1万円札        「九九ができない」 「アルファベットのA~Zを順番に書けない」 など、とても高校生とは思えない学力しか持ち合わせていない、ド底辺高校生たち。 そんな彼らの夏休みとはいったいどんなものなのか!?        「通信制で学校はそんなに行かなくてもいいから、夏休みって感覚はあまりないかな。 ずっとJKリフレに店泊中だし」      と話すのは、女子高生のぞき部屋の摘発を逃れ、今は秋葉原の女子高生リフレに住み着き、店内で暮らしているという私立校3年のBちゃんだ。      「もう1か月以上、家に帰ってないけど、親も何も言わない。 それより稼いでこいって感じなんじゃないかな。 親からお小遣いはもらってないし、むしろたまに電気代とか払ってる。 夏休み中って、普段学校に行ってるコがバイトに来るから、新人が多くて客がスゴい増えるんです。 だから、今のうちにいっぱい稼がないと」      JKリフレではマッサージ以外のオプションに店外デートがあり、彼女には報酬として1時間につき3500円が入る。      「5時間連れ出して、カラオケや買い物をする常連客もいるから、いつでも出動できるように、店に泊まっているんです。 たまにファミレスで店外デート中に夏休みの宿題を一緒にやってくれる人もいるし、化粧品とか生活必需品を買ってくれる客は多いから、全然やっていけますね。 店にはテレビもシャワーもあるから、家よりキレイ。 むしろ、快適ですよ」      彼女がこの1か月に稼いだ金額は50万円以上。 ド底辺ながらJKブランドを利用した、彼女の荒稼ぎは 「二学期が始まるまでは続けたい」 という。(nikkan-spa.jp)                   ツイートこの記事をつぶやく
                小林麻耶、いじめを告白「無視はつらい」         フリーアナウンサーの小林麻耶が5日、自身のブログにて過去の職場でのいじめを告白した。          ブログのQ&Aで読者から子供のいじめについての悩み相談を受けた小林麻耶は、「正直、どう対処したらいいのか自分の明確な答えが分からず、お返事にとても時間がかかってしまいました。 ごめんなさい…」 と切り出し 「私も会社に入ってからありましたよ! また、意外と言われそう(笑)こんなんでも、いろいろ経験しているのであります(笑)」 と自身も過去にいじめられていたことを告白。      挨拶や声をかけても無視されていたといい 「無視はつらい。 まさか大人になって小学生みたいなことをされるなんて想像もしていなかったので、かなりショックが大きかった」 と当時を振り返っている。      また嫌なことを言われるたびに 「泣いてばかりいました。 アナウンサーは向かないから、本気で職業を変えようと思ったこともありました」 と当時の心境も吐露。      それでも紆余曲折しながらいじめを克服できたといい 「 『気にしないようにする!』 を頑張る!」、「たとえイヤミでも 『言ってくださって感謝』 って思うようする」 など読者にアドバイスを投げかけるとともに 「はっぴ~な道を選んで、人生一緒に楽しでいきましょう~~~~」 と励ましている。          ファンからは、    ・「麻耶さんの考え方、とても素敵です☆このブログに励まされる人がたっくさんいると思います!」    ・「麻耶さんのブログは本当に、見ていて参考になるし、ハッピーになれます(’-^*)」    ・「考えさせられました。ありがとございます!ブログ毎日チェックしたいと思います」      など、彼女の意見に共感する様々な反響が寄せられている。(mdpr.jp)                       ツイートこの記事をつぶやく
       秋の番組改編に差し掛かる時期である。 ベテランのタレントでも今の時期は、とても神経質になっているという。 “レギュラーを外される” “番組自体が終わる” などの宣告はタレントにとって、かなり辛いもののようだ。        物事に動じないイメージのある東野幸治(45)でも、この時期はナーバスになるそうだ。 9月5日付のブログ 『東野幸治のこの間。』 では、過去に味わった辛い経験を明かしている。        人気者で仕事をたくさん抱えているタレントは、スタッフの扱いが全く違うのだという。 面白くなくても笑ってくれたり食事をおごってくれたり―と、とにかくチヤホヤしてくれるそうだ。        しかし仕事がないタレントに対しては、スタッフは無愛想で、タレント側から食事をご馳走しようとしても断られるという。 売れている時とは露骨に態度が違うようだ。          東野のブログによると一番キツかったのは、一度に6本のレギュラーが亡くなった時だという(東野は文中であえて “無” ではなく、“亡” を使用している)。 その時の心境を 「世の中に斜がかかりました。 遠近感がなくなりました。 世界が白黒になりました。」 とブログに綴っている。 心臓が強いといわれる東野でもこの時は、さすがに落ち込んだのだ。        現在はレギュラーを何本も抱えている東野。 だが彼は過去の経験から、仕事など “すぐに無くなる” と覚悟しているのだ。 そんな東野はどんなに仕事が減っても、後輩芸人で一発屋と評されるムーディ勝山が経験した 「まるまる1か月、スケジュールが空白状態」 に比べたらマシだとブログを締めくくっている。(techinsight.jp)                      ツイートこの記事をつぶやく
       政府は、東日本大震災と東京電力の原発事故を受け、災害時に食料の安定供給を図る 「緊急事態食料安全保障指針」 を策定する。 2012年8月末、農林水産省、厚生労働省、国土交通省など関係府省会議を開いて決めた。          有事の際、家族が2週間生活するのに必要な食料の目安を農林水産省が 「家庭備蓄のガイドライン」 として示すほか、パンやミネラルウォーターなどの飲食料を被災地に迅速に送るため、食品表示や食品輸入の手続きを簡素化するなど、震災を教訓に関係省庁が具体的な対応策を定める。          東日本大震災ではサプライチェーンの寸断で、食料が被災地だけでなく、周辺地域にも届きにくくなった教訓から、各家庭に食料備蓄のガイドラインを設け、政府として初めて備蓄を呼びかける。          家族4人が2週間生活するのに必要な食料品として、コメ10キロ以上、缶詰(魚介類、肉類)30缶、レトルト食品30食など、具体的な目安を定める。 飲料水は1日1人当たり3リットルが目安となるが、大量のペットボトルの備蓄は現実には困難で、課題となる。          このため農水省は、震災時にミネラルウォーターの生産を拡大するよう業界団体に要請。 各メーカーはペットボトルのキャップを白無地に統一するなどして生産効率を上げるほか、厚生労働省はミネラルウォーターの輸入を増やすため、過去に輸入の実績があれば検疫所の輸入審査を迅速化するなど、官民で飲料水の供給を拡大する。          このほか、飲食料を被災地に届けるため、農水省と消費者庁は食品メーカーがペットボトルやパン、おにぎりなどに貼る原材料名や製造地などの食品表示で弾力的な運用を行う。 食品メーカーが有事の混乱で原材料などを変更し、表示の修正が間に合わない場合に限り、実際の内容が包装ラベルと異なっても、店頭に正確な表示を一括掲示することで販売を認める。            サプライチェーンについては、食品メーカーや流通業者の多くが個別に事業継続計画(BCP)を定めているが、同業者が緊急時に相互に支援しあうよう政府が指針を定め、必要な食料を供給するよう事業者間の連携を推進する。          しかし、政府が目指す家庭での食料備蓄の実現は課題が多いようだ。 マルハニチロホールディングスがまとめた調査によると、家庭で乾パンなどの非常食を3日分以上備蓄している人の割合は17.7%で、2割に満たなかった。          3日分未満しか備蓄していない人が33.2%あったが、ほぼ半数は 「備蓄していない」 か 「自宅で備蓄しているかどうかわからない」 との回答だった。 震災など有事の際は 「避難所に行けば非常食がある」 と思う人は32.9%と、他人頼みの意識も垣間見え、国民の防災意識が改めて問われる結果になった。(j-cast.com)                      ツイートこの記事をつぶやく
       「セルフ式うどん店」 が増え続けている。市場調査会社の富士経済によると、「立ち食い・セルフ式そばうどん」 の市場規模は2156億円(2011年見込み)で、2016年には2450億円まで膨れ上がることが見込まれている。        お盆をカウンターに沿って移動させながらうどんやトッピング総菜を受け取り、前払いで会計を済ませるこの業態は、うどんの本場である讃岐地方では一般的だったが、2000年以降、全国各地の駅近やショッピングセンター(SC)のフードコーナーなど至る所で見られるようになった。        そのきっかけをつくったのが、「はなまるうどん」、「丸亀製麺」 という2強チェーン店の登場だった。 飲食業界のニュースサイト 『フードスタジアム』 編集長の佐藤こうぞう氏が振り返る。        「2000年創業の 『はなまるうどん』 は香川県出身の社長がフランチャイズ事業に乗り出し、2002年に東京・渋谷に初進出。 かけうどん1杯100円という低価格も受けて何百人という大行列を記録する人気店になりました。 かたや 『丸亀製麺』 は香川発祥ではありませんが、各店舗で客に調理している様子を見せる“演出”が受けて2006年ごろから急成長を遂げています」        現在、「丸亀製麺」 は約620店で今後も年間100店以上の出店を予定している。 2006年から牛丼の吉野家グループ入りを果たした 「はなまるうどん」 も、約310店を展開中で、年間最大50店程度の出店規模を維持するなど、その勢いはとどまるところを知らない。        さらに、上位チェーンの間隙を縫う形で、新規参入組のセルフ式うどん店も目立つ存在になっている。        「大型SCへの出店を果たしている 『四代目横井製麺所』 や 『宮武讃岐製麺所』、それに270円均一居酒屋 『金の蔵』 で注目を浴びる三光マーケティングフーズも 『楽釜製麺所』 をオープンさせ、新宿・歌舞伎町や渋谷といった一等地に出店しています」(前出・佐藤氏)        そば処 『そじ坊』 で実績のあるグルメ杵屋も、新メニュー開発の実験店舗 「讃岐製麺麦まる」 を展開している。 まさに新旧入り乱れた “うどんウォーズ” は拡大の一途をたどっているのである。        しかし、「もはや市場は飽和状態。 チェーン展開をすればするほど他店との差別化が難しくなっている」 と、佐藤氏は指摘する。 その理由はコストダウンに伴う味の低下だ。        「どのチェーンも製麺機械に頼り過ぎて手打ち感がなくなり、麺にコシがなくなっています。 また、讃岐うどんの命ともいえるネギやショウガといった薬味を、安い中国産の輸入ものに変えて味を落とした店もあります。 これでは、いくら茹で方に自信のある職人がつくっても、本場の味からは遠ざかっていくだけです」        いくら多店舗展開を図っても、品質の追求を怠れば 「客離れ→淘汰」 という最悪のシナリオに追い込まれるのは、自明の理だろう。(news-postseven.com)                       ツイートこの記事をつぶやく