近未来めがね        漫画やSF映画の世界でよく目にする、コンピューターが内蔵されたメガネ。 子供の頃に激しく憧れたあのアイテムが、2012年を迎えた今、本当に発売されようとしています。        海外サイト 『dailymail.co.uk』 に掲載されていた情報によると、スマホや携帯型タブレットPCなどの機能をすべて兼ね備えた近未来型メガネを開発したのは、Google。 これは 「仮装現実が体感できるようなアイテムを世に出そう」 という思いの元、長年Googleが実現のために動いていたプロジェクトなのだそうです。            近未来型メガネにはアンドロイドOSが搭載されており、3Gから4Gのデータ通信機能はもちろん、カメラ機能やGPS機能、音声認識機能なども完備。 これによって、周囲の状況を取り込んだリアルタイムの映像をメガネのレンズに表示して拡張現実体験ができたり、話をするだけでメガネに内蔵されたコンピューターを操作したりすることができるのだそう。        さらにこのメガネ、動きに反応するセンサーが付いているため、頭を動かすだけでも操作することが可能。そのほかにも、ネットやメール、電話など、パソコンやスマホそして携帯型タブレットPCが今まで果たしてきた役割をすべてまかなえるだけの機能がフル装備されているというのだから、わくわくしちゃいますよね。        ちなみに以前からささやかれていた近未来型メガネのビジュアルはというと、「形状はジョンレノンがかけているようなかたちの丸メガネで、フレームは黒。 そこにボタンが付いていて、どこから見ても普通のメガネにしか見えない」 というようなものでした。 しかし今回明らかになったメガネのビジュアルは、有名サングラスメーカー 『Oakley』 で売っているような、ファッショナブルなデザイン。 見た目も一気に近未来型に改良されたようです。        ここまで聞いて近未来型メガネに興味が湧いたというあなた、最も気になるのはお値段ですよね。 未だ断言はできないそうなのですが、予測されている価格帯は、およそ20000円から48000円の間だと言われています。 スマホとさほど変わらない価格ということは、もしかするとこのメガネ、爆発的に普及する可能性もあるかもしれません。        発売は2012年中、つまり今年中には行われるとのこと。 当日はメガネを求めて、どこまでも続くなが~い行列ができそうですね。 (rocketnews24.com)          ツイートこの記事をつぶやく
       突然の死から1年半という2010年12月に発売された、トランプの 「ジャック」 を思わせるジャケットもキュートな故マイケル・ジャクソンのアルバム 『MICHAEL』。      だが娘のパリスちゃんがそのリリース前に、「別の歌手が歌っている」 という爆弾発言を放っていたことが分かった。        そのアルバム 『MICHAEL』 は、“マイケルがスタジオで秘密裏に録音を重ねていた、極めて貴重なオリジナルの音源” という触れ込みのもとで発売され、マイケル・ファンはもちろん飛びつくように購入した。 だが芸能情報サイト 『TMZ』 が報じているところによれば、マイケルの長女パリスちゃんは当時、「他の人物が父の曲を代わりに歌っている。 まるで詐欺行為よ」 と親しい友人に漏らしていたようだ。        実はマイケルの死後、“マイケルの声だけそっくりさん” が存在するとして大きな話題になっていた。 彼の名はジェイソン・マラカイ(Jason Malachi)。 いくつもの動画を作成し、自身でYouTubeに投稿しているため、興味がある方は是非検索してみて頂きたい。 マイケルよりやや低音ながら歌声は実にそっくり。 マイケル独特の、あの “しゃくりあげ” も見事である。        パリスちゃんはそのアルバムがリリースされる前のこと、友人らとビデオチャットを交わす中で、“Hold My Hand” という曲を流して聞かせたという。 “何となく、マイケルとは違うような印象がある” という友人の反応に、“だってこれを歌っているの、パパじゃないんだもの。 このアルバムがパパのものだなんて大間違いよ。 その男が歌っている様子を思い切ってインターネットに流しちゃおうかしら” とパリスちゃんは返している。        “YouTubeがそれを証明してくれるわ” と、友人らにマラカイの投稿ビデオを確認するよう促したパリスちゃん。 マイケルはいつも子供たちに歌を聞かせてくれていたとし、“それがパパの声か違う人のものか、私にはハッキリと分かるわ” とも綴った。 このチャットのやりとりをある大手メディアが一文字も漏らさずに押さえているというから、関係者もピリピリムードであろう。        もちろん、マラカイとソニー・ミュージックはこの噂を完全に否定しているが、特に子供というのは計算も遠慮もない素直な感想を口にするため、身内からの爆弾発言には頭を抱えているだろう。 マラカイの出現に、「マイケルの美しい歌声はこの男を通じて蘇る」 と喜んだ人間がいるのは事実だが、それを商業目的で利用するとなれば話は別。 家族やファンを決して失望させてはならないはずだ。 マイケルはたった1人、孤高の “キング・オブ・ポップ” であったことを私たちは忘れてはなるまい。 (techinsight.jp)        その“Hold My Hand” はこちらでどうぞ。    http://youtu.be/CGZnV0drqI0                  ツイートこの記事をつぶやく
      電車妖怪        首都圏人口世界一、それが日本の東京です。その数、ざっと約1318万人。 日本人の10人に一人は東京にいる計算。 あまりにも……あまりにも多すぎる! だけどそれが東京なのです。        さて、そんな東京の移動手段といえば、毛細血管のように張り巡らされた鉄道網が便利ですよね。 安いし早い。 乗りこなせば最強です。 ところがどっこい、路線によっては、朝の通学・通勤ラッシュは地獄と化し、夜は夜で帰宅ラッシュ。        できることなら乗りたくない。 満員電車には乗りたくない。なぜならそこには、いろんなタイプの妖怪がひそんでいるから……。 私の頭では理解しがたい行動をとる、満員電車にしか生息しない妖怪がひそんでいるからです! 以下にご紹介します。          その1: 妖怪ディフェンダー    降車時に出現する妖怪です。 ドアの開くホーム側に立っているにもかかわらず、後ろには降りたい人がたくさんいるにもかかわらず、一度ホームに降りることもせず、断固として車内に残ろうとする習性があります。 動かざること山の如し。 抜こうと思っても背中でブロック。 まさに鉄壁のディフェンダー、それが妖怪ディフェンダーです。 たのむから一度ホームに降りて下さい。 そうすればみんなスムーズに降車できます。                                         その2: 妖怪リュックサック    大きなリュックサックを背中に背負ったまま満員電車に乗車する妖怪です。 非常に邪魔です。 あなたのうしろ、通れません。リュックは体の前面で持って下さい。                      その3: 妖怪プッシュ    乗車時や降車時に出現する、とてもせっかちな性格の妖怪です。 しっかりと前に移動しているにもかかわらず、後ろからグイグイと押してきます。 そんなに押されても困ります。 前には人がいるんです。 つっかえているんです。 そんなにグイグイ押してきたら、私も妖怪プッシュになってしまうではありませんか。                その4: 妖怪ちょい広めに間隔あけ座り    一般的にロングシートは7人座席。 シルバーシートの位置にある座席は3人です。 にもかかわらず、「妖怪ちょい広めに間隔あけ座り」 が出現するだけで、秩序は一気に崩壊します。 6人しか座れなくなってしまうのです。 なんでそんなに間隔あけるのか。それがお前のやり方か。満員なんだぞ。 分かってんのか? だいたい、最近のシートはひとりひとりに 「くぼみ」 が付いているではないか。 なのにどうして……。                その5: 妖怪角位置死守    電車のドア脇にあるバー付近の角位置を、どんなことがあろうとも、どんな状況になろうとも、絶対に死守する妖怪です。 余裕ある乗車率の電車では無害ですが、下敷き一枚入らないほどの最強レベル満員電車では、絶対的安全エリアの 「角位置」 から動かざるを得ない状況になったりもします。 降車時なんて特にそう。 でも、絶対に動かない。 もはやバーと一体化。車両と完全に一体化。 少しは動いて、お願いだから。 まあでも基本は無害です。 オセロの四隅と同じです。              その6: 妖怪もう入れないよフェイク    実はまだ乗車率90%程度なのに、ドア側ギリギリ、もしくはドアから片足をはみ出させて 「もうこのドアからは入れないよ。 満員状態だよ!」 とアピールする演技派の妖怪です。 別名・地獄の門番。 もしくは 「バウンサー(用心棒)」。 この妖怪の演技に騙された新参者は、本気で混んでいる車両(乗車率200%)に乗らざるを得ない状況になったりもします。      しかしその一方で、すでに車両にいる乗客にとっては守護神にもなります。 お国に攻めこむ新参者を 「妖怪もう入れないよフェイク」 が見事にブロックすれば、余裕ある乗車率が維持できるからです。 ただし、残念ながらこのフェイクは出発直前で突破されることが多いです。 混んでいようが乗り込まなければならない勇者たちが、背中からグイグイと押し入ってくるからです。                その7: 妖怪シャカシャカ    もはや説明の必要がないほどのメジャー妖怪がシャカシャカです。 イヤフォンからの音漏れがすごい。 シャカシャカ聞こえる。 ひどい時には歌声まで聞こえる。 しかもセンスを疑ってしまうような曲だったりもし、なんだか無性にイライラします。 音量は適量でお願いします。 そんなに大きな音で聞いてたら、耳にも悪いですよ。                その8: 妖怪チョーシこき大声会話    友だちと乗車しているのはわかる。 会話したいのもわかる。 だけど声が大きいの。 みんなに聞こえるような大きさで会話しないでいただきたい。 しかもその会話が、青臭くてチョーシこいてる風だったりすると、聞いているこっちまで恥ずかしくなるからマジでカンベンしてほしいの。 若い妖怪が多いです。                  その9: 妖怪床しゃがみ    乗車しようとしたときに、うんこ座り状態で床に座っている人を見ると 「ギョッ」 とします。 そこ、シートじゃないんだよ。 体の調子が悪いんだったらしょうがない。 でもアンタは違うよね? 単に世間をナメてるだけでしょ? 疲れているかもしれないけど、みんな疲れているんだよ。 なんで床に座ってんの。 人から 「ああ、こいつはアホだな」 と思われているって気付かないの? たのむから立ってちょうだい。 みんなに迷惑かけないで。                その10: 妖怪フタ    この妖怪は、ほとんど害はありません。 ただただ、ドア側が好きなだけという妖怪です。発車直前までドア脇に待機して、閉まる直前にドア上部の縁を持ちながら背中から乗車してくるテクニシャンです。 つまりは乗客のアンカーです。 フタ的な役割をします。 降車時には、たいてい一度はホームに降りてくれるし、常識のある妖怪です。                その11: 妖怪すかしッ屁    許されざる妖怪、それが 「妖怪すかしッ屁」 です。 満員電車であるにもかかわらず、音のないオナラをします。 ものすごく臭いのに、誰がしたのか分からない。 あの人では? いいや、あの人……? と、乗客は疑心暗鬼になってしまいます。 最悪なのが、爆心地が自分のお尻付近というパターンです。 つまりは背中合わせの押しくら饅頭状態で、後方にいる誰かの尻から放屁されたというパターンです。 自分自身にもスカシ疑惑がかけられて、ふんだり蹴ったりの状態になります。 オナラは生理現象ですが、満員電車ではガマンするようにしてください。                その12: 妖怪泥酔    酔っ払うのは仕方のないこと。 ですが、立てなくなるレベルで酔っ払っているのが 「妖怪泥酔」 です。 人によっかかってくるのは序の口で、ひどい時には満員電車のなかでグチャ~っと床に崩れ落ちたりもします。 もしかしたら、オブゥェェェロェロと吐いてしまうかもしれない……と、まわりの乗客は気が気ではありません。 もしも偶然、目の前に妖怪泥酔がいたとしたら、運が悪いと思ってあきらめてください。              いるね~~こういう人。 私の利用している駅でもひとりいるな! 発車直前に走りこんで乗り込むんじゃなくてホームで待っていながら必ず最後に入ってくる30代後半の女性がいるんだよね!!  凄いんだよ!!  お尻からグリグリって入ってくるからね!! で、目的の駅に到着するや否や一目散に階段めがけて走り去っていくんだ・・・ 。 たぶん乗り継ぎに限られた時間しかないから最後に入ってきて目的の駅に着いてドアが開いたと同時に走るんだな!!  で、この30代後半の女性ですが、白髪のおばあさんがドア横のバーに捕まって電車の揺れに体が揺れないようするために捕まっていたバーの手を “邪魔だから離しなさい” 的な感じで振りほどこうとグリグリが強かったのか白髪のおばあさん、その強引さに腹が立ったのか? “なんですか! 無理やり手を振りほどこうとして年寄りだから捕まっているのに!” この光景を見てからこの40代の女性の顔を見るのも不愉快だから時間帯と変えて電車乗っています。          ツイートこの記事をつぶやく
     ケンタッキー・フライド・チキンは3月22日から、パリパリとした衣の食感が楽しめる 「パリパリ旨塩チキン」 を発売します。 価格は1ピース260円(税込み)、2ピース以降は1ピース250円(同)。               パリパリ塩チキン        「パリパリ旨塩チキン」 は、塩と胡椒でシンプルに味付けしたチキン。        特に塩にこだわり、「鳴門の焼塩」 を使用しているのがポイントだ。 さっぱりまろやかな味わいに、ピリッとした胡椒がアクセントとなっている。    また、胡椒の風味をより楽しめるような工夫も。 食べる直前に振りかける 「あとがけ香り胡椒」 が、2ピースに対して1袋付属する。      なお、同時に新サンドメニュー 「ゴーダチーズの海老カツサンド」 も発売。 こちらは海老と鶏モモ肉のミンチ、たまねぎを合わせたカツに、濃厚でまろやかなスライスゴーダチーズ、キャベツを合わせ、ピリッと辛みを効かせたオーロラソースと特製マヨソースで味付けている。 価格は380円(税込み)。 (narinari.com)               ツイートこの記事をつぶやく
       自分の子どもに働く力をつけさせたい親は、子どもにシンプルな名前をつけた方がいい。 米ライブサイエンスによると、豪メルボルン大学と米ニューヨーク大学の研究者が、職場の昇進に 「名前」 が関係しているという研究結果を発表したそうだ。          具体的に上がっている名前の例は、「Michael」 や 「Tom」 「Jane」 や 「Mary」。 名前の長さや、「外国っぽい名前」、珍しい名前かどうかは関係なく、とにかく分かりやすく発音しやすいことが大切らしい。                     名前        このニュースが転載されたネット掲示板のスラッシュドットでは、シンプルな名前が有利な理由について意見が交わされていた。        
「シンプルな名前は既に耳に馴染んでいるので、名前をすぐに覚えてもらえるというメリットもあるんでしょう」     「『北別府はメジャーでは絶対に通用しない。 名前が発音しにくいから』とデーブ・スペクターが言ってました」        
   確かに日本の内閣総理大臣を思い浮かべても、吉田茂や鳩山一郎、麻生太郎などシンプルな名前を持つ人はいる。 しかし一方で、田中角栄や福田赳夫(たけお)、鈴木善幸(ぜんこう)、細川護熙(もりひろ)などといった人もおり、一概に言えない気もする。            日本の場合には苗字、名前のいずれが関係するのか、という意見もあった。
      「欧米のようにfirstname(名前)で呼び合う事は少ない(苗字で呼ぶことが多い)ので、日本国内で同様の調査をしたら違った結果になる可能性も高いしね」     「家庭での呼び方にも原因がある可能性もあるんじゃないかな?成長過程の影響は小さくない。だとすると、given name(名前)で呼ばれることが多いだろうから…」
         家庭では 「ヨシヒコ!」 と下の名前で呼ばれて育ち、職場ではもっぱら 「野田さん」 と苗字で呼ばれる日本では、海外とは異なる特徴があるのかもしれない。            また、最近若い世代の親で流行している難読の名前 「キラキラネーム」 に言及する意見も出ていた。 研究者が発表した 「分かりやすく発音しやすいこと」 に反するので、出世に悪影響があるというのだ。              この意見に対しては、名前そのものよりも、「(子どもの)キラキラネーム」 と 「親の所得や学歴」 に関係があるのでは、という厳しい意見もある。 その一方で、逆に出世に有利と主張する人もいる。          子どもを保育園と小学校に通わせる20代前半の母親Oさんによると、キラキラネームの多くは読みにくいかもしれないが、発音はしやすいというのだ。      
「キラキラネームは2音や3音が多くて、ちゃんと親が子どもを呼びやすいように考えてるんですよ。 乃碧(ノア)暖音(ノンノ)奏人(タクト)望来(ミライ)って、発音しやすいじゃないですか? こっちの方が絶対みんなに可愛がられる。うちのおじいちゃんみたいにヒデノリとか、呼びにくいですよ」
         また、人の名前を漢字で覚えることは稀だし、名刺やメールの署名などにはフリガナを振っておけばいいだけなので、読みにくいことはさほど問題にならないという。      
「あのー、これまでだって 『孝一』 はコウイチなのかタカカズなのかとか、迷うことはたくさんあったんじゃないですか? それに比べたら 『奏人と書いてタクトと読む』 の方が、ずっとインパクトがあって覚えてもらいやすいと思いますけどね」      
   それなりに説得力のある主張だが、どちらが正しい意見なのか。 こればかりは時代が検証してくれるのを待つしかない。 (j-cast.com)                 ツイートこの記事をつぶやく