2012,03,31

【iPhone学割】徹底検証! 3年間使うならソフトバンクの勝ち!

      ソフトバンクiphone        春の入学シーズン。 新生活にはいろいろとモノが入り用だが、学生にとって、スマートフォンはもはや必需品。 入学祝いにスマホという人も多いことだろう。 各社学割キャンペーンなどではしのぎを削っている最中だが、学生に一番人気のiPhoneは、ソフトバンクとauの一体どちらを買うべきか? 学割面とWifiスポット面を合わせて検証してみた!          ■ ソフトバンクモバイル      【ホワイト学割with家族2012】      http://mb.softbank.jp/mb/special/students/      対象:新規契約する学生(※未就学児童OK)と新規契約するその家族        条件:      ホワイトプラン加入、指定のパケット定額サービスに加入      割引内容:      ・「ホワイトプラン」 月額基本使用料(980円)が新規加入から3年間0円(家族は、番号がそのままで他社に乗り換える 「ナンバーポータビリティ」 (以下MNP)利用時。 MNP利用しない場合15カ月)        ・パケット料金割引 : 「パケットし放題」 などが0円から利用可能        「パケットし放題フラット for スマートフォン」 の定額料、「パケットし放題S for スマートフォン」 の上限額をそれぞれ1,050円引き          実際の月額使用料金    「ホワイトプラン(0円)」 + 「S!ベーシックパック(315円)」 + 「パケットし放題フラット(4410円)」 = 4725円          申し込み期間:     2012年1月20日~5月31日            ■ au by KDDI      【ともコミ学割】      http://www.au.kddi.com/ryokin_waribiki/waribiki/gakuwari/index.html        対象:    新規契約する小学生以上の学生と新規契約するその家族        条件:      1月18日から5月31日のキャンペーン期間中に申し込みを行い、『プランZシンプル』 および 『誰でも割』 か 『スマイルハート割引』 を利用        割引内容:    ・学生は最大36ヵ月、家族は最大15カ月間、『プランZシンプル』の基本料金980円を無料    ・パケット料金割引:学生なら26歳以上でもスマートフォン購入でパケット定額「ISフラット」が最大2年間1,050円引き        実際の月額使用料金:      「プランZシンプル(0円)」 + 「ISNET(315円)」 + 「ISフラット(4410円 ※2年間。 3年目からは5460円)」 = 4725円(3年目からは5775円)      申し込み期間:      2012年1月18日~5月31日       比較対象        フラット上限額で算出したが、2段階料金プランで見た場合、下限額が0円まで幅があるのはソフトバンク。 また、ソフトバンクのパケット料金が3年間4,410円保証されているのに比べ、auでは2年間のみの保証。 3年間利用する場合、ソフトバンクの使用料金が4,725円×36=17万100円。auは4,725円×24+5,775×12=18万2700円だ。        また、家族もMNP(番号そのまま)の場合、ソフトバンクもauも無料期間は3年間。MNPしなかった場合(新規)も、auもソフトバンクも15ケ月と無料期間は短くなるものの、月額はauが5,460円、ソフトバンクが4,410円。        つまり家族がMNPした場合でもしなかった場合でも、3年間の使用料はソフトバンクが安い。      また、Wifiスポットの数だが、2012年2月時点でソフトバンクは24万以上。 現在6万というauは、2012年3月までに10万を目指す計画とのこと。        ここでふと気がつくのが、「親ってもしかしてそんなにネットしないのでは…?」 ということ。 ということは、極端な話、親がインターネットを全く使用しないという場合、ゼロエンスタートのソフトバンクが断然有利であろう。        こうしてみると、家族もMNPするならソフトバンク一択。 しなくても、Wifiスポットの数からいって、ソフトバンクが優勢のようだ。というところで、判定はソフトバンクの勝ち!(getnews.jp)       ツイートこの記事をつぶやく