東京証券取引所第1部に、史上最年少25歳の社長が誕生する。 現在、東証マザーズに上場している 「リブセンス」 が2012年10月1日に東証1部に指定替えになるからだ。          同社の村上太一社長は25歳。 リブセンスも11年12月に東証マザーズに上場してから、わずか10か月で東証1部にまで昇り詰めた、「スピード出世」 だ。                     リブセンス        アルバイト求人サイト 「ジョブセンス」 などを運営するリブセンスは、東証マザーズから東証1部に上場変更する、と9月18日に発表した。 25歳の村上太一社長は、東証1部上場の最年少記録を更新。 同社自身も、Klabがもつ東証マザーズから東証1部への最短記録(約8か月)の更新はならなかったが、10か月というスピードで駆け上がった。          株価も上昇気配にある。 前週から19日で5日続伸し、20日の株価は一時4490円まで達して年初来高値を更新した。 21日の終値は前日比140円(3.24%)安の4185円で引けたが、8月20日の終値が2870円だったから、わずか1か月で1.5倍近くも高騰した。          その業績をみても、12年12月期第2四半期(12年1~6月)の売上高は10億2300万円で、前年同期に比べて109.2%増。 営業利益は同148.1%増の5億6600万円、純利益は141.1%増の3億900万円と、前年同期比で2倍以上の増収増益を達成している。          とにかく、社長が若いこともあって 「勢い」 がある。              東証1部への指定替えについて、リブセンスは 「もともとマザーズ市場はステップアップのための市場だと考えていましたし、おかげで信用度や知名度も高まり利用者も増えました。 東証1部への上場で、もっと多くに知ってもらい、また若い会社ではあるけれど、しっかりとした経営を行っていることを知ってもらえると思い、準備を整えてきました」 と話している。          村上社長は1986年10月27日生まれ。 東証マザーズ上場では25歳1か月という最年少の上場社長の記録をつくり、今度は26歳の誕生日を迎える前に東証1部に指定替えを果たす。 「最年少記録」 は意識したのだろうか――。          同社は、「意識しなかったといえば、ウソになりますね。 これは及びませんでしたが、(マザーズから東証1部への)最短記録もありましたし、できるなら早くしたいと考えていました。メディアの取り上げ方も違ってきますから」 と話している。            リブセンスは、村上社長が早大1年のときにベンチャー事業計画コンテストで最優秀賞を獲得して、2006年2月に設立した。企業としても、まだ6年7か月と若い。          アルバイト求人サイトの 「ジョブセンス」 と正社員・契約社員の転職サイト 「ジョブセンスリンク」、派遣社員の求人サイト 「ジョブセンス派遣」 が事業の中核。 これまでの求人サイトは広告掲載時に掲載料をもらうが、「ジョブセンス」 は成功報酬型のビジネスモデルを採用し、それを 「武器」 に急成長を遂げた。          求人企業はアルバイトなどの採用が決まった時点でリブセンスに費用を支払うので、広告費が 「ムダ」 にならない。 一方、利用者も雇用契約が成立したときに 「祝い金」 がもらえる仕組みだ。          さらに、この仕組みを応用して、2010年に賃貸不動産情報検索サイトの 「DOOR賃貸」 を、11年には中古車情報サイトの 「Motors‐net」 の運営を開始した。          村上社長は自社の強みを、「企画やマーケティング、デザイン、システム開発、カスタマーサポートなどのサービス提供にかかわる工程をすべて内製化していること」 と話す。 創業時から自前でエンジニアを抱え、その後もエンジニアの開発能力は上がっているという。(j-cast.com)                        ツイートこの記事をつぶやく
       何事も良い方向に考えるプラス思考、ポジティブ思考が、心身の健康状態に好影響を与えることが近年、科学的に証明されている。 この関係に着目した日本ポジティブサイコロジー医学会(理事長=国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター・大野裕センター長)が先頃発足し、9月18日、東京都で記者会見を開いた。       大野氏は 「今の日本では誰もが心を病む可能性があるが、ポジティブな考え方が健康に影響を与えることが分かってきている」 として、ポジティブ思考によってもたらされる幸福を科学的に研究することなどを目的として同学会が発足したと説明。 11月27日には第1回学術集会も開催するという。         日本ポジティブ      ◎ 一般からの参加も呼び掛け      冒頭の挨拶に立った大野氏は、現在、先進国で 「障害によって失われた生存年数(DALY)」 が最も高いのが精神疾患で、英国では精神疾患に関する医療コストや労働収益の損失が2007年で7.8兆円に上り、2026年には14.2兆円に達する見込みと紹介。 日本では約2倍と推測されているとし、「今の日本では誰もが心を病む可能性があるが、ポジティブな考え方が健康に影響を与えることが分かってきている」 と述べた。      こうした中、9月7日には超党派の国会議員らにより提出された 「地域精神保健医療福祉の充実・拡充を求める請願書」 が衆参両院の本会議で採択された。 大野氏は 「これまでは精神疾患への医療や福祉による対応が中心だったが、これからは保健、つまり予防を含めた対策が必要になる」 と説明し、「病気」 というネガティブな部分へのアプローチだけではなく、「予防」 というポジティブな部分への介入の重要性を強調した。      同学会では、ポジティブ思考が健康の維持や病気の予防にどのような影響を与えるかを科学的に解明し、医療面から社会に貢献していくという。 現在、日本抗加齢医学会(理事長=京都府立医科大学・吉川敏一学長)の会員を中心に30人ほどの会員数だが、医療関係者に限らず、一般からの参加も呼び掛けていくとしている。 なお、11月27日には福島県郡山市で第1回学術集会の開催を予定している。(narinari.com)                      ツイートこの記事をつぶやく
       宇多田ヒカルが9月21日(2012年)のツイッターで、「痛い」 できごとに遭遇したことをつぶやいている。          「タクシーに乗り込もうとしたら荷物と傘が邪魔で動作がワンテンポ遅れ、ドアに足挟まれてもーた(´・_・`)」            幸いケガはなかったようだが、驚きのあまり 「 『ぎゃいん!』 っていう変な声出た笑」 という。              宇多田とタクシーといえば、ヒット曲 「traveling」 に 「タクシーもすぐつかまる(飛び乗る)」 というフレーズがある。 フォロワーからそれをネタに、「姉さんあの頃のスマートさはどこへ…」 と突っこまれた宇多田ヒカル29歳は、遠い目でぽつり。            「寄る年波には勝てぬよ…(-ι_- )」 (j-cast.com)                      ツイートこの記事をつぶやく
         橋下氏「竹島は共同管理」 維新新党、9国会議員に        新党 「日本維新の会」 代表の橋下徹大阪市長は23日、新党参加希望の国会議員らを集め大阪市で開いた公開討論会で、島根県・竹島問題について 「共同管理の話に持っていくしかない」 と述べ、韓国との共同管理を目指すべきだとの認識を示した。            日本固有の領土という政府や各党の立場と大きく異なる考え方で、波紋を広げそうだ。(kyodo.co.jp)            この発言見聞きしましたが、なんだか違和感感じたな~!?                      ツイートこの記事をつぶやく
       『メルマガNEWSポストセブン』 では、『ウェブはバカと暇人のもの』 の著者としても知られるネット編集者の中川淳一郎氏が、その週にネットで話題になったニュースのツボを解説している。 9月14日配信の32号でも、          「中国のユニクロ、アウディが相次いで反日メッセージ出し炎上」        「 『人体の一部を食べるイベント』 で4人が書類送検」          など、その週にネット上で起きた様々な事件を紹介しているこのコーナー。 なかでも今週 「もっともネット的」 とでもいうべきネタが 「横浜市議 日中関係悪化を受け蓮舫議員にツイッターでからむ」 というネタだ。          いやはや、実に日中関係をめぐり、アツい議論が巻き起こった1週間ではありましたが、とんだところからとばっちりを受けたのが蓮舫議員です。 彼女は台湾出身なわけですが、18歳の時に日本に帰化するよう父親から伝えられた時に 「屈辱的だった」 と話したという説に、横浜市議の斉藤たつや氏が 「これが事実ならば、日本人をやめていただきたい」 とツイッターで発言しました。        その後、斉藤氏に同調する人々の存在に気を良くしたのか、同氏はガンガン 「レンホウ議員が屈辱と感じていることを、日本破壊の方向につなげなければいいなと心配しています」 などと愛国発言をするわけですね。        最終的には、“「18歳のあなたにとっては帰化しろと言われたときどうでした?」 という質問に、お答えいただければありがたいです” と蓮舫氏にツイッターで呼びかけました。          しかし、冷静なツイッターユーザーから “当然のこととして、一般国民が 「個人的主観を理由」 に、他の国民の国籍放棄に言及するのは、人道的差別です」” とやんわり言われ、斉藤氏は 「要は、経緯はどうあれ、日本の国会議員なのだから、日本の国益のために活動してもらうことを願っています」 とトーンダウン。        まぁ、愛国をネットで謳うことにより、支持を得ようと考えた節が斉藤氏にはあるわけですが、一人の人間を公人・私人どちらであれ、国籍についてネチネチと言及を続けるのはあまり美しくはないですね。          それにしても、斉藤氏、ずっと 「レンホウ氏」 と書くわけですが、パソコンの予測変換で 「蓮舫」 と出ないんですかね。 あれだけ名指しするんだったら、辞書登録するか、Google日本語変換を導入すべきと老婆心ながらアドバイスしたいと思います。(news-postseven.com)                          ツイートこの記事をつぶやく