雑誌 「SAPIO」 の8月29日号の特集・「ネトウヨ亡国論」 は、大きな反響を呼んだ。 当サイトも一部記事を掲載し、多数の意見がネット上に書き込まれた。 そんな中、千葉県在住の 「私はネトウヨです」 と自らの立場を明かす女性(35歳)から意見が寄せられた。 SAPIOの同特集も、彼女のネトウヨ仲間とともに、輪読し、意見を交換しあったという。 彼女は現在の日本の弱腰外交を憂い、韓国に対して怒りをおぼえている。 掲載許可をいただけたのでここで彼女の意見を紹介する。          初めまして。 いつも興味深く記事を拝読しております。 日々の領土問題ニュースを見るにつけ、日本を愛するひとりの国民として怒りに耐えず、といって自らそれらの島へ飛び実行支配できるわけでもないため、思わずメールさせていただいた次第です。           中でも、今一番苦々しいのが韓国との竹島問題です。 そもそも長年に渡る不法占拠そのものにも怒りはあります。 不法占拠している側の韓国の大統領が馬鹿みたいに自分の保身のために騒ぎ出し、「いやいや、騒ぎ出すならこっち(日本)でしょ」 と、怒りを通りすぎて、そんな大統領に国を預けている韓国人に憐れみすら感じます。           当然、ロシアや中国との間にも領土問題は存在しますが、なぜこんなに韓国に対して怒りがこみ上げるのかというと、オリンピックも含めて、韓国の 「ゴネ得」 が横行しているからに他なりません。           まず、そもそも領土問題と慰安婦問題は全く別問題です。 それを一緒に語ることで、形勢を有利にしようとしているのでしょうが、韓国はすぐに違う問題にすり替えて議論をぐちゃぐちゃにする。         「あなたはあの時もこうだったじゃない!」 と、喧嘩の主題で形勢不利になると過去の問題をぶり返す醜い女のようで、だから余計に女の癇に障るのかもしれません。  在日の人が 「独島は我が領土」 とネットで発言しているのも腹が立ちます。 「あなたはどこの国に住み、利益を享受しているのですか?」 と聞きたいです。        例えば、頑固さがウリのラーメン屋に行って、頑固親父の態度にクレーム言うぐらいなら、「その店に来るな」 と誰もが思うでしょう。 別に誰も帰ることを引き止めません。 帰っていただいて結構です。          【なにかと 「●●の起源は韓国」 というのも腹が立つ】         竹島を筆頭として、韓国のパクリの精神も気に入りません。 世界でヒットしているものをパクるだけならまだしも(日本も高度経済成長時にあった現象ですから)、「寿司も、侍も、ソメイヨシノも、もともと韓国が起源だから」 と、抜け抜けと言えるあの精神が全く理解できません。           自分に都合のいい歴史の事実まで辿る(それ以外の事実は闇に葬る)ことが認められるのであれば、ヨーロッパのほとんどがローマになるし、中国以西の土地はほとんどモンゴルになる。 でも、それを誰も今問題にしていないですよね? 結局、一番新しい取り決め、条約が何なのか、ということでしかない。 サンフランシスコ平和条約が全てだと思うわけです。 それを疑うなら、正々堂々と国際司法の場に出てこいや! とまた怒りが高まってしまいます。           一番怖いのは、韓国が歴史をねじ曲げることになんの抵抗感もないことです。 最近、韓国では整形の親子割が一般化しているそうです。 幼い子どもに整形手術をし、親の顔でそれが整形だと、周囲や本人(子ども)にばれないように、親も同時に整形するそうです。        韓国では親日論調のネット規制がついに始まってしまいました。 今現在、全ての韓国人が敵だとは思っていません。 正しく状況を理解している韓国人もたくさんいると思っています。 しかし、今生まれたばかりの子は、目の前にある教育や情報だけを正と思うでしょう。 そして、「独島は我が領土」 だと一切疑わない韓国国民がさらに増えてしまうでしょう。 それこそが一番の悲劇です。           怒りに任せて長文・駄文を書き連ねたことについて、まずはお詫び申し上げます。 ただ、残念ながら今の日本には、きちんとした議論をできる場がないのが現状です。 マスコミも単に事実を報道しているだけで、日本の明確なスタンスを発信できていないとも思います。           職場でこのような議論を持ち出しても 「関わりあいたくない」 オーラでシャットアウトされ、ネットの掲示板で意見を投げかけても、「ネトウヨ」 の一言で片付けられたり、「お前らのような女どもが韓流を支持しているから、日本の金が韓国にまわる」 と誹謗中傷を受け、全く議論にならないのです。        加えて、「中年女は全員韓流が好き」 という偏見に一言言わせていただきたい。 私は全くもって 「韓流スター」 に興味はありません。 興味ないどころか、あの作り笑顔の下に韓国の大統領と同じ思想を持っているかもしれないことを想像するだけで、(あくまでも可能性でしかないですが、韓国の教育を受けてきた人であるならば確率は高いでしょう)若干の気持ち悪さと恐怖すら感じてしまいます。           これから日本はどう竹島問題に立ち向かうべきなのか。 国を愛する日本国民ひとりひとりが何をすべきなのか。 御誌を中心に、活発で健全な議論の場が広がることを期待しています。(news-postseven.com)                      ツイートこの記事をつぶやく
         CHINA-ECONOMY/LI        月初に発表された8月の中国の購買担当者景気指数(PMI)では、中国製造業の一段の縮小が示唆された。 中国の製造業がこのような苦境に陥ったのは、直近では2009年3月だったが、中国経済はその後、世界的な金融危機からの復活を遂げた。        しかし今回は、中国経済が近いうちに回復するのか、アナリストも今一つ確信が持てないでいる。 実際、PMIでは新規受注の減少が目立つ。 PMI以外にも、中国経済の成長が一段と鈍化していることを示唆する証拠には事欠かず、景気回復の予想時期はさらに後ずれしている。        GKドラゴノミクスのマネジングディレクター、アーサー・クローバー氏は 「極めて悪いサイクルに入っているのは明らか。 状況がひどくなるとは思わないが、抜け出すには長い時間がかかる」 と指摘。 「今はサイクルの底にはりついているような状況だ」 との見方を示している。        中国国家統計局が1日に発表した8月のPMIは49.2で、昨年11月以来初めて50を割り込んだ。 HSBCが3日に発表した8月の中国PMI改定値は47.6で、2009年3月以来の低水準だった。        同指数は50を上回ると景況改善、50を下回ると景況悪化を示す。        中国経済が09年前半のような苦境にあることを示す指標はまだまだある。 7月の鉱工業生産の伸び率は2009年以来の低水準。 輸出の伸びはわずか1%にとどまり、減少した1月を除いて、今年最低だった。        また、第2・四半期の中国の国内総生産(GDP)伸び率は前年同期比7.6%。国内の不動産市場の抑制策や、債務危機に苦しむ欧州からの需要鈍化を背景に、2009年第1・四半期以来の低成長となった。        景気低迷は株価にも表れており、上海総合指数.SSECは、今年の高値から約18%下落、2009年3月以来の低水準に落ち込んでいる。          <新規受注の減少が悩み>        2009年3月から中国経済が回復し始めたのは、中国政府が打ち出した4兆元(約6300億ドル)という大規模な景気刺激策のお陰だ。        確かに、現在の経済状況はその当時と比べると、はるかにましかもしれない。 ただし、景気対策の副産物とも言えるインフレ率上昇や不動産価格高を背景に、経済は予想よりも深刻な低迷に陥りつつあるようだ。        中国は価格鎮静化に向け不動産市場の抑制策を実施。 欧州債務危機で需要が世界的に落ち込む中、中国の成長は一段と押し下げられている。        製造業にとって特に悩ましいのはユーロ圏などからの新規受注がさえないこと。 HSBCのPMIでは、新規受注と新規輸出受注が2009年3月以来の大幅な減少を記録。 生産は再びマイナス圏に落ち込んだ。        完成品在庫は過去最高で、受注残は09年1月以来の低水準だった。        国家統計局のPMIでも、新規受注は4カ月連続で減少した。 輸出受注も減少したが、指数自体は46.6となり、前月から横ばいだった。        政府系シンクタンク、国家情報センターのチーフエコノミストである祝宝良氏は 「循環的要因と構造的要因が、現在の低迷の背景にある」 と指摘。 「在庫調整の動きが製造業の打撃となっている」 とし、金融をさらに緩和したとしても、効果はあまり望めないとの見方を示している。          <相違点は「雇用」>        それでは、大規模な景気対策が打ち出された当時と、政府が刺激策にあまり積極的ではない現在との相違点は何か。 その答えは 「雇用」 だ。        大規模な人員削減が行われた08─09年冬と比べ、現在の雇用情勢はそう悪くない。 指導部交代を控えるなか、社会不安の懸念は小さい。        国家情報センターの祝宝良氏は「雇用情勢を見るべきだ。 今はまだ、大きな問題はない。 大規模なレイオフも行われていない」と指摘した。        中国が大規模な景気刺激策を打ち出した当時は、輸出が壊滅的な打撃を受け、数カ月で少なくとも2000万人の出稼ぎ労働者が失業した。        それだけに、雇用に圧力がかかり始めれば政策変更の可能性もある。        国家統計局のPMIでは、8月の雇用指数は49.1に低下、3カ月連続でマイナスを示唆した。 また、HSBCの雇用指数は47.6で、2009年3月以来の低水準となり、6カ月連続で50を割り込んだ。            <当局は景気支援に慎重>        中国当局は実際、大がかりな景気対策には慎重で、不動産価格やインフレ高騰を恐れ 「穏健な」 政策スタンスを通じた支援にとどめている。          これまでのところ、こうした政策は成長率の鈍化を食い止められておらず、アナリストは相次いで、成長率の見通し引き下げに動いている。        一連の経済指標を受けバークレイズは、通年の成長率見通し7.9%には下振れリスクがあるとの見方を示した。みずほ証券は、第3・四半期の中国のGDP伸び率見通しを7.4%に引き下げたうえで、第4・四半期は7.2%へと一段と鈍化する可能性があるとの認識を示した。        アナリストの多くは、中国人民銀行が引き続き、利下げや預金準備率引き下げを通じて政策を一段と緩和する、と予想している。ただし、08─09年のような大胆な措置に出ることはないとの見方が大勢だ。        IHSグローバルは、政府は大規模な景気刺激策を実施して過熱状態に戻ることを恐れている、としたほか 「近いうちに、指導部の交代がある。 経済のみに関心が向いているわけではない」 との見方を示した。(reuters.com)          以前に書きましたが、中国の富裕層の16%は海外に脱出していて残りの44%も脱出を考えているから中国経済は危ういということです。                      ツイートこの記事をつぶやく
      中国人喧嘩        よほどの荒天でもない飛行機での移動は快適だ。 そのため、つい忘れがちになるが飛行機は空飛ぶ密室である。 乗務員はささいな問題も起きないように気を遣っていることだろう。 そんな飛行機の中で乗客同士のトラブルが発生した。        スイス発中国行きに乗っていた中国人が血みどろの殴り合いを始めたのだ。 これは緊急事態! 機長判断によりスイスに引き返すという事件が起こったのである。 乗客200名は完全にとばっちりを受けた形である。        スイス・インターナショナル・エアラインズによると現地時間9月2日、事件は乗客200名を載せたチューリッヒ発北京行きの飛行機で起きた。        飛行機はチューリッヒを出発後、6時間ほど飛行。 ちょうどロシアのモスクワ上空を航行中に、なんとエコノミークラスに乗っていた27才と57才の中国人男性2名がケンカを始めたのである。 2人のケンカはどんどんエスカレート。 血みどろの殴り合いにまで発展したそうだ。        これはある意味緊急事態である。 機長は近くの空港に緊急着陸することも検討した。 しかし、最も近い空港はモスクワ空港。 当然、乗客は誰一人ロシアビザを持っていない。 「これはややこしい問題になるかもしれない」 政治的問題に発展することを懸念した機長の判断で、飛行機はチューリッヒまで引き返すことになった。          乗客200名は往復12時間のフライトのあと1夜をスイスで過ごすことに。 彼らにとっては完全にとばっちりだ。 なお、ホテルや代替便はスイス航空が手配したという。        それにしてもはた迷惑な話である。 なお、殴り合いのケンカをした男性2人は現地警察に逮捕されている。 2人からはアルコールが検出されたというが……いくら酒が入っていたとはいえ、いい年をした大人がこんな騒ぎを起こすとは何とも情けない話である。(rocketnews24.com)          ツイートこの記事をつぶやく
       高齢出産というと 「体力的に子育てがしんどい」 「ダウン症の子が生まれる確率が高くなる」 などネガティブな面ばかりに目が行ってしまいがち。 子どもは欲しいけれど高齢出産に対して多少の不安を感じている人もいるのではないでしょうか?        けれど! 高齢出産にもうれしいメリットがあることが、とある研究で示されました。 このデータを発表したのはイギリスのロンドンにある大学の研究チーム。 2000年から2002年にイギリスで生まれた78000人以上の子どもとそのママを対象に調査したものです(ちなみにママの年齢は13~57歳)。        調べたのは、子どもの体重、事故率、入院率、言語の発達具合が若いママと高齢ママではどう違うかということ。          その結果は、      ・子どもが事故に遭う確率は、20歳ママの場合9.5%だが40歳ママの場合は6.1%      ・子どもの入院率は20歳ママの場合16%だが、40歳ママの場合10.7% (上記どちらも9ヶ月の子ども対象)      ・赤ちゃんへの予防接種率について。 20歳ママの場合は94.6%だが、40歳ママの場合は98.1%      ・高齢ママの子どものほうが言葉の発達が早い       というものでした。        つまり、「高齢ママのもとに生まれた子どものほうが良好に育ちやすい」 といえます。 年を重ねた女性のほうが、より教育されており収入も恵まれていることがこうした傾向につながっているのではないかとのこと。 もちろん、子どもの性別や体重、父親の年齢、世帯収入などにもよるので一概には言えませんが、高齢化出産が年々増加するなかでのこの結果は注目に値するものだと研究チームは結論づけています。        普通に考えれば、20歳より40歳のほうが知識や経験も増えるでしょうし、収入や社会的地位も上がっている。 それだけに、よりよい環境・条件で子育てができることは確かなはず。 これはイギリスだけでなく日本でも同じだと思います。          日本でも出産の高齢化は切実な問題。 たしかに出産に適した年齢というのはあります。 けれど、平均初婚年齢が上がっている、経済的に不安がある、仕事を大切にしたい……などの事情を考えれば、女性の出産年齢が上がるのは当然といえば当然かも。        そこで大事なのは、高齢出産にやみくもに不安や怖れを抱くのではなくて、正しい情報やメリット・デメリットを自分でしっかりと知ること。 そんななか、この研究結果はアラサー・アラフォー女性にとって、たしかに注目すべきデータとなるのではないでしょうか。(news-postseven.com)          これって本当かね!?                     ツイートこの記事をつぶやく
       「ケータイ世代の歌姫」 と言われる歌手、西野カナさんの新曲が話題だ。 これまでの定番だった 「会いたくて会いたくて震える」 系のフレーズがない力強い歌詞で、ネットでは 「西野カナが人間的に成長」 といった声が挙がっている。          話題になっているのは2012年9月5日発売されるアルバム 「Love Place」 に収録されている 「Be Strong」 という曲。              楽曲自体はこれまでの西野さんの路線を踏襲した切ないメロディのバラードだが、今回注目されているのが歌詞だ。 「Be Strong」 というタイトルからして前向きで、      
「いつまでも泣いていられない」     「一人でもきっと歩いていけるから」      
とかなり力強い。 恋愛に傷つきながらも、過去を引きずらないでしっかりと前を向いて歩いていこう、という歌詞だ。 これまでの楽曲同様、西野さん自身が作詞した。          西野さんといえば 「会いたくて 会いたくて 震える」 といった歌詞だ。 代表曲 「会いたくて 会いたくて」 には勿論のこと、他の数多くの楽曲に 「会いたい 胸が痛いよ」 (「missing you」)、「もし生まれ変わっても 君に会いたい」 (「You are the one」)、「今すぐ会いたい」 (「もっと…」) といったフレーズが出てくる。          これまでも 「会いたい」 系の歌詞のない曲は時折あったが、「Be Strong」 は2ちゃんねるやツイッターで特に注目を集め、「西野カナが人間的に成長」 「震えが止まった」 といった感想が寄せられた。              また、これまでも失恋をテーマにした歌詞はあったものの、「どんなに不安でも我慢していたら 今でも側にいてくれたのかな?」 (「たとえどんなに…」)、「キミとの思い出 忘れない」 (「失恋モード feat.WISE」)などと未練がましい歌詞が多かった。 そのため、「Be Strong」 について 「やっと吹っ切れた」 「会えなさすぎて我慢強くなったのか」 という見方もあった。          ただ、今回の曲はホンダのCMに起用されている。 CMのキャッチコピー 「強くなれ、進め、わたし。」 に合わせて西野さんが歌詞を書いたという可能性もあり、「冬になればまた震えが始まる」 という説も有力だ。          西野さんのように恋愛の辛い経験を一人称の歌詞で歌うスタイルは 「ギャル演歌」 と呼ばれる。 西野さんの心情にどのような変化があったのかは不明だが、 ギャルのためのエンタメサイト、GRP(ギャル・リサーチ・プレス)編集長のまぁ~ささんは      
「2009年ごろは西野カナさんや加藤ミリヤさんのような切なくて、ある意味病んだ歌がギャルに支持されていて、カラオケで感情移入しながら歌うという感じでしたが、最近はAKB48やゴールデンボンバーのような元気でテンションの上がる 『アゲソン』 も人気。 そういうことも影響しているのでは」      
と話していた。(j-cast.com)                      ツイートこの記事をつぶやく