2012,10,30

「ダイ・ハード5」最新予告解禁、モスクワ舞台にいきなり大爆発。

       日本でも絶大な人気を誇る、ブルース・ウィリス主演映画 「ダイ・ハード」 シリーズの最新作 「ダイ・ハード/ラスト・デイ」。 2013年2月の公開に向けて現在準備が進められているが、その日本最新予告編が解禁された。               ダイ・ハード5        シリーズ第1作から24年、最新作の舞台となるのはモスクワ。 疎遠になっていた一人息子ジャック(ジェイ・コートニー)と共に、ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)はシリーズ最大最強の敵に立ち向かうことになる。 “世界一運の悪い男” ジョンのDNAを受け継いだ男を窮地から救うべく単身異国へと乗り込むが、“マクレーンの行く手に災いあり” の法則は、今回も生きていた……。 互いの命を守るために数々の危機を切り抜け、モスクワで巨大な陰謀に立ち向かう。      そんな 「ダイ・ハード/ラスト・デイ」 の最新予告は、おなじみの 「ベートーヴェンの交響曲/第9番」 をBGMに、マシンガン、ショット・ガンを撃ちまくるド派手な銃撃シーン、78日間を費やしたという大規模なカー・スタントなど、スピード感溢れる怒涛のアクションを連続披露。 冒頭には娘ルーシーが登場し、「お願いだから、騒ぎを起こさないでね」 と強く言葉をかけられるも、モスクワに到着後、いきなり大迫力の大爆発に巻き込まれ、息子のジャックには 「気持ち悪い」 と言われてしまうなど、面白い親子の掛け合いも魅力の内容となっている。      予告編はこちらから      ダイ・ハード5      期待を裏切らないジョン・マクレーンの “タフ・ガイ” ぶり、そして観る者を引き込む抜群のユーモア・センスがさらにパワーアップした最新作は、2013年2月 TOHOシネマズ日劇ほかで全国公開予定だ。                          ツイートこの記事をつぶやく