小林すすむ        今年5月16日にスキルス性胃がんと肝硬変のため亡くなった俳優の小林すすむさんの遺作のひとつ、テレビスペシャルドラマ 「踊る大捜査線 THE LAST TV サラリーマン刑事と最後の難事件」 が9月1日、フジテレビ系で放送された。 ドラマの中では、小林さん演じる “中西修係長” (警視庁湾岸警察署盗犯係係長)の出演シーンも多く、放送中からGoogleの検索回数が増加。 一時急上昇ワードのトップ10入りを果たしたほか、Twitterや、今も閉鎖されずに残されている公式ブログには小林さんを悼む声が寄せられている。        「踊る」 シリーズで中西係長は、1997年のテレビシリーズ第1話から登場。 深津絵里演じる恩田すみれの上司というポジションで、「恩田君、恩田君」 と名前を連呼するセリフが定番だ。 劇場版最新作 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」 (9月7日公開)の1か月前が舞台となった今回のテレビスペシャルドラマでは、前湾岸警察署署長の神田総一朗(北村総一朗)、前副署長の秋山春海(斉藤暁)、副署長の袴田健吾(小野武彦)の “スリーアミーゴス” による旧署長派と、湾岸警察署署長の真下正義(ユースケ・サンタマリア)、刑事課課長の魚住二郎(佐戸井けん太)による新署長派の権力争いの渦中で、中西係長が新署長派から刑事課課長への出世を約束されるシーンなどが描かれた。      そんな小林さんの演技を見た視聴者やファンから、Twitterや公式ブログには放送中より多くのツイート、メッセージが続々。 「涙が止まりません」 「亡くなったことが本当に悔やまれる…」 「一生忘れません」 などの声が上がり、また、撮影時にはすでに闘病中だったことから、身体が痩せてしまっている、顔色が悪いと感じた人も多かったようだ。        小林さんは1954年生まれ、長野県出身。漫才ブームの中、「ヒップアップ」 のメンバーとして 「オレたちひょうきん族」 など数々のテレビ番組で活躍し、その後は主に脇役として映画やドラマに出演した。 「踊る」 シリーズ以外では、ドラマ 「ドラゴン桜」 の理科教師・阿院修太郎役や、「花より男子」 牧野つくし(井上真央)の父役などでも知られる。        病気は数年前から患い、今年2月、「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」 の撮影終了後に余命宣告を受け、5月に58歳で亡くなった。 7日公開の 「踊る」 シリーズ最終作が、小林さんにとっても最後の出演作となる。(narinari.com)                       ツイートこの記事をつぶやく
      911GT3        今回はポルシェの新型 「911 GT3」 がテスト走行を行っている姿をキャッチしたビデオをお届けしよう。      ポルシェはこれまで、次期GT3に搭載するトランスミッションはマニュアルを採用するのかPDKのみにするのか、議論を重ねてきた。 しかし、911プロジェクトの責任者であるAugust Achleitner氏が自動車専門サイト 『Inside Line』 で明らかにしたところによると、「マニュアルとPDKを搭載したプロトタイプでそれぞれ比較検討を行ったが、PDKのみを市販化することにほぼ確定した」 という。        また、新型GT3は現行モデルよりも70~90kgの軽量化を図ったほか、エンジンの位置を若干、車体中央寄りにずらしたことで、ハンドリング性能をより向上させたといわれている。パワーは486psを弾き出すという。        それでは、PDKを搭載した次期型911 GT3のプロトタイプをチェックして、心地よいサウンドを先取りしよう。(autoblog.com)       その動画は    2013 Porsche 911 GT3 PDK Sound! 1080p DH!          MT廃止でPDKなら乗ってみたいね!!                           ツイートこの記事をつぶやく
                  航空機        航空機の搭乗時に、携帯電話やスマートフォン、無線通信機能のあるゲーム機などの 「電子機器の電源はオフにしなければならない」 とする規程を、米連邦航空局が再検討する委員会を設置したと、2012年8月28日に発表した。        現在の規程は、「電子機器が発信する電波が、航空機内の計器に支障を来たす」 ことを理由に、離着陸時にはボイスレコーダーや補聴器、ペースメーカー、電子カミソリ以外の電子機器の利用を禁止しているが、米国でもこの説明に疑問をもつ人は少なくないようだ。        航空機に搭乗すると聞こえてくる 「携帯電話などの電子機器の電源をオフにしてください」 というアナウンス。 日本では、航空機内への電子機器の持ち込みや使用を制限する規程は、国土交通省航空局が米航空無線技術委員会(RTCA)の基準に基づいて定めている。          国交省は2003年に、携帯電話やトランシーバーなどの機内使用を全面的に禁止した。 また、07年には無線LANを利用したニンテンドーDSやプレイステーション・ポータブル(PSP)などの携帯ゲーム機も原則、使用禁止にしている。          ゲームは通信機能を切れば、シートベルト着用の表示が消えた巡航時には使用できるが、客室乗務員が通信機能の使用を確認することがあるなど、チェックは厳しい。          それもそのはずで、1993年以降、携帯電話などの機内使用を禁止するまで、乗客が機内に持ち込んだ電子機器が発した電波が干渉したことが原因で、自動操縦装置が突然解除されて機体が傾いたり、空中衝突防止装置が誤作動を起したりといったトラブルが、国内航空会社から200件近く報告されていたという。          ただ、「ゲーム機が発信する電波が、機内の計器に支障を来たすはずがない」 「携帯電話の周波数と航空機が使用している周波数は違うはずだ」 などという乗客の声が、航空当局に数多く寄せられていることも確かだ。          国交省航空局は、「本当に電波が影響するのかといわれると、すべての電子機器をチェックしているわけではないので、正確なところはわかりません。 たとえば、携帯電話でも機種によって影響が異なったり、航空機によっても違ったりするかもしれません。 また、一人が使用して問題がなくても、100人が一斉に使用したら、計器に干渉するかもしれません。 航空機ですから、何かあってからでは遅いので、網羅的に規制するしかないんです」 と、安全性の確保を最優先してのことと説明する。              日本で 「電子機器の持ち込みや使用に関する規程」 が見直されたのは、直近では2011年4月だ。 それまで電子機器の使用は航空機から降りるまでは認められていなかったが、以降は 「航空機のドアの外であれば、使用できる」 ようになった。          国交省航空局は 「ほんのわずかなことではありますが、携帯電話の使用などではちょっと前進した(便利になった)と思いますよ」 と話す。          アメリカの再検討委員会は、パブリックコメントを募集して議論を進め、早ければ13年3月には結論を出したいとしている。          結論しだいでは日本も見直しが求められそうだが、国交省航空局は、「現在、電子機器の持ち込みや使用に関する規程を改正しようという動きは表立ってはありません」 という。(j-cast.com)                     ツイートこの記事をつぶやく
      パンダ立ちション        コロコロもふもふ、暇さえあれば笹をモシャモシャ食べているパンダ。 赤ちゃんはもちろん、大人も可愛いパンダだが、そのパンダの排泄する姿はあまり知られていない。          先日、中国の山の中でパンダの排泄風景の撮影に成功したそうだ。 そこに写っていたパンダのおしっこスタイルはなんと「逆立ち」であったという。          オスのパンダの 「逆立ちション」 の様子がとらえられたのは中国中部を東西に走る秦嶺山脈である。 映像では、パンダは地面に手をつき、地面を蹴りあげると盛大におしっこを始めた。 両足は完全に地面から離れている。まさに逆立ちだ。          この行為は犬など他の動物の雄にも見られる 「縄張りの主張」 である。 しかしなぜわざわざ逆立ちポーズでマーキングするのだろう。 それはにおいをより広い地域に拡散させるためである。        また、においの拡散をより効果的に行うため、逆立ちションスポット選びにもかなりうるさいそう。 最も理想的な木は、幹が太く、樹皮が荒い木なのだそうだ。 おしっこが付着する表面面積は広ければ広いほど良い。 樹皮が乾燥しているとなおのこと良いとのことである。          パンダもかなり考えているようだ。 しかし、マーキングを成功させるためには逆立ちの状態で木の幹に確実におしっこをヒットさせなければならない。 人間に同様の技ができるだろうか。研究員も、これはかなり高度なテクニックだと話している。          マーキングはオスに対する縄張り主張であるとともに、メスへのアピールでもある。 現在、地球上のパンダの数は約1600頭だと言われている。 このままいくと今後70年以内に絶滅する可能性もあるとのことだ。 より広範囲へのにおいの拡散はパンダの種の保存のためでもあるだろう。(rocketnews24.com)                           ツイートこの記事をつぶやく