円預金よりも、他国の通貨に預けるほう高金利を期待できるということ注目を集めていた外貨預金。 その多くは米ドル預金だが、2012年2月以降の円の急落で 「円売り」 が増えているようだ。          東京外国為替市場は3月15日、米景気の回復期待の高まりを背景にドルが買われ、円相場は一時、1ドル84円18銭まで続落した。 84円台を付けたのは、東日本大震災以後の11年4月13日以来、約11か月ぶりのことだ。                    ドル        東日本大震災以降、円は 「超」 のつく勢いで上昇した。 2011年3月17日には戦後最高値となる1ドル76円25銭となり、翌日に 「円売り」 の為替介入があったものの、その約5か月後の8月19日には1ドル75円95銭に更新。 その後も円高基調は変わらず、10月25~27日には3日連続で戦後最高値を更新して1ドル75円67銭を記録するなど、超円高が続いた。          外貨預金を始めるタイミングは、日本円に対して外国通貨が安くなったとき。 つまり米ドルでいえば、円高ドル安のときがよいとされる。 そのため、「外貨投資は今しかない!」 とばかりに、外貨預金に関する問い合わせが、銀行などに殺到した。          最近の1か月の為替動向から、「当面は1ドル85円台を目指す展開になりそう」 と、一段の円安を見込んでいる専門家もいる。 「超円高」 のときと比べれば、円は10円近くも下落したことになる。          インターネット専業銀行の住信SBIネット銀行は、「外貨普通預金の残高は減っていますね。 円を売って利益を確定しようと動かれたお客様が少なくないということでしょう」 とみている。            外貨預金の人気は「超円高」のときのような勢いはなく、「ひと息ついた」 といえそうだ。            とはいえ、一方で低金利の円を売って、金利先高感が強い米ドルや豪ドルに資金をシフトする動きは加速している。          現在、円定期預金の金利がよいとされるインターネット専業銀行でさえ、預入期間1年で年0.3%程度。 メガバンクなどは年0.03%前後だ。それに比べれば、米ドル定期預金の3か月物でも年0.19355%、豪ドルだとじつに年5.00%にもなる(いずれも、ソニー銀行。 2012年3月15日現在)のだから、比較にもならない。         「外貨普通預金は減っている」としていた住信SBIネット銀行でも、「外貨定期預金は増えていて、普通預金から(高金利の)定期預金へ移し替えるお客様もいます」 と話している。            また、ソニー銀行は外貨預金について、「ここ最近では 『円売り』 が増えている傾向にはあります。 ただ当行の外貨預金には円に戻さずに、外貨から外貨に乗り換えることができる仕組みがあり、それを使ってより高金利の通貨に乗り換えるケースもあります」 と話す。              現在キャンペーンを実施している 「ブラジルレアル外貨定期預金」 は年6.00%もの金利が付いている。 期間1か月ということもあり、金利の動向をうかがうにはちょうどよい商品ともいえ、円やユーロなど 「売り」 が多い外貨の中では数少ない 「買いが増えている通貨」 という。  (j-cast.com)                 ツイートこの記事をつぶやく
      女子会応援        女子会、してますか?      男性の目線を気にせず、気を使わず、飲むだけ飲んでしゃべるだけしゃべって……。 どうして女子だけで集まると、こんなにも楽しいのだろう。 恋の話から仕事のグチ、共通の趣味の話にと、おおいに語りたくなっちゃうのは、気の許せる相手だから?     で、楽しい女子会をやろうという時に、ちょっと厄介なのが幹事役。 スケジュールの調整に、お店選びに、会費の管理……。 あぁ、めんどくさい。 「言い出しっぺなんだからやってね~よろしく~」 と丸投げされた日には、正直ちょっと憂うつ。 かといって仕切りが悪いと、自分の評価も下がってしまう。さて、どうしたものか。      そんな幹事役の強い味方となってくれるサービスがあるのをご存じですか? その名は event ATND(イベントアテンド)」。 イベントの開催告知や参加者の管理、会費の集金などなど、面倒な幹事役の仕事をまるっと手伝ってくれる、イベント主催者支援サービスである。      「event ATND」 でイベントを立ち上げると、そのイベント専用webページが作られる。 メール一斉送信機能や、Facebook、twitterを使えば、イベントの告知はOK。 さらに、出欠確認もリストになって表示されるので一目瞭然。 会費も電子マネーで先払いしてもらうこともできるので、会場でいちいちお金のやり取りをしなくてもいいというわけ。 こんな超便利サービス、使わない手はない!      さらに現在、「event ATND」 上で女子会を企画すると、抽選で20組の女子会の会費がなんと 「無料」 になる 『女子会応援サプライズキャンペーン』 を実施中。 しかも当選結果は、当日女子会中の幹事に連絡が入り、その上、当選した女子会の会場には 「人気読者モデル」 が飛び入り参加するという、2つのサプライズを用意! 楽しい会がタダになって、さらに読モと記念撮影もできる……という夢のようなキャンペーン内容となっている。        今回のキャンペーンは2名からでも応募可能で、既に予定が決まっているものでも、その内容をそのまま登録するだけで当選対象となり、また、ママ会やオフ会、歓送迎会、友達との食事会など、女性だけならどのようなものでも対象になるという太っ腹なキャンペーンだ。      いつものメンツでオトコについて語るもよし、滅多に遊ばない同僚を誘ってみるもよし。独女だって立派な女子、この機会に女子会を謳歌してやろう!      ちなみにこのキャンペーンは3月31日(土)までに開催されるイベントを、3月31日(土)までに 「eventATND」 で作成した会が対象。 そのほかの応募内容など、詳しくはキャンペーンサイトでチェック! (dokujo.jp)                 ツイートこの記事をつぶやく
       ロッテリアは3月22日18時から、“夜のちょっとリッチなメニュー” がコンセプトの 「ディナーセット」 第3弾の販売を開始する。 5月中旬までの期間限定で、価格は930円(税込み)。         ロッテリア        夜の本格的な食事メニューとして、駅前やオフィス商業立地の一部店舗でロッテリアが2011年秋から販売している 「ディナーセット」。 今回の第3弾では、168店舗から190店舗に拡大して販売する。        メインディッシュは、白ワインやガーリック、オニオンに漬け込んだ鶏のモモ肉を、オーブンでじっくりと焼き上げた 「焦がししょうゆバターグリルチキンエッグバーガー」。 オニオン、トマトを煮詰めてバターと焦がししょうゆで香りと風味をつけ、隠し味として昆布だしと赤ワインビネガーを使用した、濃厚ながらさっぱりとした酸味のあるオリジナルバターソースが味の決め手だ。 さらにとろりとした半熟卵を組み合わせることで、まろやかな味わいのバーガーに仕上げた。      セットには、つけあわせとして皮付きじゃがいもを揚げ、粗挽きのブラックペッパーをまぶしたディナー専用の 「ナチュラルポテトM」 と、「クラムチャウダー」 「ミネストローネ」 「3種野菜の味噌クリームスープ」 の中から1種類が付属する。      なお、「ナチュラルポテトM」 以外は単品でも販売。 「焦がししょうゆバターグリルチキンエッグバーガー」 は500円、スープは各350円(税込み)。  (narinari.com)     ツイートこの記事をつぶやく
                       独島      アメリカ紙ニューヨーク・タイムズに、竹島(韓国名・独島)を韓国の領土とする全面意見広告が観光広告のように掲載され、日本総領事館が15日までに抗議した。        広告が載ったのは3月1日付紙面。 竹島や日本海の韓国名を用い 「独島は東海の優れた景色の中にある美しい島です」 として 「今年の夏休み、韓国に来て楽しんではいかがですか。 がっかりさせないことをお約束します」 と韓国旅行を呼び掛けている。        日本総領事館によると、同紙は 「今後はこの種の誤解を招きかねない広告は掲載しない」 と返答したという。  (kyodo.co.jp)                 ツイートこの記事をつぶやく
       橋下徹大阪市長が、府立高校教職員らに対する 「国歌斉唱口元チェック」 に批判が出ていることにツイッターで反発している。          卒業式での起立斉唱の職務命令を出した府教育委員会の委員の間からも 「厳格すぎる」 との声が出ており、橋下市長は特にこの内部批判に怒っている。 メディアに対しても 「本質を伝えていない」 点を指摘している。                      橋下ツイッター        府立高校の卒業式をめぐっては、国歌斉唱時に起立しなかった教職員らが順次戒告処分を受けている。 2012年3月13日付の読売新聞朝刊は、和泉高校の中原徹校長の指示で教頭らが起立だけでなく、「斉唱」 していたか教職員の口元をチェックしていたと報じた。 府教育委員会の中からも、生野照子委員長らが批判的な見方を示した。          これに対し、3月15日の橋下市長ツイッターでは、起立斉唱の職務命令を出したのは当の教育委員会で、状況報告も校長らに求めたと指摘。 今回、起立にプラスして 「斉唱」 も中原校長がチェックしたのは、府教委の指示通りだというわけだ。        
(この話題5ツイート目) 「教育委員会が『斉唱』の確認を校長に求めています。 『斉唱』 の確認は口元チェック以外にどうやってやるのでしょうか? しかも中原校長は卒業式の雰囲気を乱さないために、教頭を通じて遠目に数秒間チェックを行い、そして式が終わってから別室で教員に確認をしたのです。 式には一切影響を与えていません」        
と指摘し、        
「もし中原校長の行動がおかしいと言うのであれば、それは、それを教員に起立斉唱を命じ、校長に状況確認を求めた教育委員会がおかしいのです。 ところが、この府教育委員会の委員長と一部の委員が、中原校長の行動がおかしいと批判した。 もう教育委員会の末期症状、僕が指摘し続けたことが露呈しました」        
と府教委を批判した。 職務命令を出し、確認報告も求めておきながら批判するとは何事か、というわけだ。              矛先はメディアにも向けられる。        
(この間8ツイート略) 「そしてメディアが本質を伝えていない所は、中原校長の慎重な手続きである。 まず式を乱さない形での数秒のチェック。 そしてここが一番重要だが、彼は斉唱していないと思われた教員3名を別室において確認した。 そして2名は斉唱したと答えたので、それで良しとしたのである」        
と、チェック結果から一方的に非難しているのではなく、弁明の機会を与えている点を強調した。 残る1人は斉唱していない、と答えたから校長は府教委へ報告した。        
(この間1ツイート略) 「口元がどうであれ、斉唱したと本人が言うのであれば、それは問題ないとしたのが中原校長の判断。 ただし本人が斉唱していないと認めたのであれば、それは教育委員会への報告事項でしょう。 当り前でしょ。 このやり方がおかしいと言うのであれば、教育委員会はやり方を示すべきだ」        
とこの話題を結んでいる。 (j-cast.com)                  ツイートこの記事をつぶやく
      BMWZ        ビー・エム・ダブリューは、オープン2シータースポーツ ”BMW Z4” に特別仕様車、”Z4 Design Pure Balance Edition(デザインピュアバランス エディション)” を設定し、本日3月16日に発売します。        Z4デザイン・ピュア・バランス・エディションは、2リッター直列4気筒ターボ+8AT搭載のZ4 sDrive20i(右ハンドル仕様)をベースに、内外装装備を充実させ、エレガントな雰囲気を高めたモデルだ。        外観は、光沢感のあるミネラルホワイトのボディカラーやキドニーグリルバー(マットアルミニウム仕上げ)、18インチ・マルチスポーク・スタイリング293アロイホイール、エアインテークフレーム(マットアルミニウム仕上げ)などに上質感が演出されている。          内装は、ヘッドレストを含むシート、ダッシュボード上部、ドアトリム上部に、サテンのように滑らかな手触りで通気性にも優れたコイーバブラウンのメリノレザーを採用。 また、助手席側インスツルメントパネル・インサート、ドアトリムインサート、センターアームレストにはブラックのナッパレザーを使用することで、上質な雰囲気をさらに高めた。        このほかスポーツシート、電動シート(運転席&助手席、運転席メモリー機能付き)、シートヒーティング(運転席&助手席)、サーボトロニック(車速感応式パワーステアリング)、オートマチックエアコンディショナー(AUC〔オートマチック・リサーキュレーティング・エア・コントロール〕、マイクロフィルター〔花粉除去機能付き〕、REST機能〔余熱暖房〕などにより、快適性の向上が図られている。        Z4デザインピュアバランス エディションは、全国92台限定で販売される。 価格はベース車の70万円高、569万円。 (asahi.com)          このBMWZ4なかなかカッコイイかも!?         ツイートこの記事をつぶやく
         ソフトバンクキャンペーン        満を持してというべきか、いよいよ本日に発売される新しい「iPad」。         ソフトバンクモバイルでは既に予約販売を受け付けているが、アップルストアとソフトバンクモバイルのiPad取扱店で16日の午前8時から順次発売を開始。 ソフトバンク銀座では孫正義社長やトリンドル玲奈が出席するイベントを開催する。      この新型iPadは、これまでのiPad2の4倍の(!)解像度を誇るRetinaディスプレーを搭載。 さらにAppleが新開発したクアッドコアグラフィックスを備えるA5Xチップ、最先端の光学システムを備えた5メガピクセルのiSightカメラが特徴。      そんな新型iPadの料金だが、Wi-Fi+4Gの本体価格は、16GBモデルが53,760円。 32GBモデルが61,680円、64GBモデルが69,600円となっている。 さらに今回の目玉は、「これまでiPhoneユーザーしか適用されなかった」 iPadのキャンペーンが、ソフトバンクユーザー全員に適用されること。 それに合わせ、2つのキャンペーンを展開する。        まず、「iPad for everybody」 キャンペーン。 2年契約のユーザーが対象で、新しいiPadのうち16GBのWi-Fi+4Gモデルに関しては、24回の 「iPad向け月月割」 (2240円)の割引額が本体に対する分割支払金と同額になるため、実質の負担額は0円になる仕組みだ。 これは他の容量の製品にも適用され、32GBの場合、その月の実質負担額は400円に。 64GBの場合は、790円となる。      また、月額基本使用料も割引に。 通常は月に5460円かかるところが、こちらではベーシック定額プランの4410円で使い放題になる。 さらにベーシック定額プランでは、通常490円かかるソフトバンクWi-Fiスポット月額使用料も無料になる。      ソフトバンクの携帯電話を利用しているユーザーに対しては、「 【新】iPad ゼロから定額キャンペーン」 なるキャンペーンを実施することを発表。 プランは “ゼロから定額プラン” と “ベーシック定額プラン” の2つが用意されている。      どちらも16GBの場合の実質負担額は0円。 “ゼロから定額プラン” では100MB までの基本使用料も0円から用意されており、その後使用する通信量に応じて基本料が上限4980円まで上がっていく仕組みだ。       そして “ベーシック定額プラン” も、月々4410円の基本使用料だけで2年間使い放題できる上に、月315円のウェブ基本使用料分も割り引かれるプランとなっている。 つまり実質ゼロ円から所有することが可能なのだ。 なお、キャンペーンの実施期間は発売日の3月16日から5月31日まで。 (npn.co.jp)         ツイートこの記事をつぶやく