おっぱい!おっぱい!          空は青い。 砂糖は甘い。 夏は暑い。 男はおっぱい好き。           これらのことはごく当然のこととして社会に受け入れられており、反論を唱える人はほとんどいない。        それでは、”なぜ”  そうなのだろうか? なぜ男性は、女性の胸が好きなのだろうか? この多くの人が悩まされてきた永遠の謎に、ひとつの答えが導き出され、現在海外で大きな話題になっている。        その答えを導き出した人物は、Larry YoungさんとBrian Alexanderさんの2人で、彼らの著書 『The Chemistry Between Us: Love, Sex, and the Science of Attraction』 にはその答えがしっかりと記されている。        とここで彼らが導き出した答えを見たいところだが、まずはいかに男性のおっぱい好きが異常であるかについて学びたいと思う。 社会的つながりに関する神経科学を研究しているYoungさんは、そのことについて次のようなことを述べている。        「生物学的に言って、人間の男性が持つ女性の胸への執着はとても変わっています。 性的な意味で胸に興奮するのは、哺乳類のオスにおいて人間の男性だけなのです」        「哺乳類のメスにおいて、人間の女性だけが妊娠に関係なく、性成熟期に胸が大きくなります。 そして前戯・セックスにおいて、男性が女性の胸を愛撫したり、揉んだり、さらには口で刺激したりするのは、私たち人間だけなのです」        そしてその人間の男性が持つ女性の胸への執着は、生まれた後に培われるものではなく、生まれた時から持っているものだという。            【著書『The Chemistry Between Us』に記されている2人の主張】      「男の子たちは運動場で、”女性の胸は性的興味を持つべきものである”  なんてことは学びません。 それは生物学的なものであり、私たちの脳に深くしみ込んでいるものなのです。 実際男性は胸、もしくはブラジャーのように胸に関連する刺激物を見ると、好ましくない判断をし出すようになります」        また女性は、その男性からの胸に対する注目を嫌っているわけではなく、むしろ好んでいると示す調査結果もある。 153名の女性を含めた301名を対象にしたある調査によると、胸もしくは乳首を刺激すると82パーセントの女性が性的興奮を覚え、約60パーセントの女性がセックス中、恋人に自分の乳首を触るよう言っているという。        それでは、ここで本題に戻ろう。 なぜ男性はこれほど女性の胸に興味を持ってしまうのだろうか?        進化生物学の学者たちによると、胸はほどんどが脂肪でできており、これが男性にその女性は健康体であること、ひいてはその女性の体が子どもの出産、養育に問題ないことを伝えるため、男性は女性の胸に注目してしまうらしい。        また他にも、次のような考え方がある。      「多くの霊長類は、オスがメスの後ろに立ってセックスをするというスタイルをとっており、それがメスの猿たちが、お尻に “凝った広告” をする理由である。 そして人間の女性の胸は、そのお尻の曲線に似せるように発達してきた」        しかし 『The Chemistry Between Us』 を書いたYoungさんとAlexanderさんの2人は、これらの考えに異議を唱えており、男のおっぱい好きは、授乳期間に女性の脳内で分泌されるホルモン “オキシトシン” と深い関わりがあると主張している。        そのホルモンは母と子のつながりを強める働きを持っているのだが、そのことについては 『The Chemistry Between Us』 の中で2人が詳しく説明している。          【 『The Chemistry Between Us』 に記されている文章】      「女性が子どもを産んだ時、子どもは母親の胸をかなり触ることになります。 するとこの刺激が神経を通して、母親の脳に信号を送ります。 そしてその信号は、脳の視床下部からオキシトシンという神経化学物質を分泌させるのです。 このオキシトシンの分泌は結果的に、母乳が出るよう女性の胸の平滑筋を刺激し、授乳を可能にさせるのです」        「しかしオキシトシンの分泌には、他の効果があります。 子どもの意図通り、母親の脳にオキシトシンが分泌されると、母親の注意は子どもに向きます。 そして子どもは、その母親にとって世界で最も大切なものへと変化するのです」        「恋人が、女性の胸を触ったり、揉んだり、かじったりした時、授乳の時と同じ反応が女性の脳で起こります」        また次のようなことも、『The Chemistry Between Us』 には記されている。      「オキシトシンは、ドーパミンと共に機能すると、新生児の顔、におい、音を母親の報酬回路(欲求が満たされた時に、快楽を覚えるところ)に記憶させるという性質を持ちます。 それが授乳や育児を気持ちのいいものに変え、そのおかげで母親はそれらの行為を持続して行うことができるのです。 そしてそれは、母と子のつながりを強める働きも持っています。 そのつながりは、全ての社会的つながりにおいて最も美しいものだけではなく、一生続く最も永久的なつながりでもあるのです」        そして2人は著書のなかで人間は、相手と面と向かってセックスを行う数少ない動物の一種であることも強調している。        つまり胸の刺激から分泌されるオキシトシンと、前戯の興奮や向き合ってのセックスの興奮から分泌されるドーパミンが組み合わさると、恋人の顔や目が幸せな感情と結びつくというわけだ。 そしてそれが、恋人間のきずなをより強くしているのである。          これらのことを踏まえて、2人は次のように男性のおっぱい好きについてまとめている。          「男性の胸好きは、恋人的かつ親子的つながりを生み出す強力な “つながり回路” をオンにしようとする、進化のなかで生まれた無意識な欲望である」        つまり簡単に言うと、男性は本能的に、女性の胸を刺激すれば、相手の関心を自分に向けられることを知っているということだ。 そしてそれゆえに、2人の関係を深める上で、ひいては自分の子孫を残す上で重要なその “愛情スイッチ・おっぱい” が、気になって気になって仕方がないということなのだろう。          どうだっただろう? 納得できただろうか? 今回の主張が正しいか間違っているかについてはなんとも言えないが、正直男のおっぱい好きに関して、これほど研究が進められていたとは驚いた。 やはり男たるもの、「なぜ自分が、こんなにおっぱいが好きなのか?」 と気になってしまうということなのだろうか? うーん、男のロマンである。(rocketnews24.com)          ツイートこの記事をつぶやく
       一部の先進国では、肥満や過体重(小太り)の増加だけでなく、低年齢化も深刻な問題となりつつある。 欧米諸国では、酒やたばこと同様に過剰摂取で健康に影響することが懸念されるとして、砂糖や砂糖入りの飲み物(加糖飲料)に課税などの規制をかけるべきかどうかの議論が巻き起こっている。 そんな中、9月21日付の米医学誌 「New England Journal of Medicine」 に、若者を対象とした加糖飲料の 「制限」 「人工甘味料入り飲料への置き換え」 に関する2つの研究結果が報告された。 これらは第30回米国肥満学会年次学術集会(9月20~24日、米サンアントニオ)で同時発表されている。 付随論評では、これらの報告で加糖飲料に対する規制強化に弾みがつくのではないかとの見方も示された。           砂糖入り飲料        ◎ 1年間の加糖飲料制限による効果を検証      加糖飲料を日常的に飲んでいる肥満または過体重の若者224人(男性124人、平均15歳)が対象の研究結果を報告したのは、米ボストン小児病院のCara B. Ebbeling氏ら。      Ebbeling氏らは、加糖飲料の代わりに水やダイエット飲料、無糖飲料などを1年間飲ませる介入群と、何もしない対照群に分けた。 加糖飲料の摂取状況は両群とも1日1.7杯だったが、介入群では1年後にほぼゼロまで減少、その後の1年も低い状態が保たれていた。      2年後におけるBMI(肥満指数)の変化は両群に差はなかった。 ただし、1年目のBMIと体重の変化には差が認められ、介入群で増加の程度が小さかった。 人種別の解析では、ヒスパニック系で両群の差が大きいことも示されている。      以上の結果からEbbeling氏らは、加糖飲料を制限することで1年後のBMI増加が抑えられたが、制限を終了した1年後では差が認められなかったと結論付けている。        ◎ 人工甘味料入り飲料でBMI・体重増が抑制      正常体重の4~11歳の子供648人を対象に、同じパッケージの加糖飲料と人工甘味料入り飲料を分けて飲ませる研究結果を報告したのは、オランダVU大学アムステルダムのJanne C. de Ruyter氏ら。      de Ruyter氏らは、事前の質問により 「加糖飲料を普段から摂取している」 と答えた子供を選定。 18カ月にわたって1日1缶の加糖飲料もしくは人工甘味料入り飲料を学校で飲み、空き缶を自分の名前入りの箱に入れさせた。 研究開始時、6、12、18カ月時点で身長、体重、皮下脂肪の厚さ、尿の検査が行われた。      その結果、加糖飲料のグループに比べて人工甘味料入り飲料のグループでBMIの増加が抑制されていた。 体重は人工甘味料入り飲料のグループで6.35キロ増、加糖飲料のグループでは7.37キロ増と、同じく前者で増加抑制が認められた。      de Ruyter氏らは、正常体重児が加糖飲料から人工甘味料入り飲料へ切り替えることで、体重増加や脂肪の蓄積が抑制されたと結論。 ただし、肥満児や他の人種、成人への有効性は不明としている。      米エール大学のSonia Caprio氏は付随論評で、これらの報告により小児肥満の増加を抑えるための加糖飲料の規制に弾みがつくのではないかとの見方を示した。 その上で、医学会などが一丸となって加糖飲料の消費量を減らすための活動を推進する時が来たと結んでいる。(narinari.com)    ツイートこの記事をつぶやく
         TK0903622-SPAIN-TOMATINA        スペイン東部バレンシア近郊のブニョールで行われるトマト祭りには世界中から多くの観光客が集まるが、来年からはお金を払わないとトマトを投げられないかもしれない。 現地当局者が27日明らかにした。        毎年8月に開催される 「トマティーナ」 には、人口1万人のブニョールに5万人が集まる。 現地当局は、安全性向上のために参加者の数を半分に減らしたい意向で、そのために参加料5ユーロ(約500円)の導入を検討しているという。        財政難のバレンシア州政府は、ブニョール市にも300万ユーロ(約3億円)の借金を抱えているが、ブニョール市議会議員のラファエル・ペレス氏は、トマト祭りの有料化はスペインの経済危機とは関係ないと強調。 ロイターの取材に対しては 「このアイデアは安全上の理由から出たものだ。 これまで深刻な事故がなかったのは奇跡だ」 と述べた。          現在のユーロ圏債務危機の震源地となっているスペインでは、抜本的な歳出削減を目指す政府が、医療費や教育費の削減も打ち出している。          トマト祭りの有料化計画について、現地当局は11月中に結論を出す予定。(reuters.com)                       ツイートこの記事をつぶやく
       カナダ・マクマスター大学保健・加齢・社会学のStephanie Premji准教授らは、カナダ人約6万3,500人の世帯調査のデータを検討し、職務で必要とされるレベル以上の学歴を持つ男性では職場で負傷するリスクが高かったと、英医学誌 「Injury Prevention」 (電子版)に発表した。       職場のリスク        ◎ 他国からの移住後の期間も要因      2008年のデータによると、カナダでは雇用されている人(25~54歳)の4人に1人が、職務で必要とされるレベル以上の教育を受けているという。      Premji准教授らは、職場で必要とされるよりも高い学歴と職場での負傷リスクとの関連性を検討するため、2003年および2005年にカナダで実施された世帯調査から過去12カ月間に就労実績のある25歳以上の成人約6万3,500人のデータを検討。 また、同国に移住してきた人に関しては、移住後の期間についても調べた。 勤務中の負傷については 「過去12カ月間に勤務時に発生した日常動作が制限されるほどの傷害で、48時間以内に何らかの治療を受けた場合」 と定義した。      その結果、職務で要求されるより高い学歴は、男女問わず勤務中の負傷リスクと関連していた。 一方、職務で必要なレベルよりも低い学歴の男性では、勤務中の負傷リスクが低い傾向にあったという。      また、移住してからの期間との関連も検討したところ、移住後5年以下かつ職務で必要とされる以上の学歴を持つ男性では、必要以上の学歴がなく同国に5年を超えて居住している男性と比べ、勤務中の負傷リスクが5倍以上高いことが分かった。      職務の肉体労働レベルを考慮した上でも、移住後の期間が短く職務で必要とされるレベル以上の学歴を持つ男性では、負傷リスクが3倍以上高かった。 一方、女性ではこのような関連性は認められなかったという。      Premji准教授らは、移住後間もない労働者では、言葉の壁やその国に不慣れなことが健康や安全への理解や注意を妨げる場合があると指摘。         また 「必要以上に高い学歴は、同僚との協調性の欠如や上司との衝突につながる場合もあり、それによって仕事量の配分に偏りが生じたり、手助けしてもらえるような人間関係を築くチャンスが減ることにもなる」とし、「今回の研究結果は、国民の教育水準の向上と、各分野における専門技術職の数が釣り合っていない高所得国に対して、重要な示唆を与えるもの」 と述べている。(narinari.com)      ツイートこの記事をつぶやく
       キッコーマンは10月1日、20年かけて開発したプレミアムトマトジュース 「デルモンテ 天空のトマト」 を発売する。 東京スカイツリーのオフィシャルショップおよびレストラン、カフェのみで、11月下旬までの期間限定(予定)、8,000本の数量限定。 500ml入りで、価格は1,000円(税込み)。                    デルモンテトマトジュース        「デルモンテ 天空のトマト」 はキッコーマンのグループ会社である日本デルモンテが、20年の歳月をかけて独自開発したトマト品種 「インカレッド(INCA RED)」 を使用している、プレミアムなトマトジュース。      話は日本デルモンテが1992年、米国のトマト研究者が率いる 「トマト野生種遺伝資源解析プロジェクト」 に参加したことまでさかのぼる。 そのプロジェクトにおいて、マチュピチュ近郊で発見された小指の先ほどの小さく青い野生種のトマトを、日本デルモンテが20年50世代にわたり、遺伝子組換えではなく、交配による品種改良を実施。 結果、ジュースに最適な大きさや味わいの 「インカレッド」 を完成させた。      そんなトマトから作られた 「デルモンテ 天空のトマト」 は、フレッシュでフルーティな香り、すっきりとした後味、バランスのよい甘みと酸味が特徴だという。 限定商品なので、試してみたい人はお早めに。 (narinari.com)         ツイートこの記事をつぶやく
      オフィスグッズ        時代が変われば、モノも慣習も変わる。それは会社のオフィスでも同じ。        現在時代は凄まじい勢いで変化していっており、次から次へと新しいモノ・慣習が会社に入ってきている。 しかしそれは同時に、古いものがオフィスから消えていっていることも意味する。        それでは、今から5年後の2017年、一体何がオフィスから消えているのだろうか? この疑問に答えるため、米国ニュースサイト 「Mashable」 が世界で働く7000人以上の人を対象に調査を行った。 すると、時代の流れを反映した次のような結果を得られた。            【5年後にはオフィスから消えていると思うモノ・慣習TOP10】    10位 USBメモリ(17パーセント)    9位 仕切りのある個人用小室(19パーセント)    8位 社長や役員のための部屋(21パーセント)    7位 スーツ、ネクタイ、パンティストッキングなどフォーマルなビジネスの服装(27パーセント)    6位 デスクトップパソコン(34パーセント)    5位 机の電話(35パーセント)    4位 標準労働時間(57パーセント)    3位 ローロデックス[回転式名刺整理機](58パーセント)    2位 ファックス(71パーセント)    1位 テープレコーダー(79パーセント)    ※( )内は、全体のうち何パーセントの人がそう答えたかの割合        いかがだっただろう? みなさんが予想する5年後には消えているオフィスグッズ・慣習はこの中に入っていただろうか?          ちなみに、「これからオフィスでより使われていくものは?」 という質問に対し最も多かった答えはタブレット端末(55パーセント)であった。 ノートパソコンも高い支持を得ており、34パーセントの人がノートパソコンはこれからもっと使われていくだろうと答えている。        1年間ですら、思いもしない変化を見せる時代なのに、5年後のことなんて予想できるはずがない。 確かに、そういう考え方もできるだろう。 しかし未来はただ待つだけでは面白くない。 どうせなら未来のことを必死に考え、迎えた方が未来、そして今をより楽しめるはずだ。 みなさんも5年後のオフィスがどうなっているのか考えてみてはいかが?(rocketnews24.com)       ツイートこの記事をつぶやく
       ビタミンやミネラルが豊富なだけでなく、低カロリーで満腹感が得られる野菜は、ダイエットに最適。 子供の頃に野菜嫌いだった人も、大人になって健康や体形維持のため野菜中心の食事に切り替えている人も多いのではないだろうか。 ところが、子供時代に野菜を食べる頻度が、将来のメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に関連することを示唆するデータが、フィンランド・トゥルク大学医学部のPaula Jaaskelainen氏らによって、米医学誌 「Diabetes Care」 (2012; 35: 1937-1943)に発表された。     メタボ        ◎ 大人になったら取り戻せない?      Jaaskelainen氏らは、登録時に3~18歳だった2,128人を27年間追跡し、小児期の生活習慣(野菜、果物、魚、肉を食べる頻度、パンへのバター使用、運動)と成人後のメタボリックシンドロームとの関係を検討した。 なお、生活習慣はアンケート調査によって確認した。      年齢や性別、血圧、BMI(肥満指数)、2型糖尿病と高血圧の家族歴などを考慮して解析した結果、小児期の生活習慣のうち野菜を食べる頻度のみがメタボリックシンドロームとの関連を示した。 野菜の食べる頻度が高い人は、メタボリックシンドロームになるリスクが14%低下したという。 この関連は、成人後の野菜摂取量で補正しても変わらなかった、つまり、大人になって野菜を多く食べても取り戻せないことも示唆されている。      子供時代に野菜を食べる頻度が低いことは、メタボリックシンドロームの中でも血圧と中性脂肪の上昇を予測したという。(narinari.com)                        ツイートこの記事をつぶやく
       ベルギーの高級チョコレートブランド、ゴディバを輸入販売するゴディバジャパンは9月27日から、ハロウィン限定の 「ピエジコレクション」 の販売を開始した。10月31日までの期間限定。       ゴディバハロウィン        「ピエジコレクション」 には、なめらかな口当たりの限定カレ2種類が登場。 オレンジピールが爽やかな 「ミルクオレンジ」 と、フィユティーヌのサクッとした食感が楽しい 「ダークフィユティーヌ」 だ。       ゴディバ        また、ラッピングチョコレートは、キャラメルにトフィーとシーソルトを加え、甘みと塩味のバランスが絶妙な 「キャラメルミルクソルテッドトフィー」 と、アップル味のガナッシュにシナモンとキャラメルを加えた、味わい豊かな「トリュフミルクキャラメルアップル」の2種類の季節限定粒を用意した。       ゴディバ2       ゴディバ3        パッケージはちょっと怖そうな洋館、クモの巣、こうもりや、可愛らしいスパイダー、かぼちゃなど、幅広いデザインを採用。 ハロウィンの雰囲気を盛り上げていく。(narinari.com)                        ツイートこの記事をつぶやく
      豪華アイメイク        早いもので、9月ももう終盤。乙女のみなさん、こりゃモタモタしていたらあっという間にハロウィン当日になっちゃいますよっ。          「ハロウィンは毎年仮装楽しんでます!」 というあなたはもちろん、「ハロウィンなんて関係ないし~」 というあなたも、今年こそはハロウィンにこんなアイメイクで参戦してみませんか?          ご紹介するのは、豪華絢爛かつカラフルな、とびっきり美しいアイメイクの数々! この秀作たちを製作したのは、ドイツのアーティスト、Svenja Jödickeさんです。        海外サイト 『pixiecold.deviantart.com』 に、Jödickeさんのアートワークとして紹介されているこちらの作品群は、一目見ただけで人の心を掴む衝撃に溢れています。        メイクの一部として使用されているものもとってもユニークで、そのラインナップは 「虫」 「かたつむり」 「花びら」 「羽」 など実に様々。 シルク・ドゥ・ソレイユや、劇団四季の 『キャッツ』 なんかを思い出しちゃう奇抜さですねっ。        「いや~ん、これ絶対マネしたいっ」 と思った、そこのあなた。 Jödickeさんのyoutubeチャンネルには、一部のメイクを実践している様子がアップされているので、こちらも合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか。        今年のハロウィンは、刺激的なアイメイクで誰よりも目立つ! そんな気合いで、ハロウィンを思いっきり楽しんじゃいましょう。(youpouch.com)      

▼うっとりしちゃう♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         これ凄い!!        その動画は、  Crazy Rainbow Make up        Fish Makeup Tutorial – Eye Art        Dead Doll make up Tutoral Hakkoween           ツイートこの記事をつぶやく
       大阪市の橋下徹市長が休日を理由に元従軍慰安婦の女性と面会しなかったことを、朝日新聞の記者が 「ふざけんな。出て来い!」 などとツイッターで批判した。          これに対して、橋下市長も2012年9月25日夜、「それは偉そうすぎるだろ」 などと猛反撃した。 記者は、記者会見で論戦を挑む構えだ。                     橋下ツイート        橋下市長が批判しているのは、朝日新聞大阪本社の阿久沢悦子記者。 阿久沢記者は、橋下市長が元慰安婦の女性と面会しなかったことについて、ツイッターで、          「86歳がわざわざ韓国から来たのに、橋下市長は同時刻に自宅でツイッター三昧。 記者を外れるけど、人間としての怒りが抑えられません。 ふざけんな。出て来い!」          と批判していた。この発言をJ-CASTニュースが報じたところ、橋下氏がツイッターで記事を紹介した上で、同記者について、          「僕がこれまで接した朝日新聞の記者の中では最悪に質が悪い」         と批判。 「出て来い!」 発言についても、          「記者ってそんなに偉いんですか?以前、読売新聞の記者が、記者会見で常識はずれの態度をとって叩かれた。 阿久沢記者は、完全にその路線です」          「阿久沢記者にとっては、元慰安婦の金さんは僕が絶対に会うべき人物なのだろうが、この人に会うべきだという提案は、たくさん頂いている。 阿久沢記者が会えという人に僕が絶対に会わないといけないということか。 それは偉そうすぎるだろ」         と噛みついた。 また、          「朝日にしてはほんと質が悪い。 例のMBSの記者と同じ感じ」          とも書いており、総じて朝日新聞の記者は質が高いと評価しているようだ。                阿久沢記者も、ツイートに返信。 「出て来い!」 には         「この部分は口が過ぎました」       と陳謝しながらも、          「近々、論戦をしにうかがいたいと思います。 聞きたいことは山のようにありますので。 スチュワーデスっぽい格好をして行ったらいいですか?」          と 「週刊文春」 が報じた女性スキャンダルを皮肉りながら、記者会見で論戦を挑むことを宣言した。(j-cast.com)                        ツイートこの記事をつぶやく
Page 1 of 1412345»10...Last »