出産時の事故により、脳の酸素不足が続いて、後遺症の脳性まひになる子どもがいる。 その家族の経済的な負担を補償する 『産科医療補償制度』 が2009年1月から始まり、満 3年を経過した。2012年 4月20日、日本科学ジャーナリスト会議の例会で岡井崇・昭和大学医学部教授 (産婦人科) が制度の現況や事故原因などを報告した。          制度は財団法人・日本医療機能評価機構が運営している。 出産時の事故が原因であれば、病院や診療所、助産所の過失の有無には関係なく、重性脳性まひ児(身体障害1、2 級)に一時金 600万円とその後20年間120万円ずつの計3000万円が支払われる。          原資は健康保険からの出産一時金のうち 1件 3万円が充てられる。先天性の病気や低出生体重による脳性まひは除かれる。岡井さんは、事故をできるだけ減らしていく目的で置かれている第三者機関の原因分析委員会委員長だ。          分析が終わると、委員会は医療機関と家族に「原因分析報告書」を送っている。          岡井さんはこれまでに分析できた2011年6月1日までの分、35件を例に概況を解説した。 妊娠中に脳性まひになったのは 7件で、出産時が28件だった。 臍帯異常や子宮内の感染、胎盤剥離など原因はいろいろだが、胎児心拍数のモニターの不十分が22件、子宮収縮薬に問題あり12件、新生児蘇生法に問題あり14件で、事故を減らすための方向が示された。 」        原因分析は医療機関のカルテにもとづいているが、医療界にはこれが医療機関に対する私的裁判的で、訴訟を増やす可能性があるとの反発がある。岡井さんは、報告書の内容に関して9割の医療機関が納得し、4分の3が、原因分析が行われたことを 「とてもよかった」 「まあまあよかった」 と答えたことを明らかにした。      また、2011年末までの補償対象252件のうち、損害賠償請求訴訟は5件、交渉中5件、証拠保全手続き8件で、訴訟の可能性があるのは計18件 (7.1 %) だった。          岡井さんは社会補償制度として確立しているスウェーデンの例にも言及し、日本のこの制度で「脳性まひの発生が減り、訴訟も減ってほしい」との期待を強調した。 (j-cast.com)                     ツイートこの記事をつぶやく
      ポロ        ドイツ・フォルクスワーゲンは、コンパクトカーのポロに、スポーティな新グレード “R line(アールライン)” を追加設定し、今夏発売すると発表しました。        R Lineは、フォルクスワーゲンがプロデュースする、純正カスタマイズパーツ装着車。 エアロパーツをはじめとするスポーティなアイテムにより、ドレスアップしたモデルだ。        今回発表されたポロ R-Lineも、パワートレイン(1.2リッターTSIエンジン[105ps]+6MT)には手を加えず、内外装に専用パーツを追加することで、スポーティ感が高められている。        外装は、R Lineバッジ付きのブラックグリル、スポーティな形状の前後バンパー、サイドシル、専用16インチアルミホイール、ダークティンテッドガラスなどが装備される。        内装は、3本スポークのレザーステアリングや、ヘッドレスト部にR Lineのロゴが施されるスポーツシート、ブラックルーフライニングなどにより、精悍な雰囲気が高められている。        ポロ R-Lineは、ヨーロッパでは今夏の発売が予定されている。 (asahi.com)          都内を走るならこれくらいのサイズの車がベストなのかもしれないな~         ツイートこの記事をつぶやく
      デザイン海苔          日本のみならず世界で話題になっている海苔(ノリ)がある。 その名は 「Design NORI」。 これは海野海藻店(茨城県)が手掛けたアートな海苔で、現在ヨーロッパやアジアなど、多くの国々で大注目の海苔なのである。 そんな注目の海苔のインタビュー記事を見つけましたから紹介します。          まずは上記の写真を見て頂きたい。 これは 『KATAGAMI STYLE』 展(三菱一号館美術館)で現在販売中の 「Design NORI」 だ。 1つ840円という高価なものながら、既に売り切れてしまうほど人気で、問い合わせも殺到しているとのこと。        しかしながらいちばん気になるのが 「一体なぜこのような海苔が開発されたのか」 だ。 早速、記者はその真相を探るべく茨城へと向かった。          到着したのは、茨城県大洗にある一軒の海藻店 「海野海藻店」 である。 いや、見た目はお店というよりも、作業場のようなところで、それでもそのたたずまいは歴史があり妙に落ち着く場所でもあった。        早速、車から降りると、この 「Design NORI」 を企画した海野洋行さん(32歳)が出迎えてくれて、快くインタビューに応じてくれた。            <「Design NORI」の仕掛人、海野洋行さんにインタビュー>          ・ まずは海野海藻店に関して教えて頂けますか?    海野さん : はい、海藻専門店はもともと宮城県南三陸町出身の祖父がこっちにきて始めたお店です。 現在は2代目である父が社長として海野海藻店を引っ張っています。 私は3年前からこの店を継ぐために東京から帰ってきました。          ・ どんなモノを販売しているのですか?    海野さん : 海藻類、とりわけワカメを中心に販売しています。 ちなみに、インターネットなどでは販売してなくて、卸売がメインですね。 あと直売のような形です。 もちろん、このお店でも購入できますよ。          ・ 早速ですがなぜこの 「Design NORI」 を開発されたのでしょうか    海野さん : 日本食離れで海藻の需要が下がっているのですね。  それをなんとかしたい! 明るい話題を作りたい、海藻の面白さ、魅力を知ってもらいたい、そして美味しいモノがあることをもっと知ってもらいたい。 そんな気持ちで開発しました。          ・ 「Design NORI」 はどんな海苔が使われているのでしょうか。    海野さん : 宮城県は三陸産のものを使っています。この海苔は肉厚で光沢があってとても美味しいんです。 ベタっともしないし、素材が生きるんです。 ちなみに薄いタイプの海苔は強度がないので、「Design NORI」 には適しません。          ・ レーザーカッター技術で海苔を切り抜いているとのことですが、そこで出た切りくずはどうされているのでしょうか。    海野さん : それらはセット販売したり、またフリカケにして販売しようと考えています。 全部無駄なくって感じですね!          ・ レーザーカッターは御社でやっているのですか?    海野さん : いえいえ、この 「Design NORI」 は、外資の広告代理店さん(株式会社I&S BBDO)と始めたのですが、現在製造は外注です。 また、手作業に近い製造方法なのでコスト高になってしまっています。          ・ 製造工程を見せて頂くことは可能でしょうか?    海野さん : 申し訳ありません。 どこで作っているかや詳細などは企業秘密です(笑)。 多分この先もお見せすることはできないかもしれません。 ちなみに、このレザーカッター技術には一手間入れています。 これも具体的には言えませんが(笑)          ・ 製造する過程で失敗はあるのでしょうか?    海野さん : あまりデザインが細かすぎると切れてしまうこともあります。ですので、ギリギリのところで止めていますね。          ・ 「Design NORI」 は御社から注文可能なのでしょうか?    海野さん : 現在、「Design NORI」 は完全受注生産です。 したがって購入は 『KATAGAMI STYLE』 展(三菱一号館美術館)のみとなります。          ・ ECサイトや紹介サイトもないのですよね    海野さん : そうなんですよ。 ただ、facebookの方には随時情報をアップしているので、もしよかったらそちらをご覧いただければと思います。          ・ 現在、問い合わせはどの国からが多いですか?    海野さん : 驚くことに、海外の方が若干多いですね。 特にヨーロッパです。 おそらくアジアから火が着いたと思います。 というのも、タイで開催された 「アジア太平洋広告祭(ADFEST)」 のデザイン・ロータス部門で最高賞となるBESTを受賞したのですね。 それで一気に広がった可能性があります。           ・ こんなに反響があると想像してましたか?    海野さん : こんなにあるとは思いませんでした。 本当にビックリですよ。          ・ 既に国内はもとより海外でも話題になっていますが、これからこの 「Design NORI」 をどうしていきたいと考えていますか?    海野さん : ぜひ色々な方に食べてほしいと思っています! それにはまずはコストカットですね。 そして大量生産できる体制を一刻でも早く作りたいと思っています。            インタビューは1時間を優に超えていたが、海野氏は終始笑顔で答えてくれた。 ちなみに世界では海苔に明確な言葉はないという。 「seaweed paper」 と呼ばれたり、「seaweed」 とも呼ばれることがある。 これを海野氏はNORI(海苔)という言葉で定着させ、海苔をより世界に広めていきたいとのことだ。 (rocketnews24.com)       取材協力:海野海藻店   〒311-1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町5261   [ この記事の英語版はこちら / Read in English ]                                                                                                                                                                                                                      これは、凄い!! アートになっている。 ヨーロッパに受ける気がするね!!         ツイートこの記事をつぶやく
       私のブログでも紹介したことのある白澤卓二氏は1958年生まれ。 順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授。 アンチエイジングの第一人者として著書やテレビ出演も多い白澤氏が、太らないために、夕食を摂る時間について解説する。          「夕食はいったい何時頃食べれば、太らないのでしょうか?」          皆さんからよく聞かれる質問の1つだ。 仕事が忙しく、食事がついつい後回しになることもあるだろう。 メタボリック・シンドロームを発症しないためには、夕食の時間も重要なのだろうか?          日本大学薬学部の榛葉繁紀博士は体内時計遺伝子の1つであるビーマル1(BMAL1)が、脂質代謝の概日リズム(24時間周期で変動する生理現象)を制御していることに注目した。 ビーマル1遺伝子とは、5つある時計遺伝子の1つで、昼と夜の概日リズムを刻んでいる。          マウスを使った実験でビーマル1の血中濃度を調べたところ、午後10時頃から急増し、午前2時~4時頃にピークを迎えることが分かった。 明け方の午前6時頃になると減り始め、午後2時頃には最も血中濃度が低くなるのである。          ビーマル1は脂肪を脂肪細胞に溜め込むための酵素を誘導する一方で、脂肪を分解する酵素の発現を抑制する働きをする。 ビーマル1の血中濃度が高いと脂肪を蓄積する 「蓄積モード」、血中濃度が下がると脂肪を燃焼させる 「燃焼モード」 になる。          つまり、冒頭の質問の答えは、夕食はなるべく早い時間に食べた方がいいということになる。 夜中のラーメンなど最悪の部類だ。 (news-postseven.com)                         ツイートこの記事をつぶやく
      3Dチョコレート        3D映画に3Dテレビ、そして先日当サイトでもご紹介した3D写真……。 今や時代は3D全盛期、きっと今後もどんどん関連商品が発売されることでしょう。        今回はそんな3D商品の中でも変わり種、なんとチョコレートを3Dプリントできるマシン 『3D Chocolate Printer』 をご紹介します。 商品の全貌は、動画サイトyoutubeで観ることが可能です。          「チョコレートを3Dプリントするって、どういうこと?」 と首をひねっている、そこのあなた。 要はこのマシン、3Dプリンターのチョコレートバージョンで、型を使用しなければ造形することができない、立体的なチョコレートを作れちゃう機械なのです。          マシンの先端には、お菓子作りでよく使用されている 「チョコペン」 のようなものが装着されており、これによって箱型やハート型などの立体感のあるチョコレートを自動で形成することができます。        マシンの動作が非常にゆっくりとしているため大量生産には適しておりませんが、高さや厚みなど、チョコレートのかたちを細かく調整することができるので非常に便利。 また、1ミリの狂いもなく計算どおりの完璧な立体チョコレートが作れてしまうので、大きな作品を作る際のパーツづくりとしても役立ちそうです。          気になる 『3D Chocolate Printer』 のお値段は、日本円でおよそ32万5千円なり。 個人で購入するにはさすがに躊躇する金額ですが、お店に取り入れるならばそれほど高額ではないような気がします。          それにしても、とうとうチョコレート用の3Dプリンターまで発売されてしまうとは、3Dの果てしない可能性に改めて驚愕。次はどんな3D関連商品が世に出るのでしょうか。 今後の展開が楽しみですね。 (youpouch.com)          You Tubeの動画はこちらから        神の手でも無理なような作業を難なくこなしています。 驚きです。                       ツイートこの記事をつぶやく