」 をステマしたことがバレてしまいました。 プラズマクラスターをわずか1080円で落札した、とブログに書いていたのですが、これは 「友人」 から30万円もらってやっていたことが明らかになったのです。        「ステマ」とは「ステルスマーケティング」の略で、「実際は広告なのに記事を装う」 行為のことをいうわけですね。 今年の正月直後に食べログでサクラの方々がステマ業種の依頼により、発覚した大量ステマを経て、一気にメジャーになりました。        で、ペニーオークションが一体何かというと、通常のオークションでは、価格をどんどん吊り上げていき、これ以上払えないよぉ!という段階で一人が落札できるわけです。 しかし、ペニーオークションは、ゲーム性が強いものです。 1回の入札で1円などの低価格で価格が上がり、最終的に激安価格で落札できるわけです。 しかしながら、入札するには手数料が必要で、60円とか70円を入札者はその都度支払うわけです。        運営側は 「まぁ、これで手数料が30万円手に入ったからここでやめっか」 といきなり激安価格でオークションを終了させるわけです。 こうして、手数料を払った死屍累々の方々の犠牲のもと、一人だけ商品をGETできるわけです。        過去に永井大さんが855円でiPadを落札して大喜びしている様をブログで報告したりしましたね。 で、ペニオクステマ芸能人はその後、次々と晒されているわけですが、ほしのあきが発覚した12月13日時点で2ちゃんねるにはすでに、ステマをやっていた人々のリストと、ブログを削除したか否かがまとめられています。 なかなかの調査能力です。        ほしのあき 削除    熊田曜子 削除    永井大 削除    小森純 削除    360°モンキーズ 削除    松金よう子 削除    デヴィ夫人    東原亜希 削除    ピース綾部 削除        ちょっとした小遣い稼ぎをしたい芸能人と、なんとしても露出し、バカを騙したいペニーオークション業者の思惑が一致した形になっています。 しかしながら、芸能人ブログはステマだらけで、見る側にもネットリテラシーが求められる状態となっています。        不自然にホメていたり、やたらと成分に詳しかったり、妙に 「子供にも安心だよ」 などと使用状況を記述していたりしたら、けっこうステマの可能性高いですよ。 皆様におかれましては騙されないようにお気をつけくださいませ。 (news-postseven.com)                     ツイートこの記事をつぶやく
       12月16日に行われた第46回衆院選の投票率は、前回よりも10ポイント下落して戦後最低を記録した。 サンドウィッチマンの伊達みきおがブログでその件について 「投票率の低さに驚きですね」 と心境を綴っており、投票しない有権者に 「大人としてどうなのか…」 と疑問を投げかけている。         総務省によると今回の衆院選では確定投票率が59.32%で、期日前投票者数(小選挙区)も前回比13.91%減となった。 年末の多忙な時期が影響したのではという推測や、過去最多の12党が乱立したことで、「どこに入れるか決められない」 と投票を敬遠する者が増えたとの見方もある。        サンドウィッチマン・伊達みきおのブログ 『もういいぜ!』 では、12月17日に 「総選挙、投票率の低さに驚きですね…」 とこの状況について意見を述べている。 伊達は 「政治に…というか、自分が住んでいる日本という国に興味がないのかな」 と投票を棄権する有権者に問いかけているのだ。          「誰に入れても一緒だとか思うかも知れないけど、投票はしないと」 と彼が説くように、投票することが政治に対するアクションとなる。 それを放棄するのは 「選挙権を持っている大人としてどうなのか」 と伊達は疑問に感じている。        伊達のようにハッキリと見解を示さずとも、芸能人には選挙に行ったことを報告する者が少なくない。 八田亜矢子もブログ 『はったあやこSTYLE』 で投票したことを報告すると、「政治が悪い! なんて文句言う前に、まずは参加しないとね」「若者(一応)としては、少しでも明日に希望が持てる社会になるといいなと思い、一票を投じてきました」 と綴っている。            他にも平成ノブシコブシ・吉村崇やSKE48・古川愛李、HKT48・指原莉乃が期日前投票したことを報告した。 投票日には目にしただけでも、SKE48・須田亜香里やAKB48・板野友美、女優の片岡明日香に鉄道文化人・豊岡真澄などが投票に行ったことを報告している。 多くの国民が関心を寄せる芸能人が、こうした行動を知らせることは投票への関心を高めそうだ。        今回の衆院選の結果を受けて、伊達は 「この先、どんな政治になっていくのか。 まず毎年、総理大臣が変わる国をどうにかして欲しいですね」 と期待していた。 次の選挙では国民がもっと期待を膨らませて投票できる状況であって欲しいものだ。(techinsight.jp)                        ツイートこの記事をつぶやく