絢香        歌手の絢香(24)が1月4日に出演した情報番組 『とくダネ!』 (フジテレビ系)の裏側で、あるトラブルが起こっていたことが明らかになった。 そのトラブルには、夫・水嶋ヒロ(27)も関係しているという。        番組では、絢香の大ファンを自称する司会・小倉智昭(64)のインタビューに応える形で、絢香が復帰後初のアルバム 『The beginning』 のPRをメインにトークし、『NHK紅白歌合戦』 出演の感想や復帰に際しての思いなどについても語った。 何事もなくインタビューが終わったかと思われていたが、収録後に絢香から小倉に抗議のメールが届いたという。            「小倉は当然の流れとして、絢香の復帰を支えた夫・水嶋ヒロとの絆について話を聞き出そうとしました。 現場では、照れながらも水嶋への感謝の気持ちを語った絢香ですが、収録後に 『全然話が違う。 何であんなこと聞くんですか!?』 という抗議メールが小倉に届いたそうです。 どうやら、インタビューで水嶋との関係に触れることを事前に知らされていなかったようです」 (芸能関係者)        絢香と水嶋は、一昨年に大手事務所・研音を退社して一時休業状態に。 絢香はエイベックスのバックアップによって復帰を果たしたが、水嶋はいまだに芸能界復帰のメドが立っていない。 水嶋は本名・齋藤智裕名義での小説家デビューやミュージックビデオの原作・脚本などを手掛けて話題を集めたが先行きは不透明であり、絢香は夫について語ることにナーバスになっているようだ。        それにしても、なぜ絢香が激怒するような事態になってしまったのか。          「番組サイドは事前に 『復帰に至るまでの夫婦の絆』 などのコンセプトを書いた企画書をエイベックス側に提出していました。 しかし、エイベックスから絢香に十分に企画意図が伝わっていなかった。 絢香はまだエイベックスと提携しているだけの状態ですから、意思の疎通が完全にはとれていないのでしょう。 それだけでなく、小倉の気遣いという点にも疑問符がつきます。 退社騒動の時に絢香からメールがきたと言いふらすほど親交の深さをアピールしていた小倉ですが、絢香と水嶋の不安定な状態を把握できていなかった。 『自分くらい彼女と親しければ夫のことも聞ける』 というおごりがあったのでは」 (前同)          今回の騒動を番組側や事務所の不手際と見るか、絢香のゴーマンと見るかは意見が分かれそうである。 いずれにせよ、水嶋の復帰が決まらない限り、絢香のナーバスな状態が続くのは間違いなさそうだ。 (menscyzo.com)          この記事を受けて、ネット掲示板には 「仕事なくて話題にも上らないのなら、名前出して触れてくれただけでもありがたいと思え」 「後でグチグチ言うのはみっともない」 「芸能人なんだから、それぐらい 聞かれるのは当たり前だと思っておけよ」 など、絢香の感情的な対応を批判する声が多く寄せられた。      その一方で、「旦那は完全にヒモになったのか?」 「水嶋ヒロの二作目の小説はいつ出るのか?」 「いまや水嶋ヒロも完全に過去の人だな」 など、水嶋ヒロの現在の活動状況を心配する声も上がっており、夫婦の今後が気になるところだ。                ツイートこの記事をつぶやく
     朝鮮日報が、米国テキサス州ダラスに住む黒人と韓国人の間でトラブルが起きたことから、地元で反韓運動が勃発したと報じ、ネット掲示板で物議を醸している。      記事によると、2011年12月、ガソリンスタンドを訪れた黒人が 「ガソリンの価格が付近の店より高い」 と抗議したところ、韓国人店主が 「高いなら他へ行け」 と返したことから口論に発展。       怒った黒人が店の前で 「(店主が)黒人をさげすむ発言をした」 という内容のチラシを配って営業妨害を行ったという。 ネットでは韓国人店主を非難する動画が掲載されるなど、韓国人をはじめとするアジア人を米国から追放しようとする動きまで騒動が拡大している。      これに対してネット掲示板では 「人種差別発言があったとしら黒人の怒りは当然」 「韓国人のおかげで日本人など他のアジア人も追放されたらどうするんだ?」 など、韓国人店主への批判が相次いだ。          一方で、「店主の “高いなら他へ行け” という意見は正論。 価格が気に食わないのなら、もっと安い店に行けばいいだけの話だろう」 「ガソリンの値段が高いくらいで口論を吹っかけられて、挙句に営業妨害までされるなんてたまったもんじゃないな」 など、韓国人店主を擁護する意見も見られた。      反韓感情が同じアジア人である日本人に飛び火し、アジア人を米国から追放しようという動きも出ているだけに、今後の情報に注目したい。 (news.livedoor.com)                   ツイートこの記事をつぶやく
       人間の手により次々に開発されていく陸地に対し、地表の7割を占める海には、まだまだ未知の世界が広がっている。 昨年8月、スウェーデンの海底探査社が北欧バルト海の海底で、円盤状の “謎の物体” 2つが沈んでいるのを発見したのだが、今もまだ正体がわからないままとあって、欧米メディアを中心に大きな話題となっているようだ。     謎の物体        この “謎の物体” を発見したのは、スウェーデンで深海調査を行うオーシャン・エクスプローラー社。 チームリーダーを務めたピーター・リンドバーグさんによると、昨年8月、バルト海で9日間にわたって海底探査を行った際に発見したものだという。 実はバルト海は海底探査を行う専門家たちから 「難破船研究所」 (米ヤフーニュースより)と呼ばれるほど過去に沈んだ多くの船が眠っているエリアで、同社も難破船の捜索を行っていた。         謎の物体1        しかし、リンドバーグさんらのチームはこのとき成果を得られず、調査からの帰還途中に最後の調査として海底に音波を向けたところ、「300フィート下(約90メートル)」 (米ニュースサイト・ハフィントンポストより)に突然奇妙な形をした物体を捉えたという。 そこに映し出されたのは400メートルの尾が付いた 「直径60メートル」 (英紙デイリー・メールより)の巨大な円盤状の物体で、彼らはそこから200メートル離れた地点でも、類似したもう1つの物体を見つけた。         謎の物体2      この2つの発見に、それまでの調査で 「とても疲れていた」 (米紙ニューヨーク・デイリーニュースより)彼らも大興奮。 なぜなら、20年近くさまざまな調査を行ってきたリンドバーグさんですら、「こんな物は見たことがない」 という不思議な物体だったからだ。       謎の物体3        一体この物体は何なのかは誰もが知りたいところだが、このときは残念ながら 「コストがかかりすぎる」 との理由で、物体の引き揚げを断念。 現在もバルト海に沈んだままだが、話に関心を寄せる人々からの寄付も多くあるそうで、チームは 「バルト海が穏やかになる5月」 (米ヤフーニュースより)を目途に、引き揚げに挑戦するとしている。      正体が分からないこともあり、市民や専門家からさまざまな意見が挙がっているというこの物体。 リンドバーグさん自身、最初に見たときは 「『海底にUFOがあった』 と皆に言わなくては」 と思ったそうで、その不思議な形状を見た人からは 「UFOではないか」 との声も少なくないようだ。      一方で現実的に考えれば、以前沈んだ船の一部と考えるのが自然で、「1800年代終わりごろに建造されたロシア軍艦では」 との意見をリンドバーグさん気にかけているという。 ただその場合、知られている限り該当する軍艦はもっと小さいだけでなく、当時は 「バルト海をパトロールしていなかった」 との疑問点も残るそうだ。      果たして今回見つかった謎の物体は何なのか、欧米で大きく報道され、注目度はさらに高まっていることもあり、リンドバーグさんは潜水艦を使って 「富裕層の観光客を連れていきたい」 (デイリー・メール紙より)とツアーも検討しているという。  (narinari.com)                     ツイートこの記事をつぶやく
                        マッチ        ジャニーズ事務所の長男坊・近藤真彦が立ち上げた 『Marching J』 による宮城県仙台市・八木山動物公園への 「パンダ招致」 計画。 中国からパンダ2頭を招き、飼育に必要な費用5年分(約50億円)を 『Marching J』 で集まった募金とジャニーズ事務所の関連会社4社の寄付で賄うという構想だ。        近藤は昨年末、日本パンダ保護協会名誉会長でもある黒柳徹子を伴い、首相官邸で野田総理と面会。 「実現まで署名を続けていく」 「後輩も協力してくれたら」 などと語っているが、実際のところ招致については中国側のスケジュール調整を待つのみでほぼ内定している状態だという。        「被災地の子どもたちの笑顔を取り戻せたら……」        そんな思いを胸に、自らこのアイディアを発案し半年前から奔走していたと明かした近藤。 「パンダ舎には“Marching J” のクレジットを掲げたい」 「パンダのエサ代の募金もできたらステキだな」 などとはしゃいでいるが、この活動に対し、募金に協力した肝心のジャニーズファンからは冷ややかな声があがっている。            「去年4月に行われた募金活動や、チャリティー野球大会、それから、ショップの募金箱にもささやかながら募金を続けてきました。 でも、それがすべてパンダのために使われることになるなんてショック。 本当にそれが被災地のためになるんでしょうか……。 単にマッチの株を上げるためだけに使われちゃったような感じがします」 (イベントなどに参加したジャニーズファン)        また、近藤はパンダ招致の理由のひとつとして、「阪神大震災の時にも被災地をサポートしたが、使い道に関して(自治体側に)詳細を教えてもらえなかった。 今回はファンに使い道を明確に言える活動にしたかった」と述べているのだが、これに対しても別方面から反論の声があがっている。          「阪神大震災の際は約9年間にわたってチャリティー活動が続けられ、J-FRIENDSのCD収益金などを寄付してもらいました。 寄付金は主に学校教育事業に使用され、たとえば2000年には神戸市内の学校すべてのインターネット環境が整っています。 近藤さんは 『使い道に関して教えてもらえなかった』 と言いますが、これらはすべて神戸市のホームページに明記され、誰でも見ることができるんですよ。 ジャニーズへの報告の有無まではわかりませんが、神戸市を恩知らずみたいに言われてしまうのは悲しいですね」 (神戸市在住の30代女性)        ちなみに今回、『Marching J』 としては昨年4月1日~3日の募金イベントのほか、5月にはチャリティー野球大会を開催。 公式サイトからの有料動画の配信(一部が募金になると明言)やコンサート会場やファミリークラブ、ショップに募金箱を置くなどの活動をこれまでに行っている。 しかし、通常こうした活動のあとに感謝の意味を込めて発表される寄付総額についての言及はいまだないままだ。        「募金額について質問したマスコミに対し、近藤は 『5円出した子もいれば、1,000円の子もいる。 発表するのはどうかなと思っています。 ただ、みなさんが想像する金額よりはるかに下ですよ』 と話しました。 実際、ファンのマナー違反などもあり、額としては集まらなかったのかもしれませんが、それはそれで真実であれば隠す必要のないこと。 『はるかに下』 だなんて、ファンに対してちょっと思いやりがなさすぎるのでは? と心配になりましたね」 (女性週刊誌記者)          そういった姿勢への不満が積み重なった結果か、パンダ招致のニュースが流れて以来ファンの反発は高まる一方のようで、「パンダに使われると思ったらはじめから募金しなかった。 まるで詐欺」 「被災地のことを本当に考えてない自己満な行為。 今後は協力しません」 という声のほか、「今後、コンサートグッズも売上の一部がパンダに使われるんじゃないかと思うと、買いたくなくなる」 という疑心暗鬼の声も……。          昨年4月、3日間にわたって行われた、タレント総動員の募金イベント直後には 「募金活動にもかかわらず、ボタン、コイン、ゴミを平気で募金箱に入れる。 この活動に参加したタレントの価値はボタンですか? コインですか? ゴミですか?」 と怒り心頭のメールをファンクラブ会員向けに送っていた事務所。 しかし、本当のマナー違反はどちらなのか……。 ファンの善意につけこんだツケは高くつきそうだ。 (cyzowoman.com)                ツイートこの記事をつぶやく
              優木まおみ1        1月31日、タレントの優木まおみさんがフィッツコーポレーションのメークブランド 「ラブスイッチ」 のイメージキャラクター起用されることになり、都内で記者発表会が行われた。         フィッツコーポレーションは2月14日のバレンタインシーズンに向けて、日本初のチョコの香りがする不二家LOOK コラボ  「ピンクブラウンマスカラ」 を発売する。           優木まおみさんはイメージキャラクターに起用されたことに 「素直に嬉しい。憧れだったので本当に嬉しい。 女の子の可愛いを少しでも手助けできるようになればと思っています。」 と、メークブランドのイメージキャラクターに選ばれ感激の様子。             ラブスイッチ ピンクブラウンマスカラを使った感想として 「本格的なチョコレートの香りがするんですよね。 キスをする瞬間にチョコの香りがしたら素敵。 黒のマスカラを使う時よりも優しい印象になりますし、マスカラがピンクブラウンで髪色と馴染むことで一体感がでます。」 と使ってみた感想を語っていた。         そして、どんなシーンで使って欲しいか質問され 「特にデートの時とか、違った一面を見せたい時に使って女子力をアップして欲しい。」 とアピールしていた。 (girlsnews.tv)         ツイートこの記事をつぶやく
      整形美容        韓国の整形術の進歩は止まることなく進んでいるようだ。 最近話題になっているクリニックの広告を見ると、やはり別人級に変貌を遂げた女性たちの姿に驚かされる。        しかも、そのクリニックが掲げている施術完了までの日数に、さらに衝撃を受けるのだ。 なんと当日退院が可能という、これだけ顔面をいじくり回しても、当日退院! 早く病院を出られるのは大変望ましいことなのだが、本当に大丈夫か!? と疑わざるを得ない。        最近中国で報じられたニュースによると、在中韓国大使館が中国人に発行した2011年の医療目的のビザは、前年比で約400パーセント(約100万枚)増加したという。 最先端医療を受けるために、韓国へ医療ツアーに出かける人が増加しているのだ。 医療を受ける主要な目的には、美容整形も含まれている。実態は定かではないのだが、「整形ツアー」 なるものが存在していてもおかしくはないだろう。          実際、韓国の美容整形技術はかなり進歩しており、以前ご紹介したジュエリー整形外科では高麗大学校卒業の優秀な医師を6人そろえ、最新鋭の機器で手術を行っているのだ。        しかし、どのクリニックでも万全の体制を整えているかどうかは不明。 おそらく医師のレベルや設備はまちまちだろう。 そんななか話題になっているアクジョンアン整形外科は、「当日退院が可能」 と謳っている。 もし仮に医師も設備も充実していたとしても、別人級の変貌を遂げる手術をして、その日に退院して本当に大丈夫なのだろうか?          サイトに紹介されている女性の画像を見ると、顔だけでなく胸にも手術した様子がうかがえる。 もしかしたら、胸だけでなく体のほかの部位にも、手術を行っている可能性も否めない。        いくら技術が高くでも 「もし何かあったら……」 と思うと、不安でお願いできないと思うのだが……。 (rocketnews24.com)          今後も韓国整形技術は、ますます進化を遂げそうな勢いだ。        それでは、どう変わったかご覧下さい。       整形美容1            整形美容2             整形美容3             整形美容4               整形美容5        ものの見事に変身しているな~~~   人生観変わるだろうな!?          ツイートこの記事をつぶやく
Page 20 of 20« First...10«1617181920