2012,03,12

石川遼、米ツアー自己最高2位 特別一時会員資格獲得。

            石川2位        アメリカ・男子ゴルフのプエルトリコ・オープンは11日、プエルトリコ・リオグランデのトランプ国際GC(7506ヤード=パー72)で最終ラウンドがあり、5位スタートの石川遼は6バーディー、2ボギーの68で回り、通算14アンダーで米ツアーでは自己最高の単独2位に入った。        首位とは2打差だった。 賞金37万8千ドル(約3100万円)を獲得し、昨年の賞金ランク150位相当額を超えたため、石川は米ツアーの特別一時会員資格を獲得した。 優勝は16アンダーのジョージ・マクニール(米)で通算2勝目。              〈特別一時会員資格〉とは、 前年の米男子ツアー賞金ランク150位に相当する金額を獲得したツアーメンバー以外の選手に与えられる。 メンバー外の選手は年間12試合しか出られないが、主催者推薦があればメジャー大会などを除くほとんどの試合に出場できるようになる。 石川は獲得賞金を58万2471ドルとし、昨年の150位相当額(41万1943ドル)を突破した。 今年の賞金ランク125位以内に入れば、来年のシード権を得て、ツアーメンバーになることができる。 (asahi.com)        ツイートこの記事をつぶやく