スワロスキー        さあ12月に入りました。 もういくつ寝るとお正月ですが、その前にやってくるのが……ロマンチックなクリスマス! ふと耳をすませばクリスマスソングが聞こえる季節になってまいりました。        そんななか、クリスタルジュエリーで有名なスワロフスキーがイキなサイトを公開しているのでご報告します。 その名も 「Christmas Love Melody」。 サイトの画面を下に下~~に、ゆっくりとスクロールしていくと、クリスタルジュエリーがXmasソングを奏でてくれるという演出なのです。          急いで 「シャッ」 と一気に下にスクロールすると、曲も 「ジャッ!」 と一瞬で終わってしまうので要注意!! 1音1音たしかめるように、ゆっくりとスクロールするのがコツです。 ちなみに音色を奏でてくれるクリスタルジュエリーは、今年のクリスマスプレゼントにオススメのアイテムなのだとか。        そして曲を聞き終えたら、メロディ付きメッセージカードを友達や家族、恋人にFacebookを通じて送ることも可能! いつもは言えない熱い想いや、クリスマスの約束などを送ってみるのが良いのかも!        そんなスワロフスキーは店頭でもクリスマスプロモーションを実施中。 スワロフスキー製品を2万1000円以上買うとオリジナルジュエリーケースをプレゼントしてくれたり、セットジュエリーかネックレス+ジュエリーを購入するとスペシャルギフトボックスのラッピングをサービスしてくれるそうです。        まだ 「クリスマスはこんなプレゼントが欲しい!」 とリクエストしていない女子ならば、意中の人に 「Christmas Love Melody」 でメッセージを送ってみるのもいいのでは? 「ちなみに音色を奏でてくれるクリスタルジュエリーは~~」という前述の一文を添えることを忘れずに!!        

▼こちらが今年のクリスマスプレゼントにオススメのアイテム!

 

 

swaro2                            ツイートこの記事をつぶやく
       自身が提唱する “ロングブレスダイエット” 本がヒットとなった、俳優の美木良介(55歳)が、今年、ミリオンセラー作家になった。 年間40.2万部の 「DVDで完璧にわかる!美木良介のロングブレスダイエット必やせ最強ブレスプログラム」 (総合12位/今年7月発売/以下すべて徳間書店)を筆頭に、「美木良介のロングブレスダイエット1週間即効ブレスプログラムすべてのエクササイズがDVDでよくわかる!」 (昨年11月発売)が33.4万部(総合16位)、「美木良介のロングブレスダイエット」 (昨年6月発売)が30.8万部(総合22位)と、ランクイン計3作で総売上104.4万部を記録。 作家別総売上でも、「恋物語」 (年間26.6万部)などがヒットとなった西尾維新の140.8万部に次ぐ2位となっている。                 三木          “ロングブレスダイエット” は、美木が20年来悩まされていた腰痛を解消するため、自身で試行錯誤して開発した呼吸法。 3秒間息を吸い、7秒間長く吐くというゆっくりと長い呼吸を繰り返すことで、内蔵を囲んでいるインナーマッスルの腹覆筋や腰痛の原因となる脊椎起立筋が鍛えられ、その結果、代謝の良い体ができ、ウエストのシェイプアップやダイエットにもつながるというもの。      注目を集めるきっかけとなったのが、勝間和代氏(-7kg)、TBSの升田尚宏アナ(-12kg)らが同ダイエット法で減量する模様が放送された、今年5月の 「中居正広の金曜日のスマたちへ」 (TBS系)で、直後の5月28日付け週間BOOK(総合)ランキングでは、前週100位圏外だった 「美木良介のロングブレスダイエット」 (昨年6月発売)と 「美木良介のロングブレスダイエット1週間即効ブレスプログラムすべてのエクササイズがDVDでよくわかる!」 (昨年11月発売)がそれぞれ3位と5位に急上昇。      さらに、7月のロンドン五輪女子重量挙げ48キロ級で銀メダルを獲得した三宅宏実選手も減量のため同ダイエットを実践したというニュースもヒットの後押しとなり、7月30日付け週間BOOK(総合)ランキングでは 「DVDで完璧にわかる!美木良介のロングブレスダイエット必やせ最強ブレスプログラム」 (今年7月発売)がシリーズ初の首位になるなど、一大ブームとなった。      今回の大ヒットについて美木は 「私自身が22年間も悩まされ続けた腰痛を改善させるために考案したのが 『ロングブレス』 です。 腰痛が完治する頃には自然に身体が絞れ、50数年間生きてきた中で、いちばんきれいな身体になっていました。 役者としてトレーニングに励んでいても、こんな健康体だったことはありません。 『ロングブレス』 とは、ダイエット効果ばかりが注目されますが、じつは健康法なのです。 そのメソッドを世の中の皆様にご紹介したいという思いでした」 とコメントを寄せている。 (narinari.com)                         ツイートこの記事をつぶやく
           オノ・ヨーコ        前衛芸術家にして故ジョン・レノンの妻であるオノ・ヨーコさん。         2012年冬に発表したメンズウェア 「Fashions for Men: 1969-2012」 が世界中から注目を浴びている。        このコレクションに使用されたイラストは、ヨーコさんが結婚式の日にジョンに贈った絵のなかから選ばれたという、とてもメモリアルなデザインだ。 ジョン・レノンファンなら要チェックなのだが、そのファッション性があまりにも飛びぬけており、もはや素人は困惑するレベルだと話題になっている。          「Fashions for Men: 1969-2012」 は、ヨーコさんとメンズファッションブランド 「Opening Ceremony」 がタッグを組み、生まれた新作だ。 そのデザインがまたスゴイ。 たとえば          ・股間やお尻にバチーンと平手打ちしたような手の平がプリントされたパンツ(ズボン)      ・オフショルダーっぽいデザインがセクシーなシースルーのロングTシャツ      ・金属パーツが怪しくきらめくメンズブラ的なもの      ・そしてどう見ても乳首にしか見えない謎のポッチがついたトップス     などなど……        今までに類を見ないメンズウェアが登場したのである。 しかもお値段200ドル(約1万6400円)前後! 激安ではないが庶民にも手が届く範囲だ。 コレクションは発表されるやいなや、世界中から注目された。          ネット上では        「おお……」      「クラスの男子が着ていたら引くわ」      「えっと、これ何?」      「冗談でしょ?」      「少なくとも普段着ではないな」      「うーん、芸術家のセンスはわからないなぁ」       などと、多くのネットユーザーがあまりのハイファッションぶりに困惑気味だ。          しかし、一方で      「60年代では奇抜なデザインだけど、今なら大丈夫かも」      「なんだか哲学的」      「クール!! これこそオリジナルだよ」       と、興味深々の声も見られる。        ネットの声にあるように、そのまま着るだけではとても普段着にできそうにない。 洋服だけでなく、小物、ヘアスタイル、そして我が道をどこまでも貫く鋼の心……ありとあらゆるセンス(感覚)を持ち合わせた人のみが着こなすことができるのではないだろうか。        なお、こちらのコレクションは現在、アメリカのみの展開だが、近々、日本でも販売されるらしい。 ファッションセンスに自信のあるキミは今すぐチェケラだぜ! (rocketnews24.com)         enhanced-buzz-8342-1354055911-6         enhanced-buzz-7503-1354055622-6         enhanced-buzz-932-1354055286-3           enhanced-buzz-10248-1354055807-1          enhanced-buzz-7022-1354056042-3         enhanced-buzz-4469-1354055145-5          う~~~ん  ハイセンスと言うほかないね!!                     ツイートこの記事をつぶやく
       「正体不明」 「いや、偽物にしては良くできている」 などと話題になっていた 「日本未来の党」 (嘉田由紀子代表)を名乗るアンケートサイトは、やはり 「未来」 がPRの一環として開設していたものだった。         だが、「原発推進に賛成ですか?」 という問いにネット利用者は敏感に反応し、賛成票が大量に入るというハプニングが起き、結局は閉鎖されてしまった。                  未来の党        サイトは2012年12月3日、「ネットでプレ総選挙」 と称して開設され、最初は 「 『脱原発』 に賛成ですか?」 という問いでアンケートが設定されていた。 ところが、原発存続を意味する 「反対」 への票が、党の方針である 「賛成」 を大きく上回ってしまった。         このことが影響したのか、サイト側は設問が分かりにくかったとして、午後になって投票結果をリセットした上で 「原発推進に賛成ですか?」 というシンプルな設問でアンケートを再開。 直後は、「賛成」 が 「反対」 を大きく上回り、やはり党の方針とは逆に投票結果が出ていたが、夕方になって反原発派が巻き返しをみせていた。          サイトの正体をめぐっては、      (1)運営が行き当たりばったりで、異様にずさん      (2)公式サイトからアンケートサイトにリンクが張られていない       といった理由で 「偽物」 説も浮上していたが、        (1)公式サイトに載っていない嘉田代表の写真が使われている        (2)ヤフーに出ている広告からにリンクされている       という点から 「本物」 説が有力視されていた。              「未来」 は12月4日、J-CASTの取材に対し、本物と認め、          「セキュリティーの問題や、いたずらがあったため、このままにしておくのは問題があると判断した」        として、同夜遅くに閉鎖したと説明した。 わずか1日の露出だったことになる。              「未来」 のテレビCMも、このアンケートサイトを意識した内容となっており、「脱原発に…」 というナレーションに続いて、画面上では 「YES!」 の選択肢が強調される。 さらに、「あなたの意見をお聞かせ下さい」 いうスローガンが表示され、ウェブサイトの検索窓に 「未来の党」 という単語で検索を促す構成になっている。          ところが、実際にPCからグーグルで 「未来の党」 を検索しようとすると、連想されるキーワードに 「未来の党 アンケート」 と表示され、今回の騒動の内容をネット利用者に広く知らせてしまうという逆効果になっている。           さらに、実際に検索してみると、ニュース記事を除くと、一番上に出てくるのは 「日本未来の党がネット民に壮絶に馬鹿にされる」 というタイトルの、アルファブロガー・山本一郎氏の記事。 公式サイトが出てくるのは、山本氏の記事の6つ下だ。 CMのとおりに検索した有権者は、結果として 「未来」 のPR戦略の思惑はずれを知ってしまうという皮肉な状態になっている。(j-cast.com)                       ツイートこの記事をつぶやく
                岩手県宮古市、復興に向け官民参加の再生可能エネルギープロジェクト開始        宮古市ブルーチャレンジプロジェクト協議会は4日、震災復興と新たな宮古市の地域活性化を目指し、再生可能エネルギーを利用する 『宮古市BLUE CHALLENGE PROJECT』 を開始しました。          同プロジェクトは、木質バイオマス施設によって生み出される 『電気/熱/燃料(水素エネルギー)』 などを活用する取り組み。          発電施設で既に一般的となっている電機と熱を利用するコージェネレーション(熱併給発電)に加えて、次世代自動車の燃料となる水素を利用でき、商用利用では初の試みとなる。          同プロジェクトには、会長に名古屋大学教授の西村眞氏、副会長に長岡技術科学大学客員教授 石黒義久氏、宮古市長 山本正徳氏、トヨタ自動車や三井化学といった大手メーカーも参加している。          利用されるプラントは、使用する原料として木質バイオマスのみならず、汚泥や農産物等の残渣といった地域バイオマスも活用できる。          同プロジェクトは、2014年秋に開業を目指す。(mynavi.jp)         ツイートこの記事をつぶやく
       俳優のいしだ壱成さん(37)が、大阪での震災がれき試験焼却に対しブログで異論を唱え、波紋を呼んでいる。 脱原発運動をしており、その一環のようだ。          いしだ壱成さんは、父親の石田純一さん(58)と東尾理子さん(37)の間に、37歳差の異母弟となる息子が生まれて話題になった。 出産後に病室に駆けつけており、父子らの関係は良好らしい。                      いしだ壱成ブログが注意呼びかけ 大阪の震災がれき焼却「絶対やめてほしかった」          そんな中で、壱成さん自身にもおめでたい話が出てきた。 女性セブンの2012年11月29日発売号によると、親しいDJの友人を通じて知り合ったクラブハウス元従業員女性(26)と1年以上前から交際しているというのだ。 12年春からは、石川県内で一緒に暮らしてもいるという。          壱成さんもこの日、ブログを更新し、女性誌に恋愛の記事が出ることを認めた。 ところが、壱成さんは、そんなことにもお構いなしの様子なのだ。        「個人的な気持ちをハッキリ言いますと、日本では僕の恋愛事情など本当にどうだっていい位の出来事が今現在進行形で起こっています」        それが、原発事故の問題だという。 壱成さんは、事故はまだ収束していないとして、異母弟について、「彼が大人になる頃には、今よりも遥かに厳しく困難な時代が待ち受けているだろうと思うと、ほんとうに心苦しくなります」 と漏らしている。          ブログでは、大阪府と大阪市が29、30両日に行った震災がれきの試験焼却について、苦言を呈した。 この焼却では、岩手県から受け入れた100トンを大阪市内の清掃工場で燃やした。 これについて、壱成さんは、「西日本の放射能汚染を考えると絶対にやめてほしかった」 と強く批判した。          しかし、燃やすことは止められず、代わりに、壱成さんは、関西の人たちに被ばくに注意するよう呼びかけを始めた。          がれきには放射性物質のほか、有毒なアスベストが含まれているとし、特に小さな子どもがいたり、妊娠していたりする人は、ここ数日間は、できるだけ外出を控えるべきだとした。              室内では、換気スイッチをオフにしたり、洗濯物を部屋干しにしたりした方がいいとアドバイスした。 放射線量を測り、数値が高ければ、窓にガムテープなどで目張りした方がいいともする。 0.2マイクロシーベルト以上なら相当高い線量だというのだ。          外出するとしても、業務用マスクをするようにし、簡易マスクをするなら、水で濡らしたティッシュを内側に入れ2枚重ねにするといいという。 このほか、ゴーグルや大きめのサングラスを勧めたりした。          いしだ壱成さんは、原発問題に取り組む市民団体のサイトをいくつか紹介しており、それを参考にしたらしい。          ブログには、壱成さんの主張に共感を寄せるファンらのコメント書き込みが100件ほども寄せられている。 その一方、ネット上では、「なんか偏った思考になってるよな」 「助け合いの精神とかなさそう」 といった疑問の声も多い。          大阪府の資源循環課では、焼却による大気中などの放射性セシウム濃度を測ったところ、今のところ基準内に収まっているとして、「ほとんど無害に近く、ゴーグル、マスクなどをする必要もないと考えています」 と説明する。 0.2マイクロシーベルト以上もなく、アスベストも基準をかなり下回っているという。          壱成さんは、かねてから反原発運動をしていることをブログで明かし、「NO原発」 などとする本も書いている。 本には、新党 「今はひとり」 を立ち上げ、衆院選出馬を表明した俳優の山本太郎さん(38)との特別対談もあった。 とすると、ブログなどは政界進出の布石ということなのか。            所属事務所「神南」のマネージャーは、取材にこう説明した。        「衆院選出馬はまったくありません。 特定の政党や候補の支援も考えてないです。 山本さんとは俳優として付き合いがあるだけですよ。 脱原発運動は、一市民としてやっており、大きく声を上げているわけではありません。 石川県に滞在することがあるのは、放射能汚染から避難する目的もないわけではありませんが、仕事などのためです。 自宅は東京にあるんですよ」 (j-cast.com)                       ツイートこの記事をつぶやく