2012,06,29

福島原発1号機で「致死量」の放射線検出 なぜ今ごろ? もっと怖いのは4号機か?

       福島第1原発の1号機から、致死量に当たる10シーベルト強の放射線が検出され、廃炉に向けた作業が難航することが確実な情勢になった。 一方で、早く手を打たないと、4号機の方が怖い、との指摘も出ている。          10シーベルトというと、人が1時間浴び続ければ、確実に死ぬレベルだ。 そんな高濃度放射線が、1号機内にたまった汚染水の水面近くで検出された。                     東電発表        東京電力が2012年6月27日に発表したもので、原子炉建屋一階から配管の貫通口を利用して、圧力抑制室がある地下1階のトーラス室の床にたまった汚染水周辺の線量を前日に測定して分かった。 格納容器内を除くと、原発建屋内では過去最大の線量になる。          これほどの高濃度になった理由として、東電では、炉心損傷で燃料の90%以上が溶け落ちたためだとみている。 そして、溶けた核燃料を冷やすため原子炉に注入している水が抑制室付近から漏れ出し、汚染水としてたまったのではないかという。 汚染水の水位は、床面から5メートルほどもあった。          核燃料を冷やしているのに、なぜこんなことになるのか。              東電の広報部では、取材に対し、こう説明する。        
「冷やしているのは、核分裂がこれ以上進まないようにするためで、温度はあまり放射性物質の濃度には関係ありません。 溶けた燃料は、すでに放射線をある程度持っていますので、水を流せばそれだけ汚染されることになります」        
   廃炉に向けて、予想外の困難が出てきたわけでもないとする。線量が高くてもおかしくないと考えていたからだという。          大きな地震や台風などの風雨で、さらに汚染水が外部に漏れたりしないのか。          この点についても、広報部では、「ある程度大きな地震でも耐えられることが分かっていますし、外部から浸水しても汚染水があふれないように水位の維持管理はできています」 とした。          専門家はどうみているのか。 京大原子炉実験所の今中哲二助教は、こう話す。
        「放射性物質が溶けていれば線量が高いので、冷やしていても汚染水の濃度はそうなるでしょうね。 廃炉には、20~30年はかかりそうなので、大変な作業にはなるはずです。 地震や台風の影響については、よく分からない部分があります。 しかし、汚染水は炉心から流れてきていますので、もし外部に漏れたら大変なことになると思いますよ」        
   実は、福島第1原発では、むしろ4号機の方が、専門家もより懸念しているようだ。            4号機は、震災中は定期点検のために建屋内のプールに、使用済み核燃料が運び込まれていた。 それは、1331体にも達しており、もし空気中に露出すれば大変な事態になる。            オーストラリア放送協会(ABC)の2012年6月25日付ニュースでは、京大原子炉実験所の小出裕章助教が出演して、その危険性を指摘した。 小出助教は、プールの水面が地上5階、約30メートルと高いところにあり、地震や台風によって崩壊しないとも限らないとした。 もし、プールにひび割れが生じ、水が漏れて燃料がむき出しになれば、これまでにメルトダウンで放出された放射性セシウムの10倍もが大気中に拡散する可能性があり、風向きによっては東京も住めなくなるという。 そのうえで、できるだけ早く、燃料を安全なところに運び出すべきだと警告した。          4号機は水素爆発で上屋が壊れ、最近は、建屋の傾きなども見つかっている。 これで安全なのかについて、東電の広報部では、次のように説明している。        「震災後に、プールの底を支える構造物を作って補強しており、建屋の耐震性に問題がないことも分かっています。 爆発して上屋の壁はなくなっていますが、鉄筋コンクリート製ですので強風で崩れるほどのものではありません。 危機的状況だとは考えておらず、何か必要があればその都度対処します。 燃料については、がれきを撤去するなどの対策をしながら、来年12月から運び出していく予定です」 (j-cast.com)            東京が住めないということになったらどこに逃げるかが問題だな!?                  ツイートこの記事をつぶやく