2012,04,30

ドイツ・VW、ポロにR Lineを新設定。

      ポロ        ドイツ・フォルクスワーゲンは、コンパクトカーのポロに、スポーティな新グレード “R line(アールライン)” を追加設定し、今夏発売すると発表しました。        R Lineは、フォルクスワーゲンがプロデュースする、純正カスタマイズパーツ装着車。 エアロパーツをはじめとするスポーティなアイテムにより、ドレスアップしたモデルだ。        今回発表されたポロ R-Lineも、パワートレイン(1.2リッターTSIエンジン[105ps]+6MT)には手を加えず、内外装に専用パーツを追加することで、スポーティ感が高められている。        外装は、R Lineバッジ付きのブラックグリル、スポーティな形状の前後バンパー、サイドシル、専用16インチアルミホイール、ダークティンテッドガラスなどが装備される。        内装は、3本スポークのレザーステアリングや、ヘッドレスト部にR Lineのロゴが施されるスポーツシート、ブラックルーフライニングなどにより、精悍な雰囲気が高められている。        ポロ R-Lineは、ヨーロッパでは今夏の発売が予定されている。 (asahi.com)          都内を走るならこれくらいのサイズの車がベストなのかもしれないな~         ツイートこの記事をつぶやく