アメリカ、ニューヨーク・タイムズ紙が、社説で沖縄に駐留する米軍の問題を取り上げた。 負担軽減を求める沖縄県民の主張に大筋で沿ったもので、米軍施設の県外移転や日米地位協定の改定を求めるなど、米メディアとしては異例の内容だ。          社説は、2012年11月3日に 「沖縄の怒り」 と題して掲載されたもの。          社説では、海兵隊垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの普天間飛行場配備ですでに 「火が付いていた」 沖縄が、米兵2人による集団強姦致傷事件でさらに緊張が高まっていると指摘。その様子を、      
「沖縄県民は、憤りと怒りを表現する形容詞が足らないかも知れない」
      と表現した。            また、沖縄県民は、日米政府が、      
「地政学的優位性が、飛行機の墜落や騒音、環境破壊や犯罪といった地元の懸念に勝っている」      
と考えており、沖縄県民の主張は受け止められていない、とした。 こうしたことを背景に、1995年の少女暴行事件から休みなく抗議活動が続いていると紹介している。          10月の集団強姦致傷事件については、米側が謝罪し、夜間外出禁止令が出されたことにも触れた上で、仲井真弘多知事が日米地位協定の改定を訴えていることも指摘。 改定は、日本の司法制度で米兵を裁くことができるようにすることが目的だ。 この点については、社説では、      
「国防総省は抵抗するだろう。(地位協定を結んでいる)他の地域でも同様の事態が起こることを恐れているからだ。 米国の日本における軍事的プレゼンスは地域の安定にとって重要だ。 しかし、米政府は、筋の通った沖縄県民の懸念に対して、もっと敏感であるべきだ。 軍の行動をより厳しく制限し、効率的な訓練と監視を行うべきだ」      
と主張しており、仲井真知事の主張に暗に同意した形だ。            さらに、      
「軍をグアム、ハワイ、あるいは日本の別の場所に移して、沖縄でのプレゼンスを軽減すべく迅速に行動すべきだ。 日米が沖縄県民の異議を真剣に受け止めていると信じられるまでは、沖縄県民が安全になったと感じたり、苦しみが減ったと感じることはないだろう」      
と、在沖米軍の県外移転を主張している。            社説の内容は、現時点では国内メディアでは琉球新報と沖縄タイムスが報じているが、両紙では      
「米国の日本における軍事的プレゼンスは地域の安定にとって重要」      
といった軍事的プレゼンスの意義に関する記述には触れられていない。(j-cast.com)                         ツイートこの記事をつぶやく
       9月1日に日本で公開されたフランス映画 「最強のふたり」 が絶好調だ。 公開10週目の土日(11月3日、4日)の成績は全国134スクリーンで動員19,472人、興収2,638万200円を記録。累計成績は、動員106万3,785人、興収13億246万5,000円となり、興収13億円のラインを9週間と2日目で突破した。       最強の        この動員数は、2001年に公開され、異例の大ヒットとして社会現象を巻き起こした 「アメリ」 の日本国内観客動員人数(103万8,763人[ユニフランス調べ])を超えるもの。 すでに9月4日の時点でフランス語映画では世界歴代1位の観客動員数(世界で2,320万人)を記録していたが、日本国内でも同様に好調な動員を続けている。      また、興収では、2009年にアカデミー作品賞を含む最多8部門を受賞した 「スラムドッグ$ミリオネア」 (2009年4月18日公開:119スクリーン)の最終興収13億円も突破。 ミニシアターの作品がオスカー作品の興収を超えるのは異例の事態とも言えるが、今後もさらに数字を伸ばす可能性が高く、興収15億円も視野に入ってきた。      「最強のふたり」 は、パラグライダーの事故で首から下が麻痺した大富豪と、彼を介護するスラムの黒人青年ふたりの奇跡の友情を描いた物語。 フランスでは2011年11月に公開され、たちまち年間興収第1位に輝いたほか、歴代の興収でも3位にランクインするなど、単純計算で同国民の3人に1人が見たという大ヒット作品だ。      また、昨年開催された第24回東京国際映画祭では、最高賞(東京サクラグランプリ)と主演男優賞W受賞(フランソワ・クリュゼ/オマール・シー)という、史上初のトリプル受賞を達成した。 すでにハリウッドリメイクも決定。 第85回アカデミー賞外国語映画賞のフランス代表作品にも決定している。 (narinari.com)                           ツイートこの記事をつぶやく
       浅田真央は、中国で行われたフィギュアスケートのグランプリシリーズ第3戦でロシアのユリア・リプニツカヤを制し、逆転優勝を飾った。        だが、大会中、中国人記者から尖閣諸島に関する質問が挙がり、これに対する浅田の受け答えが、ネット掲示板上で話題になっている。        今大会では、日中関係悪化による影響が懸念されていたが、浅田の登場時にブーイングは無く、会場からは歓声も挙がっている。 ショートプログラム終了後の記者会見では、中国人記者から尖閣諸島の問題について質問が飛び出したが、浅田は 「少し心配はありましたが、中国の方も沢山応援してくれて、嬉しかった」 と答えた。        これを受けて、ネット掲示板上では、      「受け答えが上手。 どんなに意地悪な質問されても角が立たない返答が出来るのは立派だわ」      「性格が良いんだろうな…語彙は多くないけど、間違ったことは絶対に言わないよな」      「 “(尖閣の件で)少し心配はありましたが” ってことだろ? 完全に話をすりかえてるわけじゃないから、この中国人記者は心の中で舌打ちしたに違いない」       と、浅田の返答を賞賛する声が続出。        中には      「質問の答えになってないし」      「こんな曖昧な返答をするから日本は中国からナメられるんだよ」      「世界で戦う選手なら、はぐらかさずにきちんと答えろよ」        と、浅田の回答に不満を訴える意見もあったが、      「これが大人の対応なんだよ」      「こういう場での尖閣云々の質問なら、これぐらいの返答で充分だろ」       と浅田を擁護する意見に押さえ込まれる格好となった。 (news.livedoor.com)                            ツイートこの記事をつぶやく
      兄貴        2012年11月4日、「第6回全日本アニソングランプリ」 の決勝大会がテレビ放送された。 そして総応募者1万171組のなかから見事優勝に輝いたのは、決勝でマクロスFの 『インフィニティ』 を歌った岡本菜摘(なつみ)さん(18歳)だ。        しかしその後アニソン界の帝王であり、今大会の大会委員長でもある水木一郎さんがこの大会結果について、苦言ともとれるツイートを投稿し、ネット上で話題となった。        「昨日放送のアニソングランプリの評価は観たみなさんの感じたままをきちんと受け止めるべきだろう。 審査に関われない大会委員長の立場はもどかしくもあり、今回は俺の意思が審査員に伝わってなかったのかと思うと自分の力のなさを感じてしまう。 アニソンの未来のために、原点回帰も必要ではないか。」 (Twitterより引用)        この水木一郎さんのツイートが投稿されると、今大会への注目は非常に大きなものとなり、大会結果に対する疑問の声が続々と上がった。              【今大会の結果に対するネットユーザーの声】      「楽しみにしてたのになんか今回はショック…前回はよかったのに…。 ちゃんと歌唱力で決めなよ」      「叩かれまくっているのは少し可哀そうだと思ったが、このレベルで優勝って言われたらなぁ…出来レース…なんだろうな」      「失笑しか無い」      「会場の人も審査できるようにしてほしい」      「もうオタク美人コンテストでいいんじゃないかな」      「ちょっとひどいな。 これじゃデキレース疑われても仕方ないような」      「誰も得してないね…制作も審査員も、もう少し考えるべき。 この子も祭り上げられて叩かれて、いい迷惑だろうね」      「アニソンも終わったなwwww」      「これは流石に出来レースすぎるだろ審査員ちゃんと審査しろよ。 出来レースで優勝して叩かれてるこの子の方が可哀想だよ……これからもずっと叩かれちゃうんだろうなぁ…」      「この子を叩くのはお門違い。 悪いのは全て審査員」         なお、今大会で優勝に輝いた岡本菜摘さんは、新作アニメの主題歌を歌うことが決定している。 水木さんは審査基準に苦言を呈しつつも、岡本さんのこれからの道を応援すると表明しており、以下のツイートを投稿している。          「アニソングランプリで優勝した人には何も責任はありませんし俺は大会委員長としてフォローしていますよ。 頑張ってデビューしてアニソン界を牽引してくれたら嬉しいのは確かなことです。 アニソン歌手を夢見ている人のためにもみんなに認められ愛される歌手になってほしいと心から願います。」 (Twitterより引用) (rocketnews24.com)        大きな騒動を呼んだ今回の大会結果、みなさんはどう思う?        優勝者岡本菜摘さんの動画は、       第6回全日本アニソングランプリ 決勝大会 優勝者 岡本菜摘さん          ツイートこの記事をつぶやく
       ツイッター上で殺害予告を受けた人気子役の 「はるかぜちゃん」 こと春名風花(11)さんが警察に通報したことを後悔している。 2012年11月5日、自身のツイッターで 「怖くて通報したけど、後悔してます。 いつもみたいにがまんしていればよかった」 とつぶやいた。 通報したことで、子どもがネットをすることに対して批判を受けたためだ。            11月1日、春名さんはツイッター上に 「はるかぜちゃんをナイフで滅多刺しにしてドラム缶にセメント詰めて殺したい」 という書き込みを発見。 春名さんは子どものネット使用規制が進むことを避けたいと通報することをためらっていたが、家族と相談し、11月2日、神奈川県警へ通報した。          通報後、春名さんには 「ガキがTwitterなんてやるからこんな事になるんだよ」 など、子どもがネットをすることに対して批判が殺到した。      
「通報したら、おとなに頼らないとじぶんの身も守れない子どものくせにネットなんかするなって言われちゃうの、わかってたのにな」
      と自身が危惧した通りの結果になってしまったことを悔やんでいる。 また殺害予告は単なる中傷で過剰反応ではないかという声に、春名さんは 「本当に殺されそうになるまで、がまんすればよかった」 とツイートしている。            春名さんは      
「加害者の人権が守られて、被害にあった側の落ち度を叩くこの国で、被害にあったと声をあげ助けを乞うことは、もう自殺行為じゃないのかな」
      とツイート、ネット社会のあり方に疑問を呈している。          はるかぜちゃんが警察に届けたために批判されたことについては、乙武洋匡さん(36)が2012年11日2日、「 『だから小学生にネットなんかやらせるから…』 という感想を漏らしている人が多いことに驚く」 とつぶやき、「 『退場すべきは、いじめられた側』 というわけか。 これでは、いじめがはびこるわけだ」 と、「街の声」 に対する違和感を語っていた。(j-cast.com)                        ツイートこの記事をつぶやく
       韓国が、“独島” が絡むと冷静さを失って暴走するのは今に始まったことではないが、最近の過熱ぶりは尋常ではない。        今年の8月10日に李明博大統領が竹島に上陸したのに対し、野田首相は抗議の親書を送ったが、韓国側は受け取りを拒否するといった攻防があった。 現在は事実上、日韓間の外交はストップした状態である。        なぜ韓国はこんな時期に、あえて火種を増やすような行為をするのか。 産経新聞ソウル駐在特別記者の黒田勝弘氏はいう。        「韓国では、政治家も政党も政府もメディアも、“いかに我々が独島を愛しているか” を示す競争をしている状態です。 国土海洋部は、竹島に海洋研究施設を建設する計画を進めていて、すでに予算もついているが、昨今の日韓関係悪化の影響で計画にブレーキをかけられストレスが溜まっている。 今回の命名(東島の峰は 「于山峰」、西島の峰は 「大韓峰」 を公式名称にすると韓国は発表)はそのストレス解消と、国民に対する点数稼ぎのためでしょうね」          しかも最近は、韓国人のそうしたイライラが募るような出来事ばかり起きている。        これまで米グーグル社の地図サービス 「グーグルマップ・グローバル版」 では、英語で 「Dokto」 または 「Takeshima」 と検索すれば、「Ulleung Gun(鬱陵郡)799-800」 という韓国表記の住所が表示された。 しかし、同社は10月19日からこの住所表記を削除した。 領土問題で日韓のどちらの側にも与しないという姿勢を示したことになる。        韓国は国際的に認められている 「日本海」 という呼称に異議を唱え、「東海」 への変更を求めているが、この運動も成功していない。        今年4月にモナコで開かれた国際水路機関(IHO)の総会で、韓国は16人もの大代表団を送り込み、「日本海」 に 「東海」 を併記することを要求。 それに呼応して、米ホワイトハウスのサイトには、一般の韓国人から 「東海」 呼称を求める約10万件の署名が集まり、サーバーをダウンさせた。 米大統領に、海の呼称に口を挟む権限などないのはいうまでもない。        このIHO総会では 「日本海」 単独呼称の継続で決着したが、5年後の次期総会ではまた同じことが繰り返されるだろう。 韓国メディアが焦って墓穴を掘る事件も起きている。        今年3月28日付のハンギョレ新聞に 「日本の1892年の地図で、独島は韓国の地と確認」 との見出しの記事が掲載された。 その日本の古地図には、韓国と日本の間に2つの島が描かれている。 韓国に近い島には 「竹島」、日本に近い島には 「松島」 と表記され、松島は日本領を示す赤、竹島は領外を示す白で塗られている。 竹島問題に疎い人が見れば、なるほど韓国領だと思うかもしれない。        しかし、当時の日本では、鬱陵島を竹島、竹島を松島と呼んでいたので、この地図は 「鬱陵島は朝鮮の領土、竹島は日本の領土」 を示しているに過ぎず、むしろ、当時から竹島が日本領であった証拠となる資料といえるのだ。        この地図を掲載する際に新聞社の中で問題にならなかったということは、韓国メディアのなかには、竹島の位置も、名称の推移も知らずに 「独島は我が領土」 と叫んでいる者が多いということだ。 (news-postseven.com)                             ツイートこの記事をつぶやく
       イギリスの学術誌・ネイチャーは、「粗末な報道」 (Bad Press)と題した先月31日の社説で、森口尚史氏のiPS細胞報道を巡る日本メディアの態度について苦言を呈している。        「山中伸弥教授のノーベル賞を汚すような詐欺」 と森口氏のウソをついて述べた同記事は、今回の誤報騒動について、「特に読売新聞の報道に失望した」 と批判。         科学に関する報道は難しいが、科学者の所属機関や、研究実績への確認は取るべきだったとし、「(森口氏のキャリアに関して)ネットに公開されている情報でも疑問が沸く」 と、裏付けのない日本のiPS報道を嘆いた。        また、最も重要なこととして 「記者は他の研究者とも交流し検証を重ねるべき」 と強調。         しかし今回の誤報に関しては日本独特の文化的要因があるとし、        「日本の研究者は他の研究者への批判を控える」      「キャリアへのリスクを避けたいであろう密告者への保護が足りない」      「日本の記者は 『センセイ』 ってイメージに囚われて、礼儀ただしいすぎるので気まずい質問ができない」        といった理由を挙げた。          さらに記事では、山中教授の受賞以降、iPS細胞に関するものなら、なんでも扱い、煽る日本の報道姿勢が、森口氏を登場させた可能性があると指摘し、「全て愚かだ」 (silly)と辛辣に批判。          山中教授受賞の本当の美談は 「世界のための技術であるから」 とし、「日本が山中氏を誇りに思いたければ、その大切さを理解するためにも、より国際的な視野を持つべき」 と指摘した。 (news.livedoor.com)                          ツイートこの記事をつぶやく
       ドキュメンタリーチャンネル 「ディスカバリーチャンネル」 は、テレビ史上初となるジェット旅客機墜落実験を行なった新番組 『好奇心の扉:航空機事故は解明できるのか?』 を11月6日(22:00~)に放送する。                 テレビ史上初、航空機を墜落させてみた! ついに明かされる安全なエリアとは        これまでは事故後のデータしかなかったために、推測しかできなかった墜落のメカニズム。 番組では、そのデータを得ることにより、航空機の安全性を高めることを目的に、ジェット旅客機 「ボーイング727」 を、メキシコのソノラ砂漠に墜落させるクラッシュテストを行った。 この企画のために、米国防省のミサイル計画従事者や元米海軍特殊部隊出身者などを含む400名の国際チームを結成。 4年の歳月と数億円の費用をかけようやく実現に至った。        メキシコの空港を飛び立ったボーイング727に搭乗した人数は3名(+それぞれのスカイダイバーを含み合計6名)。 航空交通管制官は通常であれば 「安全なフライトを」 と言うところ、迷った挙句に 「さよなら」 とボーイング727を送り出した。 その後、墜落の30分前にメインパイロット1名を残して、副操縦士と航空機関士がそれぞれパラシュートで脱出。 最後の1名(+スカイダイバーで合計2名)となったパイロットは、追跡飛行していたセスナ機による遠隔操作に操縦を交代した。 元米海軍戦闘機パイロットのチップ・シャンリ少佐は、遠隔操作のリモコンを見て 「これって、模型飛行機を操縦するヤツじゃ…」 と疑問を投げかけると、設計技師のバーニー・バーネットは 「プラモの店で買った送信機です」 とあっけらかん。 周囲の心配をよそに、パイロットは墜落3分前に脱出し、遠隔操作で所定の位置に墜落させた。        機内には正確なデータを得るために、32カ所のセンサーが付いた、1体約120万円のダミー人形を用意。 各パーツごとに精巧に作られているため、どこに衝撃を受けたかを読み取ることができる。 実験の結果、死亡する確率が最も高い座席は機種部分(パイロットルームと前から7列目まで)で、生き残る可能性がある座席は最後列から5列目まで。 緊急着陸時の姿勢としてはいずれも怪我は免れないものの、現在、世界の航空会社が推奨している 「頭を守り衝撃に備える姿勢」 が最も効果的と判断された。        墜落の状況、機体の種類などによって衝撃が変わるので、今回の実験結果が他のケースにも有効とは一概には言えない。 ちなみに、先進国の飛行機事故により死亡する確率は、およそ1,400万分の1。 これは、3万8,000年毎日飛行機に乗って、1度遭遇するくらいの確率である。 実験を終え、航空機墜落現場調査員のアン・エヴァンズはこう言い添えた。 「飛行機に乗るたびに墜落の心配をすることはありません」。           その動画は、      ジェット旅客機を墜落させる大実験に挑戦          ツイートこの記事をつぶやく