2012,03,27

福島第一、2号機原子炉格納容器内部は水位は約60センチ。

      福島原発内部        東京電力は26日、福島第一原子力発電所2号機原子炉格納容器の内部調査を実施。 結果、格納容器内の滞留水の水位は約60センチであることが分かった。      東京電力によると滞留水の水温は約48.5度~50度であり、水は透明であったが、堆積物が確認されたという。        今回の作業は、東芝の技術支援のもと、東京電力作業員18名、東芝作業員16名により行われたとのこと。 (rbbtoday.com)        なんとなく情報を小出しにしている感が否めないな~~!!  まだ、隠していることいっぱいあるような気がする。                  ツイートこの記事をつぶやく