2012年8月下旬、米カリフォルニア州の北部地区連邦地方裁判所は、韓国サムスン電子が米アップルの一部の特許を侵害したとする判決を言い渡した。 これにより、サムスンは10億5000万ドル(約830億円)の損害賠償を命じられている。 この判決は、世界中で行われる二社の裁判に影響を与えそうだ。        そんななか、海外ネットユーザーの間でとある報道内容が笑いを誘っている。 それはサムスン電子が、5セントコインで10億ドル全額を支払ったとされるものだ。 8月28日に30台のトラックがアップル本社にやってきたというのだが……。 本当なら扱いに困るだろう……。          報じられている内容によると、8月28日の朝、カリフォルニアのアップル本社に30台のトラックがやってきたそうだ。 当初、警備員は何かの間違いでやってきたと思っていたそうだ。 ところがこれが、10億ドルの賠償金の一部ですべて5セントコインで送られたものであったという。          なんでもサムスンは、コインの枚数を数えるのにアップル社員が駆りだされて、開発に支障を来たす狙いがあるというのだが……。 そもそも支払い方法が、判決内容に含まれていないのは不自然であるとの指摘がある。 この報道に海外ネットユーザーは、「爆笑!」 や 「支払い方法が決まってなかったとはアップルも間抜け」、「サムスンもやりやがる」 などのコメントが寄せられ、大変な話題となったのである。        ところが30台のトラックで10億ドルのコインを運ぶのは、困難であるとの指摘があった。 200億個のコインを運ぶのに割く手間は、サムスンにとっても痛手になるはず。 この報道の信用が揺らぎ始めたころに、真相が明かされた。           実はこのコイン支払い騒ぎは、メキシコのジョークサイトが最初に報じたもので、あまりにも内容が秀逸であるために、英語圏のネットユーザーの間で拡散したのである。          誰にでも明らかにジョークだとわかるジョークであれば、騒ぎになるようなことはなかったはず。ということはつまり、「アリそう」 な話として注目を集めたようだ。(rocketnews24.com)       ツイートこの記事をつぶやく
       会社で女性社員と接しているなかで、「それセクハラですよ!」 と指摘されたことがある男性は、結構多いのではないだろうか。 口先だけでの注意では終わらずに、場合によっては大問題に発展する可能性を秘めているセクハラ問題。 何気なく発したひと言が、セクハラの対象になる恐れもあるので、発言には十分注意が必要だ。               セクハラ        それでは、一体どこがセクハラのボーダーラインなのだろうか。 男性の中には、「え、これもセクハラ扱いされるの?」 と、女性からのセクハラとの指摘に、戸惑いを覚えた経験がある人もいるかもしれない。      そこでこのシリーズでは、ありがちなオフィスでの言動をもとに、どこからがセクハラ扱いになるのか、どのような点に気をつけるべきなのかを探っていく。 それぞれの言動についての解説は、セクハラ問題に詳しい松江仁美弁護士にしてもらう。      まずは、服装に関する二つの発言から検証していく。      (1) 「今日の格好ずいぶん気合いが入っているね!もしかして、今晩合コン?」      (2) 「スカート、ひらひらしていて可愛いね」      (解説)  「まず、セクハラのボーダーラインを考えるときに、気をつけなくてはならない二つの視点から説明します。 一つ目は被害者目線、二つ目は常識です。」      「 『被害者目線』 というのは、セクハラを受ける側の視点で考えることです。 質問項目の (1) も (2) も、一見しただけではよくある職場の無駄口に過ぎませんが、たとえば (1) のセリフを、隙さえあれば胸を触ったり、お尻をなでてきたりする上司から揶揄されたら、女性はとても嫌な思いをするでしょう。 しかし、(2) のセリフを憧れの上司に言われた場合はどうでしょうか。 女性は天にも昇る思いかもしれません。」      「それでは、嫌な人に言われたらセクハラになるのかというと、その論点はいささか危険です。 (1) や (2) のセリフをどんなに嫌いな上司から言われたとしても、それだけで違法行為(セクハラ)と認定するのは厳しいと考えられます。 ポイントは、『常識の範囲で、行き過ぎていないか』 です。 『被害者目線』 と 『常識』 のかねあいで、ボーダーが決まると思ってください。」        続いて、肌の露出に関する言動二つについて。      (1) 「ストッキング履かない足の方が、綺麗に見えるね」      (2) 「ゴミついているよ」 と女性社員の素肌を触る      (解説)    「服装よりは、被害者側の『踏み込まれた感』が増すので、より問題はデリケートになります。」      「しかし、服装の問題同様、被害者目線というのは難しいもので、憧れの上司から (1) のセリフを言われたら、その後彼女はどんなに寒くても素足でいるでしょうし、逆に嫌いな上司に言われたら、彼女はどんなに暑くても、厚手タイツを手放さなくなるかもしれません。」      「つまり、ここでも『常識の範囲か』がポイントになります。 『常識』 かどうかを見るには、言動を発した環境も材料となるので、(1) も (2) も、常日頃の言動と相まって判断されることになります。 何かにつけて素肌に関した事を言い続けたり、毎回ゴミが肩についているはずもないのに触ったり、と意図が別のところにあることが明らかになれば、一見社交辞令にしか見えない言動もハラスメント化されることはあります。」          最後は、怒りに任せて部下を怒鳴ってしまうケース。      (1) 遅刻した女性の部下に向かって、「どうせ、昨晩彼氏といちゃついていて、寝坊したんだろう」 と説教をする      (解説)  「これはイエローカードです。 『いちゃつく』 という単語は、性的な行為を彷彿させるので、そのことを揶揄しての言動はハラスメントになります。 上司という立場でありながら、ミスを叱る材料として性的なものを発していることは、被害者側の感じ方も深刻になるでしょう。」      つまり、ある言動がセクハラかどうか判断される上では、その場だけでなく日頃の言動も判断材料になるということだ。      女性社員との距離が近くなればなるほど、つい相手に気を許しがちだが、「親しき仲にも礼儀あり」 の精神を忘れず、女性社員と接する際には常に自分と相手の関係を考慮しながら、「これは不快に感じないだろうか?」 という考えを念頭に入れておくことで、男性にとっても思わぬトラブルを予防することになるだろう。(narinari.com)      女性に気を使うんだったら社員はこれから全員男だな!!                        ツイートこの記事をつぶやく
      連れ添って81年        ひとくちに 「結婚」 と言っても様々なスタイルがある。 豪華な式を挙げる人もいれば、入籍だけで済ませる人もいるだろう。 だが、式を挙げていなくても、2人の写真くらいは撮っているのではないだろうか。        ともに100才を超える楊さん夫妻は、81年連れ添っているにも関わらず写真の1枚も撮ったことがない。 それを知った人々が結婚写真撮影をプレゼントすることにしたそうだ。 おじいちゃん・おばあちゃん夫婦の心温まる様子がネット上で話題となっている。         「100才夫婦」 と呼ばれているのは四川省眉山市に住む楊志昌さん(104)・楊淑芝さん(100)だ。 2人は籍を入れていなければ、結婚指輪もない、ウエディングドレスもない、甘い新婚生活もなかった。        81年前の1931年。 淑芝さんは志昌さんのもとへ嫁いだ。 「今みたいなしゃれた結婚式などなかったんですよ。 みんな一緒に食事をして、私たちは家族になったんです」 と2人は当時をまるで昨日のことかのように振り返る。        結婚当初は貧しく、仕事や子育てに追われ、写真の1枚も撮ることないまま現在にいたったそうだ。 それを知った地元政府関係者と中国メディア、そしてあるネットユーザーらが結婚写真のプレゼントを企画。 撮影は8月22日・旧暦の七夕に行われた。          当日、妻の淑芝さんは雪のように白いウエディングドレスを着て登場した。 夫の志昌さんは 「ドレス姿の妻は、なんだか恥ずかしくて直視できないよ。 彼女は結婚したあの日と同じようにきれいだ」 と照れながらも、両手を伸ばして淑芝さんを抱きしめ、軽くキスをした。 2人とも恥ずかしくなって笑い出してしまったそうだ。 また淑芝さんが感激のあまり泣き出すというシーンも。          こちらが照れてしまうほど仲睦まじい2人は一度もケンカをしたことがないという。 その秘訣は互いを尊重し、譲り合うこと。 志昌さんは 「ケンカというのは互いにぶつかり合うことでしょう? 私が譲らなければ彼女が譲ってくれますし、また私も彼女に譲る。 そうしていたらケンカなんか起きませんでした」 と話した。        2人の間には3男2女が生まれ、その子どもたちが家族をつくり今では付近に5代50人近くが暮らしている。 楊さん夫妻にとって一番の喜びは、80代の子どもも含め家族が誰一人欠けていないことだ。        年をとってもいつまでも互いを大切にしあっている2人。 きっと誰もがこんな夫婦生活に憧れるだろう。 2人は 「ドレスもいいけど、これじゃあお腹はふくれないからねぇ」 と笑って言う。 この素敵な夫婦は日々の積み重ねていくことが振り返ったとき大きな幸せになるということを教えてくれているのかもしれない。(rocketnews24.com)                    ツイートこの記事をつぶやく
                     科学者が徹底追究! セックスでコントロールされる女性の脳        「最初はあまり乗り気じゃなかったけど、付き合ってみたら案外いい人で……」。 恋愛話をしていると、よく出てくるこの台詞。 でも、実は性格ではなく、セックスによって脳がコントロールされているだけにすぎないかもしれないのだ。          『科学者が徹底追究! なぜ女性はセックスをするのか?』 (シンディ.M・メストン、デイヴィット.M・バス/講談社)は、世界中の女性1006人の体験に基づいて、女性がセックスする動機を解説した1冊。 「絆を感じたい」 「ライバルを嫉妬させたい」 「退屈だったから」 など、さまざまなセックスに至る理由が語られているのだが、その裏には感情の裏側の “科学的な” 理由もあることがわかる。          たとえば、先の 「乗り気じゃない男」 問題の場合は、女性がセックスによって多く分泌されるオキシトシンというホルモンが関係していると指摘。 「理想とは違い、イマイチなんだけどなあ」 と思いながらもセックスをし、何度もオキシトシンが分泌されるうちに、セックスをせずともそのイマイチな男性を見るだけで脳がオキシトシンを分泌するようになるのだとか。 よって、「 “まあまあ受け入れられる人” が突然、“なくてはならない人” に変貌する」 というのだ。        また、「イケメンじゃないとセックスしない!」 という女性も多いはずだが、このイケメン像も、ケースや月経周期によって変化するのだそう。 一時的なセックスの相手には 「単にたくましい、男らしい顔を「もっともセクシーな顔」 として選ぶのに、長く付き合いたい相手にはたくましさに欠けた顔を選んだという調査結果があるらしいのだ。 これにより、「永続的な関係には、男らしさには欠けるが、誠実で、子供にも愛情を注いでくれそうな相手を選ぶ一方、もっとも妊娠しやすい時期には、より男らしい相手とその場かぎりのセックスする」 という理由を導いているのだ。 さらに、女性には排卵期になるといつもより露出の多い服を着る傾向もあるらしい。 ……恐るべし、排卵期!        興味深いのは、女性の自分の身体に対するイメージと性欲の関係だ。 本書によれば、自分の体重と性的魅力についてを聞き取りし、そのあと個室でエロティックな物語を読んでもらうという調査を行なったところ、自分の身体に不満がある女性に比べて、満足している女性のほうが物語に反応し、性欲に駆られたのだという。 自分の身体は女として魅力がないかもと感じている人は、性欲も低いというのだ。 メディアによる固定化した “セクシーな女性像” の擦りこみの影響は、こんなところにも表れている。        ちなみに、バービー人形を生身に置き換えると、身長172センチの体重49キロほど、スリーサイズは上から99・45・83。 「体脂肪が少なすぎて、おそらく生理はないだろう」 と、この本にも書かれている。 自分らしいセックスに出会えるにはどうすればいいのか――本書は、そんなきっかけになるかもしれない。(girls.livedoor.com)                    ツイートこの記事をつぶやく