地球から海水を抜いた        地表の7割は海が覆っていますが、では地球から海水を取り除いたらどんな姿になるのでしょうか。          アメリカ海洋大気庁 が、測定データを基に映像化したものをご覧ください。          Touring the Ocean Bottom        海の底は深い海溝があるとか漠然としたイメージしか持ち合わせていませんでしたが、針のむしろというくらいトゲトゲな部分が多いものなんですね。          地球の新たな一面を知った気持ちになりますが、やはり青い海があってこその地球ですよね。(labaq.com)                             ツイートこの記事をつぶやく
       『君が代』 といえば、言わずと知れた日本の国歌だ。 学校の入学式、卒業式などの行事やワールドカップやプロ野球の開幕戦など、数多くのイベントで歌われる日本人にとって非常に大切な歌である。        だが、そんな日本の歌である 『君が代』 を、「君が代の起源は韓国」 と韓国の慶一大学校総長、李南教(イ・ナムギョ)氏が主張しているのをご存知だろうか。        イ氏は韓国毎日新聞に連載していたコラムで数多くの日本語の語源は韓国という主張を繰り返していることから一部で有名な人物なのだが、イ氏いわく天皇の祖は韓国人であり、君が代は「”キム家の世の中”という意味」らしい。        紙面では詳しく君が代の起源について説明しているのだが、あまりに内容がアレすぎるので分かりやすく伝えると、イ氏の主張は以下のとおりになる。              <イ氏の君が代韓国起源説要約>        日本語では相手を指す言葉で 「君(キミ)」 と言うが、これは 「金(キム)」 が変わってなった言葉            韓国から日本に上陸した 「朴(パク)」 氏が大阪周辺の明日香に 「耶馬台国(ヤマトグク)」 を作ったり、九州に 「狗耶国(クヤグク)」 という 「金(キム)」 氏が王の国を作った           その後いろいろあってキム氏が統率するクヤグクが日本の覇者となり、天皇の姓が金海金氏となる       ↓        日本の国歌 『君が代』 は 「王様(天皇)の世の中」 という意味だが、キム氏が日本の覇者であり天皇の姓の元祖なので、本来は 「キム家(君)の世の中」 ということ        つまりイ氏いわく、君が代は天皇をたたえる歌であり、天皇の祖は韓国から渡来したキム氏。 つまり 「君が代=キム家の世の中=天皇であるキム家の歌」 なので君が代は韓国起源だという。        あまりにヒドすぎる主張なので取るに足らないものかもしれないが、イ・ナムギョ氏は数多くの海外の大学や、日本の私立大学とも交流協定を結んでいる慶一大学校の総長だ。        彼は兵庫県の芦屋大学大学院を修了し、駐大阪韓国総領事館副領事・駐福岡韓国総領事館副領事もつとめたことがあるため、日本に対する知識も相当深いはず。 なのにいったいなぜこんなにもありえない主張をするのだろうか……。        韓国毎日新聞のコラムを見た韓国人や、慶一大学校でイ氏から教育を受けた学生たちが 「天皇はもともと韓国人」 と真剣に思ったら大問題である。 サンタクロースやビッグバンを韓国起源だといっているのはまだマシかもしれないが、さすがにこれはあまりにも不敬すぎる。 かなり前のコラムではあるが、イ氏には早急にこの説を撤回して欲しいものだ。(rocketnews24.com)                        ツイートこの記事をつぶやく
         USA-NEWYORK/TAXI        アメリカ・ニューヨーク市で、イエロー・キャブの名称で知られるタクシーの料金が17%値上がりした。 タクシーの値上げは2006年以来。 」     今回の値上げは、ガソリン価格の上昇などが背景。 米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)によると、2000年に1ガロン当たり2ドル前後だったレギュラー無鉛ガソリン平均小売価格は、前週には同3.77ドルまで上昇した。 一部のタクシー運転手によると、マンハッタンのガソリンスタンドでは、1ガロン当たり4.50ドルかかる場合もあるという。        今回の値上げについて、ニョーヨーカーや旅行者の声を拾ってみた。          オーストラリアのアデレードから来ていたテレサ・ヘンダーソンさん(63)は 「すでに大枚をはたいているのだから(値上げ分は)微々たるもの。 歩けば45分かかるところをタクシーなら5分。 それだけ払う価値はある」 と述べた。 妹のマリア・ウェッブさん(59)も 「彼らには間違いなく値上げする資格がある。 こんなにひどい交通の中を運転しなくてはならないし、ガソリンの値段はひど過ぎる」 と同調した。        一方、ニューヨーク在住のクリストファー・キーティングさん(42)は 「一気に17%上がるのは少々受け入れがたい。 値上げは仕方ないが、少しずつの方が納得がいくように思う」 と語った。          今回の値上げにより、マンハッタンとジョン・F・ケネディ国際空港の間の運賃は、45ドルから52ドルに上がる。 空港では、新たなタクシー料金に怒り出す客もいたようだ。          ガーナからの移民だというタクシー運転手のレスリー・ニクワイさんが値上げ後に初めて乗せたビジネスマンは、運賃が一律52ドルに変わったと伝えると 「激怒した」。 タクシーは所有者から1日115ドルで借り、ガソリン代が毎日40ドルほどかかっているいうニクワイさんは 「信じてもらえなかった。 ふっかけようとしているまで言われた」 と嘆いた。(reuters.com)                       ツイートこの記事をつぶやく
       「ロード・オブ・ザ・リング」 3部作を手がけた巨匠ピーター・ジャクソン監督が、再びJ.R.R.トールキンの原作 「ホビットの冒険」 を完全映画化する 「ホビット」 シリーズ。 その三部作すべての日本公開日が決定した。 第1部 「ホビット 思いがけない冒険」 は2012年12月14日(金)、第2部 「THE HOBBIT: THE DESOLATION OF SMAUG」 (原題)は2013年12月13日(金)、そして完結編となる第3部 「ホビット ゆきて帰りし物語」 は2014年7月18日(金)に公開される。         ロードオブザリング        「ホビット」 シリーズは、「ロード・オブ・ザ・リング」 3部作で描かれたフロド・バギンズの指輪を巡る旅から、さらに60年を遡った世界が舞台。 前シリーズで指輪の所有者となったフロドの前の所有者であるビルボ・バギンズが主人公となり、彼らの国を救うための冒険で指輪を手にする物語が描かれている。      当初は2部作の構想だったが、撮影終了後に1作目のアーリーカットと2作目のラフカットを見たところ、「ストーリーのまとまり具合に非常に満足しているが、ストーリーをもう少し語ったほうがいいのではないかと」 判断。 原作に対する敬意を持つジャクソン監督による 「緻密で素晴らしい冒険を完全に実現したい」 との情熱から 「世界中のファンが満足できる刺激的でさらに壮大な冒険物語ができるに違いない」 とニュー・ライン・シネマの社長兼最高執行責任者トビー・エメリッヒが確信し、急遽3部作として制作される運びとなった。       ロードオブザリング1       また、「ホビット」 シリーズには 「ロード・オブ・リング」 の旅の仲間も再結集しているのも見どころのひとつ。 魔法使いのガンダルフには、「ロード・オブ・ザ・リング」 三部作で同人物を演じたイアン・マッケランが再登場するほか、中心人物となるビルボ・バギンズ役にはマーティン・フリーマン、トーリン・オーケンシールド役にはリチャード・アーミティッジがそれぞれ扮する。      そのほか 「ロード・オブ・ザ・リング」 三部作に出演したキャスト陣のうち、ケイト・ブランシェット、オーランド・ブルーム、イアン・ホルム、クリストファー・リー、ヒューゴ・ウィービング、イライジャ・ウッド、そして 「ゴラム」 役のアンディ・サーキスも再び登場するなど、豪華な面々が集った。(narinari.com)                       ツイートこの記事をつぶやく