ホームに入ってくる新幹線に一礼している集団を見たことあるだろうか。 フランスの国鉄総裁に 「これをフランスに輸出してほしい」 と言わしめた、日本が誇る 「おもてなし集団」 である。 前米国カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルェネッガー氏や米国運輸長官ラフード氏も、日本を訪れた際にわざわざこの集団を視察している。 今回ご紹介する 『新幹線お掃除の天使たち 「世界一の現場力」はどう生まれたか?』 (遠藤功/あさ出版)は、そんな彼らにスポットを当てた一冊だ。                    新幹線お掃除        この 「おもてなし集団」 とは、JR東日本グループ会社の鉄道整備株式会社、通称 “テッセイ” の社員たち。 停車している新幹線や駅構内を掃除する清掃員である。 一見、地味な肩書きに聞こえるが、世界最速と言われる 「魅せる清掃」 で世界中から注目を集めている。      東京駅の東北・上越新幹線などの折り返し時間はわずか12分。乗降時間に5分かかるため、清掃にさける時間はたった7分間である。 そんな限られた時間内に、座席下や物入れにあるゴミをかき集め、全てのテーブル・窓枠を拭き、トイレの清掃までもを完璧に終わらせる(トイレがどんなに汚れていたとしても彼らは任務を完遂する!)。 列車ダイヤが乱れてもなんのその。 機転を利かせた人員配置で見事に時間内に仕事を終わらせる。      その早さと完璧さも圧巻であるが、彼らが世間から注目されている理由はそれだけでない。 車両清掃チームは、列車が入線する3分前にホーム際に整列し、新幹線がホームに入ってくると深々とお辞儀をして迎えるのである。 さらに、清掃を終えたチームは再度整列し、ホームで乗車待ちの客に 「お待たせしました」 と一礼する。 この礼儀正しさと華麗な神業をして 「7分間の新幹線劇場」 と言われている。      本書はそんな 「新幹線劇場」 の主役である清掃員(別名「お掃除の天使たち」)と彼・彼女らを支える経営陣に焦点をあてる。          第一部ではお掃除 の天使たちが経験した心温まるストーリーを紹介。 「お掃除のおばさん」 をしていることが恥ずかしく親類に清掃会社で働いていることを隠していた女性が仕事にプライドを抱いていくストーリーや、東日本大震災直後に無惨なほど汚れた車両をお掃除の天使たちが手分けして奇麗にしていくストーリーなど、読み進めているとほっこりした気分になったり、目頭が熱くなったりする。          第二部では、会社の経営陣たちが如何にして 「最強のチーム」 を作っていったかを早稲田大学ビジネススクール教授の著者が分析しており、ここが本書の醍醐味である。 7年前、テッセイは普通の清掃会社にすぎなかった。 バリバリ高学歴の職員が多くいるわけではなく、従属的な関係のなかで与えられた 仕事だけを淡々とこなす、いわゆる下請け会社。 そんな会社を現専務取締役である矢部輝夫氏らが変革していく過程が紹介されている。      本書はいわゆる経営本では全くない。 しかし紹介されているテッセイの取り組みを通じて、現場力の強化・組織の変革には何が必要なのかという 組織論、ブランド力強化・顧客満足度向上をいかに実現していくかというマーケティング論など、会社をキラキラ輝く会社へと変貌させるためのヒントがつまっ ているのだ。(nikkan-spa.jp)                        ツイートこの記事をつぶやく
       自民党総裁選で勝利を収めた安倍晋三元首相。 投票直前にカツカレーを食べていたが、直後からなぜかインターネット上でカツカレーの話題が急増した。          テレビ番組で、このカレーの価格が3500円と報じられたことが火をつけたようだ。 ツイッター上では 「3500円」 という値段をめぐる議論や、とんかつ店のツイッターに人気が集まるなど、ちょっとしたブームを思わせる。                      「カツカレー」突然ブーム 安倍新総裁「3500円」が火をつけた        自民総裁選が行われた2012年9月26日午後、テレビ各局は各候補者の投票直前の様子を伝えた。 注目したのは、その日の昼食だ。 有力候補とされた安倍氏や石破茂前政調会長が、都内のホテルで選んだ食事はカツカレーだった。 選挙に 「勝つ」 ための験担ぎの意味が込められている。          安倍氏は支持者を前にした出陣式で、「私も今日はカツカレーだと思って、この1か月はカツカレーを食べずにとっておきました」 とお腹をさすりながら、リラックスした表情で語りかけた。 2007年9月、体調不良を理由に首相を辞任した過去がつきまとうだけに、健康をアピールするためか豪快にカレーをほおばってみせた。            このカツカレーの値段について、毎日放送の情報番組 「ちちんぷいぷい」 の中で、現場リポーターがこう伝えた。          「通常のカレーだけで3500円、カツを乗せると特別オーダーでもっと高くなるそうです」              リポーターが 「種明かし」 をする前に、スタジオのコメンテーターに値段を当てるよう促していた。 誰も当てられずに 「皆さん庶民ですね」 と返したためか、ツイッター上では 「安倍さんは庶民感覚がない、と叩きはじめた」 などと怒る書き込みが増えた。 その後リポーター本人が 「ひと言も批判していません」 と釈明している。          とはいえ 「3500円カレー」 のインパクトが強かったのか、カツカレーはツイッター上を賑わし続ける。 値段に関する驚きだけでなく、「今日はカツカレー食べたい」 といった何気ないつぶやきやカレーの写真が投稿されていった。 とんかつ専門店のアカウントは一気に注目度が高まり、「NAVERまとめ」 には 「安倍さんの3500円カツカレーと、庶民も楽しめるカツカレーの名店マップ」 が登場。 26日夕方から夜にかけて、ヤフーやツイッターのトレンドワードでトップに躍り出ている。              唐突なカツカレーブームは、9月27日になっても止まらない。 グーグルの 「急上昇ワード」 では首位をキープ。 この日は 「昼食談義」 でカツカレーが登場していた。 ツイッターを見てみると、「学食でカツカレー売り切れ」 「店員に聞いたら、普段の5倍カツカレーが出てるって」 と、ネット上だけの騒ぎにとどまらず、実際に 「特需」 が起きていたようだ。         カレー専門店 「CoCo壱番屋」 に関連するツイートも多い。 「CoCo壱でカツカレー食うかぁ」 「客全員がカツカレーを注文してる」 といった内容だ。 運営会社の壱番屋は東証一部に上場している。 「安倍効果」 のおかげかは不明だが、27日の株価終値は前日比6円高と好調だった。(j-cast.com)                          ツイートこの記事をつぶやく
     

 ソロデビューから35年、9月26日にオールタイムベストアルバム 『OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~』 をリリースする山下達郎さん(59)。 テレビには出ないし、動いている姿をなかなか見られない。 35周年の節目、本誌女性記者の 「いったいどういうひとがあの曲を生み出してるの?」 という率直な質問に対峙していただいた。

 

 

 

 Q 音楽活動を続けていくうえで、35年間 「美学」 として貫いてきたことは?

 

 

 

「音楽以外のことには手を出さない」
 

 

 

 

 Q テレビに出ない理由を教えてください。

 

 

 「最初は 『出ない』 のではなく 『出られなかった』。 つまり、出してもらえなかった。 その後、テレビに出ないでブレイクできたので、テレビを必要としなくなった。 べつにテレビが嫌いなわけではなく、テレビは最大規模のメディアであるゆえに、情報掌握がむずかしいので」

 

 

 

 Q 音楽はいつから好きでしたか?

 

 

 「聴くだけなら幼少から映画音楽などを。 楽器演奏に主体的に関わったのは小6の鼓笛隊。 以後は中学のブラスバンドでパーカッション。 それが高じてアマチュアバンドでドラム」

 

 

 

 Q ソロデビュー35周年 ”記念” ですが、記念日の過ごし方は?

 

 

 

「あの 『記念日』 はベストアルバムの口実にレコード会社の宣伝が考えたものです。 大した重要度なし。 正確にはバンドでデビューして37年になります」
 

 

 

 

 Q 今回のアルバムを『OPUS』と名づけた理由は?

 

 

 「 『OPUS』 は 『作品』 と訳しますが、主に音楽作品に対して使われる呼びかたです。 『山下達郎 ALL TIME BEST』 ではありきたりなので、ちゃんとしたタイトルがほしかった」

 

 

 

 Q 『希望という名の光』 を歌うとき、震災前と震災後では意識が変わっていますか?

 

 

 「自分自身に変化はないが、歌の聞かれ方が変わったので、聴いている方々の気持ちに合わせて段取りなどを少しだけ変えた」

 

 

 

 Q 人生でいちばんつらかったことはなんですか? いちばんうれしかったことも教えてください。

 

 

 「高校をドロップアウトしたこと。 それまでは優等生タイプだったので。 うれしかったことねぇ。 ドゥー・ワップのメガ・レア盤がついに手に入ったときかな」

 

 

 

 Q 生まれ変わっても、また奥様(竹内まりや)と結婚しますか?

 

 

 「多分」  (jisin.jp)

 

 

 

   

 

 

 

 

   

   

ツイートこの記事をつぶやく
         宇多田ヒカルが9月26日(2012年)のツイッターで、「日本語の固有名詞の読み方難しすぎ」 とつぶやいている。 東京スカイツリーなどがある墨田区の地名 「押上」 を 「おしがみ」 と読むものだと勘違いしており、「え?もしかして〈おしあげ〉のこと?」 と指摘されたという。 「恥ずかしいくま…」 と語っている。            これに経済学者の池田信夫が 「新聞業界の人だと思われますよ」 と反応。 新聞社が販売店に対して、読者に配達する量より多くの新聞を 「押しつけている」 とされる 「押し紙(おしがみ)」 を意識した発言だ。          『おしがみ』 流行るかもしれない!?  いや、そんなことないか??                        ツイートこの記事をつぶやく
       ポッカは10月1日、豆乳入り飲料の新ブランド 「SOYING」 を立ち上げ、ホットとコールドの両方に対応した、ミルク分を使わずに豆乳使用のコーヒー 「SOYINGコーヒー」 (缶入り)を発売する。 価格は120円(税込み)。     ソイイング        「SOYING」 は、“へルシーな豆乳を使用したコーヒーを缶コーヒーでも楽しみたい” というニーズに応えるべく、同社が新たに導入する新ブランド。 背景には、豆乳需要の増加に合わせ、豆乳入り飲料市場が年々拡大していることがある。 ブランド名は “豆乳を使用した飲料の新しいカテゴリー” を意味する造語だ。      そんな新ブランドの第1弾として登場する 「SOYINGコーヒー」 は、牛乳不使用、成分無調整豆乳使用で、しっかりしたコーヒー感と、さっぱりした豆乳のおいしさでコクのあるやさしい味わいが体感できる缶コーヒー。 「缶コーヒーのヘビーユーザーにも満足いただける」 (同社より)味わいを実現するため、豆乳に合うコーヒーの開発に1年を費やしたという。      なお、「SOYING」ブランドの商品は、今後順次ラインアップを拡充していく計画だ。(narinari.com)           ツイートこの記事をつぶやく