インスタグラム        アメリカ・Facebookは4月9日(現地時間)、モバイル向け写真サービスを提供するアメリカInstagramを買収することで同社と合意したと発表しました。        買収金額はおよそ10億ドルで、現金とFacebook株の組み合わせで支払う。 順調に進めば、6月末までに買収手続きが完了する見通し。          Instagramは、モバイル向けの統合的な写真サービスを提供している。 ユーザーは、スマートフォンアプリで撮影した写真を、スマートフォン・アプリを使って手軽に加工し、それらを写真版Twitterと呼べるようなサービスで共有できる。 2010年10月にサービスを開始して以来、iOSアプリだけでこれまでに3000万人以上のユーザーを獲得。 4月3日にAndroidアプリの提供を開始したばかりだった。            Instgramの買収は、製品の利用者数ではFacebookにとって過去最大規模になる。 Facebookは大きな買収に積極的な企業ではないが、今回買収に踏み切った大きな理由として近年同社が強化に努める「写真共有体験」を挙げている。        ただしFacebook CEOのMark Zuckerberg氏は、InstagramをFacebookに取り込むのではなく、これまで通りに独立したサービスとして存続させる意向を示している。      「(FacebookとInstagramは)お互いを補足し合う異なる利用体験を備える。 しかし、単にInstagramをFacebookに統合しようとするのではなく、Instagramの強みと機能を維持し、その上で発展させるように留意しなければ、相乗効果を上手く引き出すことはできない」 と述べる。 Instagramの他のソーシャルネットワークとの接続性も維持する計画で、InstagramユーザーがFacebookで写真を共有したくなければ、Facebook以外のサービスを選択でき、またFacebookの友達に限らず、Instagramにおいてフォロー/フォロワーの関係を構築できるようにするという。 「このアプリ(Instagram)とブランドをより多くの人々に広げる手助けをするのが、われわれの役割だ」 とZuckerberg氏。        Instagram CEOのKevin Systrom氏は 「大事なことなので、Instagramがなくなったりはしないことをはっきりと伝えておきたい。 われわれはInstagramを進化させ、ネットワークを広げるためにFacebookと協力する。 これからも製品に新しい機能を追加し続け、そしてモバイルにおけるより良い写真体験を作り出す新たな方法を見いだしていく」 とコメントしている。 (mynavi.jp)                  ツイートこの記事をつぶやく
       女優の泉ピン子さん(64)がバラエティ番組内で、くりぃむしちゅー上田晋也さん(41)の兄について代役ぶりが素人過ぎると罵倒し、騒ぎになっている。 ピン子さんのブログには、批判的なコメントが相次ぎ炎上している状態だ。           「お前ので出られるわけないだろ! 本当にもう」                       泉ピン子          泉ピン子さんは、2012年4月6日夜放送のフジテレビ系 「ペケ×ポン」 に超大御所ゲストとして紹介されると、いきなりこう言って頭を叩いた。 相手は、ポリープ手術で入院した司会の上田晋也さんの代役を務めた兄の啓介さんだ。        啓介さんは、映像制作会社を経営しながら、地元の熊本県でラジオ番組の司会などもしている。しかし、中央のテレビではまだ素人というわけらしい。        「くだらねえこと、ペラペラペラペラ」      「お前、似てりゃいいってもんじゃないんだ、テレビは」      「面白くないんだよ。お前は、熊本引っ込んでろ、本当に」          続けざまに、こうまくしたてる。 「超大御所」 にこう罵られて、啓介さんはただ苦笑いするしかなかった。          啓介さんがクイズの進行を仕切ろうとするたび、ピン子さんは、「あ、そう。 つまんない」 「うるさいよお」 「何だ素人、コラ!」 などとからかった。 「こんなものには、公共の電波使わせてもったいない」 とも言い切った。                料理を食べたことの有無を啓介さんが聞くと、「だれに言ってんだ? お前よりはるかに収入は何千倍も稼いできたよ。 お前の年収を1日で稼ぐよ」。 さらに、話を差し挟もうとする啓介さんに、「あたし、役者って消せるのよ、人間を。 嫌いだったら」 と脅す仕草をみせた。          こうした過激な発言に対し、05年まで続けられていたピン子さんのブログのコメント欄に、批判の書き込みが相次いだ。 「一般人を馬鹿にしないでください」 「全く面白くないし、ムカついてくる」 「ちょうし乗るな」 といった声が多く、ブログ休止中にもかかわらず炎上状態になっている。           「ピン子は元々そういうキャラだろ」 と擁護も・・・        もちろん、バラエティ番組だけに、こうした過激な発言も演出に過ぎない可能性はある。 実際、上田啓介さんが登場したときは、出演者らが一斉に司会はムリだとの声を上げ、その方向でクイズを盛り上げようとしていた。 また、泉ピン子さんもよろけながら登場しており、発言も番組の意図に沿ったものだったかもしれない。          「このままだったら、芸能界すごい甘いと思われるじゃない?」 「 『うるせえよ、ピン子!』 とか、なんか返せよな。 そうしたら東京で残れるのになあ」。 ピン子さんは、こう叱咤激励のような発言もしている。          それだけに、ネット上では、「台本にマジギレしてどうすんの?」 「ピン子は元々そういうキャラだろ」 と擁護する声もあるようだ。                ピン子さんは時々、その発言などが物議を醸している。          1992年には、女性誌からドラマ出演の後輩をいびっていると叩かれ、本人が会見で涙ながらに完全否定したことがあった。 最近では、テレビ番組でAKB48のメンバーをいじめたとしてブログに批判が相次いだほか、自著のサイン会で質問した女性リポーターを罵倒する騒ぎも報じられている。          もっとも、サイン会では、占い師との共同生活が騒ぎになったオセロの中島知子さん(40)に、「そっとしておいてあげるのがいい」 などと気遣う発言もしていた。 (j-cast.com)                   ツイートこの記事をつぶやく