2012,02,16

アウディ、新型 『RS4アバント』 を発表!!

      アウディA4RS        ドイツ・アウディは14日、A4シリーズの最強モデル “RS4アバント” の写真と概要を公開しました。      3代目となるRS4アバントは、これまで通り、圧倒的なパフォーマンスと日常ユースで使える乗りやすさの両立が追求されている。          エンジンは、4.2リッター自然吸気のV8が搭載され、最高出力450hp/8250rpm、最大トルク430Nm(43.9kg―m)/4000―6000rpmを発生する。 トランスミッションは7速Sトロニックが組み合わされ、0―100km/hタイムが4.7秒の加速性能を手にしている。 最高速度はリミッターにより250km/hに制限されるが、顧客からのリクエストにより280km/hに変更することも可能という。        ハンガリーの工場で手作業により組み上げられるこのエンジンは、高出力化と燃費性能のバランスの良さにも重点が置かれており、燃料消費量は100kmあたり平均11リットル(9.1km/L)と謳われる。        駆動力を4輪に伝えるクワトロシステムは、クラウンギア式のセンターデフにより素早く、かつスムースに前後輪へのトルク配分を行う。 トルク配分は通常は前後40:60に設定され、最大でフロントに70%、リアに80%伝えることが可能となっている。        サスペンションも強化されており、地上高はA4アバントより20mm低くセットされる。 装着されるタイヤは265/35R19で、アルミホイールはポリッシュ仕上げが施されたチタン調のものが採用される。        新型RS4アバントは、欧州では2012年秋の発売が予定され、ドイツでの車両価格は7万6600ユーロ(約790万円)となっている。 (asahi.com)        4.2リッター自然吸気のV8で、最高出力450hp、最大トルク43.9kgなら申し分ないね!!  でもこのスペックでタイヤが265/35か?? 285/30ぐらい履かないと十分な性能を発揮できないんじゃない!?   あ″ぁ・・・ オプションで用意されているか!?                     ツイートこの記事をつぶやく