石原慎太郎・東京都知事が朝日新聞の記者に 「みんなの前で殴るからな」 と 「予告した」 と報じられている。 朝日新聞の記事に不満があったかららしいが、「被害者」 とまでいっているにしては、どの記事のどの部分が知事の怒りに火をつけたのかについては語っていない。          「それ(殴る)しかない、抵抗の仕方は。 (こちらは)新聞出しているわけじゃないんだから」 と記者団の前で語ったという。                    石原都知事        スポーツ報知が2012年4月25日、「朝日新聞記者に 『鉄拳制裁』 予告」 と報じた。 スポーツニッポンも短く同様の記事を伝えた。          報知記事などによると、石原知事が原作や脚本などを手がけ、出演もする映画 「青木ケ原」 の撮影が静岡県富士宮市であり、4月24日、石原知事も参加した。          石原知事は、取材中の朝日新聞の男性記者に対し、「 『おい、おまえ、朝日か。 この野郎は意地悪いんだよ』 などと激怒した」。 「顔を紅潮させて」 話した。        
「みんなの前で殴るからな」        「イエローカード2枚、3枚になったら、殴るからな」      
と 「殴る」 を連発した。 朝日新聞の記事に不満があるようで、      
「書かれっぱなしでこっちは、被害者で甘んじるわけはないからね。 相手を殴るしかないんだから」      
と 「激怒」。 約2分間怒っていたが、最後は 「冷静さを取り戻し」、      
「それ(殴る)しかないんだもん、抵抗の仕方は。 新聞出してるわけじゃないんだから」      
と「苦笑した」。                問題の朝日記事は、4月23日付夕刊の 「石原知事 都政飽きた? 執筆・映画、登庁週2日」 のことのようだ。          4期目に入り1年を迎えた現状を、署名記事でまとめている。 「都政への関心を知事が急速に失っているのではないか」 という見方が、都議や都幹部に広がっていると指摘。 沖縄県の尖閣諸島購入を知事が突然発表したことにも触れている。          一方で、石原新党構想や橋下大阪市長との会談を例に挙げ、「特定の分野には精力的」 で、作家活動も旺盛だとしている。 映画 「青木ケ原」 の活動も紹介した。          また、会議や視察を 「発熱」 などの理由で急きょキャンセルしたことについて、「年齢もあるようだ」 と分析。 「もともとわがままだけど、さらにわがままになっている」 という 「知事周辺」 の声も伝えた。          石原知事はかねてから、「批判はいいが侮辱はするな」 という考えを示している。 もっとも、石原知事が使った 「イエローカード」 云々の表現からみると、すぐにも 「朝日新聞の記者を殴る」 わけではなさそうだ。              橋下市長も、「テレビや新聞で好き勝手いい加減なこと言われても、僕はこのツイッターで反論するしかない」 「メディアはものすごく影響力が大きい」 (3月上旬のツイッター)と、報道への 「対抗措置」 に頭を悩ませているようだ。          石原知事のネット発信は、記者会見を動画と文書で都庁サイト上に公開したり、自身のサイトでは産経新聞で連載中のコラムを一部、転載したりしている。 ブログやツイッターは見あたらない。 (j-cast.com)                     ツイートこの記事をつぶやく
      日産シーマ        日産自動車は25日、高級セダン 「シーマ」 の5代目となる新型モデルを5月21日に発売すると発表しました。 「CIMA HYBRID」 「CIMA HYBRID VIP」 「CIMA HYBRID VIP G」 という3つのグレードがあり、価格は735万円から840万円。        新型シーマは、パワートレインに同社独自の1モーター2クラッチ方式のハイブリッドシステム 「インテリジェント デュアル クラッチ コントロール」 を採用し、ダイレクト感のあるレスポンスと16.6km / L(JC08モード)の低燃費を両立。 ハイブリッド専用エンジンの「VQ35HR」 (DOHC-V型6気筒)に、高性能モーター 「HM34」 とリチウムイオンバッテリーを組み合わせ、効率が良くパワフルな走りを実現したという。 また、「環境対応車普及促進税制」 (エコカー減税)による減税措置で、自動車取得税及び自動車重量税が免税となる。        さらに、路面からの入力に応じて2つのピストンが減衰力をコントロールするダブルピストンショックアブソーバーの採用、同社初の採用となる吸音タイヤ、後席重視のチューニングを施したアクティブノイズコントロールの搭載などにより、上質な乗り心地と高い静粛性を実現したとのこと。        エクステリアは、立体的なフレームを持つ大型グリルや、メッキモールをあしらったバンパーによる存在感のあるフロントマスク、3メートルを超えるロングホイールベースがもたらす伸びやかなサイドビューにより、高級感と存在感を演出。       シーマインテリア        インテリアではクラストップレベルの後席二ールームを実現しており、クッションパッドに低反発ウレタンを採用した本革シートや、エンジンスイッチを押した時に、シートやステアリング、ドアミラーのポジション等を登録された位置にセットする 「パーソナルドライビングポジションメモリーシステム」 などを採用している。        トランスミッションは、マニュアルモード付電子制御7速ハイブリッドトランスミッション、駆動方式は2WD(FR)を採用。乗車定員は5名。 (mynavi.jp)          このシーマカッコイイヵナァ・・??           ツイートこの記事をつぶやく
       資金管理団体 「陸山会」 をめぐる政治資金規正法違反(虚偽記載)の罪で強制起訴された元民主党代表の小沢一郎被告(69)に対する判決公判が2012年4月26日午前、東京地裁であり、大善文男裁判長は無罪(求刑・禁固3年)の判決を言い渡した。          2009年に導入された強制起訴制度による裁判での判決は2例目。        (1)政治資金報告書に虚偽記載があったか。        (2)元秘書と小沢元代表との間に共謀があった。       が主な争点で、小沢元代表側は 「虚偽記載も共謀もなかった」 と、一貫して無罪を主張してきた。           指定弁護士側は、当初は、小沢元代表の元秘書、石川知裕衆院議員(38)=1審有罪、控訴中=らの 「小沢元代表に政治資金報告書の内容を報告し、了承を得た」 などとする供述調書を立証の柱にしていたが、東京地裁は12年2月になって 「取り調べに利益誘導や圧力があった」 などとして調書の証拠採用を却下。 指定弁護士側は立証の柱を失い、状況証拠を積み重ねた形での立証を迫られていた。 (j-cast.com)                  ツイートこの記事をつぶやく
       韓国の大手芸能事務所オープンワールドエンターテインメントのジャン代表が、歌手志望の練習生11人に性的暴行を加えたとして逮捕された事件で、この事務所の元社員が韓国メディア 「スポーツソウル」 に一連の出来事について暴露した。 だがその内容は、日本人ファンも関係する衝撃的なものだった。      同誌との単独インタビューに答えた元社員のA氏は、残業代の未払いなどのトラブルで、同事務所を退社。 スポーツソウルの 「オープンワールド退社職員 『ジャン代表、娘のように接した練習生を…』 暴露」 (24日付)では、ジャン代表が行った暴行や、加担したメンバー、暴行が行われた場所、ファンへの性関係斡旋などについて生々しく語った。      A氏によると、「被害者は11人」 ではなく実際には女性練習生ほぼ全員が被害にあっていた。 暴行は主に事務所との契約前に起き、一部の女性たちはその後所属タレントとして正式に契約を交わしても辞めていたという。        ジャン代表は練習生を社員が退社した夜10~11時以降に事務所に呼び、暴行を繰り返していた。 「犯行はどのようなものだったのか」 という質問について、A氏は次のように答えている。    「主に犯行に使われたのは地下の練習室と5階にある代表の部屋。 代表は所属するグループのメンバーを事務所に呼び出し、地下室で女性練習生を暴行しろと指示したりしていた。 練習室には監視カメラがあり、代表は5階の自分の部屋でそれを見る。 いつでもどこでも映像が見れるよう、スマートフォンにも専用の機能まで入れていた」。 当然、所属グループと練習生らは互いに顔見知りのケースが多いため、当人らはショックを受けていたという。      5階の代表の部屋に入れるのは極少数の社員だけで、室内にはシャワー室のほか密室があった。 日本で購入した90個以上のアダルトグッズも見つかっており、代表はそれらをメンバーらにプレゼントしたりもしていた。      さらに代表は日本人女性ファンとも親密な関係を持ち、1週間に2度ほどは所属するグループと日本人ファンを合わせたりもした。 「あるメンバーは日本人ファンとモーテルに行ったが、その女性がツイッターなどで関係について書き込んだため大変だった。 当時、そのメンバーは性的な関係は持ちたくないと言っていた。 韓国ファンとも同じようなことをしていた。女性側がそういった機会を望んでいた」。      オープンワールドエンターテインメントの実態を同誌に暴露したA氏。 「今後はどうするのか?」 と尋ねられると、「分からない。 芸能界から離れたいだけだ」 と答えた。(livedoor.com)                 ツイートこの記事をつぶやく
      生活保護不正受給        お笑いコンビ『次長課長』の河本準一さんが、非常に危うい状況に陥りつつある。 年収3000~5000万円でありながら、母親が生活保護を受けているというのだ。 例外もあるが、親に収入がなく、子どもに一定以上の収入がある場合、親を扶養する義務がある。 それが扶養義務だ。        つまり年収5000万円の河本さんの母親が、生活保護を受けるというのは 「常識的に考えておかしい」 のである。 さらに河本さんが母親に仕送りしていたら、なおさらおかしいことになる。 福祉に詳しい人物に話を聞いたところ、「生活保護や扶養義務にはあらゆるケースがあるので一概にはいえないが」 と前置きをしたうえで、以下のように説明してくれた。              ・生活保護や扶養義務について    「いくら子どもに収入があったとしても、年収200万などでは親を扶養することは難しいでしょう。 よって、このような場合は親が生活保護を受けることが可能だと思われます。 しかし、年収1000万円とか2000万円なんて場合は別です。 親が生活保護を申請すると、調査権を行使して子どもに収入などの情報を提出するよう、用紙を送ることができます。 子どもはそこに収入を書いて提出するのですが、少なくとも1000万円も収入があったら生活保護なんてとんでもないということになります。 ここで嘘の収入を書いたりしたら大変です。 調査すれば嘘であるとばれますから、裁判の判決にもよりますが、不正受給されていた生活保護費を強制的に子どもの給与や銀行口座から返してもらいます」        また、『税金と保険の情報サイト』 に掲載された記事には、「河本親子が刑事責任を追求される可能性も出てきた。 (中略)実際には河本から母親への仕送りがなされていた場合、警察であればこの金の流れを明らかにすることが可能だ。 収入があったにもかかわらず、生活保護費を受け取っていたのであれば、母親は不正受給により刑事罰の対象となる。 また河本自身もこれに加担したのであれば、共同正犯や教唆などの罪を問われる可能性も高い」 と書かれている。        そもそも河本さんは、母親が生活保護を受ける際に福祉事務所から出された収入調査の用紙に、どのような金額を書いたのだろうか? 年収5000万円なんて書いたら、どう考えても生活保護は受けられないと思うのだが……。          『女性セブン』 の報道によると、河本さんは周囲の人たちに対して 「今オカンが生活保護を受けていて、役所から息子さんが力を貸してくれませんか? って連絡があるんだけど、そんなん絶対聞いたらアカン! タダでもらえるんなら、もろとけばいいんや!」 と言っていたという。        ちなみに、どんなに子どもの収入が多かったとしても実質的に生活が苦しい場合は、親が生活保護を受けられることもあるという。 たとえば、息子夫婦に子どもが多すぎて家計が大変な場合はそのケースにあたるらしい。 親と子どもが不仲の場合も、親の生活保護受給の理由になることがあるという。        確か河本親子は超仲良しだったような……。 (rocketnews24.com)                 ツイートこの記事をつぶやく
       昨年11月に東京・神田に1号店がオープンした、“おひとり様専用カラオケ店” こと 「ワンカラ」。 「歌うのは好きだけど、誰かと一緒なのは恥ずかしい……」 「みんなで行くときのために練習したい」 など、さまざまなニーズに応えるカラオケ店として注目を集めているが、このたび学生の街・高田馬場に 「ワンカラ」 の2号店がオープンする運びとなった。 開店日は4月27日。           ワンカラ        「ワンカラ高田馬場店」 ではマイク、モニター、ヘッドホンなどの仕様をバージョンアップ。 1号店で集積した “おひとり様専用カラオケ店” のノウハウを活かし、より快適に楽しめる環境を整えた。 PIT数(部屋数)も1号店の約2倍となる43PITを用意している。    また、韓国でNo.1シェアを誇るKumyoung社のカラオケ機種を日本で初めて導入。 歌詞のハングル文字にはカタカナルビが付くので、K-POPを存分に歌いたい人には嬉しいサービスだ。        なお、「ワンカラ」 は高田馬場の2号店以降も続々と店舗を展開。 5月18日には池袋に3号店 「ワンカラ池袋東口店」、6月には新宿に4号店 「ワンカラ新宿大ガード店」、7月には5号店 「渋谷ちとせ会館店」、さらに6号店~10号店を8月までにオープンする予定だ。        「ワンカラ高田馬場店」(東京都新宿区高田馬場4-11-10)の営業時間は午前10時~翌午前6時、料金体系は平日800円/1時間、週末900円/1時間(ソフトドリンクフリー)、ヘッドホンレンタル費用300円/1回、入会金200円。  (narinari.com)     ツイートこの記事をつぶやく
       アメリカの調査機関 【Pew Research Center】 は2012年4月4日、電子書籍を中心に、アメリカの読書性向に関する調査報告書 【The Rise of E-Reading】 を発表しました。         モバイル端末、特に電子書籍リーダーの登場・普及で大きな変化をとげている、アメリカの読書の現状をかいまみられる貴重なデータが、多数盛り込まれている。 今回はその中から 「電子書籍リーダーとタブレット機、それぞれの ”非” 保有者における、非保有の理由」 にチェックします。        今調査は16歳以上のアメリカ合衆国国内に住む人を対象とし、2011年11月16日から12月21日にかけて、RDD方式で抽出された電話番号に対し、電話による音声インタビュー形式で英語及びスペイン語で行われたもので、有効回答数は2986人。 対象電話は固定電話が1526人、携帯電話が1460人(そのうち固定電話非保有者は677人)。 国勢調査結果に基づくウェイトバックが行われている。また今調査全体のうち一部項目では同様の調査スタイルながらも 「18歳以上」 「2012年1月20日から2月19日」 「有効回答数は2253人」 による(より現在に近い)取得データを用いたものもある。 こちらを用いている場合は逐次その旨言及する。        電子書籍リーダーやタブレット機の保有比率は2割足らず。 現在持っていない人も今後の購入意向はさほど高くない。       ↑ 直近調査におけるデジタル機器保有率(米、18歳以上、2011年5月~2012年2月) ↑ 直近調査におけるデジタル機器保有率(米、18歳以上、2011年5月~2012年2月)(再録)         ↑ 電子書籍リーダー非保有者の今後の購入(米、電子書籍リーダー非保有者、16歳以上、2011年12月) ↑ 電子書籍リーダー非保有者の今後の購入以降(米、電子書籍リーダー非保有者、16歳以上、2011年12月)(再録)         ↑ タブレット機非保有者の今後の購入以降(米、タブレット機非保有者、16歳以上、2011年12月) ↑ タブレット機非保有者の今後の購入以降(米、タブレット機非保有者、16歳以上、2011年12月)(再録)        非保有者における心情を推し量れるのが、次に示すグラフ。 これは現在電子書籍リーダー、タブレット機それぞれを持たない人に向けて、「なぜ今持っていないのか」 の最大の理由を尋ねたもの。 回答率こそ違えど、両者ともトップには 「欲しくない・要らない」 という半ば曖昧な回答がついている。       ↑ 何故今電子書籍リーダーを持っていないのか(米、16歳以上、2011年12月、非保有者、最大理由) ↑ 何故今電子書籍リーダーを持っていないのか(米、16歳以上、2011年12月、非保有者、最大理由)         ↑ 何故今タブレット機を持っていないのか(米、16歳以上、2011年12月、非保有者、最大理由) ↑ 何故今タブレット機を持っていないのか(米、16歳以上、2011年12月、非保有者、最大理由)          原文での表現は 「Just don’t need one/don’t want one」。 必要性を覚えない、欲しくない。 何らかの好奇心をそれなりに抱いている可能性はあるが、欲しいと思わせるだけの魅力を感じない、必要な事象を想定できないということになる。 しかもそれぞれの機種の第二位以降の具体的内容を持つ選択肢ではなく、あえて 「欲しくない・要らない」 を選んだということは、「なんとなく」 あるいは 「強度の低い複数要素」 の域で保有に至らない、持っていないことを意味する。       さらに興味深いのは、双方とも第二位に 「高過ぎる」 がついていること。 これは単純に絶対額が高いのに加え、自分が考えている使い方・有益性では割が合わないことをも意味する。 例えば電子書籍リーダーが1万円台しかしなくても、読書が嫌いな人にとっては 「わざわざ1万円を出して、自分が嫌いな読書をする必要など無い」 ということになる。      第三位以降の回答上位層は、それぞれの機種の特性、事情をかいま見れる結果となっている。具体的には    
・電子書籍リーダー   「紙の本がよい」 という媒体へのこだわり、「本を読む習慣が無いので、そのツールも必要ない」 との必然性、そして 「電子書籍リーダーを知らない」 という啓蒙不足によるもの。     ・タブレット機   デスクトップパソコンやノートパソコン、スマートフォンなど既存の手持ち端末で満足してしまい、タブレット機保有の有意性を見いだせない 「手持ちの端末で十分」。 単に 「要らない」、「高い」 以外ではタブレット機の不必要性を表す言葉としてもっとも理解できる。
      などが挙げられる。        もっともこれらの 「現在非保有」 の理由の多くも、微妙なバランスの天秤の上にある。 「市場価格がこの価格帯なら欲しいとは思わないが、ここまで下げるのなら買ってもいいかな」 という、流動的な意思を持つ人も少なくない。 特に電子書籍リーダー(とりわけKindle)は、「普及台数を増やすことで顧客を増やし、ビジネスを成立させる」 というプラットフォーム活用型ビジネスモデルを採用しているため、今後ますます廉価な版の展開が予想される。      それにつれて現在 「欲しくない・要らない」 「高過ぎる」 と判断している人も、少しずつ、少なからずが 「いつかは買いたい」 「半年以内に買うつもり」 に意向していくに違いない。 (garbagenews.net)                             ツイートこの記事をつぶやく