アメリカの調査機関 【Pew Research Center】 は2012年4月4日、電子書籍を中心に、アメリカの読書性向に関する調査報告書 【The Rise of E-Reading】 を発表しました。         モバイル端末、特に電子書籍リーダーの登場・普及で大きな変化をとげている、アメリカの読書の現状をかいまみられる貴重なデータが、多数盛り込まれている。 今回はその中から 「電子書籍リーダーとタブレット機、それぞれの ”非” 保有者における、非保有の理由」 にチェックします。        今調査は16歳以上のアメリカ合衆国国内に住む人を対象とし、2011年11月16日から12月21日にかけて、RDD方式で抽出された電話番号に対し、電話による音声インタビュー形式で英語及びスペイン語で行われたもので、有効回答数は2986人。 対象電話は固定電話が1526人、携帯電話が1460人(そのうち固定電話非保有者は677人)。 国勢調査結果に基づくウェイトバックが行われている。また今調査全体のうち一部項目では同様の調査スタイルながらも 「18歳以上」 「2012年1月20日から2月19日」 「有効回答数は2253人」 による(より現在に近い)取得データを用いたものもある。 こちらを用いている場合は逐次その旨言及する。        電子書籍リーダーやタブレット機の保有比率は2割足らず。 現在持っていない人も今後の購入意向はさほど高くない。       ↑ 直近調査におけるデジタル機器保有率(米、18歳以上、2011年5月~2012年2月) ↑ 直近調査におけるデジタル機器保有率(米、18歳以上、2011年5月~2012年2月)(再録)         ↑ 電子書籍リーダー非保有者の今後の購入(米、電子書籍リーダー非保有者、16歳以上、2011年12月) ↑ 電子書籍リーダー非保有者の今後の購入以降(米、電子書籍リーダー非保有者、16歳以上、2011年12月)(再録)         ↑ タブレット機非保有者の今後の購入以降(米、タブレット機非保有者、16歳以上、2011年12月) ↑ タブレット機非保有者の今後の購入以降(米、タブレット機非保有者、16歳以上、2011年12月)(再録)        非保有者における心情を推し量れるのが、次に示すグラフ。 これは現在電子書籍リーダー、タブレット機それぞれを持たない人に向けて、「なぜ今持っていないのか」 の最大の理由を尋ねたもの。 回答率こそ違えど、両者ともトップには 「欲しくない・要らない」 という半ば曖昧な回答がついている。       ↑ 何故今電子書籍リーダーを持っていないのか(米、16歳以上、2011年12月、非保有者、最大理由) ↑ 何故今電子書籍リーダーを持っていないのか(米、16歳以上、2011年12月、非保有者、最大理由)         ↑ 何故今タブレット機を持っていないのか(米、16歳以上、2011年12月、非保有者、最大理由) ↑ 何故今タブレット機を持っていないのか(米、16歳以上、2011年12月、非保有者、最大理由)          原文での表現は 「Just don’t need one/don’t want one」。 必要性を覚えない、欲しくない。 何らかの好奇心をそれなりに抱いている可能性はあるが、欲しいと思わせるだけの魅力を感じない、必要な事象を想定できないということになる。 しかもそれぞれの機種の第二位以降の具体的内容を持つ選択肢ではなく、あえて 「欲しくない・要らない」 を選んだということは、「なんとなく」 あるいは 「強度の低い複数要素」 の域で保有に至らない、持っていないことを意味する。       さらに興味深いのは、双方とも第二位に 「高過ぎる」 がついていること。 これは単純に絶対額が高いのに加え、自分が考えている使い方・有益性では割が合わないことをも意味する。 例えば電子書籍リーダーが1万円台しかしなくても、読書が嫌いな人にとっては 「わざわざ1万円を出して、自分が嫌いな読書をする必要など無い」 ということになる。      第三位以降の回答上位層は、それぞれの機種の特性、事情をかいま見れる結果となっている。具体的には    
・電子書籍リーダー   「紙の本がよい」 という媒体へのこだわり、「本を読む習慣が無いので、そのツールも必要ない」 との必然性、そして 「電子書籍リーダーを知らない」 という啓蒙不足によるもの。     ・タブレット機   デスクトップパソコンやノートパソコン、スマートフォンなど既存の手持ち端末で満足してしまい、タブレット機保有の有意性を見いだせない 「手持ちの端末で十分」。 単に 「要らない」、「高い」 以外ではタブレット機の不必要性を表す言葉としてもっとも理解できる。
      などが挙げられる。        もっともこれらの 「現在非保有」 の理由の多くも、微妙なバランスの天秤の上にある。 「市場価格がこの価格帯なら欲しいとは思わないが、ここまで下げるのなら買ってもいいかな」 という、流動的な意思を持つ人も少なくない。 特に電子書籍リーダー(とりわけKindle)は、「普及台数を増やすことで顧客を増やし、ビジネスを成立させる」 というプラットフォーム活用型ビジネスモデルを採用しているため、今後ますます廉価な版の展開が予想される。      それにつれて現在 「欲しくない・要らない」 「高過ぎる」 と判断している人も、少しずつ、少なからずが 「いつかは買いたい」 「半年以内に買うつもり」 に意向していくに違いない。 (garbagenews.net)                             ツイートこの記事をつぶやく
       またまた、中国での出来事です。                  中国ウェディング自殺図る          中国吉林省長春で17日、ウェディングドレスを着た女性(22)が、7階建てのビルから飛び降り自殺を図った。          女性は窓の外に出たが、幸いにも地元自治体の職員らに引っ張られて、一命を取り留めた。        地元メディアによると、この女性は4年間交際し結婚の計画を立てていた男性から別れを切り出された後、自殺を試みたという。 女性にけがはなかった。 (reuters.com)           昨日は、海南島で車の駐車を注意されて激高して注意したお店の店主のタマタマを握りつぶして死亡させる事件が起こったと書きましたが、中国の女性って激情型が多いのな!?         ツイートこの記事をつぶやく
        TK0789902-XIAN-HOLE-DROP          中国・陝西省西安で、10代の少女が歩道を歩いていたところ、足元の地面が突然陥没し、開いた穴に転落する事故があった。         中国中央テレビ(CCTV)が報じた。        穴の深さは約6メートル。 偶然通りかかったタクシーの運転手Wang Weiさんが事故に気付き、救出作業に着手。 しかし、Wangさんは穴の底までたどり着いたものの、2人とも自力で外に出ることができず、救急隊がはしごを使って2人を救出した。        CCTVは、地下水による土壌浸食が原因で、歩道の下に空洞ができてしまったと伝えている。 (reuters.com)         ツイートこの記事をつぶやく
       24日、週刊誌 「女性自身」 は、「宮崎あおい 高岡蒼佑が狙う “第二の不倫相手” は広告代理店関係者【宮崎あおい】」 という記事を掲載し、ネット掲示板上で話題になっている。      現在非公開設定になっている高岡蒼佑のツイッターでは、「不倫は絶対ダメだけど、高岡さんの言動にも問題はあったと思います」 という一般ユーザーのリプライに 「(第一の不倫相手であるV6)岡田だけなら苦労しないですね」 と返答し、「第二の不倫相手」 がいる可能性を示唆。 同記事では、さらにこのツイートを補足し、高岡が宮崎の携帯履歴をチェックした時に発見した 「広告代理店」 の人間を、“高岡が 「第二の不倫」 として疑っている” と報じている。          ネット掲示板では       「とことんやれ、応援してるぞ」      「こうなったら性癖から何からとことんまでやってほしいなw」      「マスコミって普通は、不倫した奥さんをやり玉にあげるけど宮崎あおいだけは守ってるよね」      「広告代理店の人間とタレントが直接連絡取るとか絶対ないわなw」       と高岡を後押しする声が多く寄せられている。        また、次々と不倫疑惑を伝えられている宮崎あおいについては、「広末の後継者」 「これ、タレントイメージとして沢尻エリカなら笑えるけど、宮崎あおいならドン引き」 という声が挙がっており、イメージダウンは免れない状態。        その他にも、        「さすがに子供っぽすぎるな…。 高岡くん目を覚ませ」         「最低のクズ男だな。 てめーは迷惑ばかり掛けてるくせに」        「自分だってB級グラドルと不倫したくせに人のこと言えるのかよw」        といった高岡に対する厳しい指摘や、同誌が伝えた 「高岡が宮崎の携帯の履歴を見た」 という内容に、「携帯見ただけで、広告代理店の人とかわかるかな。 仮に分かっても、仕事の電話だと思うだろ」 「下心があるから誘うんだ、なんてどんだけねじ曲がってんだw売れるといろんな誘いがあることぐらい、高岡はわからないはずはないだろ」 といったコメントも見られ、「不倫疑惑」 は高岡の思い込みではないかとする意見もあった。(livedoor.com)                             ツイートこの記事をつぶやく
       中国人ブロガー 「日本新華僑報総編蒋豊」 さんは、「日本はなぜ浮気大国なのか」 というテーマでブログを書いている。        ブログは 「日本は浮気大国」 という前提でスタートしているが、その根拠は 「産経リビング新聞社」 が行ったとされているアンケート調査。        ブログ中では 「調査対象となった女性の49%、男性でも51%が 『浮気経験あり』 と答えた」 と紹介。 内容が本当なら、ブログ読者の中国人たちは、「日本人は2人に1人は浮気をしている」 というイメージを持つであろう。           さらにブロガーは 「もし旦那の浮気が発覚した場合、韓国人女性なら 『今すぐ離婚だ』、中国人女性なら 『徹底的に追及してやる』、日本人女性なら 『じゃあ私も浮気する』 となる」 という笑い話があると紹介。      そして、「日本人の妻は旦那が風俗などで遊ぶことにも寛大」 と説明する。 日本人は夫婦間の貞操観念がユルく、お互いに浮気をし合うのも珍しくないということのようだ。         「男性至上主義の日本では、愛人はエリートにとって社会的ステータスと見られている」 とブロガーは紹介しているが、それはむしろ中国の方が当てはまるようにも感じられる。          そして、「日本の女性というと夫に対して唯々諾々と服従している男尊女卑のイメージがあったが、夫の浮気に対する対処の仕方というのもまったく理解できないものである」 という。 夫の浮気に寛大で、自分自身も浮気する人が多いということが理解できないということだろう。 文末では「良かれあしかれ、日本の女性の浮気が多いことは紛れもない事実」 とキッパリ。 ブロガーは日本の浮気についてオーバーなイメージを抱いているようにも感じられる。 (searchina.ne.jp)                      ツイートこの記事をつぶやく
       アメリカ・ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)大手の フェイスブック(Facebook)は23日、米ソフトウェア大手 マイクロソフトに5億5000万ドル(約450億円)を支払い、同社がAOLから買い取った990件の 特許の一部を獲得すると明らかにした。           ザッカーバーグ         フェイスブックに出資している マイクロソフトは、AOLから買い取った 特許のうち、650件をフェイスブックに譲渡する。 また残りの特許についても、フェイスブックに使用許可を与えるという。        両社の協力関係は2007年、マイクロソフトがフェイスブックに2億4000万ドルを出資したことに始まる。 この出資時に、マイクロソフトはフェイスブック全株式のうち1.6%を取得した。 この株式の価値は、フェイスブックが新規株式公開(IPO)を行うと、取得時よりも高まるとみられている。        フェイスブックは23日、上場申請先はニューヨーク証券取引所でなく、ハイテク株の多いナスダックを選んだと発表。 ティッカーシンボルは 「FB」 で申請した。        また、月間のフェイスブック利用者数が9億人を初めて超えたことも明らかにした。 昨年末時の発表(8億4500万人)から、約5600万人増加している。        同時に発表された第1四半期(1-3月期)の売上高は、前年同期比45%増の約10億6000万ドル。 しかし前期に比べると、6%減少した。 また純利益は、前年同期比12%減の2億500万ドルとなった。        AOLの特許獲得は、社歴の浅いフェイスブックの特許資産を強化し、ヤフーとの訴訟を有利に進められる可能性がある。 ヤフーは3月半ば、フェイスブックが10件の主要な特許を侵害しているとして提訴した。 これに対しフェイスブックは、ヤフーが挙げた特許の一部を利用しているが、その権利の侵害はしていないと述べ、4月3日にヤフー側がフェイスブックの有する特許10件を侵害したとして提訴している。                        ツイートこの記事をつぶやく
       生まれて初めてインターネットでポルノを観たエジプトの男性。 そんな彼が目にしたのは、あろうことか自身の妻でした。               妻のポルノ姿に愕然        英紙メトロや英ニュースサイトのオレンジニュースなどによると、エジプト北部のダカリーヤ州に住むこの男性は、「単なる興味本位」 でネットカフェに出向き、生まれて初めてポルノ動画を鑑賞。        しかしその気持ちが、思わぬ結果を招いてしまいました。 なんと画面に映し出されたのは、見知らぬ男性とあられもない行為にふける自分の妻。 彼は、そのまま床に倒れ込んでしまうほどの大変なショックを受けました。        帰宅後、この事実を問いただすと、最初は夫に 「正気をなくしたのか」 としらを切っていた妻。 しかし実際に動画を見せたところ、とうとう真実を語りだしました。 相手は結婚前に交際していたボーイフレンドで、ポルノ出演に至った経緯については言及しなかったものの、現在もこのボーイフレンドのことを愛していると激白したのです。      夫とは16年間にわたり結婚生活を送っており、4人の子どもにも恵まれました。 しかし妻は 「あなたに愛情を感じたことなどない」 ときっぱり。 歳の離れた夫は 「自分には年寄りすぎる、ボーイフレンドのほうが若い」 と、開き直ったように語る妻に、この男性はさぞかし怒り心頭だったことでしょう。          ちなみに、妻が出演していたポルノ動画は全部で11本もあったそうです。      これは、ビックリだな!!        日本でもその可能性あるでしょう!! 昨年の12/17のブログに200人に一人はAV嬢(あくまでの計算上)と書いたことありますが日本でも有りうるな!!          ツイートこの記事をつぶやく
       「住めば都」 なんていうけど、実際のところはどうなのだろう。 国内ならまだしも、いきなり海外に転勤なんてなったら……。        国際人材コンサルティング会社が、オセアニアを含むアジアの都市について 「最も住みやすい都市」 について調査をしたそうだ。 そのトップ10が発表されました。            1位は不動の王者・シンガポール、2位はなんと日本の神戸市だ!            この調査は国際人材コンサルティング会社ECA Internationalが行ったものだ。 同社が世界の400あまりの都市を対象に、気候、医療サービス、インフラ、安全、空気の汚染度など複数の項目から、各都市の生活水準を調査したものである。        アジア部門は、今年も1位はやはりシンガポールだ。 それを神戸市が猛追。 東京は東日本大震災および原発事故の影響で3位の座を香港にあけわたし、ランクを1つ下げた4位である。        東京と同じく4位の横浜、その下を台北が追うが、同社のアジア地区担当者によると台北は医療サービスに遅れをとっており、同じ中華圏でも香港など上位との間には依然として大きな差があるそうだ。        ちなみに、中国大陸の都市はトップテンにランクインすることはできなかった。 最高は12位の上海、続いて14位北京、15位の南京だ。 安全と空気の汚染度が影響したのだろうか。 特に北京の空気の汚染度は世界最悪レベルであると評されている。            「え? なんであの都市が入っていないの?」 「なんでこの都市がこんな上位に?」 とお思いの方もいらっしゃるかもしれない。 住みやすさというのは様々な角度から考えることができるが、この調査では、特に空気の汚染度と医療サービスのポイントが大きく影響していると見られている。 なお、これらの調査結果は企業の駐在員の派遣や危険手当の参考資料として使われるそうだ。        それにしても日本から複数の都市がランクインしているのは嬉しいことだ。 まだまだ日本も捨てたもんじゃないぞ!            【アジアで最も住みやすい都市トップ10】     1位 : シンガポール(シンガポール)    2位 : 神戸(日本)    3位 : 香港(中国特別行政区)    4位 : 東京(日本)    4位 : 横浜(日本)    6位 : 台北(台湾)    7位 : マカオ(中国特別行政区)    8位 : ジョージタウン(マレーシア)    8位 : ソウル(韓国)    10位 : クアラルンプール(マレーシア)      だそうです。      シンガポールか!? 暑いんだよな~~  でも、街全体は綺麗なんだね!!         ツイートこの記事をつぶやく
       京都府亀岡市の10人死傷事故を巡り、兵庫県豊岡市にある公立豊岡病院の但馬救命救急センターがブログで、家族らへの取材がひどかったと新聞社を名指し批判した。 しかし、各新聞社では、批判内容は事実ではないなどと反論しており、同センターでも一部を修正した。        
「ご家族,医療者,関係者の心情を考えられないくらいマスコミの人間の心は腐っているのでしょうか」        
   公立の病院側から、ここまでマスコミ批判がされるのは珍しい。                   但馬救急センター        ブログの記事は、事故が起きた当日の2012年4月23日夜にアップされた。 タイトルは、 「マスコミの人間に心はあるのか」 だ。          それによると、但馬救命救急センターでは、医師を乗せたヘリも出動し、命を救おうと全力を尽くした。 望まない終末になったとき、家族の心のケアも心がけたというが、マスコミがその努力を踏みにじったと明かした。          マスコミに対して、取材拒否の考えを再三伝えていたものの、各社の記者が、霊安室の前にカメラを構え,そこから帰ろうとする家族を勝手に撮影していたと糾弾したのだ。 ブログでは特に、読売、毎日、朝日3新聞社の名前を挙げた。 個人名を出してもよいとも付記したが、名前は記されていない。          続いて、「一番大切にしたい瞬間に,ズカズカと土足で割り込んできました」 と強く非難した。 ブログが多くの人に読まれることは知っているとして、「だからこそ敢えてここで述べます」 と言っている。          このブログ内容について、ネット上では、賛同する声が多い。 ブログのコメント欄にも、24日までに200件以上が書き込まれ、「世間の関心を惹くという効果もありますよ」 とマスコミに理解を示す声もあるものの、「行き過ぎた報道の自由」 「怒りを覚えました」 などと批判が相次いだ。 中には、記者の名前を晒すよう求める声もあった。          取材を拒否されていたとしたら、なぜ新聞社は取材を続行していたのか。                名指しされた3社のうち、朝日新聞社は、J-CASTニュースの取材に対し、ブログには事実誤認があり、霊安室前の現場には記者がいなかったと反論した。          大阪本社広報部の説明によると、朝日の記者は、但馬救命救急センターに到着したとき、亡くなった女児が救命救急処置中だった。 病院内で静かに待機し、駆けつけた女児の両親にも声かけはしなかったが、センター側から退去を求められた。          それに応じて、記者は立ち退き、死亡が分かったときに、両親に話が聞けるかセンターを通じて確認した。 しかし、両親が取材を拒否したため、記者は取材をあきらめた。 このため、両親が女児を引き取って病院から帰る2時間半前には、すでにセンターにはいなかったという。          一方、読売と毎日は、現場に記者がいたことは否定しなかったものの、ブログの内容は事実とは違うと説明した。 読売新聞大阪本社の広報宣伝部では、取材に対し、「記者は病院の許可を受け、病院幹部立ち会いのもと待機していました」 とし、毎日新聞社の社長室広報担当は、「弊社記者は終始、病院側責任者の立ち会いの下、あるいは指示に従って取材をしていました」 とコメントしている。          但馬救命救急センターの財務課では、センター長がブログを書いており、センターのホームページから入れるものの、基本的には個人のブログだと説明した。そのうえで、病院が把握している事実関係とは違う点があり、新聞社からの指摘を受けて、内容についてはセンター長が訂正や修正したことを明らかにした。              ブログは、それを受け、3社の名前が削除されている。 しかし、追記で、霊安室だけではなく,処置室前,敷地内でも当てはまるとし、「行き過ぎた報道が二度と起こらないことを切に願っております」 と訴えた。 反響が多いため、コメント欄は閉鎖したとしている。          朝日や読売の広報部では、この訂正や修正では納得しておらず、さらに病院に対応を求めていると明かした。 朝日の広報部は、「記者がその場にいなかったと、ブログをきちんと訂正してほしいと思っています。 センター側には、記者の名誉を回復するように申し入れています」と言っている。          毎日の広報担当は、「ブログの弊社に関する部分は24日午後に書き換えられており、但馬救命救急センターも誤解の記述だったと認識したものであると理解しております」 とコメントしている。          訂正要求に対し、センターの財務課では、「内部で調整中ですので、何とも申し上げられません」 とだけ話している。 (j-cast.com)          この事故は悲惨です。         少年は18歳で無免許運転で死亡事故を起こしたにもかかわらず未成年ということで実名は伏せられるが被害者は実名報道がなされTV報道を見ていると何だか矛盾を感じる。       車の運転免許は18歳で取得できて運転して社会とかかわりを持てるのだから当然責任が発生するのに未成年という伝家の宝刀で守られるなにかおかしい感じなするが・・・・ 。                        ツイートこの記事をつぶやく
      中国人女性駐車トラブルで男性死亡        世界中の男性を震撼させる事件が起きた。 先日、中国で男女が口論となり、次第にエスカレート、殴るけるの大喧嘩になってしまったそうだ。 中国では女性が力で応戦すること自体は珍しくない。          女性は完全に頭に血がのぼっていたようだ。 なんと相手の男性の性器を渾身の力で握り締め、その結果、死に至らしめてしまったのである。          事件が起きたのは 「東洋のハワイ」 とも名高い海南島にある海口市だ。 現地時間4月19日11時30分頃、女性(41才)は電動バイクでこの地にやってきた。 ある店の前に駐車し別の店で買い物をしようとしたところ、駐車した店から男性店主が出てきた。 店で買い物もしないのに駐車場代わりにされては迷惑、商売の邪魔になるからどけろ、というのである。        だが女性は譲らなかった。 口論は次第にエスカレート、ついには殴る蹴るの大喧嘩となってしまった。 それだけならまだよかったのだが、そこに女性の夫と弟が参戦。 弟と夫が店主を後ろから羽交い絞めにしたすきに、女性は店主の局部を数分間にわたり思いっきり握り締めたのだ。          男性は激痛に悶え苦しんだ後、意識を失った。 通報によりすぐに病院に搬送されたが13時頃死亡が確認されたそうだ。          このニュースに対してネットユーザーは        「オーマイガー!!」      「これはひどい」      「マジ笑えねぇ」      「握られただけで死んじゃうの!?」      「男性とはかくも弱い生き物だったのか……」      「これから鉄のパンツをはくことにするわ」         とコメント。          なお、女性らはその場で確保され、現在警察により詳しい調査が行われているという。 局部への攻撃は言葉では形容しがたい激痛に見舞われる。 文字通り 「急所」 である。 亡くなった店主のことを思うといたたまれない。 駐車場所ひとつのためにここまでする必要があったのだろうか。 背筋の凍る恐ろしい事件である。 (rocketnews24.com)          中国って恐怖を感じる怖い話だ!!                  ツイートこの記事をつぶやく
Page 3 of 16«12345»10...Last »