2012,11,28

“街角で牛乳かぶる”妙な流行、大学生が始めた行動がイギリスで話題に。

       イギリス、ニューカッスル大学に通うトム・モリスさんは、友人らとの会話が盛り上がって思い付いた、街角で頭から牛乳をかぶる 「Miliking」 なるパフォーマンスを実行している。 その様子は動画にしてYouTubeに投稿。 Facebookなどで紹介すると予想以上の注目を集め、中には真似をする他大学の学生も現れたそうだ。       ミルキング        この動画は11月21日付でYouTubeに投稿された 「milking newcastle」(http://www.youtube.com/watch?v=qtJPAv1UiAE)。 英紙デイリー・メールなどによると、モリスさんはある日、友人たちとの会話の中で 「スターバックスの外でやったら、絶対面白いよね」 と、牛乳を頭からかぶるパフォーマンスのアイデアで盛り上がったという。        そこで大学の在校生と卒業生からなる仲良しグループは、即このアイデアを実行。 ニューカッスルの街中へと繰り出し、「4パイント(約2.3リットル)」 のボトルに入った牛乳をただ頭からかぶるだけの “おふざけ” を繰り返した。 これを何も知らない市民が大勢いる公共の場所でやるのが、彼らのこだわりであり流儀。 スーパーで牛乳を買ったと思ったら、店を出た途端にまずは景気づけの1回、さらには電車を降りた直後や、店やパブの前など荒唐無稽な暴れっぷりを見せている。      中には大きなゴミ箱から飛び出して浴びたり、玄関先でシリアルを食べながら上からかけられたりとシュールな “プレー” も。 日本人の感覚からすれば 「もったいない」 「食べ物で遊ぶな」 が真っ先に来そうだが、牛乳をかぶりまくる彼らの姿は清々しいほどに躊躇がない。 当初、彼らは親しい仲間内で楽しむつもり見せるつもりでFacebookに動画を公開したが、やがて 「大笑いした」 友人たちが次々と広め、多くの反響が寄せられるようになったそうだ。      その結果、多くの英メディアでも注目されてさらに話題となり、彼らが考えた 「Milking」 は特に若者の間で評判に。 英大学の学生紙 「ザ・タブ・ニューカッスル」 によれば、エジンバラやノッティンガム、オックスフォードなどいくつかの大学版サイトでも、すでに彼らの真似をした動画が紹介されているという。 もちろん、飲み物の無駄遣いを懸念する声が地元政治家からも寄せられるなど、彼らのパフォーマンスを否定的に見る人も少なくない様子。 ただ、メディアの論調や意見の数を見る限り、今のところ英国内では彼らの動画を好意的に捉えている人の方が多く、さらに真似をする大学生が現れそうだ。 (narinari.com)       ツイートこの記事をつぶやく