言葉は、時代とともに変わる。 その時代に生きた人が使っている言葉を、正しいか間違っているかを判断するのは難しいものだ。          それでも、多くの人が使う言葉が、他人に不快感を及ぼすこともある。 20代ビジネスパーソン向け情報サイト、コブスオンラインの 「聞いていると、イラッとする日本語」 ランキングによると、1位は男女とも 「~ですぅ」 だった。                    ですぅ~              「へぇ~、なるほどですね~」        「~ですぅ」 は、若い女性が甘えて使うことが多い言葉なのだろう。 おじさんには効果があるだろうが、若い男性には好感をもたれないようだ。      
「意図が分からない。 自分をかわいく見せるためなのか」 (28歳・生保)   「普通にしゃべれと言いたくなる」 (23歳・教育)
         女性の嫌悪感はもっと強い。 同性の媚びる様子が耐えられないのだろう。 44.1%(複数回答)の人が 「イラッとする」 と答え、2位以下を20ポイント以上引き離している。
      「先輩が 『~ですぅ』 という言葉づかいをしており、お前年上のクセにいつまで妹キャラで通そうとしてるんだよ、とイラッとした」 (23歳・食品)
         男性の2位は 「っていうか」。 後輩の男性から言われたのだろう。 興味深いのは、この回答者にIT企業勤務の人が多いことだ。      
「高校生くらいが使いそうな言葉であるため」 (25歳・IT)   「逃げ腰・他人ごとのように聞こえるから」 (27歳・IT)   「なめられている感じがする」 (28歳・IT)
         カジュアルでフラットな人間関係を好むように見えて、実は内心ムカムカきている人が意外と多いのかもしれない。        女性の2位に入った 「なるほどですね」 は、男性の上位には入っていない。 納得を表すていねいな言葉にも思えるが、必ずしもそう受け取る人ばかりではないようだ。
    「偉そうな感じがする」 (24歳・教育)
           敬語の本によれば、そもそも 「なるほど」 は相手を評価の対象とする言葉なので、お客や目上の人に使うことは不遜だという。          「なるほど」 の代わりになる言葉として、ネット上には 「確かにそうですね」 「おっしゃる通りです」 「さようでございますか」 「ごもっともです」 「おっしゃる通りです!」 「いかにも!」 「目から鱗が落ちました」 などを推す声が見られる。          3位以下には 「じゃないですか」 「~的な」 「~みたいな」 があがっていた。 確かに子どもっぽいとは思うが、上下関係や細かい言い回しに敏感になりすぎて、相手の言うことに耳を傾けなくなるのも大人げないのではないか。 (j-cast.com)          確かに最近言葉が乱れている感じは否めないな~~!?                 ツイートこの記事をつぶやく
       沖縄の北谷美浜地区・アメリカンビレッジ内に、巨大なロブスターが出現。 レッドロブスタージャパンは3月23日、巨大ロブスターが目印のシーフードレストラン 「レッドロブスター」 沖縄2号店をオープンする。     レッドロブスター        今回、北谷美浜地区・アメリカンビレッジ内にオープンする2号店では、同地のニューシンボルを目指して3メートル×7メートルの巨大なロブスター看板を設置。 遠目からもすぐに 「レッドロブスター」 ということがわかる、強いインパクトを放つ看板だ。 また、店内はハーバービューのテラステーブルの開放感とテラスソファーのラグジュアリー感を演出。 リゾートの雰囲気を満喫することができる。       ロブスター        「レッドロブスター」 は世界で700店舗弱を展開する米国発のシーフードレストランチェーン。 日本では現在、関東を中心に21店舗を展開しており、今年で日本上陸30周年を迎えた。 沖縄には昨年9月に進出。 地元や観光客をターゲットに、沖縄国際通りに1号店の 「レッドロブスター沖縄国際通り店」 をオープンさせた。       ロブスター1      看板メニューはカナダから週2回、生きたまま空輸で店舗の水槽に届く世界最高品質のライブロブスター。 オーダーを受けてから調理することで、身の弾力や旨味を味わえるメニューだ。 また、ロブスターのほかにもフレッシュオイスターやカニ、そのほかパエリアやニューイングランドクラムチャウダーなど、世界のシーフード料理を楽しめる。  (narinari.com)        ツイートこの記事をつぶやく
       脚本家の倉本聰さんの提案で、3月11日に “100万人のキャンドルナイト” を行う取り組みが進んでいる。 その日を目前に、倉本さんがラジオ番組のインタビューで心境を語った。      “100万人のキャンドルナイト” は本来、環境キャンペーンとして夏至と冬至に行っているが、倉本聰さんが東日本大震災の被災地に思いをはせて今年は3月11日の実施を提案したことで、全国に呼びかけられた。          FMラジオ番組 『Honda Smile Mission』 (TOKYO FM)では、その倉本聰さんにインタビューした内容を3月8日と9日に放送した。        インタビューを前に、番組レポーターのルーシーは3.11に倉本さん自身がキャンドルライトを並べる福島県いわき市の豊間区を訪れた様子を紹介しながら 「現状を知らされた」 と語った。 海岸沿いは、住宅が津波で流された後に残った土台だけが延々と並んだままの状態だったのだ。        彼女からその話を聞いた倉本さんは、そのエリアについて 「富良野塾の塾生の実家があり被災して家族が亡くなられた」 と話した。 そんな縁もあり、この地にキャンドルライトを灯すことを思い立ったという。        当初、倉本さんからキャンドルナイトの計画を聞いた豊間区長は現実感が無かったそうだ。 しかし、やがて多くの賛同者が出てきたのである。 区長は 「今では多くのボランティアが集まり準備も進んでいる」 と地域の活性化に希望を見出していた。        昨年の3月11日に震災が起きた当時、倉本さんは北海道富良野にいたが、原発事故を知るとすぐに子ども達を避難させる必要を感じたという。 彼は 「子ども達を疎開させるよう政府に提案したが動かなかった」 と明かすと、自身で動き富良野に被災者を受け入れてきたことを話した。        また、倉本さんは原子力発電所について 「現代の日本の文明を支えたものだし、日本人はその恩恵にあずかってきた」 と述べると、原発事故後に瓦礫を受け入れない県が多いことに触れ 「日本人はみんなでその痛みを分かち合わねばならない」 と訴えた。 さらに、「日本という国は無いのではと思うほどだ」 と失望感を露にしたのである。          倉本さんは政府に対しても苦言を呈する。 震災後の対応に限らず、国会で与党と野党が論戦を続けることに対して 「 『あなたの考えは良い』 と相手に歩み寄る場面を知らない。 それではいつまでも問題の解決には至らない」 と指摘した。 「人間は考え方が変わってもいいと思う」 と彼は主張する。        3月11日にいわき市を訪れることについて、倉本さんは 「お手伝いするために行くのであり、私が何かできるとは思っていない」 と語る。 彼は 「被災地に対して心を痛めるが、何もできないんですよ」 と今回のインタビューで苦悩を明かしているのだ。      しかし、倉本聰さんの提案で3.11 “100万人のキャンドルナイト” に向けて多くの人々が動いている。 ひとりではなくみんなが動く力は大きなものとなるだろう。(techinsight.jp)       ツイートこの記事をつぶやく
       NEWSポストセブンでこんな記事を見つけました。 昨年来、原発事故報道で、新聞はひたすら大本営発表をたれ流した。 世界から見れば非常識極まりない日本の大メディアの体質を、自身も日本経済新聞の記者経験があり、新聞社と権力との癒着を批判した 『官報複合体』 (講談社刊)の著者、牧野洋氏が指摘する。          東京電力の福島第一原発が津波に見舞われた翌日、福島県浪江町で数千人に上る住民は町長の指示に従って北へ向かって避難した。        この時、政府のコンピュータシステム 「SPEEDI(スピーディ)」 は放射性物質が浪江町の北へ向かって拡散すると予測していた。 なのに、浪江町の住民はなぜ南へ向かって避難しなかったのか。        2011年8月9日付のニューヨーク・タイムズ紙は 「官僚の隠ぺい体質」 と断じた。 「不十分なデータを公表すると誤解を招く」 といった理由で、政府は東日本大震災直後からスピーディのデータ公表を拒み続けていたからだ。 同紙上で浪江町町長の馬場有は 「情報隠ぺいは殺人罪に等しい」 とコメントしている。        スピーディのデータ公表が遅れた責任は官僚に加えて新聞にもある。 国民が知るべき重要なデータであるにもかかわらず、政府の発表を待たなければ国民に伝えられなかったこれが新聞の責任だ。        政府がデータの全面公表に踏み切ったのは大震災発生から一か月以上も経過した五月に入ってから。 新聞が 「隠されたデータ」 を特報したのを受けて政府が発表に追い込まれたのではなく、政府が発表したから新聞がデータ内容を報道したのである。        福島原発のメルトダウン(炉心溶融)をめぐる報道でも新聞は本来の機能を果たせなかった。 実際にメルトダウンが起き、専門家もその可能性を指摘していたにもかかわらず、政府・東電が否定したことから当初は見出しで 「メルトダウン」 という言葉の使用さえ控えていた。 一斉に報じ始めたのは、政府・東電がメルトダウンを認めた5月中旬になってからである。          政府の発表を受けて書いているだけでは、権力側の発表をそのままたれ流す 「発表報道」 の域を出られない。 発表報道に依存し過ぎると 「大本営発表」 と変わらなくなる。 史上最悪の原発事故が起きている時にこそ、新聞は権力を監視しなければならないのに、現実には発表報道に終始した。        福島原発報道については海外からも批判が出た。 たとえばニューヨーク州立大学オールドウェストベリー校教授としてジャーナリズムを教えるカール・グロスマン。 40年以上かけて 「環境ジャーナリズム」 の分野を開拓した論客である。 米環境専門誌 「エクストラ!」 の2011年5月号で次のように書いている。          「福島原発事故の影響についての報道はあまりにもお粗末だ。 日本政府が 『直ちに健康に影響はない』 と説明すると、記者はそれをオウム返しに報じているだけなのだ」          なぜこうなるのか。 単純化して言えば、発表報道の対極にある調査報道の伝統が根付いていないからだ。 調査報道では権力側の説明をうのみにせず、独自調査の積み重ねで 「権力側が国民に隠している秘密」 を暴こうとする。 権力の監視が報道機関に求められる基本機能だとすれば、調査報道こそ新聞報道の中心に位置していなければならない。        調査報道が根付かない理由としてよく挙げられるのが記者クラブである。 福島原発報道であれば首相官邸や経済産業省などの記者クラブに張り付き、政府・東電側の動きを漏れなく報じるわけだ。 このような記者クラブ詰めの記者については 「権力側の速記者」 と揶揄する向きもある。        記者クラブで発表報道に明け暮れると、記者は専門性をなかなか身に付けられない。 記事の冒頭に 「5W1H(誰が、何を、いつ、どこで、なぜ、どうして)」 を詰め込む 「逆三角形」 を学べば、大抵のニュースを処理できるからだ。          記者は 「客観報道」 の指導を受けているため、記事に独自の分析や解説を入れるのを最小限にしようとする。 結果、書く記事はプレスリリースを読みやすく書き直しただけのストレートニュース(速報ニュース)になりがちだ。        言うまでもなく、福島原発事故を報道する記者には、技術的な知識を含めて高度の専門性が求められる。 専門性がなければ、政府・東電が嘘をついているかどうか判断することはままならない。 それまで社会部で事件取材をしていた記者にいきなり原発報道を任せても、発表報道以上の仕事はなかなかできないだろう。 (news-postseven.com)               ツイートこの記事をつぶやく
       長野県の阿部守一知事は環境省が一部全国紙に掲載した、東日本大震災のがれきの広域処理に理解を求める広告について 「国が情緒的な広告を載せるのはいかがなものか」 と批判した。        がれき受け入れを求める連合長野の中山千弘会長との会談で発言しました。         広告は山のように積まれたがれきの写真とともに、岩手、宮城両県では処理が長引くとして協力を求める内容。 福島県を除く全国の朝日新聞6日付朝刊に掲載されました。(kyodo.co.jp) ツイートこの記事をつぶやく
       昨年の今日この日に東日本大震災がありました。 昨日と同じように何もなく過ごせる幸せを感じております。      亡くなられた方、多くの行方不明の方々がおられ仮設住宅に避難生活を強いられている方々にはお見舞い申し上げます。         私の宮城県の親戚も4人津波に流されてしまいました。 今回の震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。        ツイートこの記事をつぶやく