2012,11,07

<尖閣問題>中国は強大な武力で日本を屈服させようとしている―韓国紙

            <尖閣問題>中国は強大な武力で日本を屈服させようとしている―韓国紙        2012年11月2日、韓国紙・世界日報は、台頭を続ける中国が強大な武力を用いて日本を屈服させ、米国の覇権をも脅かそうとしていると論じた。 5日付で環球網が伝えた。 以下はその概要。        アヘン戦争の屈辱を乗り越え、21世紀の最強国になろうとしている中国。 今年9月には初の空母 「遼寧」 を就航させ、続いて次世代ステルス戦闘機 「殲-31」 の試験飛行も成功させるなど、軍備増強に余念がない。        中国は遠洋作戦能力の向上を優先事項としており、1年3カ月以内には実践に投入可能な初の国産空母を建造するとみられている。 アジアにおける領土紛争でもさらに強硬な態度をとり、米国が君臨する世界唯一の覇権国という地位を脅かすようになるだろう。        こうした中国の野心は、日本との尖閣諸島(中国名・釣魚島)紛争でも片りんをのぞかせている。 中国国家海洋局は10月30日、「中国の海洋監視船が釣魚島海域で日本の巡視船を駆逐した」 と発表、中国外交部の洪磊(ホン・レイ)報道官も 「釣魚島情勢に変化が生じた」 とアピールした。        これらの主張は日本の尖閣諸島に対する実効支配の終わりを告げるものだといえる。 韓国の戦略分析の専門家は 「尖閣問題で中国は強大な武力を用いて日本を屈服させるつもりだ。 これに続きフィリピン、ベトナムだけでなく、韓国も中国の脅威に直面することになるだろう」 と指摘していル。 (news.livedoor.com)                             ツイートこの記事をつぶやく