ホームに入ってくる新幹線に一礼している集団を見たことあるだろうか。 フランスの国鉄総裁に 「これをフランスに輸出してほしい」 と言わしめた、日本が誇る 「おもてなし集団」 である。 前米国カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルェネッガー氏や米国運輸長官ラフード氏も、日本を訪れた際にわざわざこの集団を視察している。 今回ご紹介する 『新幹線お掃除の天使たち 「世界一の現場力」はどう生まれたか?』 (遠藤功/あさ出版)は、そんな彼らにスポットを当てた一冊だ。                    新幹線お掃除        この 「おもてなし集団」 とは、JR東日本グループ会社の鉄道整備株式会社、通称 “テッセイ” の社員たち。 停車している新幹線や駅構内を掃除する清掃員である。 一見、地味な肩書きに聞こえるが、世界最速と言われる 「魅せる清掃」 で世界中から注目を集めている。      東京駅の東北・上越新幹線などの折り返し時間はわずか12分。乗降時間に5分かかるため、清掃にさける時間はたった7分間である。 そんな限られた時間内に、座席下や物入れにあるゴミをかき集め、全てのテーブル・窓枠を拭き、トイレの清掃までもを完璧に終わらせる(トイレがどんなに汚れていたとしても彼らは任務を完遂する!)。 列車ダイヤが乱れてもなんのその。 機転を利かせた人員配置で見事に時間内に仕事を終わらせる。      その早さと完璧さも圧巻であるが、彼らが世間から注目されている理由はそれだけでない。 車両清掃チームは、列車が入線する3分前にホーム際に整列し、新幹線がホームに入ってくると深々とお辞儀をして迎えるのである。 さらに、清掃を終えたチームは再度整列し、ホームで乗車待ちの客に 「お待たせしました」 と一礼する。 この礼儀正しさと華麗な神業をして 「7分間の新幹線劇場」 と言われている。      本書はそんな 「新幹線劇場」 の主役である清掃員(別名「お掃除の天使たち」)と彼・彼女らを支える経営陣に焦点をあてる。          第一部ではお掃除 の天使たちが経験した心温まるストーリーを紹介。 「お掃除のおばさん」 をしていることが恥ずかしく親類に清掃会社で働いていることを隠していた女性が仕事にプライドを抱いていくストーリーや、東日本大震災直後に無惨なほど汚れた車両をお掃除の天使たちが手分けして奇麗にしていくストーリーなど、読み進めているとほっこりした気分になったり、目頭が熱くなったりする。          第二部では、会社の経営陣たちが如何にして 「最強のチーム」 を作っていったかを早稲田大学ビジネススクール教授の著者が分析しており、ここが本書の醍醐味である。 7年前、テッセイは普通の清掃会社にすぎなかった。 バリバリ高学歴の職員が多くいるわけではなく、従属的な関係のなかで与えられた 仕事だけを淡々とこなす、いわゆる下請け会社。 そんな会社を現専務取締役である矢部輝夫氏らが変革していく過程が紹介されている。      本書はいわゆる経営本では全くない。 しかし紹介されているテッセイの取り組みを通じて、現場力の強化・組織の変革には何が必要なのかという 組織論、ブランド力強化・顧客満足度向上をいかに実現していくかというマーケティング論など、会社をキラキラ輝く会社へと変貌させるためのヒントがつまっ ているのだ。(nikkan-spa.jp)                        ツイートこの記事をつぶやく
       自民党総裁選で勝利を収めた安倍晋三元首相。 投票直前にカツカレーを食べていたが、直後からなぜかインターネット上でカツカレーの話題が急増した。          テレビ番組で、このカレーの価格が3500円と報じられたことが火をつけたようだ。 ツイッター上では 「3500円」 という値段をめぐる議論や、とんかつ店のツイッターに人気が集まるなど、ちょっとしたブームを思わせる。                      「カツカレー」突然ブーム 安倍新総裁「3500円」が火をつけた        自民総裁選が行われた2012年9月26日午後、テレビ各局は各候補者の投票直前の様子を伝えた。 注目したのは、その日の昼食だ。 有力候補とされた安倍氏や石破茂前政調会長が、都内のホテルで選んだ食事はカツカレーだった。 選挙に 「勝つ」 ための験担ぎの意味が込められている。          安倍氏は支持者を前にした出陣式で、「私も今日はカツカレーだと思って、この1か月はカツカレーを食べずにとっておきました」 とお腹をさすりながら、リラックスした表情で語りかけた。 2007年9月、体調不良を理由に首相を辞任した過去がつきまとうだけに、健康をアピールするためか豪快にカレーをほおばってみせた。            このカツカレーの値段について、毎日放送の情報番組 「ちちんぷいぷい」 の中で、現場リポーターがこう伝えた。          「通常のカレーだけで3500円、カツを乗せると特別オーダーでもっと高くなるそうです」              リポーターが 「種明かし」 をする前に、スタジオのコメンテーターに値段を当てるよう促していた。 誰も当てられずに 「皆さん庶民ですね」 と返したためか、ツイッター上では 「安倍さんは庶民感覚がない、と叩きはじめた」 などと怒る書き込みが増えた。 その後リポーター本人が 「ひと言も批判していません」 と釈明している。          とはいえ 「3500円カレー」 のインパクトが強かったのか、カツカレーはツイッター上を賑わし続ける。 値段に関する驚きだけでなく、「今日はカツカレー食べたい」 といった何気ないつぶやきやカレーの写真が投稿されていった。 とんかつ専門店のアカウントは一気に注目度が高まり、「NAVERまとめ」 には 「安倍さんの3500円カツカレーと、庶民も楽しめるカツカレーの名店マップ」 が登場。 26日夕方から夜にかけて、ヤフーやツイッターのトレンドワードでトップに躍り出ている。              唐突なカツカレーブームは、9月27日になっても止まらない。 グーグルの 「急上昇ワード」 では首位をキープ。 この日は 「昼食談義」 でカツカレーが登場していた。 ツイッターを見てみると、「学食でカツカレー売り切れ」 「店員に聞いたら、普段の5倍カツカレーが出てるって」 と、ネット上だけの騒ぎにとどまらず、実際に 「特需」 が起きていたようだ。         カレー専門店 「CoCo壱番屋」 に関連するツイートも多い。 「CoCo壱でカツカレー食うかぁ」 「客全員がカツカレーを注文してる」 といった内容だ。 運営会社の壱番屋は東証一部に上場している。 「安倍効果」 のおかげかは不明だが、27日の株価終値は前日比6円高と好調だった。(j-cast.com)                          ツイートこの記事をつぶやく
     

 ソロデビューから35年、9月26日にオールタイムベストアルバム 『OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~』 をリリースする山下達郎さん(59)。 テレビには出ないし、動いている姿をなかなか見られない。 35周年の節目、本誌女性記者の 「いったいどういうひとがあの曲を生み出してるの?」 という率直な質問に対峙していただいた。

 

 

 

 Q 音楽活動を続けていくうえで、35年間 「美学」 として貫いてきたことは?

 

 

 

「音楽以外のことには手を出さない」
 

 

 

 

 Q テレビに出ない理由を教えてください。

 

 

 「最初は 『出ない』 のではなく 『出られなかった』。 つまり、出してもらえなかった。 その後、テレビに出ないでブレイクできたので、テレビを必要としなくなった。 べつにテレビが嫌いなわけではなく、テレビは最大規模のメディアであるゆえに、情報掌握がむずかしいので」

 

 

 

 Q 音楽はいつから好きでしたか?

 

 

 「聴くだけなら幼少から映画音楽などを。 楽器演奏に主体的に関わったのは小6の鼓笛隊。 以後は中学のブラスバンドでパーカッション。 それが高じてアマチュアバンドでドラム」

 

 

 

 Q ソロデビュー35周年 ”記念” ですが、記念日の過ごし方は?

 

 

 

「あの 『記念日』 はベストアルバムの口実にレコード会社の宣伝が考えたものです。 大した重要度なし。 正確にはバンドでデビューして37年になります」
 

 

 

 

 Q 今回のアルバムを『OPUS』と名づけた理由は?

 

 

 「 『OPUS』 は 『作品』 と訳しますが、主に音楽作品に対して使われる呼びかたです。 『山下達郎 ALL TIME BEST』 ではありきたりなので、ちゃんとしたタイトルがほしかった」

 

 

 

 Q 『希望という名の光』 を歌うとき、震災前と震災後では意識が変わっていますか?

 

 

 「自分自身に変化はないが、歌の聞かれ方が変わったので、聴いている方々の気持ちに合わせて段取りなどを少しだけ変えた」

 

 

 

 Q 人生でいちばんつらかったことはなんですか? いちばんうれしかったことも教えてください。

 

 

 「高校をドロップアウトしたこと。 それまでは優等生タイプだったので。 うれしかったことねぇ。 ドゥー・ワップのメガ・レア盤がついに手に入ったときかな」

 

 

 

 Q 生まれ変わっても、また奥様(竹内まりや)と結婚しますか?

 

 

 「多分」  (jisin.jp)

 

 

 

   

 

 

 

 

   

   

ツイートこの記事をつぶやく
         宇多田ヒカルが9月26日(2012年)のツイッターで、「日本語の固有名詞の読み方難しすぎ」 とつぶやいている。 東京スカイツリーなどがある墨田区の地名 「押上」 を 「おしがみ」 と読むものだと勘違いしており、「え?もしかして〈おしあげ〉のこと?」 と指摘されたという。 「恥ずかしいくま…」 と語っている。            これに経済学者の池田信夫が 「新聞業界の人だと思われますよ」 と反応。 新聞社が販売店に対して、読者に配達する量より多くの新聞を 「押しつけている」 とされる 「押し紙(おしがみ)」 を意識した発言だ。          『おしがみ』 流行るかもしれない!?  いや、そんなことないか??                        ツイートこの記事をつぶやく
       ポッカは10月1日、豆乳入り飲料の新ブランド 「SOYING」 を立ち上げ、ホットとコールドの両方に対応した、ミルク分を使わずに豆乳使用のコーヒー 「SOYINGコーヒー」 (缶入り)を発売する。 価格は120円(税込み)。     ソイイング        「SOYING」 は、“へルシーな豆乳を使用したコーヒーを缶コーヒーでも楽しみたい” というニーズに応えるべく、同社が新たに導入する新ブランド。 背景には、豆乳需要の増加に合わせ、豆乳入り飲料市場が年々拡大していることがある。 ブランド名は “豆乳を使用した飲料の新しいカテゴリー” を意味する造語だ。      そんな新ブランドの第1弾として登場する 「SOYINGコーヒー」 は、牛乳不使用、成分無調整豆乳使用で、しっかりしたコーヒー感と、さっぱりした豆乳のおいしさでコクのあるやさしい味わいが体感できる缶コーヒー。 「缶コーヒーのヘビーユーザーにも満足いただける」 (同社より)味わいを実現するため、豆乳に合うコーヒーの開発に1年を費やしたという。      なお、「SOYING」ブランドの商品は、今後順次ラインアップを拡充していく計画だ。(narinari.com)           ツイートこの記事をつぶやく
      佐川急分詐欺        インターネットユーザーの間で、大手運送会社 「佐川急便」 の名をかたるメールの内容が話題になっている。 どうやらこれは、正真正銘の佐川急便のものではなく、迷惑メールのようである。 もしも受信したという方は、メールの内容を確認されることをおすすめする。 その内容は、以下のようなものだ。          とあるTwitterユーザーの方が受信した内容は次の通りである。          「佐川メール配達センター ※現在、お客様宛のメール便をお預かりしておりますが、お届け先不明の為、配達先確認をお願い致します」 (Twitterより引用)            その方は、どうして佐川急便が自分のメールアドレスを知っているのか? と疑問に思い、迷惑メールであることに気付いたそうだ。 この内容を見た他のTwitterユーザーのなかには、誤って本文中にあるURLをクリックしてしまったという人もいるようである。            実は2012年7月にも、これと異なる内容の佐川急便をかたる迷惑メールが発見された。 その際に佐川は公式ページで注意を呼びかけていたのである。 このような迷惑メールはまだどこかから送信され続けているかもしれない。          上記内容を心にとどめておいた方がいいだろう。 もしも似たような内容のメールが届いたら、扱いには十分に気をつけて頂きたい。(rocketnews24.com)                       ツイートこの記事をつぶやく
      写真整理       iPhoneのデフォルトの写真ファイル閲覧機能はシンプルなのは良いが、アルバム機能やそのほかの閲覧機能で使いづらいところが多々ある。 例えば目的の日付で写真を探したり、写真をアルバムに簡単に振り分けたりと言った折角使いやすいiPhoneも宝の持ち腐れである。        そんな悩みを抱えている人のために救世主アプリが登場。 『アルバム+』 というアプリで過去に 『連絡先+』 という優秀なアプリを作ったことでも有名。 この 『アルバム+』 は日付事に閲覧可能なほか、右に出ているアルバムタブに写真を持って行くだけで振り分けが可能となっている。 また 「編集」 により複数選択を行ったあと、一度に特定のアルバムに振り分けることもできる。        更に優秀なのが、カレンダー機能。 こちらは月ごとの写真をサムネイル化し一覧表示してくれるのだ。        インターフェイスも 『連絡先+』 と似ているので、違和感無く使うことができる。       アルバム+        「あの写真っていつ撮ったんだっけ……」、「夏頃に撮影した写真どこいったかな」 など膨大なiPhoneの写真のカメラロール中を少しでも見やすくしてくれるアプリである。        既に 『iOS 6』 や 『iPhone5』 にも対応された本アプリはAppStoreから85円で購入可能となっている。      また過去にリリースされた同作者の連絡帳をグループ分け出来る、『連絡先+』も85円でAppStoreよりダウンロード可能。(getnews.jp)                  ツイートこの記事をつぶやく
            激太りのレディー・ガガ、下着姿公開でダイエット宣言        激太りを認めたレディー・ガガが、SNS 「Little Monsters」 で自らの下着姿を公開。 現在のボディのありのままを披露すると共に、ダイエット開始を宣言した。          ガガは 「私は15歳の頃から過食症と拒食症よ」 というコメントと共に、レモンイエローのシンプルなランジェリーのみを身につけた姿を披露。 さらに 「でも今日から肉体改造に励むことにしたわ」 と続け、ヨガのポーズでダイエット開始を宣言した。         “激太り”のレディー・ガガ、下着姿を公開しダイエット宣言! 「肉体改造をはじめることにしたわ」               “激太り”のレディー・ガガ、下着姿を公開しダイエット宣言! 「肉体改造をはじめることにしたわ」             “激太り”のレディー・ガガ、下着姿を公開しダイエット宣言! 「肉体改造をはじめることにしたわ」        一部報道によると、ガガはラジオ番組のインタビューで25ポンド(約11.3キロ)の体重増加を認めた。 彼女曰く、激太りの原因は今年2月にオープンした父親のイタリアンレストランでの食べ過ぎ。 Twitterでは 「私がどんな状態でも愛してくれて、本当の美しさと思いやりの意味を知っているファンに感謝しています。 私は本当にあなた達を愛しているわ」 とメッセージを送っている。(mdpr.jp)                         ツイートこの記事をつぶやく
       韓国の新聞最大手・朝鮮日報がコラムで、「日本人文化には以前から猟奇的、怪奇的な要素が多く、他人を踏み付けて快感を覚える 『加虐本能』 が今なお遺伝子の中に流れている可能性がある」 などと論じた。          ネットでは、一国の大新聞が他の民族を侮辱するコラムを堂々と書いているのは信じられない、として驚きと反発が広がっている。              2012年9月25日にアップされた朝鮮日報日本語電子版によると、筆者のクレジットは朴海鉉(パク・ヘヒョン)論説委員とある。          12年6月末と7月末に日本の右翼団体が反韓デモを行い、太極旗を破り踏みにじった。 また、韓国国旗 「太極旗」 の模様の一部をゴキブリに似せて描いていて韓国人を虫のように見下した。 11年の北方領土返還を求めるロシア大使館前のデモでも同様なことがあった、などと主張している。          さらに、1600年代のキリスト教弾圧について書いている日本の小説 「沈黙」 には、キリストの肖像画を踏み絵にし、踏まないキリシタンをその場で打ち首にしている場面がある。 そうしたことを指摘したうえで、         「他人を踏み付けることに快感を覚える加虐本能が、日本人の遺伝子の中に今なお流れているのだろうか」       とし、       「日本文化には以前から猟奇的、怪奇的な要素が多かったが、それにしても最近の日本列島はついに巨大な虫に変化し始めたかのようだ」       と締めくくった。          ネットでは韓国を代表する一流紙の朝鮮日報なのに、三流のゴジップ紙でも書かないような内容だ、と唖然とした空気が広がった。            朝鮮日報は9月24日付けで、日本の極右団体が23日に東京・銀座で反韓デモを行い、「天皇陛下に対する侮辱を許さない」 「韓国人を殺そう」 「日韓国交断絶」 などを叫び、参加した約200人は、太極旗の四隅の 「乾坤坎離」 をゴキブリのように描いた旗を踏みつけるなどの行為をした、と書いている。          ネットでは、韓国人がデモなどで他国の国旗を破いたり、噛み千切ったり、燃やしたりしている大量の写真や動画をアップし、「他国の国旗を侮辱するのは韓国の得意技なのに」 といった大量のコメントが出ている。 今回のコラムについては、      「自分達の事を書いてるだけじゃないかw」      「文章中の 『日本』 と 『韓国』 入れ替えると全部すっきり当てはまるな」      「こんなことを書いて恥ずかしいとか思わないことが病巣」       などといった意見が出ている。(j-cast.com)                          ツイートこの記事をつぶやく
       韓国京畿道の九里市は25日、市庁前の石碑など計5カ所に、スプレーで 「明治維新」 の文字や 「旭日旗」 の絵が描かれているのを発見、警察に届けたことを明らかにした。 複数の韓国メディアが報じた。        九里市庁によると、23日午前、出勤してきた職員が市庁や市議会の前にある石碑 「高句麗鼓閣表示石」 などに落書きがされているのを発見した。 市は落書きされた石碑3つを布で隠し、警察に捜査を依頼。 その後、同じような落書きが、近くの王宿橋などでも見つかった。        同市は、「常識を逸脱するテロともいえる行為が起きたことに怒りを禁じ得ない」 とし、「どんな理由であっても(落書きを)正当化することはできない」 と非難。 落書きは警察による捜査が終わり次第、消す方針という。          韓国メディアによると、石碑に落書きがあったことが報じられると、市民団体 「活貧団」 は市庁前で反日デモを開催した。 同団体は、ソウルの日本大使館前に設置された元従軍慰安婦碑に6月、「竹島は日本固有の領土」 と書かれたくいが縛り付けられたことから、今回の落書きも日本の右翼団体による仕業だと指摘。 仕返しとして、仁川空港に離着陸するJAL航空機内で 「地球の悪鬼日本!」 と書かれたビラを配ると主張した。        一方、警察は一連の落書きは同一人物による犯行と見て、捜査に着手した。 当初、日本の右翼団体による犯行も指摘されたが、現時点では反日感情とは関係なく、子どもによる単純ないたずらの可能性が高いという。(searchina.ne.jp)          ツイートこの記事をつぶやく
Page 2 of 14«12345»10...Last »