50年以上にわたって極東アジア地域の軍事的抑止力となってきた 「日米安全保障条約」。 それに胡坐をかいてきた日本。 迫りくる中国の軍事侵攻に日米安保は機能するのか。 元外務省国際情報局長の孫崎享氏が解説する。        尖閣諸島問題に絡んで、永田町の一部でも対中国強硬論が勢いを増している。 自民党の安倍晋三総裁を始め、政治家の強気発言の裏にあるのは 「日米安保」 の存在だ。 だが、いざ尖閣で有事が起きた際、米軍は出動するのか。 日米同盟は機能するのか。 断言する。 法に照らし合わせても、アメリカの思考を鑑みても、日米同盟は機能しない。        具体的に日米安保条約を見てみよう。 第五条は 「各締約国は、日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続に従って共通の危険に対処するように行動する」 と定めている。        この 「自国の憲法上の規定及び手続に従って」 というのがクセ者だ。 NATOの北大西洋条約と比べると、日米安保の特異性が浮かび上がる。 こちらの条約の五条には、「条約締約国に対する武力攻撃を全締約国に対する攻撃とみなす」 とある。 つまり、NATOの仲間への攻撃は自国への攻撃に等しい、と明確に言っているのだ。        日米安保の場合、そうではない。 日本が攻撃されても、憲法上の規定、つまり議会に諮らねばならない。 議会がNOならば米軍は動かない。        では実際、尖閣有事の際、米国はどんな判断を下すのか。 実は、かつてカーター政権で副大統領を務めたモンデール元駐日大使が驚くべき発言をしている。        「米国は(尖閣)諸島の領有問題でいずれの側にもつかない。 米軍は(日米安保)条約によって介入を強制されるものではない」 (1996年9月15日NYタイムズ紙)        この発言に日本側は説明を求め、米国は 「安保条約の第五条は日本の管轄地に適用されると述べている。 したがって第五条は尖閣諸島に適用される」 と公式見解を出した。     だが、「尖閣諸島が安保条約の対象になる」 ことと、「尖閣有事の際に米軍が出動する」 ことがイコールではないことは前述の通りだ。        さらに小泉政権下の2005年10月に日米で取り交わした文書 「日米同盟 未来のための変革と再編」 では、「島嶼部(とうしょぶ)への侵攻への対応」 は日本が行なうと明記されている。        中国が尖閣諸島に攻めてきた時は日本の自衛隊が対処する。 ここで自衛隊が守れば問題ない。 しかし守り切れなければ、中国の管轄地となる。 その時にはもう安保条約の対象ではなくなる。 つまり米軍には尖閣諸島で戦う条約上の義務はないことになる。        事実、アーミテージ元国務副長官は 「日本が自ら尖閣を守らなければ(日本の施政下でなくなり)我々も尖閣を守ることができなくなる」 (『月刊 文藝春秋』2011年2月号)と述べている。        中国との関係を重視する米国にとって、中国との戦争に利はない。 仮に戦ったとしても、米軍が極東地域で限定された在日米軍しか使えないという制約の下では、米軍の方が不利である。        しかも、日本の米軍基地を射程とする中国の中・短弾道弾、巡航ミサイルで滑走路を破壊されれば、米軍の戦闘機は機能しない。 利もなく、勝ち目も薄いとなれば、ますます米国議会は米軍出動を承認しないだろう。        米国にとって、在日米軍基地は日本防衛のためにあるのではない。 あくまで世界戦略の一環だ。 日本の国土防衛には役に立たない輸送ヘリ 「オスプレイ」 を導入したのも、そう考えれば理に適う。        米国が守ってくれる――そんな幻想を妄信し、未来への思考を停止する。 これが今の日本だ。 尖閣問題の悪化は、在日米軍基地の強化に利用されているに過ぎないことを私たちは知る必要がある。(news-postseven.com)                         ツイートこの記事をつぶやく
      化粧        お化粧をしている限り、そう簡単に “すっぴん” は見せられません。 だってだって、化けているのですから! メイクを落としたその瞬間、そこにいるのは……これ以上は言いたくないわ。        そんななか、海外の画像サイトに驚くほど化粧映えした 「お化粧ビフォー・アフター写真」 が多数掲載されていたのでご紹介します。 全部あわせて42枚のビフォー・アフター写真。 一度は見ておいて損はないよ。        たとえば、ビフォー写真では冴えない近所のオバちゃん的な顔なのに、アフター写真のメイク後は……まるでモデルさんのような美しさに! これがメイクです。 これが、これが、お化粧というやつなのです。        ポイントとなるのは、やはりアイメイク。 ハッキリとした目元になると、一気に美人さんに大変身です。 ちなみに男性のお化粧ビフォー・アフター写真も数枚紛れ込んでいますが、これまたメイク前とメイク後では大違い。メイクの力は絶大なり!      

▼画像をクリックすると大きな写真で見られるよ!

makeup_miracles_before_and_after_10_pics-1
 
makeup_miracles_before_and_after_10_pics-2
   
makeup_miracles_before_and_after_10_pics-3
     
makeup_miracles_before_and_after_10_pics-4
     
makeup_miracles_before_and_after_10_pics-5
     
makeup_miracles_before_and_after_10_pics-6
     
makeup_miracles_before_and_after_10_pics-7
     
makeup_miracles_before_and_after_10_pics-8
     
makeup_miracles_before_and_after_10_pics-9
     
makeup_miracles_before_and_after_10_pics-10
     
makeup_miracles_before_and_after_part_2_9_pics-1
     
makeup_miracles_before_and_after_part_2_9_pics-2
     
makeup_miracles_before_and_after_part_2_9_pics-3
     
makeup_miracles_before_and_after_part_2_9_pics-4
     
makeup_miracles_before_and_after_part_2_9_pics-5
     
makeup_miracles_before_and_after_part_2_9_pics-6
     
makeup_miracles_before_and_after_part_2_9_pics-7
     
makeup_miracles_before_and_after_part_2_9_pics-8
     
makeup_miracles_before_and_after_part_2_9_pics-9
     
makeup_miracles_before_and_after_part_2_9_pics-10
     
makeup_miracles_before_and_after_part_2_9_pics-11
     
makeup_miracles_before_and_after_part_2_9_pics-12
     
makeup_miracles_before_and_after_part_3_20_pics-1
     
makeup_miracles_before_and_after_part_3_20_pics-2
     
makeup_miracles_before_and_after_part_3_20_pics-3
     
makeup_miracles_before_and_after_part_3_20_pics-4
     
makeup_miracles_before_and_after_part_3_20_pics-5
     
makeup_miracles_before_and_after_part_3_20_pics-6
     
makeup_miracles_before_and_after_part_3_20_pics-7
     
makeup_miracles_before_and_after_part_3_20_pics-8
     
makeup_miracles_before_and_after_part_3_20_pics-9
     
makeup_miracles_before_and_after_part_3_20_pics-10
     
makeup_miracles_before_and_after_part_3_20_pics-11
     
makeup_miracles_before_and_after_part_3_20_pics-12
     
makeup_miracles_before_and_after_part_3_20_pics-13
     
makeup_miracles_before_and_after_part_3_20_pics-14
     
makeup_miracles_before_and_after_part_3_20_pics-15
     
makeup_miracles_before_and_after_part_3_20_pics-16
     
makeup_miracles_before_and_after_part_3_20_pics-17
     
makeup_miracles_before_and_after_part_3_20_pics-18
     
makeup_miracles_before_and_after_part_3_20_pics-19
     
makeup_miracles_before_and_after_part_3_20_pics-20


     スゴイわ!!        ツイートこの記事をつぶやく
       衆議院が解散し、年内選挙が現実のものとなりました。 石原前東京都知事は、2012年11月13日に自身が代表を務める 「太陽の党」 を結成したのですが……。           三日後の11月16日になって、日本維新の会と合流することが判明。 太陽の党を解党することが明らかになったのです。 このことにインターネットユーザーは衝撃を隠し切れないようです。        太陽の党が解党したことについて、ネットユーザーは次のように反応しています。      「もう解党かいw」    「爆笑したww」    「維新に行くのは石原だけにしろ!」      「もう最初から作んなくってよかったじゃないの」      「ほらね…」      「なんですかこれ? もうめちゃくちゃですね」      「石原さん、残念でした」      「石原は責任を取らない男だから不思議ではない」      「立ち上がらず昇らずですね」      「最近できたての政党じゃなかったっけ?」      「なんじゃこりゃーー!」      「石原さんミスったなー」      「早っww」      「なんじゃこりゃ」       ……など。 驚きを禁じえない様子。 さすがに三日で解党というのは、いかがなものかと感じている人が多いようです。          とにかくこれから選挙戦が始まるので、党利党略だけではなく、国民の生活を真剣に考えて頂きたいものです。 (rocketnews24.com)         ツイートこの記事をつぶやく
       レコチョクは11月16日、ユーザー投票による 『彼氏・彼女とラブラブの時に聴きたい曲ランキング』 を発表した。       ラブラブのときに聞く歌        このランキングは携帯サイト 「レコチョク 音楽情報」 およびスマートフォン向け 「レコ チョク」 で実施した投票を集計・まとめたもの。        その結果、最も票を集めたのは、flumpoolの 『two of us』 だった。 flumpoolの2ndアルバム 「Fantasia of Life Stripe」 に収録されており、フジテレビTWO 「あいのり2」 主題歌にもなった楽曲だ。      投票の理由としては 「歌詞がラブラブな人たちにぴったりだと思います!!  歌詞もメロディーも最高。 幸せな気持ちになれます」 (17歳/女性)、「何年先でもこのままそばにいてほしい~!って気持ちになる」 (17歳/女性)など、大切な人への愛情をストレートに表現した歌詞を聴いているだけで、幸せな気持ちになれるとの声が多くみられた。      2位は西野カナの 『if」』 に。 こちらは 「歌詞の “口癖や仕草もよく似てきた二人” っていうのがラブラブな感じ」 (17歳/女性)、「雨の日に、職場で出会った彼。 同じ夢に向かってお互い頑張ろうね、この気持ち忘れないよね、って2人でよく聴きます」 (21歳/女性)など、運命の人と未来もずっと一緒にいたいとの願いが込められたラブバラードに若い女性を中心に多くの支持が集まっている。(narinari.com)        皆さんは彼氏・彼女とラブラブのとき、どんな曲を聴きたいです?      ☆彼氏・彼女とラブラブの時に聴きたい曲ランキング    1位 : 「two of us」 flumpool       2位 : 「if」 西野 カナ    3位 : 「365日のラブストーリー。」 ソナーポケット    4位 : 「Kiss you」 EXILE    5位 : 「全部好き。」 遊助       ※ 「レコチョク 音楽情報」 およびスマートフォン向け 「レコチョク」    (http://recochoku.com/news/tohyo/)では10位までを公開中。                    ツイートこの記事をつぶやく
               STAR WARS TOYS        アメリカ・ニューヨーク州ロチェスターにある子どものための博物館 「National Museum of Play」 は15日、ダース・ベイダーなど映画 「スター・ウォーズ」 シリーズに登場するキャラクターのアクションフィギュアが、「おもちゃの殿堂」 に選出されたと発表した。        殿堂入りの理由について、同博物館のキュレーターは 「スター・ウォーズのキャラクターは、ギリシャやローマの神話に匹敵するストーリーと結びついている。 殿堂入りする 『フォース』 がある」 と述べた。        スター・ウォーズのフィギュアのほか、1200年代後半に中国で誕生したともいわれるゲーム 「ドミノ」 が殿堂入りした。        おもちゃの殿堂は、毎年300を超えるおもちゃの中から、同博物館のキュレーターと専門家らで構成される委員会が12の候補まで絞り込み、2つから3つが殿堂入りする。 「認知度」 や 「人気度」 のほか、「遊びを通して生まれる創造性」 などが審査基準になるという。 これまでにバービー人形やテディベアなどが殿堂入りしている。(reuters.com)                           ツイートこの記事をつぶやく