これはちょっと楽しそう。      Onefeat はいわゆる 『お題にそって写真を撮ろう!』 というスマホアプリだ。         iPhone と iOS に対応している。      またお題によってポイントが決まっており、いい写真をとればポイントがたまっていくようだ。 もちろん自分で参加すれば楽しいだろうが、参加しなくてもお題と写真を眺めて楽しむことができる。      どれだけもりあがるかがキモではあるが、日本でもあるといいなぁ、と思ったり。 どうですかね。 (internet.com)          サイト名:Onefeat    http://www.onefeat.com/       ツイートこの記事をつぶやく
       ニフティとコムニコは2012年2月13日、@niftyのインターネット接続サービス利用者を対象にした、Facebookの利用調査結果を発表した。 それによると調査母体においては、Facebookの利用者は40代がもっとも多い傾向にあることが分かった。 その前後の世帯では漸減するが、50代以降はそれなりに高い利用率が維持されている。        今調査は2012年1月6日から1月16日にかけて、@niftyのインターネット接続サービスを利用している人に対してインターネット経由で行われたもので、予備調査における回答者数は106万0506人。 そのうちFacebookの利用経験ありと回答した1万1553人に本調査が行われている。 男女比率は非公開。        予備調査で 「Facebookの利用経験があるか」を聞いたところ、回答率は1.09%だった。 インターネット利用者の1%強の人がFacebookの利用経験がある、という概算になる。 これを世代区分で仕切り直したのが次のグラフ。     ↑ 各世代「Facebook利用」回答率 ↑ 各世代「Facebook利用」回答率        今調査母体の属性特性、つまりインターネット利用者なことを前提とする必要があるが、40代後半の人がもっとも比率的に大きく1.51%が利用経験を持っている。 最少世代の20代前 半と比べ約3倍に達する。デジタル系の新技術・新商品は、いわゆる 「ギーク」 と呼ばれる、新しいデジタル技術に強い好奇心を抱く中堅層が最初に手掛け、ブームの中心層・手引き役を構成する傾向があるが、今件もまた同様の傾向が見られる。      また詳しくは機会をあらためるが、Facebookの閲覧理由としてこの世代は 「仕事や勉強に関する情報収集のため」 との回答率が、他世代と比べていくぶん高い。 取引先や必要な情報源がFacebook上で情報発信をしているため、否応が成しに利用せざるを得なくなった事情の持ち主も、この世代には少なくないのだろう。 (garbagenews.net)                      ツイートこの記事をつぶやく
     
       皆さんはもう使っていますか?        最近ソーシャルメディア上では 「Pinterest」 というWebサービスがアツいようです。        Pinterestは今年になって勢いを増し、Facebookの次に来るSNSとして騒がれています。 画像中心のSNSで、自分の好きなものを 「Like」 してお気に入りに追加したり、「Repin」 して自分だけのコレクションボードを作ったりすることができます。          FacebookやTwitterのアカウントがあれば、新たにPinterest用のアカウントを作ることなく使い始めることができます。 特にFacebookと連携して使い始める人も多く 「友達が使っていて楽しそうだから」 という理由でスタートする人も多いよう。 そのPinterestと 「そっくり過ぎやしないか?」 と騒がれている 「Pinspire」 も最近話題になっています。         時が経つにつれ、類似サービスは生まれてくるものですが、ここまで似ているとびっくり。 だからこそ色々とイジってみたくなってしまいます。 PinterestとPinspireの違いを真剣に比較してみました。            ざっと比較してみた点はこちら。      ■Pinterest    日本語対応:なし、英語    招待:必要    ユーザー:圧倒的に外国人が多い    スマホアプリ:iPhoneアプリあり    人気のもの:Popular    コレクション:Board    いいね:Likeボタン    Repin:Repinボタン    コメントするとき:文字数はカウントされない    動画:あり    運営会社:アメリカ            ■Pinspire    日本語対応:あり    招待:必要なし    ユーザー:圧倒的に日本人が多い    スマホアプリ:なし    人気のもの:話題のピン    コレクション:コレクション    いいね:いいねボタン    Repin:リピンするボタン    コメントするとき:文字数がカウントされる    動画:なし    運営会社:イタリア          ターゲットが違うのでしょうか。 日本語対応しているあたりを考えると、Pinspireの方が日本人に使いやすいのかと思います。 ただPinspireに登録する際、既にPinspireを始めている友達を探してみたところ、まだ少ないのが残念。 Facebookにいる460人ほどの友達のうち、まだ10人程度だったのです。        Pinterestの方が先に大々的に出ていたため、ページのすべてが英語表示にも関わらず、日本人ユーザはPintersetに多いよう。 さらにPinspireは登録さえすれば使い始められるという利点がありますが、Pintersetは招待されないと使えないという不便な点も。        登録時に 「興味のあるカテゴリ」 を選ぶのですが、このあたりはPinspireの方が優秀です。 なんと 「おたく」 というカテゴリがあります。 日本人のことをよく理解してくれている気がします。          今後、PintersetとPinspireがどう熾烈な戦いを進めていくのか、SNS好きな人間としては気になる次第です。特にPinspireはアプリもまだ出ていませんし、どう進化を遂げるのか楽しみですね。 (youpouch.com)          ▼Pintersetトップページ。 左側に友達の行動が表示されます▼                ▼Pinspireトップページ。 友達の行動は表示されていません▼         ▼Pintersetボード(コレクションしたものはボードと呼ばれている)ページ▼         ▼Pinspireコレクション(コレクションしたものはコレクションと呼ばれている)ページ▼          これ流行るかもしれないな~~       ツイートこの記事をつぶやく
                  朝そうじ        年末の大掃除効果も薄れ、ご自宅では散らかりが目立ち始めた頃ではないだろうか。 なかなか着手できない片付けも、専門家によれば 「毎朝」 「10秒」 という2つのキーワードであっという間に習慣化するという。 徹底した清掃で経費削減に成功した企業もあるだけに、お掃除習慣はビジネスにもプラスの作用をもたらしてくれそうだ。      たった10秒の朝掃除を提唱するのは、人材育成コンサルタントの今村暁さん(40)。 「よい習慣づくりには初動のストレス軽減がカギ」 と、限りなく低い10秒というハードルを設定した。      面倒くさい掃除も実は表に示した動作の組み合わせにすぎない。 「不要なものをゴミ箱に捨てるだけ、机の上をちょっと拭くだけでOK。 とにかく気楽に、まずはスタートすること」 と第一歩の踏み出しを促す。          では、なぜ朝なのか。      「夜よりもスケジュールに組み込みやすいのがひとつ。 また、寝起きでボーッとしているときの方が 『いいことをしたな』 という快感を覚えやすい。 根性、気合、忍耐を必要としないのが10秒朝掃除の特長です」        快感がさらなる快感を求めるようになり、気が付くと習慣になっているそうだ。        今村さんは北海道大法学部卒業後、日本長期信用銀行に入行し、その後独立。 学習塾経営や経営コンサルタントとして経営者に助言していくなかで、掃除の習慣が学校の成績や企業経営によい影響をもたらすことに気付いた。 掃除ができない人を手助けしながら1000軒以上のゴミ屋敷や汚れた部屋を片付け、掃除の習慣化を成功させてきた。 昨年、財団法人 「日本そうじ協会」 を設立。 ノウハウをこのほど出版した 『10秒朝そうじの習慣』 (ワニブックス)にまとめた。      これまで今村さんが関わったなかでは、不要物を大量廃棄したため倉庫が必要なくなり、月70万円の固定費削減に成功した企業があった。 また、社内から19トンものゴミを処分した結果、社員の定着率が急上昇した会社もあったそうだ。        掃除の中で最も重要な動作は何か。 今村さんは 「換気」 を挙げた。        「今まで掃除をしてきたなかではマンションの1階に散らかった部屋が多かった。 『通行人の目が気になる』、『虫が入りやすい』 と閉め切るようになり、次第に片付かなくなったらしい。 換気はこれまで掃除の技術として語られてこなかったが、重く、臭い空気を一掃するため最優先すべきことと考えています」      やましたひでこ氏の 「断捨離」 や、近藤麻理恵氏著で100万部突破の 『人生がときめく片づけの魔法』 (サンマーク出版)など、片付けはブームになっている。 しかし、習慣にできず悩む方も多いはず。 外は寒いがまずは朝の10秒、窓を開けてみることが新習慣の獲得につながりそうだ。 (zakzak.co.jp)        ■10秒朝そうじの基本行動      (1)窓を開けて換気する      (2)捨てる     (3)ほこりをとる     (4)磨く      (5)モノの位置を戻す                      ツイートこの記事をつぶやく
       今月3日、台北市で日本人の男がタクシー運転手に暴行を加え重傷を負わせた事件で、日本でも事件への関心が高まる中、台湾在住の日本人が同胞の過ちを償おうと被害者の運転手に対する募金を呼びかけている。        募金の呼びかけを始めたのは、台湾在住15年の吉田直嗣さん(34歳)だ。 八田與一文化芸術基金会の監察人を務める吉田さんは日台関係の悪化を危ぶむ報道がなされたことから、日本人に対する誤ったイメージが広がるのを恐れ、募金の呼びかけを始めたという。      吉田さんは自身のフェイスブックの中で、友寄隆輝被告の行為について 「日本人にあるまじき言動、態度」 と述べ、「同じ日本人として恥ずかしい、被害者家族と台湾のみなさんに申し訳ない」 とした上で、「お金を出し合ってお詫びとお見舞いをしよう」 と呼びかけている。        吉田さんのフェイスブックには、日本にいるが寄付したいという声も集まっているようだ。          一方、これまで弁護人が見つからなかった友寄被告に対し、弁護を引き受けたいという弁護人が現れた。 事件直後に開かれた記者会見では、被害者を加害者に仕立てようとする嘘の証言がなされたが、後の関係者の証言から、それが芸能事務所の意向であったことがわかっている。      また、その後の調査で、現場付近の防犯カメラからMakiyo被告が友寄被告に暴行を促したことがわかる音声が見つかった。 こうした真相を受け、弁護人は過剰な報道を受ける友寄被告の弁護を申し出たという。          なお、Makiyo被告の弁護人はまだ見つかっていない。  (techinsight.jp)           台湾の方々が3.11の東日本大震災に対して沢山の義援金を届けてくれたことを考みればこのくらいことはしないと日本人の信頼が回復できないでしょう!!        日本が台湾を統治していた時代に軍部はどれだけ悪いことをしたか日本の教育で教えないといけないのではと思ってしまう。 台湾の教育を聞くところによると日本は悪いこともしたが鉄道と作ったり病院を建てたり学校などのインフラを整備したことも教えていると聞きます。 今の日本人はあまりにも利己的すぎるからこんな暴力事件を起こすんだよ!! 友寄被告とMakiyo被告は日本人が台湾でどれだけ悪いことをしたかなど知らないだろな!?        きっと。                  ツイートこの記事をつぶやく
     今、「お願いランキング」に出演していたラーメン女子大生のことを書きましたが、先日の「お願いランキング」で放送でラーメン官僚が “う~~~ん 美味い” と唸っていた 『ビーハイブ ゲンキノモト』 へ行ってきました。 放送があった次の日は行列を作っていましたが今はそうでもありませんね!? というより時間を外せば全く問題ありません。      連れ立って行ったのはいつも相棒   110406_104752   カズ君       カズ君 「叉焼麺にしてみましょう!」 って言うから券売機で食券を購入。 っていってもゴチになったんだけど!        ラーメン官僚が、“唸った” ラーメンは如何にと期待を脹らまして待っていると     120213_143357     美味しそう(゚¬゚*)でしょう!!  スープから立ってくる香りが実にイイね!!        具は、叉焼、なると、支那竹、ほうれん草、海苔の昔ながらのラーメンの具材としての定番。        「叉焼」は豚バラ肉  120213_143417  脂が甘くて良い材料つかっているな!?って感じだけど・・ 味付けが欲しいな~~           120213_143433  「なると」は取り立てて味が引き立つという感じでもなく昔は必ず入っていた鉄板食材。          「支那竹」は、  120213_143447  味付けは甘くもなくからくもなく美味しく頂きましたね。            120213_143503 (写メがピンボケ┏○ペコ) 「ほうれん草」 はシャキシャキで美味しかったね!!            肝心の 「麺」 ですが、  120213_143521  平打ちちじれ麺でした。 このあっさりしたスープには細麺がベストマッチングだと思うんだけど・・・ 。         この麺が残念だったな~~           で、一番肝心なスープは、  120213_143541   鶏ガラベースのキレのあるスッキリした美味しいスープでした。          このスープには細麺だと思う!!          カズ君も  110622_115719  『スープは美味いわ!!』 と絶賛していましたね!!           スープは美味しかったから                       120213_144258       完食してしまいました。          で、ご飯が希望なら付けてくれるサービスを行なっていますね。          次回は、違うラーメンに挑戦してみようヵナァ・・        S社のTちゃん食べにおいでよ!!                 ツイートこの記事をつぶやく
                    ラーメン女子大生      人気番組 『お願い!ランキング』 (テレビ朝日系)で、キュートな見た目とはウラハラに、湯気の立ち上るラーメンをうれしそうにズルズルと食べまくる “ラーメン女子大生” こと本谷亜紀ちゃん。        2年前、同番組の 「ラーメン隊オーディション」 で600人の中から選ばれ、“ラーメン官僚” こと田中一明氏の一番弟子としておなじみの顔に。 人懐っこいキャラと、ほとばしるラーメン愛でみるみるファンを増やしているが、そんな好調な矢先、2月で 『お願い!ランキング』 を卒業するという。        もうあのかわい過ぎるラーメンレポは見れないのか!? いてもたってもいられず、早速、学校帰りの彼女を直撃した。        ――2月で『お願い!ランキング』を卒業されるそうですね。      本谷亜紀ちゃん(以下、本谷) はい。 出演させていただいてから丸2年経つのと、私がもうすぐ大学を卒業するのでいい機会かなと思って。 ほかにもいろいろなオファーをいただいているので、今後もテレビや雑誌などラーメンにかかわるお仕事はやらせていただきます。        ――ってことは、これからも亜紀ちゃんがラーメンをほお張っている姿が見られるわけですね♪ そもそもラーメン愛に目覚めたのはいつ頃なんですか?                          ラーメン女子大生1      本谷 物心ついたときからですね。私、白いご飯が食べられないので、家ではみんながご飯でも、私だけ麺を食べるっていう生活が普通だったんです。それに父がかなりのラーメン好きで、土曜のお昼はいつも父がラーメンをスープから作ってくれたんです。母はチャーシュー担当で。       ――テレビに出る仕事には、もともと興味があったんですか?      本谷 まったく。 テレビに出たかったんじゃなくて、ラーメンが食べられればなんでもよかったんです(笑)。 でも、番組のオーディションに受かったことで人生変わりましたね。 私、昔からバカみたいにラーメン食べてたんですけど、こんなのなんにもならないだろうと思ってたのに、急に世に発信する立場になりましたから。 それに番組に出たことで社交的になりました。        ――それまでは社交的じゃなかった?      本谷 高校の頃も、1人でラーメンを食べに行ってばっかりだったんです。 友達と遊んでても、ラーメンの話しかできなくて気持ち悪がられてました。 女の子ってみんなでカフェとかに行くじゃないですか。 私は群れるのが好きじゃないし、コーヒーに800円使うんだったらラーメンに800円使いたかったので、「みんながカフェ終わったら合流して話そう」 みたいなことを同級生に平気で言うような子で(笑)。 今はテレビに出たことで周りの目が優しくなりましたし、ラーメンの話ができる友達が増えてホントによかったです。          ――青春をラーメンに捧げたんですね……。現在、年間350杯のペースで食べていらっしゃるそうですが、記録されてるんですか?      本谷 食べたラーメンや値段はすべてデジカメに撮りためてます。 あとは家に帰ってからラーメンノートなるものに味の感想などをメモしてます。 そうしないと、超おいしかったお店以外はどんどん忘れちゃうので。          ――亜紀ちゃんが考える”いいラーメン”とは?      本谷 まずは香りですね。 化学調味料を使ってたり、ダシをしっかり取っていないと変な臭みが残るんです。 いいラーメンだとどんぶりが置かれた瞬間、フワッと引き込まれるような香りがします。 あとは食欲をそそるような美しい見た目も大切で、できれば自家製麺がいいですね。 スープを頑張って作ってるならそこまでやってほしいっていう思いがあるので。 それで最終的には、トータルでバランスがいいと直感的に思えるラーメンが、“いいラーメン” だと思います。          ――さすが、ラーメンの話をするときは顔つきが変わりますね!      本谷 どうかしてますよね(笑)。          ――数いるラーメン評論家の中で、亜紀ちゃんのラーメン評の特徴はなんですか?      本谷 今、私の次に若いといわれているラーメン評論家の方が33歳なんです。 その方との間にも10歳の差があるので、“若い目線” を大切にしています。 例えば、評論家の皆さんは稼いでらっしゃるので、料金のことはほとんど言わないんです。 でも私は、「これでこの値段は高いと思う」 ってズバズバ書くので、学生の方なんかも喜んでくれますね。 女性目線としては、毎日食べてもクドくないような味を追ったり、おいしかったラーメン屋のデザートを紹介してみたりしてます。          ――ご自身でもラーメンを作ることはありますか?      本谷 自作ラーメンはたまにしますね。 しょう油ラーメンだったら、一番いいしょう油をお取り寄せして、家で8時間くらい煮込んでダシを取って、チャーシューやメンマも煮付けて……。 原価はめっちゃかかりますけど、そこら辺のラーメン屋さんよりおいしい自信はあります!          ――ちなみに、亜紀ちゃんが東京で一番好きなラーメン屋はどこですか?                         ラーメン女子大生2        本谷 池尻大橋にある 「八雲」 のワンタン麺がすっごい好きです。 スープも麺もワンタンも超~おいしいですよ! 今日も行こうと思ってたんですけど、定休日だったんです……。          ――あらら(笑)。 本谷さんの今後の展望を教えてください。      本谷 すごい調子に乗ってるかもしれないんですけど、“ラーメン女子” といえば、私の名前がパッと思い浮かんでいただけるようになっていきたいですね。 先輩方と比べると知識もまだまだなので、これから成長して先輩方をアッと言わせるような情報を持った評論家として頑張っていきたいです。 私、今、エネルギーがあり余っちゃってて、夜眠れないくらいなんです(笑)! エネルギーのあるうちにいろんなことをやって、早めに結婚して、40代でセミリタイアして海外に住みたいです!          ――しっかり先を見据えてますね(笑)。 やっぱり結婚相手は、ラーメン屋に付き合ってくれる男性が理想ですか?        本谷 そうですね。 今まで、「クリスマスにもラーメン食べに行きたい」 って言ってゆくゆくフラれたこともありますし、2杯、3杯の連食に誘って引かれたことも多々あるので、私のラーメンへの愛に共感してくれるおおらかな人が理想です。 でもなかなかいませんね(笑)。        ●ほんや・あき    1989年、埼玉県生まれ。 2010年より、『お願い!ランキング』 (テレビ朝日系)で “ラーメン女子大生” として活動を開始。 「FRIDAY」 (講談社)や 「ぐるなびラーメン」 などでも連載中。 年間350杯程度を食べる。 「ラーメンはおいしく楽しく」 がモットー。    <http://ameblo.jp/akichi0518ra-men/>  (cyzo.com)                  ツイートこの記事をつぶやく
       野田佳彦・首相は3年前の街頭演説で、血税をすする役人をシロアリと批判した。 この演説はYouTubeなどでも繰り返し再生された。 ただ、この国を食い荒らす害虫は公務員だけではない。 国会議員や地方議員のシリアリぶりも目に余る。        なかにはシロアリ退治に乗り出す首長もいるが、いずれも血みどろの戦いだ。 河村たかし・名古屋市長は、市議会に対し、定数を75から38に減らし、報酬を1600万円から800万円に半減させる提案を行なった。 報酬半減は成立したが、議員定数削減は未だに実現していない。            河村市長は議員の定数と報酬の削減理由をこう述べている。          「議員の年収は手当込みで2400万円。 これで年に80日間程度しか仕事をしとらん。 一方で、税金を払う市民は年収300万円、400万円でも地獄の苦労をしとる」        もちろんその80日だって丸1日働いているわけではないし、議会や委員会に出てきても座っているだけという議員が大半だ。 多くの地方議員は実働が年間20日ぐらいというのが相場とされている。 (news-postseven.com)            河村たかし市長の言う通りだね!!   橋下徹大阪市長は参議院なんて要らないだろう!ということを言っているがその通りかもしれない!!                      ツイートこの記事をつぶやく