2012,03,02

ヤフー井上社長が急きょ退任。  背景には孫会長との「距離感」?

       ヤフーは2012年3月1日、井上雅博社長(55)が12年6月で退任し、後任に宮坂学・執行役員コンシューマ事業統括本部長(44)が昇格する人事を発表しました。 ヤフーでは人事の理由として 「若返り」 を強調するが、1996年の創業から16年間にわたって社長を務め、創業以来の増収増益を支えてきた井上氏の退任には 「唐突感」 を指摘する声もある。 その背景には、同じグループ内のソフトバンクの社長も務める、孫正義会長との 「微妙な距離感」 があるとの見方もある。          井上氏は4月1日に最高経営責任者(CEO)を、6月1日に社長を宮坂氏に引き継ぎ、取締役からも退く意向だ。  

 経営陣の平均年齢53歳から41歳に若返る

       井上氏は3月1日に開いた記者会見の中で、      
「僕がこのままやっていくと、守りの方が重めになっていく」
      と、世代交代で「攻めの姿勢」を強化する必要を説いた。 その上で、携帯電話がカバンの中に入れっぱなしで 「発信専用」 になっていることや、      
「ソーシャルサービスは、どうも苦手」      
と、最先端のサービスを活用しきれていないことも明かした。              孫正義会長も、現経営陣について      
「98点ぐらいのレベル」      
と高く評価しながらも、現経営陣の平均年齢が53歳なのに対して、新経営陣は41歳。      
「平均年齢そのものが若返る」      
と、「若返り」 の重要性を説いた。        だが、井上氏の退任の背景には、「若返り」以外の要因もあるのではないかとの指摘も出ている。 そのひとつが、01年に始まったブロードバンドサービス 「ヤフーBB」 だ。 井上社長自身は、記者会見でヤフーBBについて 「日本のブロードバンドの普及を猛烈に加速させた」 と振り返っている。 ただし、ITジャーナリストの井上トシユキさんによると、創業以来 「ソフトバンクはインフラ、コンテンツはヤフー」 という不文律があり、「ヤフー」 の名前を冠してインフラに乗り出したことに井上社長が反発したのだという。              当時から、ヤフー社内では、      
「井上社長は緻密で論理的なのに対して、孫会長は情熱的で、思いつきでものを言うところがある」      
と、両者の 「微妙な距離感」 を指摘する声が出ていたという。 この 「距離感」 が、10年以上尾を引いた可能性もある。          

 宮坂新社長「ヤフーに入って一番良かったのは、井上社長に出会えたこと」

       井上トシユキさんと宮坂新社長は同志社大学を卒業している上、井上さんがかつて勤務していた会社で、宮坂新社長は井上さんの3期後輩にあたり、親しい間柄だ。 井上さんによると、宮坂新社長は井上社長を非常に尊敬しており、      
「ヤフーに入って一番良かったのは、井上社長に出会えたこと」      
と明かしていたという。            井上さんは、      
「井上イズムを受け継いて、緻密な戦略を立てて成功できる人。 スティーブ・ジョブズ(アップル創業者)に対するティム・クック(同社CEO)のようなもの。 CEOになったことは喜ばしいこと。 日本のネット企業を代表して、ものを喋ることになるだろう」        
と、新社長の門出に期待を寄せていた。 (j-cast.com)             ツイートこの記事をつぶやく