今年の日本シリーズは、巨人が日本ハムを制し、日本一の座についた。 だが、白熱するゲームが続いた今回のシリーズでは、第5戦で試合の流れに大きく影響する “ある出来事” が起こり、大きな話題になっている。        それは、4回無死一塁の場面。 バントの構えをする巨人・加藤に対し、日ハム・多田野が投じたボールは、加藤の顔をかすめる際どいコースへ。 このボールに対し、加藤は頭をおさえて倒れると、球審は加藤の死球と多田野の危険球退場を宣告した。        ボールが当たっていない加藤に対し、多田野は 「騙す方も騙す方。 騙される方も騙される方」 と皮肉たっぷりにコメントを残したが、その後も、ネットを中心に、“審判の誤審” “勝利への執念” “フェアプレーの精神” といった様々な視点で、ファンの意見が飛び交う事態になっている。        すると、4日、TBS 「S1」 では、今回の日本シリーズを振り返り、野球解説者の野村克也氏、桑田真澄氏、広澤克実氏、槙原寛己氏が議論を繰り広げた。          今回のプレーについて訊かれると、野村氏は        「アカデミー賞。 名演技賞。 当たってないじゃん、あんなもん。 スローで何回も見たけど、全然当たってない。 (問題は)審判です。 完璧な誤審だ」        と一蹴した。          すると、広澤氏は        「誤審はありますけど、ルールは違反してません。 やっちゃいけないモラルだとか、マナーだとかが野球界にはあるので、日本シリーズという舞台でこれをやってしまうと、色んな人が見てる。 印象的にはよくない。 子どもたちも見てるし。 日本シリーズという舞台ではやってほしくなかった」        と持論を展開。          桑田氏は、        「加藤君は、あれでよかったと思うんです。 小学校、中学校時代から教えられてきたことをやっただけだと思うんですね。 当たってなくても、当たったふりして出るのが、ナイスプレーって褒められるんですね。 当たってでも出てこいとか。 本来、日本の野球の歴史を振り返りますと、昔は、セーフでも “今タッチされたからアウトです” って、選手本人が審判に言ってたんです。 嘘をつく、騙すっていうのは卑怯なことで、時代とともに相手や審判を騙すのがナイスプレーというふうになっている。 ビデオがない時代は良かったんですけど、今は何でもすぐに見れる時代ですから。 これをきっかけに野球界が変わるべきだと思うんですね。 フェアプレーでやんなきゃいけない」        と語り、日本野球界の風潮に言及した。 (biglobe.ne.jp)                       ツイートこの記事をつぶやく
      アストンDB5マッカトニー        会場で開催されたRMオークション。 出品された93台のクラシックカーの1台にポール・マッカートニー所有の1964年製アストンマーティン 「DB5」 が登場した。 予想価格は約3800万円~約4900万円だったが、最終的には約4000万円で落札された。        DB5はマッカートニーが所有した最初のアストンマーティンで、1964年のツアー前にオーダーしたもの。 彼は6年間この車に乗り、約6万4000キロ走行している。 最高出力は286psでボディカラーはシエラブルー、室内にはモトローラ社製ラジオとフィリップス社製レコードプレーヤーが装備されている。 マッカートニーが所有していた当時のシートは音符模様のステッチが施されていたが、現在は新しいレザーに張り替えられている。        昨年、ジョージ・ハリスンが所有していたプラチナカラーの64年製 「DB5」 がロンドンでオークションに出品されて約4000万円で落札されたが、こちらは予想価格を1900万円も上回っている。         また、ジョン・レノンが初めて購入した愛車、フェラーリ 「330 GT 2+2」 の出品が期待されていたものの、売り手が考え直したため出品は取りやめとなっている。        しかし、ビートルズの愛車もボンドカーにはかなわない。 ジェームズ・ボンドが映画 『007/ゴールドフィンガー』 と 『007/サンダーボール作戦』 で実際に使用した 「DB5」 がオークションに出品された時の落札価格は約3億7000万円だったのだから。(autoblog.com)                            ツイートこの記事をつぶやく
       周辺国との間で領土を巡る緊張が高まっている。 元航空幕僚長の田母神俊雄氏は、領土を守るためには米国に頼るのではなく、自衛隊を増強しなければならないと指摘する。          日本国民の多くは、中国が攻めてくれば日米安全保障条約で米国が日本の国土を守ってくれると信じている。 9月に来日したパネッタ米国防長官は確かに 「尖閣は日米安保の適用範囲内」 と言ったが、一方で 「相対する主権に関する紛争には、どちらの肩も持たない」 とも述べた。 どちらが本当なのか。        意外に思うかもしれないが、日米安保条約の条文を読む限りでは、日本が敵国から攻撃を受けたとき、自動的に米国が参戦して日本を守ってくれるという保証はない。 米大統領が 「日本を守る」 と決心し、軍に出動命令を下さなければ、軍は行動できないのである。        しかも米大統領が軍に命令を出したとしても、その有効期限はわずか2か月である。 それ以降、軍を動かすには米議会の同意が必要になる。 私は米議会の同意を得るのは簡単ではないと思っている。 なぜなら米議会には反日の議員がかなりいて、「反日法案」 と言われるような日本いじめの法案が年中通っているからだ。        結論からいえば、日中が尖閣でぶつかったとき、日本を守ったほうが米国の利益になると判断すれば米国はそうするが、国益を損ねると予測すれば、日米安保は発動されない。 それゆえ、日本はいざというときに、自前の軍事力だけで中国と対峙する覚悟と準備が必要だ。        日中の現在の軍事力を比較してみよう。 中国人民解放軍は数の上では自衛隊の10倍の兵力を保有している。 しかし戦車は海を渡れないし、歩兵も泳いで来られない。 日本を軍事的に攻略するならば、必ず最後は陸上戦力を送り込まなくてはならないが、現在の中国の輸送能力では数万人規模の陸軍を同時に輸送することは無理だ。        中国が保有する強襲揚陸艦などをすべて運用したとしても、1度に輸送できる武装した兵員は3000人程度と推定している。 これなら陸上自衛隊が迎撃することは十分可能だ。        そもそも上陸作戦を展開するには、海空戦力で日本を圧倒する必要がある。 中国海軍の兵員数は海上自衛隊の約5倍の約26万人で、1000隻以上の艦艇を保有しているとされる。 しかしほとんどが沿岸警備用の小艦艇で、洋上で作戦展開できる駆逐艦やフリゲート艦などの隻数は約200隻。 これは日本の1.5倍ほどだ。 しかも旧式艦がかなり多いので、現時点では海上自衛隊を上回る戦力ではない。        では空軍はどうかというと、兵員数は航空自衛隊の10倍近い約38万人。 戦闘機は日本の約260機に対して1300機近く保有しているとされる。 しかし、ほとんどが旧式機で、航空自衛隊のF2やF15と勝負できる戦闘機となるとJ10をはじめとする500機程度に絞られ、しかも整備状態が悪いので稼働率はがくんと落ちる。        さらには中国本土から沖縄まで約1000km。 戦闘機が沖縄に来襲し、空対空戦闘をして本土に戻るのは不可能な距離だ。 戦闘機は5分間の空対空戦闘で通常の飛行の約1時間分の燃料を食う。帰りの燃料がなくなってしまうのだ。        航空母艦があれば状況は変わるが、空母は一定期間ドックで整備しなければ運用できない特殊な艦種で、3隻以上の同型艦を保有しないと常時ローテーションを維持できないとされている。 中国が保有しているのは “ワリヤーグ” 1隻のみ。 しかも装備が古く訓練をしていないから実戦で使える状況にはほど遠い。        このように現時点で中国は日本を凌駕するほどの軍事力を保有していないことが分かる。 だが周知の通り、中国は軍備拡大に躍起になっている。 いざというときのために自衛隊の配備を整えておく必要がある。        中国側の出方にもよるが、私の試案はこうだ。 まず3個師団(約3万人)規模の陸上自衛隊を尖閣諸島に近い宮古島や石垣島に常駐させ、さらに護衛艦を5~6隻、戦闘機を3個飛行隊、60機程度集結させておく。 沖縄本島からもF15戦闘機を飛ばし、常時、機動展開訓練を行なう。 もちろん常駐にともなう港湾や飛行場の迅速な整備は不可欠である。        その上で総理大臣が 「中国が尖閣に武力で侵攻するなら、日本は自衛隊を使って絶対に阻止する」 と世界に向かって宣言することだ。 そこまで日本が覚悟を決めれば中国は絶対に攻めて来られない。 利益より損失のほうが大きいことが分かるからだ。(news-postseven.com)                         ツイートこの記事をつぶやく
      コロンビアで強盗に襲われた日本人ブロガー、その壮絶手記を公開        世界の温泉地を巡っている、ある日本人ブロガーが、コロンビアの首都ボゴタで強盗に遭った壮絶な体験を、事件の翌日=5日にブログやツイッターで報告し、話題になっている。        同市の市街地を散策していたブロガーが、坂の上にある教会を目指して歩いていた時に事件は起こった。 道で通りすがった女性とあいさつを交わし、散策を楽しんでいる最中、肩を叩かれて振り返ると、額に銃口を突きつけられ、男たちに羽交い締めにされたという。        絶体絶命と思ったその時、会話を交わした女性が駆けつけてきてくれたが、「助かった」 と思ったのも束の間、その女性は、ブロガーのカバンを奪いはじめたという。 あいさつを交わした女性は、襲撃した男たちの一味だったのだ。        ブロガーは、時計と服以外は身ぐるみはがされ地べたに転がされ、さらには何度か蹴られたという。 強盗が去った後、近所の人や教会の人に声をかけられたが、その一方で、警察はブロガーが重傷でないとわかるや、途端に捜査する気を無くし、何を盗まれたか、犯人についてすら聞かれなかったという。        ブロガーは、ほかの人が同じ目に遭う可能性を避けるためにも、この壮絶な体験をブログにしたため、注意を喚起した。 だが、その一方で、自身の旅を断念することも示唆しており、そのブログやツイッターには激励のコメントが寄せられている。(news.livedoor.com)                         ツイートこの記事をつぶやく
       しばしばツイッターで批判を受けるソフトバンクの孫正義社長だが、先ごろ寄付行為に関連して 「売国クソ禿」 との暴言を受け、「とても悲しい」 とつぶやいた。 しかし意外なところから 「応援団」 が現れた。        2012年11月6日、傷心の孫社長に美容整形でおなじみの高須克弥氏が 「植毛をプレゼントする」 とツイッターで思いやりのあるメッセージを送ったのだ。                     そんしゃちょう        今回の騒動のきっかけは、孫社長がアメリカ東部で発生したハリケーン 「サンディ」 の被害にあった人に50万ドルを寄付したとツイッターで報告したことだ。 これに対し、「寄付まで商利用すんなクズ!」 と一部のユーザーから売名行為だと批判が寄せられた。          批判に対し、孫社長は 「今後は公表を控えるベキなのかなぁ…」 と返事をしていたが、次第に批判がエスカレート。 「売国クソ禿がわざわざリツイート(引用・転送)する意味が全て。 あざとい」 という暴言まで飛び出した。 このツイートに孫社長は 「売国奴と言われる意味がわかりません。 たとえ、それが言いがかりだとしても、とても悲しい思いをしています」 とツイート。 ネットでは孫社長を励ます声があがったが、心ないツイートに孫社長はやや落ち込む様子を見せた。          しかし11月6日、一連のやり取りを発見した高須氏から応援メッセージが送られた。 「バカにも返事をするあなたは偉い。 ただで植毛をプレゼントします」 と孫社長にツイッター上で書き込んだのだ。          さらに翌7日、高須氏は 「禿は進化した人類ですが誹謗中傷されるあなたをサポートしたい。 やりましょう植毛」 と、たたみかけた。 「ハゲ」 はサルから人への進化過程で体毛を失ったことの証だとする説があり、高須氏の発言はそれを踏まえたものとみられる。          11月7日15時現在、孫社長から植毛に関するツイートはまだない。 また孫社長は過去に、一般ユーザーの 「ハゲ割というのがあると面白いと思いました」 というツイートに 「ハゲホーダイ?」 という返信をしたことがあり、必ずしも薄毛を嫌がってはいない可能性がある。 植毛が実現するかどうかはまだ分からないが、高須氏の思いやりある発言にネットでは 「高須先生、素晴らしいです!」 などの賞賛の声が寄せられている。              高須クリニックによると、「植毛」 では30年以上の経験があり、「毛根の移植」 による医療植毛の施術を行っている。 自分の毛を毛根ごと移植することで、抜けても繰り返し生えてくるという。 また広報部によると植毛の料金は1000本あたりおよそ136万5000円で、孫社長の場合は3000本程度の植毛が考えられるため409万5000円が必要となる。 植毛は後頭部や側頭部から移植するため、孫社長も問題ないという。(j-cast.com)                         ツイートこの記事をつぶやく
      スクウェア        このほど、大手ゲームメーカー 「スクウェア・エニックス・ホールディングス」 (以下、スクエニ)の2012年9月中間連結決算が発表されました。 それによると、今期は最終損益54億円の赤字。 前年同期の37億円の黒字とは一転し、大幅に業績を悪化する結果となりました。        これを受けて、株式会社スクウェアの元社長鈴木尚氏が苦言を呈しています。 鈴木氏はTwitterで 「(株式会社エニックスとの)合併は完全に失敗。 未来に対するビジョンが無い」 と発言。 これを見たインターネットユーザーは 「助けてもらっておいて……」 や 「何言ってんの」 などコメントしています。        スクウェアとエニックスの2社は、2003年4月に合併しました。 合併した理由については諸説あります。 スクウェアの 『ファイナルファンタジー』 とエニックスの 『ドラゴンクエスト』 の衝突を避けて、2社のコンテンツを有効活用するなど、お互いの強みをいかす狙いがあったようです。        実はスクウェアはエニックスによって、助けられたとの見方もあります。 スクウェアは2001年に160億円以上をかけて、世界初のフルCGの映画作品 『ファイナルファンタジー』 を公開しました。 これが興行的に大失敗する結果となり、5200万ドル(約41億円)の大赤字。 ギネスブックにまで載ってしまうほどの痛手を負ったのです。        一部では、映画の失敗を救済するために合併が行われたとの意見もあります。 実際は合併時に財務状況は改善されていたのですが、当時 「エニックスがスクウェアを救済」 という印象は強くもたれていました。        そのことを知る人から見れば、鈴木氏の発言はびっくりする内容だったかもしれません。 いずれにしても今期は赤字となったスクエニ。 日本を代表するゲームメーカーとして、世界を震撼させる名作を生み出して欲しいと切に願うばかりです。(rocketnews24.com)                           ツイートこの記事をつぶやく
      親と同居        皆さんご存知、子世代と親世帯が一緒に住める 「二世帯住宅」!  れぞれが独立した生活ができるので互いにストレスなく住めるメリットがありますよね!        では、「2.5世帯住宅」 って聞いたことあります? 子世帯と親世帯に加え、子世帯の独身の兄弟や姉妹が一緒に暮らすための住宅のことを指すんですよ!         2.5世帯は二世帯と同様に、それぞれの居住空間は独立しているのでプライバシーは守られる設計になっているそうです。 これはスゴイ! まるで親族だけが入っているアパートメントといっても良いかも。        それに独身の兄弟姉妹が結婚などで独立した場合は、空いたスペースを親世代の個室や子ども部屋にすることも可能とのことで、とても便利そうです。 独立してひとり暮らしを始めるにも先立つモノがないと難しいし、少子化や高齢化問題のなかで核家族化が進む現代社会にとっては、大変マッチした理想的なお家ですね。        ところで、同居する夫の家族たちと唯一、血縁関係にない 「妻」 のことを考えた場合、嫁姑問題にプラスして夫の兄弟姉妹との関係も色々大変そう。 嫁いできた妻にとって 「2.5 世帯住宅」 のハードルは非常に高いのでは?         マーケティング・リサーチの株式会社アイシェアが、2.5 世帯住宅に住む際につらい立場であろう 「妻」 ※にフォーカスし、その本音を調べるためにネット上で調査したところ、意外なことがわかったそうです。 (※20歳~45歳、既婚で小学生以下の子を持つ妻431 名)        <義理の両親などと同居=検討してもいいが86.1%>      まず、「2.5世帯住宅」 で夫の親と夫の独身の姉と同居することについては、「条件によっては、検討してもいいと思う」 などのアリ派は86.1%にものぼり、ナシ派 「条件によらず検討したくない」 の13.9%を大きく上回る結果に。        アリ派としての理由は、その75.7%の人が 「景気の先行き不安や消費増税が関係している」 と回答。 さらに、「消費増税をふまえると、検討したい気持ちが上がる」 と73.9%もの人が回答しており、景気や増税問題が大きく影響していることがわかりました。       親と同居1        ちなみに消費増税を考えると、当然ながら年収が多いほどその傾向も大きくなるようで、世帯年収600万円以下では64.6%の人が、601万円以上では86.2%の人が 「住宅購入を検討したい気持ちが上がる」 と回答しています。        <2.5 世帯住宅のメリットは義理親からの援助や協力>      また、妻が感じる 「2.5 世帯住宅」 のメリット1位は 「夫の親からの新築購入資金援助(46.1%)」、2 位は 「憧れの新築住宅が手に入る(43.7%)」、3位は 「夫の親に育児(送り迎えや留守番、教育)などの協力をしてもらえる=41.5%」だったそうです。       親と同居2        育児には協力してもらいたい一方で、家事は親と分離したいという妻の本音が垣間見えます。        <妻の年齢が若いほど義理の姉と仲が良い傾向に>      同居 「アリ派」 に 「夫の姉と自分との仲」 について4 段階評価で質問すると、なんと87.1%が 「仲が良い」 と回答。 しかも興味深いことに年代別でみると、20代で46.7%、30代で33.7%、40代で25.7%と、妻の年齢が若いほど 「姉との仲が良い」 と感じている傾向が強いことがわかったそうです。        早いうちに同居した方が、精神的な負担も緩和できるってことかもしれませんね。       親と同居3        <「2.5 世帯住宅」の購入=自分たちが最大負担65.5%>      ところで 「2.5 世帯住宅」 を購入する場合の費用負担は、みなさんどのように分担してるのでしょうか。        当事者である自分たち(夫と自分)、夫の親、夫の姉の3 者でどのように負担すべきかという質問では、“自分達が最大負担” すると回答したのは合計65.5%と多数派であることも判明。        そのパターンは次の3つ。 まず1番多かったのが 「自分達>夫の親>夫の姉=38.0%」。 ついで、「自分達がすべて負担=16.4%」、そして 「自分達>夫の姉>夫の親=11.1%」 だったそうです。 ちなみに、「夫の親が最大負担」 が31.0%、「夫の姉が最大負担」 が2.4%でした。       親と同居4        経済不安ではあっても、新築住宅の購入に対しては自分達が最大の負担をしようとする姿勢がかいま見えますね。        <同居&嫁姑問題など年齢が若いほど前向き>      では、夫の親や夫の姉と同居することに対しては、みなさんどのような考えを持っているのでしょう。 「夫の親や夫の姉と集まって住むことはいいことだと思う」 については、肯定派が80.6%と、否定派を大きく上回りました。 また年代別にみても、20代で37.0%、30代で18.0%、40代で23.0%と、先ほどの設問同様に妻の年齢が若いほど、前向きな姿勢であることもわかったそうです。       親と同居5        夫の親・姉との同居には 「前向き」 が多数をしめ、年齢が若いほど肯定的な姿勢が強いようです。 嫁姑問題は 「関係ない」 が7 割以上ということで、2.5世帯住宅でもあまりストレスは感じていないようですね。        「2.5 世帯住宅」 とはいえ、夫の親や姉などとの同居に対し、前向きに考えている妻が多いというのは意外でした。 しかも年齢が若い妻ほど前向きとは! いずれ 「2.5 世帯住宅」 を建てる予定なら、早いほうがいいかもしれません。         それに一緒に住むことで色々と節約ができるなどのメリットも多いこのタイプの住宅は、今後ますます注目されていきそうです。 (youpouch.com)           ツイートこの記事をつぶやく