エロ写メ        近年、若者の間で 「セクスティング」 と呼ばれる行為が流行し、米国などで社会問題となっている。 聞きなれないワードだが、これはスマートフォンやスカイプなどを通じ、互いの意思で裸体を見せたり性的な写真を送り合ったりする行為。 ショートメッセージでテキストをやりとりすることをテキスティングというが、そこに性的要素が加わった行動をセクスティングと呼ぶようになった。        今年、米・テキサス大学は高校生約1000人を対象に 「セクスティング」 の調査を実施。 その結果、全体の約30%がネットを通じて自分のヌードまたはセミヌード画像を送ったことがあることが判明した。 日本でも数年前から中高生を中心に広がっており、恋人同士はもちろん、実際に会ったことのないメル友やスカイプ仲間の間で 「セクスティング」 が行われることもある。        日本では90年代にケータイが普及したころから 「エロ写メ」 が流行し、アダルトの人気ジャンルの一つになった。 恋人同士でヌード画像などを送り合った経験を持つ人は多いと思うが、最近はスカイプなどによって画像だけでなく動画による 「セクスティング」 も可能になった。 生まれた時からネットが身近にあるデジタルネイティブ世代にとっては、日常的な性行動の一つとなっており、特に性に関心が高い女子中高生の間で定着しつつある。 LINEの爆発的な普及が伝えられる中、この流れはますます加速していくと見て間違いないだろう。        しかし、恋人同士が互いの意思で密かに楽しんでいる分には問題はないだろうが、全くの他人の間でも行われており、デジタルだからこそのトラブルも起きる。 ウイルス感染や交際のトラブルなどが原因となり、データのネット流出が起きるケースは枚挙にいとまがない。 また米国の最新の調査によると、ネットに掲載されたティーンエイジャーの性的な写真や動画の88%が転載サイトに収集され、さらに拡散されているという。 流出や本人の意思で掲載された写真だけでなく、なかには盗難されたケータイから収集された写真もあったようだ。        日本でも流出や転載は深刻化しており、セーフサーチをオフにしたGoogleの画像検索に 「エロ写メ+○○」 と入力するだけで、女子中高生と思われる少女たちの自画撮りヌードが大量に出てくるという事態になっている。 デジタルの恐ろしさは、一度外部に出したデータは本人によるコントロールがきかなくなってしまうところ。 さらに転載の繰り返しによって容易に拡散され、回収や消去は永遠に不可能になってしまう。        今年10月、スカイプで通話中の女子中学生を言葉巧みに誘導してヌードにさせた男が逮捕された。 これだけでも問題だが、男は動画配信サイト 「FC2ライブ」 を使い、この模様を生中継していた。 この生中継は約2500人が視聴しており、複数人に動画が保存された可能性もある。 実際、通報した男性は証拠として動画を保存していた。 この女子中学生は、当日に初めてコンタクトを取った男と会話開始から約10分でヌードになっており、10代の間で 「セクスティング」 が一般化し抵抗が少なくなっていることがうかがえる。        デジタル技術の進化と共に新たな性行動の一つとして定着してきた 「セクスティング」 だが、多くの深刻な問題をはらんでいるのも確かなようだ。(exdroid.jp)                           ツイートこの記事をつぶやく
                            マルちゃん正麺 醤油味 5食パック         「年間1億食(1食100円として100億円)売れたらヒット商品」 といわれる即席めんの市場で、すでに1億7千万食(170億円)を突破(’12年9月末時点)している 「マルちゃん製麺」。         発売から1年を待たずして、2億食に迫るという驚異の勢いだ。 今回は、この空前の大ヒット商品の ”生みの親” である東洋水産の担当者たちに、今だから話せる 「マルちゃん製麺の開発秘話」 を聞いた。        「通常の場合、めんを切り出してから、『蒸し』 の工程があります。 それから油で揚げるのがフライめん、そのまま乾燥させるのがノンフライめんです。 マルちゃん製麺の場合は蒸しの工程がなく、めんを切り出してから、すぐにほぐして乾燥させるという、まったくの新製法のため新しい製造ラインを作る必要がありました。ここに2年かかりました」        そう話すのは、同社即席麺本部・商品開発部の鈴木梨恵さん(25)。 開発から発売までに要した期間は約5年。新商品の開発にこれほど長期間かけた商品は 「私の知る限りおそらくない」 と語るのは、同開発部の神永憲さん(45)だ。        「従来のめんは、長さが40センチ以上の商品がほとんどです。 しかしマルちゃん製麺は25~30センチ、従来品の半分程度になっています。 開発メンバーのお子さんが、めんを食べるときにズルズルとするのが苦手で、『めんをもう少し短くできないか?』 という意見が出てきました。 そういった一つひとつの声が、めんの開発の参考になっています」 (神永さん)        マルちゃん製麺の袋を開けると、めんが四角ではなく丸型に成形されていることに気づく。 これは丸型のほうがほぐしやすいためと、小さな鍋でも作りやすいからだという。 また、パッケージは、これまではドンブリを覆うほどの具材をのせた 「調理例」 の写真を使うのが袋めんの定番だったが、今回は具材を最小限にして、めんを強調するような写真に。さて、生みの親だからこそいえる、おすすめの食べ方は?        「袋めん自体、基本はめんとスープだけで、具材は何も入っていません。私どもの調査では、7割くらいの方が、家にある野菜やお肉を入れて、召し上がっているそうです。 そういったデータを参考にして、野菜に合わせて調理しやすいスープにしました。 商品のホームページでも、応用レシピや具材について紹介していますので、ご覧になってください。 個人的には、野菜炒めをたっぷり作ってめんの上にのせると、香ばしさが増してよりおいしく召し上がれると思います(笑)」 (鈴木さん) (jisin.jp)                                  ツイートこの記事をつぶやく
       札幌ドームで2012年11月1日に行われたプロ野球・日本シリーズ第5戦で信じられない判定ミスが飛び出した。 北海道日本ハムファイターズ、多田野数人投手が投げた内角の球が、打者にかすってもいないのに 「危険球」 とみなされ、退場させられたのだ。          この試合は相手の読売ジャイアンツが大勝し、日本一に王手をかけた。 シリーズの行方を左右する 「誤審」 となるかもしれない。                     誤審        問題のシーンは4回表の巨人の攻撃中に起きた。 右打席に入った加藤健選手の初球から送りバントの構えで、そこに多田野投手が内角高めの球を投じた。 ボールは打者をえぐるように入って来て、加藤選手は思わずバットを引き、もんどりうって倒れ込んだ。          柳田昌夫球審は 「ファール」 を宣告したが、加藤選手はうずくまったままだ。 そこに巨人の原辰徳監督がベンチから出てきて、柳田球審に抗議を始めた。 テレビ中継ではすぐに、この打席をスロー再生で検証した。 解説者の古田敦也氏が 「引いたバットが(加藤選手の)頭に当たって痛がっているみたいですね」 と話し、投球が当たったわけではないとした。          しばらくすると判定が一転、球審は多田野投手の投球を 「危険球」 として、退場処分を下したのだ。 古田氏は 「これは間違いですね」 と首をかしげる。もう1人の解説者だった工藤公康氏も 「当たっていませんから危険球ではないです」 と球審の誤りを指摘した。 日本ハムの栗山英樹監督は柳田球審に詰め寄り、長い時間抗議をしたが、こちらの判定は覆らなかった。          翌11月2日、サンケイスポーツの1面の見出しには 「誤審」、デイリースポーツは 「世紀の大誤審」 の文字が躍った。 フジテレビ系情報番組 「とくダネ!」 でもこの判定を取り上げた。 スロー映像を確認したが加藤選手のバットに球がかろうじてかすっているかどうかというレベルで、明らかに本人の体には当たっていない。 番組では危険球の定義も説明した。 「投球が打者の顔面や頭部、ヘルメットなどに直接当たり、選手生命に影響を与えると審判が判断した場合」 に宣告されるもので、投手は即刻退場となるという。 ところがこのケースでは、頭どころか打者の体には触れていないのだから、危険球とはとても言えないはずだ。            「誤審」 に対して、球場を埋め尽くした日本ハムファンは大ブーイングだ。 この回、巨人にさらに追加点を許すとその後もリードを広げられ、日本ハムは試合を落とした。 あと1試合負ければ日本一を逃す瀬戸際に追い込まれた。          インターネット掲示板やツイッターでは、このプレーに多くの意見が書き込まれた。 「多田野、かわいそうだったなあ」 と退場処分に対する同情や、加藤選手の 「演技」 について 「下品だしフェアでもない」 「著しくスポーツマンシップを欠いた行動」 との批判、さらに球審に対しては 「一刻も早く誤審を認めてほしい」 「恥ずかしい」 などこちらも厳しい声が相次いだ。          日本シリーズでは過去にも、審判の判定をめぐって大いにもめた事例がある。 1978年のヤクルトスワローズ対阪急ブレーブス(現オリックスバファローズ)第7戦では、ヤクルトの大杉勝男選手が左翼ポール際に放った打球について、審判は本塁打としたが阪急の上田利治監督が 「ファールだ」 と猛抗議。 試合が1時間19分も中断する大騒動となった。(j-cast.com)          加藤健選手は、2012年の日本シリーズを汚したな!! 当たってもいないのにあの演技はないよ!! やっぱりよみうりってそんなもんだよ!! 野球人気が廃れるよ!!                        ツイートこの記事をつぶやく
      死んだ男        家族や親しい人の葬儀。親しければ親しいほどその死は受け入れがたい。 特にそれが突然の不幸だったら、故人が今にもひょっこり帰って来そうだと思わずにはいられないだろう。        ブラジルで行われた男性の葬儀で大騒動が起きた。 遺体を前に親族や友人が嘆き悲しんでいるところへ、死んだはずの張本人が登場したのだ。 さっきまで棺の中にいたはず! 一体どういうこと!? 葬儀場は大パニックになってしまったのである。        事件が起きたのはブラジルのサンパウロ。地元警察からギルベルト・アラウージョさん(41)の家族のもとへ、「洗車場の従業員が殺人事件に巻き込まれた。 ご家族かも知れないので、身元確認に来て欲しい」との連絡が入った。 洗車場で働いていたギルベルトさんは、4カ月前に家族や友人の前から姿を消し、音信不通になっていた。        報せを受けた兄のジョゼさんが身元確認に向かったところ、安置所で横たわっていた遺体は、銃弾に倒れ変わりはてた姿の弟にしか見えなかった。 ジョゼさんは 「確かに私の弟です」 と言い、何の疑いもなく遺体を母親の家へ運んだ。        ところが、実はこの遺体は、たまたまギルベルトさんと同じ職業の、ゲニバルド・ガマさんという赤の他人のものだったのだ。 しかしあまりに二人が似ており、当人も音信不通だったため、誰もがギルベルトさんが殺されたと思い込んだまま葬儀が執り行われた。        そうとも知らず葬儀当日に街をフラフラしていたギルベルトさん。 友人に 「お前の葬式やってるぞ!」 と教えられ、驚いて葬儀会場へと向かった。        死んだはずのギルベルトさんが現れて 「オレは死んでないよ! 生きてるよ!」 と叫ぶと、参列者は大パニックに陥った。 ショックのあまり気絶する人、怖がって逃げ出す人もあり、中には 「ほら、やっぱりな! さっき遺体が動いたの見たんだよ!」 と騒ぐ人も出る始末で、式場は一時騒然となった。        世の中には同じ顔の人間が3人いるというが、親兄弟にも見分けがつかないソックリさんがこんな形で現れるとは……。 発覚が遅れていたらギルベルトさんは戸籍ごと消えていたかもしれない。 また間違えられたゲニバルドさんも行方不明扱いのままだっただろう。 まったく音信不通の放蕩などするものではない。(rocketnews24.com)         ツイートこの記事をつぶやく