現在、老人ホームで暮らしていることを 『週刊文春』 (9月13日号)に報じられた三國連太郎(89才)。 その息子である佐藤浩市(51才)は、認知症の母の看病を続けている。        これまでに三國は4度結婚しており、佐藤の実母・A子さん(81才)は彼の3番目の妻にあたる。 1952年、すでに人気俳優として活躍していた当時29才の三國は、東京・神楽坂の売れっ子芸者だったA子さんと恋に落ち、同棲生活を経て、1957年に結婚。 その3年後に生まれたのが佐藤だった。        しかし、1972年、三國とA子さんは離婚する。 このとき、佐藤はまだ小学6年生。 幼な心に大きなショックを受けたことだろう。 以後、佐藤はA子さんと母子2人で暮らすことになる。 A子さんは離婚後、スナック経営を始めた。        そして、佐藤が中学に上がると、その母を手伝う男性・Bさんが現れる。 “よっちゃん” と呼ばれた彼は、いつしか “内縁の夫” として一緒に自宅で暮らすようになる。 突然自宅に転がり込んできた見知らぬ男。 思春期だった佐藤に、この事実は耐えられなかった。          「 “この家に自分の居場所はない”。 そう思った佐藤さんは、高校2年のときに家を飛び出したんです」 (佐藤の知人)          そして以後30年にわたって、母子関係は断絶状態となったが、転機が訪れたのは4年前のことだった。 A子さんは、2008年7月に脳梗塞で倒れ、都内の病院に入院。 さらに同年12月には、内縁の夫・Bさんも他界する。        内縁の夫を失い、独り身となってしまった母。 しかも、母親は脳梗塞の後遺症からか、認知症を患い、その症状は急速に進んでいった。 皮肉にも、この病が30年間断絶状態だった母子関係の雪解けのきっかけとなったのだった。        変わりゆく母の姿を目の当たりにした佐藤は、妻・C子さんと相談のうえ、母の面倒を見ることを決意する。 平穏な家庭に、母とはいえ認知症の家族が増えるという現実。 簡単な決断ではなく、妻、そして子供たちの理解とともに、家族一同相当な覚悟が必要だったに違いない。        こうして、2008年の年末、彼は母を退院させ、自宅に引き取った。 ここから、佐藤一家の闘いが始まる。          「もうお母さんは自分で歩くこともできず、佐藤さんの顔さえわからない状態だったんです。 そんなお母さんを、食事はもちろん、入浴から排泄まで全部、佐藤さんの奥さんが付きっきりで介護していました。 心底できた奥さんだと思いますよ」 (別の佐藤の知人)          親の介護が原因で家庭内に不和が生じるケースは多いが、佐藤の家は違った。          「佐藤さんは、幼いころから “ずっと家でひとり” という環境で育ってきた。 だからでしょうか、“どんな状態だろうと、家の中に家族は多い方がいい。 家族は一緒に暮らした方が絶対にいいんだ” って。 奥さんもお子さんも、認知症となったお母さんが同居することに文句は一切言わなかったそうです」 (前出・佐藤の知人)        当時、佐藤が母を迎えたマンションは充分な広さがなかった。 そこで昨年5月、都内に地下1階、地上3階建ての豪邸を建築する。        「この家には、A子さんのためにエレベーターを設置しました。 車いすの移動に不自由がないようにスロープも完備するなどバリアフリーな設計で、その家は、“最後まで自宅で面倒見よう ”という佐藤さんの意志の表れのような家でした」(前出・佐藤の知人)(news-postseven.com)                              ツイートこの記事をつぶやく
       中国漁船が大挙して尖閣諸島(沖縄県石垣市)付近に押し寄せる可能性が強まっている。 中国政府が2012年9月16日にも東シナ海での出漁を解禁し、それを機に漁船が尖閣付近の領海内に侵入する、というシナリオだ。          ここ数年、中国による尖閣諸島海域での漁業活動は日本側の監視もあって、操業が限定的だった。 中国漁民らは漁業権保護を強く訴えており、「実力行使」 に出る可能性が強まっている。            中国漁船による尖閣諸島海域を含めた東シナ海の休漁期間は、9月16日正午(日本時間午後1時)に終了した。 福建省や浙江省などの沿海地域から尖閣諸島海域へ出航する漁船の数は毎年1000隻余りとされるが、ここ数年は日中の領土問題から、操業が大幅に減少していた。          中国の環球時報(2012年9月13日付)によると、中国農業部漁業局は公式サイトで、東シナ海の出漁解禁に伴い、「中国沿海の漁業権を守り、法に基づく執行をするため、各地区の漁業監視船の出航準備は万全である」 ことを表明。 中国農業部は東シナ海漁政局と福建省や浙江省などの漁業主管部門に対して、「中国漁船の安全を保障するとともに、東シナ海の漁業資源を合理的に利用するよう求めた」 と、報じた。          こうしたことから、多くの中国漁船が尖閣諸島付近の領海に押し寄せ、侵入する恐れが出てきた。 いわば 「実力行使」 で、実態として東シナ海での漁業を確立し、さらにこれを権利として認めさせ、さらには尖閣諸島を実効支配しようとする可能性がある。          中国のこうした 「実力行使」 による領土を実効支配しようとするやり方は、南シナ海の南沙諸島や西沙諸島の領有権をめぐる東南アジア諸国との対立でもみられる。          最近では、12年4月に中国とフィリピンが領有権を争う南沙諸島で、中国漁船の取締りのためにフィリピン海軍が艦船を派遣したことに対し、中国が複数の漁業監視船などを派遣してフィリピン海軍艦艇や沿岸警備艇などと長期にわたってにらみ合いを続けた。          フィリピン外相が中国側に対し、「フィリピンの排他的経済水域(EEZ)内で、緊張を高めるような行動を控えるよう」 申し入れたのに対して、中国は6月に中国国務院が南沙・西沙・中沙諸島をあわせて 「三沙市」 として新たに行政組織を海南省の管轄下に置くことを発表。 西沙諸島で最大の「永興島」に市政府を設立して南シナ海一帯の実効支配に乗り出している。                南シナ海の海域には、石油や天然ガスなどの海底資源の存在が有望視されるほか、豊富な漁業資源に恵まれていて、現在、南沙諸島は中国や台湾、ベトナム、フィリピン、マレーシア、ブルネイが、西沙諸島は中国、台湾、ベトナムがそれぞれ領有権を主張している。 たとえば、南沙諸島をめぐっては1988年に中国とベトナムの海軍が武力衝突し、勝利をおさめた中国が一部を支配することになった。 以降、大きな武力衝突は起きていないものの、中国が構造物を設置するなどの動きをみせたり軍事演習を行ったりすることで、そのたびに摩擦が表面化している。          中国漁船がベトナムなどに拿捕される事件も発生。 中国は漁業管理や海洋監視などを理由に、海域における法執行活動の強化を図る動きをみせている。          「中国・電脳大国の嘘」 (文藝春秋)などの著書がある、中国事情に詳しいノンフィクション作家の安田峰俊氏は 「中国が漁船を使って海洋上の権益を拡大するやり方はいわば常套手段ですから、尖閣諸島にやってくる中国漁船もただの漁船と思わないほうがいいでしょう」 と指摘する。          とはいえ、どんなに中国漁船が領海内に侵入してきても、民間の船舶である限り日本側は粛々と警告を発して追い出していくしかない。          安田氏は 「一つ間違うと2010年9月に起きた(海上保安庁の巡視船と中国漁船の)衝突事件のようなことが繰り返されることになる」 と、危惧している。(j-cast.com)                     ツイートこの記事をつぶやく
       久々にお笑いトリオ・B21スペシャルの3人が揃って舞台に立つことが決まった、10月21日のコントライブ。 一足先にヒロミのブログでは初となる、ミスターちん、デビット伊東と3人一緒の写真が公開されたのはつい先日のことである。そして今度は、タレントで妻の松本伊代との貴重なツーショットをブログで公開した。          今でこそ人気お笑い芸人が、現役アイドルや女優と付き合ったり結婚するケースは珍しくなくなった。 だが今年結婚19年目を迎えるヒロミと松本が結婚した当時は、“異色のカップル” として大きな話題になったのだ。        今まで妻の写真どころか、話題にすることさえほとんど無かったヒロミのブログ。 それが9月17日で更新されたブログ 『時遊人』 では、朝食を松本と一緒に外で食べたことを明かしている。 中学生と高校生の息子が連休中、合宿で不在だったようだ。 「ママと朝ごはんデートなのだ」 と綴っている、ヒロミ。        テーブルにはワッフルとフレンチトースト風のメニューが並び、ヒロミと向かい合って座る妻の松本。 ブログではアウトドア料理か、居酒屋メニューの登場が多いヒロミ。 この朝のお店を選んだのは彼女であろうか。        「ヒロミさんを信じているから。彼のやることは気にしなくなりました。」 と昨年のテレビ番組で、しんみりと語っていた松本。 しばらくヒロミがテレビ番組で姿を見ることができなくなり、彼女も苦しい心境だっただろう。 この時番組に 「結婚してから “妻の人間としての、器の大きさ” に気付かされた」 と、感謝の言葉を寄せたヒロミ。 妻に恩返しをするためにも、10月のコントライブを成功させて欲しいものだ。(techinsight.jp)                   ツイートこの記事をつぶやく
       なかなかダイエットが続かないそこのあなた。 それは意志の弱さではなく、記憶力のせいかも知れない。          最近の研究で、目標に向かって努力をし続けるには 「展望記憶」 と呼ばれる記憶力が深く関わることがわかった。 自分がダイエット中ということを意識したり、ダイエットの成功をイメージしてそのために努力したりできるかには個人差があるが、それは展望記憶力の差が生むものなのだ。        展望記憶は、前頭前皮質(前頭葉の前側にある領域)の持つ 「実行機能」 のひとつ。 この脳部位は、次のような役割を持つ。        ・現在の行動によってどのような未来の結果や成果が生じるかを予測する      ・目標に向けての行動や優先順位を決定する      ・衝動を抑制する      ・実行するべき計画を忘れないでいる        「ダイエット中ということを忘れて目の前のものを食べてしまった」、「一口と思って食べ始めたのに、気付いたら完食していた」 という経験はないだろうか。 これらは鍵のかけ忘れや手紙の出し忘れなど、「うっかり」 何かを忘れてしまうのと同じく、展望記憶力の弱さからくるのだ。        ある実験で、被験者に食事計画を立ててもらい、その後に過去3日間で食べたものを書き出させて計画内容と比較した。 前頭前皮質の働きが悪い人ほど、本人が意図していたよりも野菜や果物の摂取量が少なく、甘いお菓子など高カロリーなものが多い食事をとっており、またダイエット中でも勧められた菓子を断れない傾向にあった。        展望記憶の研究を行っているアバディーン大学の健康心理学者ジュリア・アラン氏は、「最近では様々なダイエット法が紹介されており、多くの人がダイエットに関する正しい知識を持っています。 それでも失敗してしまう原因は、方法の良し悪しというより持続できないことにあると言えます」 と述べている。        「前頭前皮質がうまく機能していない人は、誘惑に負けやすくなります。 ダイエットや禁煙などに失敗しやすい人とそうでない人の差はここにあります。 ダイエットは健康的な食事をすれば良いという単純なものではありません。 心理的な側面があるのですから、節制のつらさに個人差があるのは当然です」              それでは、展望記憶力の弱い人はどんなダイエットをすれば良いのか。 同氏が勧める方法は次の通り。        「身の回りの食べ物や飲み物を全てカロリー表記して、カロリーの低い順に並べます。 私たちは心理的に左側のページのものを選びやすいので、左側から並べてメニュー表を作り、飲食時は常にそれを見て選ぶ習慣をつけましょう。 カロリー値がわかるうえに、低カロリーのものを自然に選べますよ」        マウスを使った別の実験では、ジャンクフードを3日食べ続けることで、食事量のコントロールやカロリー燃焼を司る脳部位の働きが衰えるという結果も得られている。        ダイエット中ということを忘れず、誘惑に負けてジャンクフードに手を出さないように、あなたも 「メニュー表」 を作ってみてはいかがだろうか? (rocketnews24.com)                            ツイートこの記事をつぶやく
          TK0895926-MICROSOFT-BROWSER          アメリカ・マイクロソフトは17日、同社のウェブブラウザー 「インターネットエクスプローラー(IE)」 に新たなバグ(不具合)が見つかったとし、無料のセキュリティーソフトをインストールするようユーザーに呼びかけた。          IEは世界中で数億人が利用しているが、今回見つかったバグについて専門家は、ハッカーによるパソコンの遠隔操作が可能になるリスクも指摘。 マイクロソフトは不具合を解決した新たなバージョンをリリースするまでの当面の対策として、無料ソフトのインストールをユーザーに推奨している。          調査会社スタットカウンターによれば、8月のウェブブラウザー市場でIEのシェアは約33%と、アメリカ・グーグルの 「クローム」 (34%)に次ぐ2位となっている。(reuters.com)                      ツイートこの記事をつぶやく
       尖閣諸島の国有化に端を発した中国での反日デモにより、日系企業が相次いで襲われる中、海外高級ブランドが数多く出店する日系百貨店でも被害が拡大している。          中国のニュースサイト 「網易新聞」 や中国のツイッター 「ウェイボー」 には、スイスの高級時計メーカー 「ロレックス」 や高級ファッションブランド 「クリスチャン・ディオール」 の店舗が荒らされた画像がアップされた。 これらは日本のインターネット上でも話題になり、「デモより略奪目的なのでは?」 との批判が上がっている。               北京や上海など全国80都市以上で行われた2012年9月16日の反日デモは、一部で中国当局が催涙弾を撃ち騒乱状態になるほど、激しいものとなった。 暴徒化したデモ隊により、トヨタ自動車やホンダの販売店、パナソニックの電子部品工場などの日系企業も放火や破壊の被害にあい、休業に追い込まれている。          デモ隊は日系商業施設を取り囲み、日系の百貨店 「平和堂」 にも突撃。 湖南省・長沙の店舗では、看板などの外部や店内売り場を壊されただけでなく、衣服や高級時計などの商品の多くが略奪されたという。 同じく被害にあった長沙市内の2号店とあわせると、被害額は10億円以上にも及ぶとのことだ。              インターネット上で公開された 「ロレックス」 および 「クリスチャン・ディオール」 店舗の画像はいずれも平和堂店内のもので、ショーウインドウは粉々になり、そこにあるはずの高級品は見当たらない。 デモ隊は 「打倒日本人」 を声高に叫びながら店を襲ったというが、商品を根こそぎ持っていってしまう悪質な行為には、2ちゃんねるなど日本のネット上でも非難が噴出。 「もう日本企業関係ない」 「金目のものがほしいから襲ったとしか」 「ただの強盗じゃ」 と、“なんでもあり” の状態にあきれたとの声が上がっている。          ただし、この件については中国でも疑問を抱く人が少なくないようで、ウェイボーでは 「平和堂を守れ」 という書き込みが見られたほか、「国の恥」 とする声も多くあがっている。 また、インターネット上では、平和堂での盗品を自慢げにネット上で公開した人に対して個人情報特定の動きが出ているという情報もあった。          とはいえ、反日デモの規模は日に日に膨れ上がり、収束の目途どころか激化の一途をたどっている。 日系企業だけでなく、現地の邦人社会にも深刻な影響をもたらしており、日系企業の一部は家族の一時帰国なども検討し始めた。 明日9月18日は、満州事変の発端となった1931年の柳条湖事件の日。 大規模なデモが呼びかけられており、今後も各所で騒動が広がると予想されている。(j-cast.com)                       ツイートこの記事をつぶやく