2ちゃんねる開設者のひろゆきこと西村博之さん(35)とみられる人物が、出会い系に誘導していた2ちゃんねるまとめサイトに、転載禁止の警告を出していることが分かった。 これらのサイトでは、一斉に謝罪を行い、波紋を呼んでいる。      
「まとめっぽく見せてる広告ページって 流行ってるんですかね?」
         始まりは、まとめサイトのあり方を議論する2ちゃんねるのスレッドに2012年11月8日、こんな書き込みがあったことからだ。                     カモフラージュ広告        書き込み主のユーザーIDの後に貼り付けられたリンクをクリックすると、ひろゆきさんの2ちゃんプロフィール画面が現れる。          その後、出会い系などに誘導する 「なりすまし」 のまとめサイト、言い換えればカモフラージュ広告のケースをねらーが指摘すると、ひろゆきさんは、「そういうのですー」 と反応した。 この広告ケースは、「Vipper魂」 と称して2ちゃん風書き込みを並べ、1か月に120万円稼いだと紹介していた。          さらに、ひろゆきさんは、出会い系などに誘導する広告ページが見つかったまとめサイトにも警告を出すことを明らかにした。警告対象に挙げられたのは、10以上のまとめサイトだった。          ひろゆきさんは、これらのサイトに対し、広告を載せた経緯や業者名、広告費まで詳細な説明をサイト上に載せることを要求した。 そして、「誠意が感じられないようだったら、転載禁止ってのでどうですかね?」 と迫った。          まとめサイトを巡っては、ひろゆきさんが2ちゃんスレで6月、転載に捏造などがあったとして、「やらおん!」 「ハムスター速報」 など5サイトを名指しし、これらのサイトは、2ちゃんを利用しない方法で更新せざるをえない状態などに追い込まれている。          それだけに、今回警告対象になった各サイトも、慌てたらしい。 ひろゆきさんの書き込み後に、次々にサイト上で謝罪を始めた。            2ちゃんまとめサイトの1つ 「マジキチ速報」 は2012年11月10日、依頼してきた広告代理店名も晒し、出会い系などに誘導する広告ページがあったことをサイト上で認めて謝罪した。 広告は、「【速報】俺が童貞卒業」 「不倫で童貞捨ててみたけど質問ある?」 といったタイトルだった。          広告費は成果報酬タイプで、出会い系サイトに登録してもらえると1件につき1500円がまとめサイト側に支払われた。 「マジキチ速報」 では、10月は24万7500円もの収益があったとも明かした。          名指しされたほかのサイトも、同様に謝罪し、依頼した広告代理店がいくつかあることが分かった。          まとめサイトの利用もあるライブドアブログでは、運営者が9日、「広告と判別しづらい手法での出会い系サイト誘導を禁止します」 とのお知らせをサイト上に掲載した。 こうしたブログが複数見つかったといい、利用規約違反として、「発見し次第、しかるべき対応を行います」 と警告している。          依頼代理店の1つのステイフリーはこの日、ライブドアブログ運営者から広告誘導行為について指摘を受けたことをサイト上で明かした。そのうえで、広告の掲載を停止する措置を取ったとして謝罪した。          ひろゆきさんは、その後も2ちゃんスレで発言を続け、まとめサイトの利用があるFC2ブログではカモフラージュ広告への対応が見られないとして、「まとめサイトを開設するのを禁止にします」 と宣言した。 転載禁止は、FC2の既存サイトも含めるという。          さらに、「禁止サイトにリンクしてるまとめサイトもイエローカードにしておきますかー」 とし、2回続けばレッドカードだとして2ちゃんからの転載禁止をほのめかしている。 ひろゆきさんは、2ちゃんの管理人を辞めたと明かしていたが、実質的な運営は続いているのかもしれない。(j-cast.com)                        ツイートこの記事をつぶやく
       「iPad mini」 を発表して世界的に話題を集めるアップルの快進撃が止まらない。 だが、このまま成長を続けていくかといえば、大いに疑問である、と指摘するのは大前研一氏だ。 以下は、大前氏の解説である。          アップルは 「アップストア(App Store)」 に人気のアプリを多数そろえているから強い、という見方もあるだろう。 だが、それも足元は危うい。 Androidのアプリストアには、アップストアと同じアプリが続々と登場しているからだ。        それだけではない。 電子書籍リーダー 「キンドル」 を販売しているアマゾンは、いつの間にかキンドルのアプリをアップストアからiPhone、iPad、iPod touchに無料でダウンロードできるようにした。        アマゾンは、自分は小売屋に徹してハードはアップルに “寄生” する道を選び、キンドルをiPadなどのアイコンの一つにしてしまったのである。 ユーザーはiPad上の無料キンドルでアマゾンのキンドルストアから電子書籍を購読しているわけで、これだとアップルにはマージンが全く入らない。        アップルはアプリの売価の30%をマージンとして取っているが、「無料×0.3=無料」 だからである。 つまり、アップストアの優位性は 「無料アプリ」 によって簡単にアービトラージ(さや取り)されてしまうのだ。        こうして 「絶対にアップル、iPhoneでなくてはいけない」 という理由が徐々になくなってきている。 あとは有料アプリに頼るか、広告モデルで稼ぐしかない。 アップルはスマートテレビ事業への参入も噂されているが、スマートテレビもウィキペディアやユーチューブなどのような無料サービスが中心だ。        音楽のダウンロードでは味をしめたアップルだが、映画やテレビ番組ではオンラインDVDレンタル最大手のネットフリックス(Netflicks)に一日の長がある。 おそらくネットフリックスはアマゾンと同じようにアップルに寄生して視聴用のソフトだけ無料で配り、あとは別途会費をもらって稼ぐだろう。 これからアップルは収益を削られていく局面に入り、追い詰められていく可能性があるのだ。        しかもアップルに追い打ちをかけるように、携帯電話事業そのものが過渡期を迎えつつある。これまでアップルは、日本でいえばソフトバンクとauにiPhoneを高く大量に売りつけることで儲けてきたわけだが、そのモデルが崩壊する日が近づいているのである。(news-postseven.com)                             ツイートこの記事をつぶやく
       結婚する前は甘くて楽しい時間ばかりだったのに、いざ結婚したら喧嘩ばかりという夫婦もいることだろう。 英国で暮らすある夫婦の場合は、「少なくとも1日1回」 は必ず喧嘩をしているそうだ。 この夫婦は今年10月で結婚してから70年、単純に最低2万5,550回は喧嘩してきた計算になるが、それでも2人は一度も浮気をすることもなく、幸せな時間を過ごしてきたと胸を張っている。     結婚70周年        英紙サンやデイリー・ミラーなどによると、この夫婦はバーミンガム近郊の街バルサル・ヒースに住む93歳のハリー・ルーカスさんと、91歳のフローレンスさん。1940年前後、共に10代の頃から同じ自転車屋で働いたのが縁で恋に落ちた2人は、軍人となった彼が戦地からの休暇で戻ってきた1942年10月に結婚した。      第二次世界大戦後、妻は魚雷を製造する企業で働き、任務を終えた夫は 「プラスチック工場の検査官」 (英紙デイリー・メールより)として、共働きで別々の仕事に就いた2人。 この頃からすでに、夫は「だいたい妻と意見が合わない」と感じていたものの、一目惚れで彼を好きになった妻に言わせると、当時は 「毎日昼休みに顔を合わせ、彼は忘れずにリンゴとオレンジを持って来てくれた」 といい、しっかり仲睦まじく若い夫婦生活を楽しんでいたようだ。      しかし、人間慣れると相手への遠慮も無くなるもの。 やがて妻にとって夫は 「私を悩ませる」 存在となり、「多くの時間」を 喧嘩に費やすようになった。 原因は、総じて 「些細なこと」。 それでもヒートアップすると激しい応酬になるようで、フローレンスさんは 「どれほどの皿や食器を彼に投げたか分からない」 というから相当なものだ。      そんな生活の毎日だから、「喧嘩ばかりしてるのに、こんなに長く一緒にいるなんて私は思いもしなかった」 と話すのは妻のフローレンスさん。 だが、ここでも妻と意見が合わない夫は、「私たちが70年間も結婚生活を送ることは、何の疑いもなく分かっていたことだよ」  ときっぱり言い放っている。 頻繁に喧嘩を繰り返しながらも、常に妻を必要としてきた夫の気持ちがよく表れた、素直な意見のようだ。      特に最近は、「私につきっきり」と言わせるほど妻から離れないというハリーさん。 するとまた、妻は新たな “嫌な一面” に気付いてしまったそうで、「2分ごと」 に眼鏡を拭く神経質さがどうにも気に入らないという。 「彼は世界で一番きれいな眼鏡でないといけないみたい」 と皮肉る妻は、続けて 「止めて欲しい」 といま抱えている不満をはっきり口にした。      しかし、相手を愛しているのは妻も同じ。 毎日喧嘩をしていても、フローレンスさんは必ず寝る前にキスをして、仲直りしてからベッドに入る。 「喧嘩するのは当たり前」 と話す彼女は、夫と 「喧嘩して笑って、愛してきた」 と70年間の結婚生活を語り、夫婦にとって喧嘩は大切なコミュニケーションの1つと捉えているそうだ。 相手への不満を解消させるのは難しいものだが、2人の場合はそれも含めて自然体で接し合えたから、いまも幸せな結婚生活を送れているのかもしれない。 (narinari.com)         ツイートこの記事をつぶやく