韓国には自由がない        「神州不滅」 「犬も食わない韓国料理」 など、日本人のネトウヨもドン引きする過激な主張に満ちた親日・反韓サイトを運営する韓国人がいて、さらにそれを韓国政府が前時代的な取り締まりによって閉鎖に追い込んでいる――。 いろんな意味で驚いた韓国の “親日カフェ” 問題だが、それら親日カフェを運営する管理人のなかには、韓国政府の言論弾圧を逃れるべく、日本やアメリカの会社が運営するブログサービスにサイトを移行しようとする管理人も現れてきたようだ。        その中の1人、『ひらがな愛』 (※原文ママ)さんは日本に開設した彼のブログで、親日・嫌韓の思いをつづっている。          彼は日本が好きなところとして、大地震直後でも規律を失わない道徳心の高さを評価し、各国の好感度アンケート結果でも日本が1位になっていると礼儀やマナーの良さを絶賛。 100年前の日本とソウルの写真を並べて 「日本は韓国を近代化させてくれた」 (※原文ママ)と感謝するに至ってはこそばゆくなるほどだ。 また、欧州リーグで活躍する香川真司の話題をしばしば誇らしげに取り上げていることからすると、かなりのサッカーファンのようだ。        一方、韓国が嫌いな理由としては、韓国には過酷な教育や徴兵制度で自由がないこと、儒教の影響力が強く閉鎖的で原始的なこと、似非キリスト教が幅を利かせていること、犯罪が多いこと、悪口の語彙が豊富(世界一?)であることなどを挙げている。 具体例を示すために各種のデータや写真も添付されており、なかなか説得力がある。        ただ、説得力はあるし、実際に間違ったことは言っていないと思うのだが、“日本上げ・韓国下げ” が露骨すぎて、やっぱりドン引き。 なぜ彼は自分が生まれ育った国をそこまで嫌うようになってしまったのだろうか?        彼の “韓国下げ” の中で特に目立つのは、政府とメディア、および学校教育に対する不信感を表明する部分。 先日話題になった 「韓国の歴史教科書には 『コリアン文明』 なる古代文明が載っている」 という記事にもあったように、韓国人は世界の一般常識とはやや異なる “偉大なる我が国の歴史” を幼少期から刷り込まれて育つ。 大人になって外の世界に触れ、その洗脳とも言える刷り込みが解けた時、ひらがな愛さんのような過激な嫌韓の韓国人が生まれてしまうのかもしれない。 まるでカルト宗教の洗脳から解けた人が、関わりを断つのみならず逆に徹底的なアンチに転向するのと同じような現象が“親日カフェ”という形で起こっているように思えるのだ。 (getnews.jp)            ひらがな愛さんのブログ 「親日嫌韓ブログ運営している韓国人(韓国在住)」      http://ameblo.jp/qofuqofu/                    ツイートこの記事をつぶやく
      画面を撮影          iPhoneやiPadは、        ホームボタンを押しながら電源ボタンを押すと、      画面を撮影(キャプチャー)することができる。            しかし……。        ホームボタンの反応が悪くなっている      iPhoneやiPadでそれをすると、      電源がオフになってしまいイライラする。(rocketnews24.com)          ツイートこの記事をつぶやく
       競争的でせっかち、仕事熱心な人は行動医学的に 「A型行動パターン」 に分類され、ストレスを引き起こすことから、心臓や血管の病気になりやすいといわれている。 こうした中、スペイン・マドリード・コンプルテンセ大学のJose Antonio Egido氏らは、A型行動パターンが脳卒中発症と関連することを、8月27日付の英医学誌 「Journal of Neurology Neurosurgery & Psychiatry」 (電子版)に発表した。                              せっかち        ◎ 4項目のストレスを評価      行動パターンの分類は、A型のほかB型とC型がある。 A型行動パターンは攻撃的、好争的、仕事熱心、せっかちなどの特徴がある。 B型行動パターンはA型と真逆の性格で、消化性潰瘍や過敏性腸症候群(IBS)になりやすいといわれ、C型行動パターンはB型に似ているものの感情を抑えたり耐えたりすることが多い性格。 こちらはがんになりやすいとされている。      Egido氏らは、スペイン・マドリード在住の脳卒中患者150人(脳卒中群)と、スペインの国勢調査から地方在住で脳卒中にかかったことのある人を除外した300人(対照群)を対象に検討を行った。      対象者の年齢は両群ともに18~65歳未満、男女比は脳卒中群で77.3%、22.7%、対照群で36.3%、63.7%。ストレスの評価は、(1) 人生の出来事を評価する項目(H&R尺度)、(2) 不安や抑うつを評価する項目(GHQ 28)、(3) 生活の質(QOL)を評価する項目(SF-12)、(4) A型行動パターンを評価する項目(ERCTA)―の4つで行った。        ◎ 男性や不健康な生活習慣もリスク      検討の結果、H&Rスケールが150点以上(ストレスが大きい生活習慣)の人は、150点未満に対して脳卒中リスクは3.84倍だった。 ERCTAが24点以上(A型行動パターン)の人でも、24点未満に対してリスクが2.23倍と高かった。      このほか男性(女性の9.33倍)、1日2回以上の栄養ドリンク摂取(1日2回未満の2.63倍)、喫煙(非喫煙の2.08倍、禁煙者では2.35倍)、エプワース眠気尺度(眠気の度合い)が9点以上(9未満の2.83倍)なども脳卒中の危険因子と認められた。      以上の結果からEgido氏らは、ストレスが大きい生活習慣やA型行動パターンが脳卒中発症と関連すると結論している。      なお、A型行動パターンは以下の項目に多く当てはまる人とされている(あくまで簡易判定のため、正確な診断は医療施設を受診してください)。(narinari.com)      1. 日常生活が忙しい      2. いつも時間に追われている      3. 仕事に熱中しやすい      4. 仕事に熱中すると他のことに気持ちの切り替えをしにくい      5. 徹底的にやらないと気が済まない      6. 自分の仕事などに自信を持っている      7. 緊張しやすい      8. いらいらしやすい、怒りやすい      9. きちょうめん      10. 負けず嫌い      11. 気性が激しい      12. 仕事などで他人と競争意識を持ちやすい ツイートこの記事をつぶやく