アメリカ紙 「ワシントン・ポスト」 (10月28日付)は 「衰退する日本はかつての希望に満ちたチャンピオンの座に戻れない」 という刺激的な見出しのついた記事を掲載した。        このところの日本の経済的閉塞感を象徴させるような記事だが、同紙はさきごろも 「日本で右傾化が強まっている」 などとして藤崎一郎駐米大使から抗議を受けるなど “ジャパンバッシング” 的傾向が強まっているようだ。        同紙は日本衰退論の根拠として、1億2700万人の現在の日本の人口が2100年には4700万人と激減することや、2050年の平均年齢が52歳と高齢人口が圧倒的に多くなることで、2010年に世界第3位に転落した日本経済の衰退スピードが加速するなどとしている。        また、1979年に大ベストセラー 『Japan as No.1』 を著わしたエズラ・ボーゲル・ハーバード大学名誉教授の発言として、このような経済的衰退の原因について、毎年首相が変わるような政治的混迷によって、デフレに陥ったことで、若者が未来に希望を持てなくなってしまったと指摘。        かつては企業の終身雇用制と政府機関のバックアップによって、経済的に繁栄したが、官僚による支援がなくなったいまでは、既存の企業は改革をしたり、スリム化を図ったりしたものの、創造性が豊かな風土を生むことが難しくなったと分析している。 そのうえで、ボーゲル氏は 「私が予測し得なかったことは経済の停滞によって、これまでの日本型の経済成長構造が機能しにくくなってしまったことだ」 と結論づけている。        同紙は朝日新聞社の主筆を務めた船橋洋一氏のコメントとして、        「日本人はもうナンバーワンになるのを諦めてしまった。 中国に敵うわけはないと思うようになり、トライしようとしない。 また国際的な舞台で自分を鍛えようとしなくなった。 日本人は内向きにあり、国際社会でタフで競争力があるプレーヤーたらんとしなくなったのだ」        と解説している。          このほか、同紙は9月21日付の1面で、沖縄県尖閣諸島問題をめぐる中国との対立を背景にして、日本が 「緩やかだが、かなりの右傾化」 を始めているとして、周辺地域での行動が 「第2次大戦後、最も対決的」 になっていると指摘。 これに対して、藤崎大使が 「かなり誇張されたものだ」 と反論するなど、同紙の “反日的” な見方が際立っており、ネット上でも反発が強まっている。(news-postseven.com)                        ツイートこの記事をつぶやく
      ジョブスフィギア          iPhoneをはじめとするさまざまな製品を世に送り出した、スティーブ・ジョブズ氏が亡くなってから1年が経ちます。 IT業界に革命を起こした彼の影響は、いまだに世界中に色濃く残っています。        その彼のアクションフィギュアが、2012年12月末に発売されるようです。 現在予約受付中なのですが、これ本当に販売されるのでしょうか? たしか以前、香港のメーカーが販売しようとして、アップルによって販売中止になったはずなのですが……。 大丈夫か!?        今回はジョブズ氏のフィギュアを企画製造したのは、株式会社レジェンド・トイズという企業です。 同社の12インチフィギュア第一弾として、ジョブズ氏の作品を手がけたのだとか。 そのクオリティは驚くほど高く、まるでジョブズ氏の生き写しのよう。 今にもしゃべり出しそうなほど、いきいきとしています。        これはぜひとも手に入れたい逸品なのですが、本当に販売にこぎ着けるかは微妙です。 というのも、2012年1月に香港の 『inicons.com』 というメーカーが同じようにジョブズ氏のリアルフィギュアを取り扱っていました。 これにアップルが難色を示し、結局販売中止に。        レジェンド・トイズの商品も、そう簡単にはいかないと思うのですが……。 ちなみに販売価格は日本で購入する場合179.99ドル(約1万4400円)とのこと。 ソファーとリンゴがアクセサリーとしてついているそうです。 無事に販売までこぎ着けるのか、様子を見た方が良さそうですね。(rocketnews24.com)                                       ツイートこの記事をつぶやく
       美人OLが会社のエリート上司にバックから攻められて…。 フジテレビ系の昼ドラマ 「幸せの時間」 が2012年11月5日に始まり、こんな過激な性描写の連続で話題になっている。          いきなり初日の番組冒頭から、このシーンだ。                      幸せの時間        俳優の西村和彦さん(46)扮するエリート会社員は、妻子を持ちながら、会社の部下との情事もする。 それも家族で新居に引っ越す日に、休日出勤を装って、部下を誘うという設定だ。立ったままバックから攻められる美人OLの表情が生々しい。          「幸せの時間」 は、月~金曜日に30分放映され、家族を巡って略奪愛あり、売春ありのドロドロした人間関係を描く。 原作は、漫画雑誌 「漫画アクション」 に1997~2001年まで連載され、シリーズでは400万部を突破した国友やすゆきさんの同名漫画だ。 ドラマは東海テレビの制作で、全部で39話を予定している。          初日の番組では、イケメン息子が念願の一人部屋を持ち、ベッドに寝転がって雑誌を見ながら、股間に手を入れるシーンまで出てくる。          エリート会社員は、家族にはいい父親を演じ、妻には夜のお勤めも果たす。      
「ああダメよ、あなた。 そんなことをしたら…」      
   田中美奈子さん(45)演じるヒロインの妻は、ベッドの中で下から攻める夫にたまらず、喘ぎ声を出して…。 しかし、夫を駅まで車で送る途中、このシーンを思い出して、ある若い女性をうっかりはねたことから、家族の崩壊が始まっていく。          ドラマでは、肌の露出は少なかったものの、開始10分で性描写がてんこ盛りだった。 それだけに、ネット上では、放送後に驚きの声が次々に上がった。          「これはヤバイだろ立ちバックww」        「AVでもそこまで展開早くねーぞ…」        「こういうの昼からやってええんかい」…              番組サイトの投稿メッセージにも、驚きの声が次々に書き込まれている。          原作は、もともと男性をターゲットにしており、同様に性描写が多い。 原作者の国友やすゆきさんもサイト上で、「過激なシーンが多いので、まずテレビドラマ化はないと思ってました」 と告白していたほどだ。 ドラマについても、「皆さん気合が入っていて、ギリギリ限界まで頑張っている感じがあった」 と漏らしている。          フジテレビ系の昼ドラは、2012年11月2日まで放映された前作の 「赤い糸の女」 も、「エロ過ぎる」 と話題になっていた。 清純派で知られる三倉茉奈さん(26)も体当たり演技をしており、昼間から濡れ場の連続だったからだ。 今回の 「幸せの時間」 は、さらに過激になっていると話題だ。          前作も制作した東海テレビは、その話題性に気をよくしたのだろうか。 番組の公式ツイッターでも、過激な性描写があることを予告でつぶやいている。          「開始わずか1分で、その名の通りエロス全開です」       「今日も野獣のように挑みかかります。野獣なので複数に」…          6日放映の第2話でも、そのエロスは全開だ。          夫が妻のパンティをずり下ろすシーンあり、不倫相手を脱がしてのベッドインあり、といった具合だ。 最後に、第3話の内容が予告され、夫の同僚が夫婦の15歳の娘に 「抱きたい」 と打ち明け、娘が 「だったらあげるよ、おじさんに」 と制服を脱いでいくシーンが出てくる。          どこまで過激になるのだろうか。 (j-cast.com)                      ツイートこの記事をつぶやく
       文学界の権威あるブッカー賞を受賞した世界的ベストセラー小説 「パイの物語」 を、アカデミー賞受賞のアン・リー監督が映画化したサバイバル・アドベンチャー大作 「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」。 日本では2013年1月25日の公開を予定しているが、その最新予告映像と劇場用ポスタービジュアルが公開となった。            ライフ・オブ・パイ        同作の主人公は海で嵐に見舞われ、ただひとり生き残った16歳の少年パイ。 家族を亡くし悲しみに暮れる彼に、さらなる過酷な運命が降りかかる。 パイが避難した小さな救命ボートには、何とトラが隠れていたのだ……。      この奇想天外な原作小説の映像化を可能にした、驚異的なデジタル・テクノロジーを手にしたリー監督は 「この映画は3次元の映像が必要だと思いました。 3Dは新しい映像芸術の形です。 本作は冒険を通じて希望と驚嘆を描き、精神や信念といった概念も表現しています。内容、映像、全てが壮大なのです」 と語っている。        その予告編は、      ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日         その言葉が示すように、今回公開された予告編は、圧倒的な映像美と、少年とトラが織りなす繊細でドラマティックな関係の変化、手に汗握るサスペンスやアクション、大自然と生命の神秘に彩られたミステリアスな世界観が垣間見える内容だ。      なお、同作にはコンサルタントとして、1982年に大西洋で嵐に巻き込まれ救命ボートで76日間もの漂流を実際に体験したスティーヴ・キャラハンが、リー監督に招かれ参加。 実体験に基づくリアリティ溢れる壮絶なサバイバル生活が、奥深いドラマを創り出している。          ☆ 全米では11月21日より公開      劇場公開を目前に控えた米国では、同作への高評価が続々と寄せられている。      全米評論家サイト 「Rotten Tomatoes」 ではトップ批評家による評価が94%を獲得。 米各メディアも 「想像を超える壮大なスケールと驚異の世界観。 これが次のアバターだ」 (タイム誌)、「興奮と感動の連続。心揺さぶるコエモーショナルなドラマ」 (ブルームバーグ・ニュース)、「心奪われる贅沢な映像美と究極の3D映画体験」 (ニューズウィーク誌)、「本年度最高傑作。幻想的な究極の映像美。 これほど素晴らしい3D映画は 『アバター』 以来」 (ニューヨーク・ポスト紙)、「世界中が驚嘆したベストセラー小説が見事に洗練された映画になった」 (ハリウッド・リポーター)、「冒険、孤独、そして失望の物語に、命の恩恵と畏敬の純粋な感情を吹き込み、主人公パイの力強い信念を見事に表現。 世代を超えた至高の作品」 (バラエティ誌)など、軒並み賛辞が送られ、本年度アカデミー賞の有力候補と目されている。      映画 「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 は2013年1月25日(金)、TOHOシネマズ日劇ほか全国公開。 (narinari.com)                             ツイートこの記事をつぶやく
                     悲しい孫正義        ソフトバンクの孫正義社長が、ツイッター上でのユーザーによる 「罵倒」 に反応した。 「売国奴」 と書かれたことに 「たとえ言いがかりだとしても、とても悲しい」 と心情をつづったのだ。          孫社長に対する批判の書き込みはツイッターでしばしば見かけるが、「売国奴呼ばわり」 は見逃せなかったようだ。            きっかけは、孫社長の寄付金に関するツイートだった。 米東海岸を襲ったハリケーン 「サンディ」 で被害を受けた人たちに、ソフトバンクが米赤十字に50万ドル(約4000万円)を寄付すると2012年11月3日に書き込んだ。 これにひとりがかみついた。 公表したことについて 「寄付まで商利用するな」 と非難したのだ。 これには孫社長も 「色々な想いが有って公表しましたが、今後は公表を控えるベキなのかなあ」 と少々弱気な反応を見せた。        ところが今度は、この返答に別のユーザーが 「難癖」 をつけた。 その際、孫社長を指すとみられる個所に 「売国」 との表現を使ったのだ。 すると、このユーザーに向けて、      
「私は自らが生まれ育った日本を愛し、また世界の人々の幸せを願っています。 売国奴と言われる意味がわかりません」      
と反論。 さらに 「たとえ、それが言いがかりだとしても、とても悲しい想いをしています」 と続けたのだ。          このやり取りに、ツイッターやインターネット掲示板上ではいろいろな意見が出た。 「孫さんかわいそう」 「汚い言葉に説得力なし」 と孫社長を擁護する発言もあれば、「積極的な反日・売国奴とも思わんけど、こいつが愛国者なわけがない。 ただ金儲けが好きなだけ」 と突き放した見方もある。 一般ユーザーの書き込みにわざわざ反応しなくてもいいのでは、と疑問視する声もあがった。          確かに 「売国奴」 と言われて喜ぶ人はいないが、多くの批判コメントを受けているはずの孫社長でも、どうしても許せなかったのだろう。 孫社長の半生を描いた 「あんぽん 孫正義伝」 の中で、筆者の佐野眞一氏が本人に 「何でそんなに日本が好きなんですか」 と直球の質問を投げている。その回答は、こうだ。      
「僕は生まれたのも日本だし、育ったのも日本ですからね。 一番しっくりくるのは、やっぱり日本語であり、日本文化であり、日本の食生活なんですよ」
           孫社長は1957年、佐賀県鳥栖市に生まれた。 祖父母の代に韓国から渡ってきた在日韓国人の家系だが、「あんぽん」 によると本人は1990年に帰化している。          2010年6月25日に行われた 「ソフトバンク新30年ビジョン」 発表会では、子どもの頃の経験について言及した。 壇上のスクリーンに祖母の画像を映し出し、祖母との思い出を語り始めた。 ところが 「あれほど好きだったおばあちゃんが、嫌いになった」 と言う。 「おばあちゃんイコールキムチ、キムチイコール韓国なんです」。 詳しく事例を語りたくないとしつつも、当時は 「生きていくのにさまざまなつらいことがあった」 と振り返った。          「あんぽん」 の中でも、子どもの頃に差別を受けたと告白している。だが、「でもそれはいつの時代でも、なにがしかはあったことですよ」 と受け止めた。 そのうえで、      
「僕はやっぱり、生まれ育った国を愛し、その生まれ育った国に少しでも恩返ししたい、貢献したい。 それが掛け値なしの純粋な気持ちです」      
と強調した。 たとえツイッター上で相手が見知らぬ人だとしても、自分の 「純粋な気持ち」 を否定する 「売国奴」 のひと言は無視できなかったのだろう。(j-cast.com)                        ツイートこの記事をつぶやく
            <尖閣問題>中国は強大な武力で日本を屈服させようとしている―韓国紙        2012年11月2日、韓国紙・世界日報は、台頭を続ける中国が強大な武力を用いて日本を屈服させ、米国の覇権をも脅かそうとしていると論じた。 5日付で環球網が伝えた。 以下はその概要。        アヘン戦争の屈辱を乗り越え、21世紀の最強国になろうとしている中国。 今年9月には初の空母 「遼寧」 を就航させ、続いて次世代ステルス戦闘機 「殲-31」 の試験飛行も成功させるなど、軍備増強に余念がない。        中国は遠洋作戦能力の向上を優先事項としており、1年3カ月以内には実践に投入可能な初の国産空母を建造するとみられている。 アジアにおける領土紛争でもさらに強硬な態度をとり、米国が君臨する世界唯一の覇権国という地位を脅かすようになるだろう。        こうした中国の野心は、日本との尖閣諸島(中国名・釣魚島)紛争でも片りんをのぞかせている。 中国国家海洋局は10月30日、「中国の海洋監視船が釣魚島海域で日本の巡視船を駆逐した」 と発表、中国外交部の洪磊(ホン・レイ)報道官も 「釣魚島情勢に変化が生じた」 とアピールした。        これらの主張は日本の尖閣諸島に対する実効支配の終わりを告げるものだといえる。 韓国の戦略分析の専門家は 「尖閣問題で中国は強大な武力を用いて日本を屈服させるつもりだ。 これに続きフィリピン、ベトナムだけでなく、韓国も中国の脅威に直面することになるだろう」 と指摘していル。 (news.livedoor.com)                             ツイートこの記事をつぶやく