CMでモデルのトリンドル玲奈が使ったことで一般にも広まった 「てへぺろ」 の語源は、声優の日笠陽子と言われる。        昨年、テレビ番組でその 「てへぺろ」 を披露して広めたひとりが、お笑いコンビ・はんにゃの金田哲だった。 その金田が、また新しいワードを仕掛けたのだ。        今年の流行語大賞になりそうな勢いの 「てへぺろ」 だが、すでに次のワードとして 「ぷぷぷ」 が注目されている。元モー娘。 のメンバーなどがブログで多用することから広がっているようだ。      だが昨年9月に放送されたテレビ 『ショーバト!』 のスペシャル番組で、「てへぺろ」 に光をあてていた金田哲。 彼が、今年4月2日放送の同番組で次のワードを紹介した。            金田がヲタク用語を調べ上げて選んだワードの数々を、SKE48の歌 う「会いたかった」 に合いの手を入れる形で披露したものだ。 「ヌーン」、「はきゅーん」、「うぇいうぇい」 という語感に特徴があるものや、「はげしく同意」、「告白祭」、「IYHでイヤッホー」 などの言葉に意味が含まれるものなどいくつかのタイプがある。        そんな中で金田が多用したのが、「もどかし戦隊悩むんジャー」、「駆け出し戦隊走るんジャー」、「赤面戦隊照れるんジャー」 のレンジャーものだが、これは考えるのに時間がかかりそうだ。          もうひとつ、彼が連発した 「太もも崩壊」、「涙腺崩壊」、「腹筋崩壊」 は “崩壊(ほうかい)” を入れるだけなので、『自転車こいで太もも崩壊』 とすぐに使えそうである。          スタジオの田村淳や藤森慎吾らは、「根日輪(こんにちは)でネニチリ~ン」 に反応していた。 これは 「こんにちは」 の代わりに 「ネニチリーン」 と使うのだが、字面にして面白いのでメール向きだろう。          一方でネット上では「てへぺろ」の語源である日笠陽子の笑い声 「ほろろほろろ!」 から、次に流行るのは 「ほろろ」 ではないかとの声も出ている。        「てへぺろ」 がすでに定着した感がある今。 前述の 「ぷぷぷ」 をはじめ、「崩壊」、「根日輪」そして 「ほろろ」 などが次の流行語になるかもしれない。 (techinsight.jp)          「ぷぷぷ」、「崩壊」、「根日輪」に「ほろろ」 どれも “ビビッ” 訴えるものが無いような気がするけど・・・ 私の感覚がすでに鈍っているかもしれないけど。 流行語って驚きと人々の圧倒的な支持を受けて爆発的な勢いで広まる言葉だからどれもそんな感じがないな!?        「てへぺろ」 って最初 “ペロペロ” って聞こえたんだど・・・ エッ!! って衝撃的だったんだけど巷では流行している感じじゃない気がするんのだが??                       ツイートこの記事をつぶやく
      ザク豆腐        相模屋食料が 「機動戦士ガンダム」 とコラボレーションして発売開始した「ザクとうふ」。        28日から全国のスーパーマーケットなどで販売されていたが、予想を遥かに上回る売れ行きで、すでに生産が間に合わない状況になっているという。          相模屋食料では、現在全力で増産体制を整えているが、関東地区を中心に順次配送している状況で、手に入りづらい地域も出ていることをお詫びしたいとしている。    また、同商品の発売を記念して制作した数量限定のノベルティグッズ 「ヒート・ホーク・スプーン」 についても、爆発的な注文数量を受け、予定より大幅に早く限定数量に達し、生産を終了したとのことだ。 (rbbtoday.com)         ツイートこの記事をつぶやく
      韓国版ねぶた祭り        青森の伝統ある 『ねぶた祭り』 が韓国に模倣され、韓国発祥の 『燃灯会(燃灯祭のこと)』 としてユネスコに登録されそうだと、インターネット上で騒ぎとなっている。        ことの発端は、3月30日に行われた韓国文化財庁の発表。 それによると、韓国の代表的な伝統文化遺産として 『キムチ文化とキムチ』 『燃灯会』 をユネスコ人類無形遺産に、李舜臣(イ・スンシン)将軍の 『乱中日記』 『セマウル運動記録物』 を世界記録遺産に申請したという。          このうち 『燃灯会』 は、新羅時代から伝わる仏教のお祭りで、現在は毎年ソウルで大規模な燃灯行列が行われている。       最近、韓国の重要無形文化財に指定されたことから、今回の申請にこぎつけた。 だが、問題なのはその中身だ。 『ねぶた祭り』 といえば大型の灯籠が有名だが、韓国の 『燃灯会』 でも最近は 『ねぶた祭り』 をまねたような大型の灯籠が登場する。 過去に青森が韓国でねぶたの製造方法を教えたこともあり、インターネット上では 『燃灯会』 は 『ねぶた祭り』 をパクったものだとの意見が圧倒的だ。          そもそも、『燃灯会』 がなぜ最近になって韓国の重要無形文化財に指定されたのか。 そのことにも注目すべきかもしれない。 韓国メディアによると、『燃灯会』 はなかなか国の重要無形文化財に指定されなかった。 なぜなら韓国はキリスト教徒が多い国。 キリスト教側は、「燃灯会に伝統はない」 「燃灯行列は日帝残滓(ざんし)」 などと主張し、無形文化財指定に反対した。 そのため、文化財庁は伝統再現および考証不足を理由に指定を見送っていた。        このように韓国内でも意見が分かれている 『燃灯会』。 文化財庁は、『燃灯会』 には歴史があり、現在も大規模な祭りとして燃灯行列が行われるなどと説明するが…。 「燃灯行列」 が日帝残滓で、燃灯行列に登場する 「大型の灯籠」 がねぶた祭りから伝わったものだとしたら、果たしてユネスコに登録される可能性は本当にあるのだろうか。(getnews.jp)                       ツイートこの記事をつぶやく
       カンボジア国籍を取得しロンドンオリンピックのマラソンに出場が決まった、お笑い芸人の猫ひろしさん(34)に対し 「オリンピック出場を辞退させよう」 との呼びかけがネットで広がっている。          スポーツ選手が国籍を変えるのはままある話だが、猫さんのマラソンの実力はそれほどではなく、カンボジアの有力選手の出場枠を 「奪った」 ようなもので、カンボジアに貢献するどころか恥をかかせてしまうことになりかねない、という理由からだ。              猫さんは2012年3月26日にオリンピック出場の会見を東京都内で行った。 ここでは 「あくまで芸人として五輪の舞台に立つ」 ことを宣言した。 スタートの 「ニャー」 で勢いをつけ、ゴール後に最高の一発芸をかますのだと言う。          2012年2月5日に行われた別府大分毎日マラソンでは50位で、自己記録を7分縮める2時間30分26秒だった。 カンボジアにはマラソンでオリンピック出場の基準を満たす選手はゼロだが、「特別枠」 として猫さんが選ばれた。          本格的にマラソンを始めてから4年。 今後はオリンピックに向け日本をベースに調整を行い、お笑い芸人も続けていく。 カンボジアにはレースがある時に帰国する。          4月半ばにカンボジアで五輪選手団の会見が行われ、そこに参加する予定になっているが、ネットでは 「猫ひろしにオリンピック出場を辞退させよう」 といった呼びかけが起こり、それが拡大している。         理由は、記録がオリンピックレベルではないのに国籍まで変え出場を決めたのは何か裏があるのではないか、という 「疑惑」 だ。 また、元日本人がカンボジアに恥をかかせてはいけない、というのもあり        
「猫ひろしが選ばれる訳が無いんだよ、本当はな」     「カンボジア代表なら、日本から出てカンボジアに住んでから国を背負って出て欲しいわ」     「問題なのは売名行為、カネが絡んでいるのが見え見えな上、他国の出場枠を奪い取り、スポーツの祭典をギャグとやらで侮辱すると公言している事」        
といった批判が展開されている。              猫さんのオリンピック出場に関してはネットだけでなく、例えばカンボジアのマラソン選手を日本の大会に招待したことがある元五輪銀メダリストの有森裕子さん(45)も各新聞のインタビューで、      
今も頑張っているカンボジアの選手に出場してほしかったし、日本人に代表を譲る選手を思うと悔しい」      
と訴えている。                作家の曽野綾子さん(80)は 「週刊現代」 の2012年3月17日号で、猫さんがカンボジア人になれば五輪に出られると決めていたとすれば、あまりに軽くて、常識的な人間だったら考えられない行為だ、と批判している。 国籍を巡るエピソードはその人の生涯をかけた命がけの選択だ、と強調してこう語る。      
五輪の後に日本国籍を取戻そうという安易な心づもりであるならば、その軽薄さには、日本人もここまで堕ちたかという感じですね」(j-cast.com)         この問題、有森裕子さん作家の曽我綾子さんのういうことも一理あるなって思うね!!         大分別府毎日マラソンで2時間30分26秒の記録を残したがオリンピックではピリを争うような結果になるんじゃないかな!?って思えるのですが・・・ 。               
ツイートこの記事をつぶやく