ソフトバンクのCMで、モデルのトリンドル玲奈が使う “てへぺろ” という言葉が話題となっている。 この言葉は声優の日笠陽子がブログで用いたことからファンの間で広がっていたが、今回のCMで全国的に知られることになったのだ。      しかし、今回の現象について語源の日笠陽子やそれを広めたひとり、AKB48の渡辺麻友らは喜びながらもとまどっているようである。        ソフトバンクCMの白戸家シリーズにトリンドル玲奈が出た初回バージョンでは、“ハワイからきた留学生のトリンドル・タダ” が 「鳥取の羽合だでぇ」 と実は日本在住とバラすオチがある。 その時に彼女は、舌を不二家のキャラクター “ペコちゃん” のように出して 「てへぺろ」 と言うのだ。            この“てへぺろ”は、アニメ 「けいおん!!」 などで活躍する声優の日笠陽子が、ブログ 『日笠陽子のひよっ子記』 やラジオ番組で使用したところ、AKBの渡辺麻友などがそれをマネてAKBメンバーやファンの間で広まった経緯がある。        “てへぺろ” の人気は確実に浸透しており、2月17日の 『ミュージックステーション』 に出演したAKB48の篠田麻里子が、手づくりクッキーを司会のタモリにプレゼントしたが、それに描かれたタモリの似顔絵が “てへぺろ” をしていたのだ。 しかも篠田麻里子から振られて、タモリが実際に “てへぺろ” をやって見せたのである。            渡辺麻友が2月19日に 『渡り廊下走り隊のオフィシャルブログ』 で、「タモリさんがてへぺろをやる日がくるとは!」 とこの件に触れると、日笠陽子へ呼びかけつつも 「てへぺろはひよっちさん(日笠陽子の愛称)のものだからね、みんな、覚えといてね、忘れないでね!」 と主張したのだ。        日笠陽子も24日のブログで、「気遣い屋さんでとっても優しい子や」 と渡辺麻友の気持ちを受け止めると 「メディアで広く扱われるようになったのは、まゆゆちゃんが使ってくれたからですね」 と彼女に感謝していた。        また、日笠陽子は現場で声優仲間が集まる時の様子を 「まさにてへぺろ地獄。 最近色々なてへぺろが見れて楽しいです」 とも記しており、自身も “てへぺろ” の人気を実感しているようだ。        ちなみにニコニコ大百科によると、“てへぺろ” について 『日笠陽子曰く “仲の良い人が(その場に)居る” ことと “許される空気である” こと。 以上の条件を満たした場合、てへぺろることが可能になる』 と説明されている。 トリンドル玲奈がCMで使用する状況が、この条件を満たしているかは疑問だ。        また “てへぺろ” を使うタイミングは、『相手がイラっとした時にすかさず発動させる。 イラっとした気分を緩和する効果があるが、基本的に可愛い子に限る』 とあり、タモリが使用したこととも矛盾する。        “てへぺろ” が人気上昇すると共に、語源である日笠陽子の意思から離れて一人歩きする様子を、本人や渡辺麻友らも複雑な気持ちで眺めているのではないだろうか。(techinsight.jp)         ツイートこの記事をつぶやく
       この 『シャーロックホームズ シャドウゲーム』 の試写会のチケットもTちゃんから頂きました。               120229_172236        このロバート・ダウニーJr、ジュード・ローのシリーズの1作目も試写会で観ましたが、面白かったしTVスポットで2作品目が流されていてこの作品も面白そうだと思うのだが・・・ 。          今回のストーリーは、「もう一人の天才」 ジェームズ・モリアーティ教授が登場。 高名な数学者にして温和な人格者である男、その正体は誰も知らない、ホームズ言うところ “犯罪界のナポレオン” であり、知能、腕力ともホームズと全く互角の “もう一人の天才”。         なんだか期待できそうです。         ツイートこの記事をつぶやく
       友人Tちゃんから、ヒップホップ界のスター、カーティス“50セント”、ダイハードシリーズでお馴染みのブルース・ウィルス、そして「クラッシュ」、「父親たちの星条旗」のライアン・フィリップ出演の 『セットアップ』 の試写会のチケット頂きました。               120229_172322        犯罪都市で、兄弟同然に助け合って生きてきたワル仲間3人組。  時に夢を語り、時には喧嘩もしながら、いつまでも親友同士でいるはずだった・・・・が、それぞれの人生を書けた500万ドルのダイヤモンド強盗事件によって、その友情は儚くも砕けた。        ザ・タウンを思わせるような作品でしょうか!?         楽しみです。        ありがとう!! Tちゃん       ツイートこの記事をつぶやく
       アダルト動画サイト 「ケータイ動画館」 を運営するアイポイントの女性向けコミック配信サービス 「GiGicomi」 (ジジコミ)が好調だ。 昨年10月末にスタートした同サービスはBL(ボーイズラズ)、TL(ティーンズラブ)やレディースコミックといった商品を主力とし、Androidマーケットで公開中の 「GiGicomi」アプリ のダウンロード件数は3万件を突破した。        「人前で堂々と見られない、購入できないコミック作品に対する女性のニーズは以前からありました。 ガラケーの時代にも同様なサービスはありましたが、やはりスマホならではの大画面で楽しめるところが人気になっています。 スマホに特化した女性向けアダルトコミックサイトというのは他に無く、早期にユーザーを獲得できたのが良かったと思います」 (担当者)              アダルト   アダルト1        そんな 「GiGicomi」 立ち上げのきっかけとなったのが、同社が独自に行ったリサーチの結果。 なんと 「スマホでアダルト動画を見るユーザーの3割は女性」 だというのだ。        「アダルト配信業界ではよく知られていた事実ですが、顧客の中に女性が占める比率はかなり高い。 弊社が運営する 『ケータイ動画館』 では、ユーザーの約3割が女性です。 女性は男性のようにコンビニでアダルト誌を立ち読みすることもできないので、人目につかずアダルトが鑑賞できるインターネットは貴重な存在でした。 その流れはスマホになって一層加速し、弊社のAVサイトでもイケメン男優やゲイのコンテンツが女性ユーザーに密かな人気なんです」          同社が運営する 「ケータイ動画館」 は、その名の通り、携帯でアダルト動画が鑑賞できるサイト。 2007年4月にサービスを開始し、2010年5月にスマホ版を立ち上げた。 現在はスマホ版のユーザー数がガラケーユーザーを追い抜き、月間数万人レベルで会員数を増やしているという。              アダルト2   アダルト3        アダルト動画サイトといえばこれまで 「PCから見るもの」 という印象が強かったが、同社の特徴は 「スマホや携帯に特化したサービス」 という点。        「PCのアダルトサイトと比較すると、顧客の年齢層が20代から30代と、かなり若いのが特徴です。 その傾向は人気のジャンルにも反映され 『熟女モノ』 や 『人妻』 よりも 『ギャル系』 の作品や 『企画物』 に人気が集まっています」        アダルトビデオといえば昨年はタレント・小向美奈子のデビューが注目を集めたが、「ケータイ動画館」 ではDVDのリリースと同時に配信を開始。 月間で数千ダウンロードを記録する人気になったという。      「小向さんの場合はメディアで大きく取り沙汰されたこともあり、爆発的に売れました。 かつてはAV業界もデジタル配信に関して警戒感が強く、配信できるのはパッケージ発売の数カ月後という時代もありましたが、最近は多くのメーカーさんにDVDと同時発売の配信許可を頂いています」            ケータイ動画館のスマホ版はAndroid限定のサービス。同社のサイトから専用のアプリをダウンロードして視聴する 「独自マーケット」 型のサービスだ。      「立ち上げ当初はiPhone版も企画していたのですが、2010年1月にiPhoneでグラビア系アプリが一斉に削除され 『これからエロをやるならAndroidだ』 という方向に一気にシフトを切りました」          2010年といえば5月にドコモがXperiaを発売、その秋にはauがレディー・ガガを起用したCMで一気にAndroid攻勢をかけた年。 「ポルノが欲しい人々はAndroidを買えばいい」 とスティーブ・ジョブスが発言したのもこの年だった。        名前こそ 「ケータイ動画館」 というものの、最近は売上の主力がすっかりスマホに移行したという同サービス。 「2年間で会員数が10倍以上になった」という快進撃はまだまだ続きそうだ。 (exdroid.jp)          ということは、アダルトの女性を引き込めばビジネスチャンスが広がるということか!?         ツイートこの記事をつぶやく
                    大阪スポーツジム        大阪市職員の違法行為・不正行為を調査する 「第三者調査チーム」 と公務員労働組合サイドとのぶつかり合いで世紀末のような様相を呈している大阪市役所。 橋下徹大阪市長はこの状況を 「血みどろの闘い」 とたとえていますが、まさに調査チームと役所の組合との全面戦争が今起きています。        調査チームの中間報告を読むと大阪市役所内で発覚した様々な違法行為が報告されています。 トップの写真は一見、スポーツジムに見えるかもしれません。 ランニングマシーン、サイクリングマシーン、各種筋力トレーニングマシーン等が多数並ぶこの施設は、大阪のとあるバス営業所の一角。 正式な許可を得ずに設置された 「ヤミ便宜供与」 の疑いがあるとの報告です。 この写真は、管理者から 「全ての便宜供与品を処分した」 との説明を受けた後のもので、調査訪問時もこのトレーニングルームは使用されていたとのこと。 一体、なんのためにそんなに体を鍛えていたのか……謎です。             大阪スポーツジム1        さらに会議室に入ると、卓球台が2台設置されており、シューズや用具を入れる棚まできちんと完備。 「どんな会議やねん!」 と思わずツッコんでしまいそうになります。                    大阪トレーニングルーム        別の写真を見ると、今度は重量の違う多数のダンベル、ベンチプレスマシン、トレーニングに使う機械や、さらにはサンドバックまで設置されています。 完全に息抜きの域を超えて、本気モードです。        今回中間報告書からご紹介したのは限度を超えた庁舎使用の事例です。 公務員組合に対する庁舎の使用などの便宜供与に関してはその範囲が制限され、利用の時間も勤務時間外に限られ、さらに許可を受けるためには正式な申請書提出をおこない、許可を得る必要があります。 「ヤミ便宜供与」 について、中間報告書では具体的には以下のような報告がなされていました。一部抜粋しご紹介します。        
管理者から「全ての便宜供与品を処分した」との説明を受けた後に確認したところ、会議室が卓球場となっていた。 また、 トレーニングルームは我々が訪問した時も使用されていた。 管理者に問いただすと、「全ての便宜供与品」 とは 「組合の所有であることが明らかなもの」 という意味で述べたとの説明であった。        
会議室が卓球場に。 許可を得ずにトレーニングルームをつくっていたという事例です。        
分館に和室があり、囲碁等の娯楽用具、私物と恩われる書籍類が多数置かれており、倉庫内には卓球台・ラケット等一式が置かれていた。        
ここにも卓球台が。        
地下鉄乗務所 重量の異なる多数のダンベル、ベンチプレスマシンが見られた。 地下鉄乗務所 一般的なトレーニングマシーンに加えてサンドバックも設置されていたほか、野球用具も置かれていた。 バス営業所 スポーツジムに見られるようなランニングマシーン、サイクリングマシーン、様々な筋力トレーニング用マシーンが多数並んでいた。
         これらの庁舎内設置スペースの提供については、正規の手続きを踏む必要があり、それがなされていない場合は 「ヤミ便宜供与」 にあたる疑いがあるとのことです。 長年の馴れ合いのようなものもあるのかもしれませんが、踏むべき手続きは踏んで欲しいものです。 第三者調査チームは3月末の最終報告に向けてさらに調査を続けているそうです。(getnews.jp)          公務員って恵まれているというか!? 民間の会社では考えられないことが常識なんだな!!         公務員の常識は非常識!!           ツイートこの記事をつぶやく
       東京スカイツリー(墨田区)の開業を目前に控え、関係の施設で働く人たちを募集する採用活動が山場を迎えている。 合同で開催する就職説明会はこのところ大にぎわいだ。        スカイツリーは、商業施設などを含めると4000人規模の 「雇用創出」 になりそう。 墨田区のハローワークでは、不況の中で 「就職浪人」 を強いられていた高校生や大学生にもチャンスがあるのではないかと見ている。            スカイツリーの呼び物はタワーだけではない。 足元には東西400メートルに広がる超大型商業施設 「東京ソラマチ」 ができる。 ここで働く人材を求める合同面接会が活況だ。 2月20日に開催された第2回の面接会には約70の企業が参加し、1060人の求職者が集まった。 これは、企業・求職者ともに先月に行われた第1回目とくらべて約2倍だ。          この後も2回予定されている面接会では、参加企業、求職者数のさらなる増加が見込まれている。              「東京ソラマチ」 には、さまざまなファッション専門店や飲食店など約310の店が入る。 店舗面積は約5万2千平方メートル。 目玉になるのは、120メートルの通路の両側に商店が並ぶ 「新・下町商店街」 だ。 このほか。 オリックス不動産が運営する 「すみだ水族館」、コニカミノルタのプラネタリウム 「天空」 などもできる。          東武スカイツリーによれば、「東京ソラマチ」 だけで正社員、契約社員、アルバイトすべて含めると約3000人の雇用を想定しているという。          ツリー本体でも、たとえば展望台で運営スタッフに500人、インフォメーション・スタッフに50人、お土産販売スタッフに100人、その他清掃などに150人程度と、全体で約800人のスタッフを必要としている。          こちらの従業員は昨年10月から募集しており、すでに内定した人を対象に座学の講習中。 タワーが完成し、中に入ることができるようになったら、さっそく実地研修を始める。            スカイツリーのできる墨田区のハローワークによれば、「周辺地域の活性化に伴う求人も、出てきている」 という。            スカイツリーは5月22日にオープン。 2つの展望台を持つ高さ634メートルのツリー本体と、「ソラマチ」 も含めた集客力で、東京ディズニーランドとディズニーシーの合計に匹敵する年間2500万人の集客を想定している。          墨田区では開業後1年間の経済波及効果を880億円と見ている。 (j-cast.com)                 ツイートこの記事をつぶやく