粉症に罹っている子どもが増えている。 ウェザーニューズの 「第2回花粉症調査」 によると、発症の早い子どもの平均年齢は7.4歳だった。          原因として考えられていることには、食生活の変化によるタンパク質やカロリーの摂取量が高いことや、免疫力が低下している子どもが増えていることを指摘する医師もいたが、じつは花粉症になりやすい体質は 「遺伝する」 らしいこともわかってきた。              ウェザーニューズが 「第2回花粉症調査」 (2012年4月12日?15日に実施)で、「お子さんや周りの子どもで、花粉症の症状が出ている子は、早い子で何歳くらいから発症していますか?」 と聞いたところ、27.4%が 「4~6歳」 と回答し、もっとも多かった。 次いで、「7~9歳」 が17.5%、「0~3歳」 が17.4%となった。          同社では全国の50の病院からも協力を得ていて、医師は食生活の変化とともに、幼稚園や保育園に通うなど外出機会が増えていることが、体内に花粉が入りやすい原因の一つになっているかもしれない、と指摘する。          一方、ロート製薬が2012年2月に発表した、0~16歳の子どもをもつ父母を対象とした 「子どもの花粉症」 アンケート調査(2011年11~12月に実施)では、「16歳以下の3人に1人」 が花粉症であることがわかった。          同社の調査は2006年にも実施しており、「自分の子どもが花粉症だと感じている」 人は、06年の30.2%から11年には35.6%となり、5.4ポイントも増加した。          またこの中で、花粉症に加えて 「通年性アレルギー性鼻炎を併発していると感じている」 人も、8.6%から11.2%に増加。 さらに子どもが花粉症を発症している親を対象に、「子どもが発症したと思われる年齢」 を聞いたところ、「10歳以下」 と答えた人は82.1%を占め、06年の75.4%に比べて6.7ポイントも増えていた。          花粉症の子どもの多くが、じつは小学校の低学年のときにはすでに発症しているのだ。              花粉症といえば、体内に蓄積されたアレルギー物質(スギ花粉など)が、ある日突然外部の花粉などに反応してアレルギー反応を起こすと思っていた人は少なくないだろう。 そのため、年齢を重ねた、大人になって罹る病気と思われてもいた。          それが小さな子どもが発症するケースが増えているのは、なぜだろう。 免疫・小児アレルギーの専門医で、大阪府済生会中津病院小児科の末廣豊医師は 「両親がスギ花粉症の場合、そのお子さんは理論的にはほぼ100%、スギ花粉症になります」 と言い切る。 「遺伝」、というのだ。        
「アトピーなどの症状のアレルギーも両親のどちらかが(アレルギーを)もっていた場合は60~70%、両親とももっていると80%以上の確率で発症します。 花粉症もアレルギーですから、同じように、つまり『遺伝である』と考えられるわけです」        
   たしかに突然に発症する人は少なくないが、「花粉が飛散する量や、その人の体調によって、症状が表に出ていなかっただけと思われます。 (発症した人は)事前にアレルギー検査を受けていればアレルギー反応があったはずですよ」 という。          花粉症は、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどが典型的な症状だが、小さい子供の場合はこれらの症状が表に出てこないことがあるそうだ。          末廣医師は、「子どもだからといって軽くみてはいけません。 子どもほど早めの予防が大事で、そのためには親が早く気がついてあげるしかないんです」 と、アドバイスする。          鼻をすすったり、目や鼻をこすったり、目の周りが赤くはれたりといった症状には要注意。 「集中力が落ちて勉強の成績が落ちるなんてこともあります」 と話す。          ロート製薬の調べでは、子どもに花粉症の症状が出ている季節は、「4~5月」 が最多(62.9%)という。 (j-cast.com)          今シーズンのスギ花粉対策にヤクルトから発売されている 『KW乳酸菌』 を1月から飲んでいますがこれって効果あるような気がする!?                      ツイートこの記事をつぶやく
                      丹田        新年度が始まり約1か月。      新しい環境にも慣れてやる気が満ちてくるこの季節。        しかし、ただやる気があっても体力がなかなか続かないのが難しいところ。 そこで、東洋医学の世界には体力を上げるツボなるものがありました。          『人生に勝つ符呪77の秘法ーこれであなたの願いはかなう』 (ナツメ社)によると、体力アップのカギとなるのは 「丹田」 というツボ。 へそ下、ちょうどこぶし1個分のところにあります。        東洋医学では気の源泉とされ、体全体のエネルギーをつかさどると言われています。この丹田を活性化させて体力アップを目指しましょう。            ・スタミナを上げるマッサージ法        1.  丹田の周辺を手のひらでさする。    まずは丹田のあたりを手のひらで左右にさすります。 あまり強い力で押したりする必要はありません。 心地良いと感じるくらいの力で、ゆっくりとマッサージしてください。          2.  ももの付け根をそれぞれ摩擦する。    太ももの付け根、リンパ節のあたりをまた手のひらを使いマッサージします。 丹田のときと同様に、ほどよい力でゆっくりと手のひらを往復させましょう。 丹田からの気の流れがスムーズに全身へと流れるようになります。      1日1回、丹田と太ももをそれぞれ30往復ほどすればOK。 気が全身へとみなぎり、血行も良くなります。 体力不足に悩みがちな女性には嬉しいマッサージですね。      この丹田マッサージは、エネルギーの回復・強化だけでなく、自律神経失調症、ストレスの解消、情緒不安定、さらには、アトピー性皮膚炎、リウマチの改善などに役立つと言われています。        体本来のエネルギーと動きを取り戻して、ハツラツとした毎日を送りましょう!!                    ツイートこの記事をつぶやく
      中国豪邸        漫画 「中国嫁日記」 で知られるゲームデザイナー兼イラストレータ兼漫画家の井上純一氏が中国で借りた豪邸の賃料が破格だと話題になっている。 アメリカならビバリーヒルズに建っていてもおかしくないような家や日本で億ションと呼ばれるレベルのマンションの家賃が日本円にして3~4万円で借りれるという。          中国では豪華マンションや高級住宅が集まっている集落のことを 「花園」 (ファーイェン)と呼ぶそうで、集落の周囲は壁に囲まれて周囲とは隔絶されており、しかも警備員まで常駐しているという。           広さ140平米でバス・トイレが2つ付いてるような豪華な間取りで月に3100元、日本円にして4万円程度で借りれるのだそうだ。 「俺、いまから中国行ってくるわ」 と考える人が続出! PCとネットさえあれば仕事ができる人なら、そんな気分になってもおかしくないと思う豪華さである。 (itlifehack.jp)      ツイートこの記事をつぶやく