47都道府県のうち、1人あたりの県民所得が最も低いのは沖縄県だというのが、これまでの常識のようなものだった。 ところが、このほど発表された09年度の各県の経済状況に関する統計によると、46位だった高知県が最下位に転落することが確実になった。 何が起こったのか。            両県の順位が逆転したのは、各都道府県が郵送で調査票を集めたりして県内の経済活動について調べる 「県民経済計算」 の統計だ。 そのうち、県民所得を人口で割った 「1人あたりの県民所得」 は、県ごとの経済力の指標として用いられることが多い。 なお、この県民所得には企業所得が含まれているので、消費者や労働者の経済的豊かさを直接表すものではない。          内閣府が公表した08年度の1人あたりの県民所得を都道府県別に多い順に並べると、東京都、愛知県、静岡県、大阪府、滋賀県、千葉県といった具合で、いわゆる 「太平洋ベルト」 の東半分が上位を占めている。逆に、もっとも1人あたりの所得が低いのが沖縄県で、その次が高知県。 特に沖縄県は1990年度以降、最下位が 「定位置」 だった。          だが、高知県が12年1月下旬に発表した09年度の統計では、これが覆ったのだ。 発表によると、高知県の1人あたりの県民所得は前年度比2.0%(4万2000円)減の201万7000円。 これに対して、沖縄県の県民所得は、前年度と変わらない1人あたり204万5000円だった。 47都道府県のうち、福岡県が唯一09年度の県民所得をいまだに公表していないが、福岡県の08年度の順位は26位。 26位から一気に最下位に転落することは考えにくく、高知県の最下位は確実だ。          この統計の集計対象になった09年度は、08年9月のリーマンショック後、持ち直しの局面に入った時期だ。だが、これは麻生政権(当時)の経済対策や輸出に支えられた部分が大きく、内需の立ち上がりは不十分だとされていた。この「立ち上がり具合」に差が出たようだ。            沖縄県は、サービス業が不調だったものの、住宅賃貸業や公共事業で建設業が好調で、前出のように、かろうじて 「横ばい」 で推移した。 一方の高知県は、沖縄県と同様に住宅賃貸業や建設業が伸びたものの、鉱業、製造業、農業、卸売業、水運業などが大きく落ち込んだ。 県内総生産(名目)の割合を見ると、第1次産業が4.0%、第2次産業が14.1%、第3次産業が85.5%。 第3次産業が産業の大半を占めている形だが、冷夏の影響で電気、ガス、水道業が落ち込んだことも響いた。        ただし、今後、高知が最下位から脱出できる可能性もある。 その理由のひとつが、10年1月から11月まで放送されたNHKの大河ドラマ「龍馬伝」効果。 11年2月1日に日本銀行高知支店が発表したところによると、10年中の県内の観光客や宿泊数は 「龍馬ブームが続く中、高速無料化の効果等も加わり、年間を通して近年にない高い伸びを持続」 しているといい、飲食店や交通機関に535億円の経済効果を与えるとみている。 これは、08年度の県民総生産(2兆2000億円)の2.4%にあたる。 (j-cast.com)                    ツイートこの記事をつぶやく
         JAPAN-ROBOT        パナソニックは8日、2011年度のパソコン世界販売台数が約74万台と、同社にとって過去最高となる見通しであることを明らかにした。 同日、神戸工場(神戸市西区)で開いた工場見学会後の質疑応答で、同社AVCネットワークス社の原田秀昭・ITプロダクツビジネスユニット長が答えた。        原田氏は12年度のパソコン世界販売台数見通しについても 「当然、80万台は超えていく」 と述べた。 パナソニックによると、これまでの最高は08年度の68万台。          「レッツノート」 新モデルは2月24日に発売予定。 法人向けの販売比率は約65%と見込み、日系企業の進出が相次ぐアジア地域での顧客サポート体制も強化する計画。 12年度の販売にはタブレット型PCの普及なども寄与する見通しだ。 (reuters.com)                     ツイートこの記事をつぶやく
      ザガート        V12ザガートは、昨年5月にイタリアで行われたコンクール・デレガンスでプロトタイプが発表された、アストンマーティン×ザガートのコラボレーションモデルだ。          同モデルは、アストンとイタリアのカロッツェリア、ザガートが1961年に送り出した最初のコラボレーション作 “DB4 GT” の生誕50周年を記念して企画されたアニバーサリーモデル。ヴァンテージシリーズの頂点に君臨するモデルにふさわしく、“ブリティッシュデザイン” にこだわり、手作業によって2000時間をかけて組み立てられる。        エンジンはV12を搭載し、最高出力510bhp/6500rpm、最大トルク58kg-m/5750rpmを発生する。0-100km/h加速は4.2秒、最高速度は304km/hという堂々たるパフォーマンスを誇る。        生産台数は150台。 価格は40万5000ポンド(約4950万円)で販売される。            高いね~~  ><                   ツイートこの記事をつぶやく
    ベンツB    
   メルセデス・ベンツがBクラスのセダン版の投入を計画していることがわかった。 海外の自動車メディア 『WORLD CAR FANS』 (http://www.worldcarfans.com/) が伝えています。         Bクラスのセダン版は、“CLC” または “BLS” という名が与えられるといわれている。 新型BクラスのFFプラットフォームをベースとするものの、スタイリングは上級FR4ドアクーペ “CLS” のイメージを色濃く受け継いだものとなるようだ。        なお画像はメーカー公式のものではなく、CGデザイン会社が過去のスクープやリーク写真などを元に制作したもの。        Bクラスセダンは4月にアメリカで開催されるニューヨークショーで姿を見せるとみられている。 (asahi.com)        
ツイートこの記事をつぶやく
       先日、久しぶりに千葉県は佐原にある 『小堀屋』 へ出かけて “黒切りそば” を食べてきました。        3.11の東日本大震災により明治25年に建てられた本店は屋根瓦が落ちて今は修復中なんです。 本店は小さくて余り人が入れないから隣の元銀行の建物を別館として何年前だったかな?記憶がさだけではない開業しています。 この別館は震災の影響もなく営業しています。 ですから、今回は別館に入りました。 本当は本店の狭い感じがいいんですけど。              DSC_1452          この小堀屋には、享和期に記された麺等の製法の秘伝書が残されており、蕎麦やうどんの製法が記されたものなのです。        随分前になるかと思うが、テレビ東京の 「なんでも鑑定団」 で鑑定されたような記憶があります。           それはそれとして 「黒切りそば」は       DSC_1453        これですよ。  蕎麦が見事なまでに黒いんです。        この蕎麦は昆布を粉末にしたものを練込んでいるんです。  蕎麦自体が腰が強くてしっとりもっちとしていて美味しいんです。  汁に付けずに食べると昆布の味もしないが蕎麦の香りも強くないのですが汁につけると不思議と美味いんですよ!!       バランスが良いというのでしょうか?          いつも、黒切りと普通の蕎麦     DSC_1454       も頂くのですが普通の更科そばも美味しいんです。        汁は、  DSC_1456   濃くて鰹節が効いていて“立っている”という表現がピッタリでしょうか!?         神田あたりの名店 「まつや」 「砂場」 等のしょっぱすぎるという感じではないです!!  江戸っ子の粋という蕎麦は汁にほんの少し付けて蕎麦の香りを楽しむものだという食べ方をせずにたっぷり?付けても大丈夫です。                    ツイートこの記事をつぶやく