子どもから大人まで大人気の 「ネコ型ロボット」 ドラえもん。 これまで、動力は体内の 「原子ろ」 で作られているとされていた。          その 「原子ろ」 が、最近発売されたコミックスで 「なかったことになっている」 のだ。 震災に配慮したもののようだが、インターネット上では 「やりすぎ!」 との声も上がっている。              2012年11月1日、ウェブサイト 「東京福袋」 主宰者の吉野忍さんが、ツイッターでこんな投稿をした。      
「息子が発見。 ドラえもん大事典から 『原子ろ』 『原子力』 の文字が消えた」      
   「ドラえもん大事典」 とはドラえもんの体の構造などを解説したものだが、胃袋について、従来 「原子ろ 何を食べても原子力エネルギーになる」 と説明されていた。 しかし吉野さんがツイートに添付した画像のイラストでは、「原子ろ」 「原子力」 の表記がきれいに消されていたのだ。          このイラストが掲載されている 「ドラえもん 未来の国からはるばると編」 (12年8月発行)を入手して確認してみると、確かに胃袋の説明箇所は 「何を食べてもエネルギーになる」 としか書かれていない。 「原子ろ」 「原子力」 と書かれるはずだった部分は空白になっている。          なお、01年発行の 「決定版 ドラえもん大事典」 では、「ドラえもんの胃ぶくろは、原子胃ぶくろ。 食べたものは、そこで分解。 高性能エネルギー炉に送りこまれ、完全に消化・吸収して、エネルギーにしてしまうのだ」 と説明されている。 「食べたものを原子まで分解してエネルギーにする」ということで、原発のように核分裂でエネルギーを発生させているわけではない。              吉野さんのツイートがきっかけで、「原子ろ」 「原子力」 表記が消えたことがインターネット上で話題になった。 「過剰反応しすぎ…」 「これは消さなくていいだろ…」 「どんだけ原子力アレルギーなんだよ」 と 「やりすぎだ」 という意見が多く投稿されている。          表記を消した理由について、小学館 児童・学習編集局 「ドラえもんルーム」 に問い合わせたところ、「多くの子どもたちに 『ドラえもん』 を楽しく読んでもらうために、作品世界を壊さずに、言葉を選んできました。 東日本大震災の被災状況を踏まえ、再編集いたしました」 との返答があった。          今後も 「原子ろ」 「原子力」 表記は消されたままになってしまうのか、と聞くと 「今は分からない」 とのことだった。(j-cast.com)                        ツイートこの記事をつぶやく
          遠隔操作犯名乗りメール 横浜から送信か、自殺示唆も        パソコン(PC)遠隔操作事件で、10月に落合洋司弁護士(東京弁護士会)らに犯行声明を送りつけた 「真犯人」 を名乗る人物から、落合弁護士や一部報道機関に13日にメールが届いたことが14日、捜査関係者などへの取材で分かった。        メールには写真が添付され、警視庁など4都府県警の合同捜査本部は画像の位置情報の解析で横浜市保土ケ谷区の団地で撮影されたものと特定。 自殺をほのめかすような内容もあった。 (kyodo-d.jp)                          ツイートこの記事をつぶやく
     アメリカの3大ネットワークの一つ、CBSがニュースサイトで 「初音ミクは世界で最も偽者のポップスターだ(Hatsune Miku The world’s fakest pop star)」 という記事を掲載したところ、「ミクは偽者じゃない!」 「CBSは世界中を怒らせた」 「この記事を書いた記者を殺す」 などといった批判とCBSに謝罪を求める書き込みが殺到し、記事のコメント欄が 「炎上」 している。              問題の記事は 「CBS News」 2012年11月9日付に掲載された。 内容はミクのコンサートについて書かれたもので、      
「ミクはポップスターの中では特殊な存在で、薬物やアルコールをやらないし、明け方にナイトクラブから出て転ぶのを撮影される心配も無い。 しかも、コンサート会場の外で見かけることもない。 なぜなら、ポップスターの偽者(fakest)の一種で、ホログラムだからだ」      
と書いている。          記事はそのあとミクの生い立ちについて説明し、      
「ミクの荒涼とした非現実は、彼女のファンに全く嫌がられることはないようです」      
とし、「ユーチューブ」 にアップされているコンサートを表示。 ミクがステージに現れたときに叫ぶ何千人ものファンの姿は、死んでしまった有名スターの過去の映像が、舞台に映し出された時と同じような反応だ、などと結んでいる。          この記事にファンは激怒し、13日までにコメント欄に抗議のコメントが約120も書き込まれた。 英語で書かれた長文のものが多く、特に 「fakest」 の文字と、記者の勉強不足に怒っているようだ。 そこには、      
「彼女はどのポップスターよりもリアルです。 また、彼女は、プログラム、本物の楽器です。 どの愚か者がこのジャンク記事を書いたのですか?本当のバカです」
           また、      
「CBSは正式に世界全体を怒らせました。 彼女の音楽はアメリカのポップスターの音楽よりも優れている。 子供のためずっといい影響を与えている」     「 『偽』 は軽蔑的な言葉だ。 グローバルなファンを侮辱しないでください。世界中の膨大な数の人々を怒らせたとして、記事の削除を求めます」      
などがあり、中には記者は殺害されても仕方ない、という物騒なものまである。          この記事について日本のネットでは、「virtual」 という言葉があるのに 「fakest」 を使った意味が分からない、と感じている人が多い。 また、      
「ミクが歩んできた独特な成長過程を知らずにいきなりこのコンサートを見たら、卒倒したり、世紀末を感じる人がいてもおかしくない」      
といった感想を述べる人もいる。          初音ミクはもともと合成音声技術を用いたパソコン用ソフトで、歌詞と音符を打ち込めばまるで人間が歌っているように表現できる。 パッケージに描かれた可愛らしいイラストと、ミクの 「歌声」 が大人気となり 「ニコニコ動画」 を中心に大ブレーク。 ミクのイラストやCG動画の投稿も相次ぐなどバーチャルアイドルとして成長していった。          楽曲もCD化され大ヒット。 セガの手によりゲーム化と、ステージ公演できる 「3次元化」 もされ、09年からライブ活動も行っている。 11年7月にはアメリカ、12年10月には香港と台湾で単独ライブが行われ世界の舞台へと進出した。 台湾のライブでは5000席がソールドアウトの大盛況となった。 CMにも登場し、日本ではグーグル、アメリカでは11年にトヨタが起用している。(j-cast.com)                       ツイートこの記事をつぶやく
                                                      サイゼリアのハム        ファミレス冬の時代にあって、2011年6月に1000店舗を突破したイタリアンレストランチェーン 「サイゼリヤ」。         意外なことに、最近、食通たちのあいだで 「サイゼリヤファン」 を公言する人が増えている。 しかも看板メニュー 「ミラノ風ドリア」 などのメインディッシュでなく、サイドメニュー、なかでも 「生ハム(プロシュート)」 が評判なのだ。      「サイゼリヤの生ハムって、ヘタなバルとかイタリアンで食べるよりも絶対おいしい」 (有名グルメブロガーA)      「生ハムが超おいしい。 前に、イタリア人にサイゼリヤを食べてもらう番組があって、その中でもイタリア人が大絶賛だった」 (有名グルメブロガーB)      「熱々のフォッカッチオに生ハムを乗せてたべるのが好き」 (mixiグルメコミュ主宰者)      など、口々に褒めるのである。実は、村上龍がエッセイの中で「本場パルマにまったく劣らない味」と絶賛したこともある。      このプロシュートは12年前に登場したときから、2枚+フォッカッチオ付け合わせで399円。 同社HPによると 「パルマ地方でチーズの副産物 『ホエー』 を食べて育った肉質の細やかなパルマ豚のもも肉を使用し、塩漬けから熟成まで熟練した職人が細心の注意を払って400日熟成した最高級品」 を塊で輸入して、自社工場でスライスして出しているそうだ。      また、サイゼリヤのワインはグラス100円、マグナム(ボトル)1060円と激安で、「店によってワインのラインナップにびっくりするほど気合が入ってたりする」 (ブロガーA)。 食通ブロガーらは、生ハムなどでワインをガブ飲みし、メインは食べずに帰る、という。( nikkan-spa.jp)                           ツイートこの記事をつぶやく